デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197765

ニュートリゲノミクス市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Nutrigenomics Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
ニュートリゲノミクス市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ニュートリゲノミクス市場は、予測期間中に15.5%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19のパンデミックは、市場に大きな影響を与えました。パンデミック後、栄養習慣、健康食品、食物アレルギー、個別化された健康への嗜好に対する認識が高まり、ニュートリゲノミクス市場に機会を創出しました。2021年7月にFrontiers in Nutrition Journalに掲載された論文によると、栄養と肥満や糖尿病などの代謝性疾患は公衆衛生に大きな影響を与え、ライフスタイルの変化、代謝の問題、免疫の健康はすべてCOVID-19の重症度と予後に大きな影響を与えたとされています。このように、人々はパンデミックの間中、ライフスタイルの選択と明確に定義された健康的な食事の摂取の影響を考慮しました。このため、パンデミックの期間中、ニュートリゲノミクス研究の需要が高まりました。したがって、上記の要因のために、パンデミックはかなり研究市場に影響を与えました。さらに、この市場は今後5年間で大きく成長すると予想されています。

対象者の意識の高まり、肥満の有病率の上昇、アスリートの間で個人化された食生活の傾向が強まっていることなどの要因が、予測期間中に調査対象市場の成長を促進すると予想されます。

様々な種類のがんが食事摂取と関連し、がんリスクに大きな影響を与えることから、ニュートリゲノミクスはがんの病因的側面を理解するためのがん研究において重要な役割を担っています。世界的に、がん罹患率は増加しており、これが市場の成長を促進すると予想されています。例えば、2021年3月に更新されたGCOのデータによると、2040年までに新たながん患者数は2940万人に増加すると推定されています。個人レベルでの適切な食事や栄養摂取は、がんに対する感受性を低下させる可能性があるため、がんに対する栄養摂取の研究が進んでいます。さらに、ニュートリゲノミクスは、健康や病気における遺伝子の役割の理解を深め、病気の診断を助ける治療介入の改善に寄与しています。このように、対象となる人々の間で栄養の重要性が高まっていることに加え、病気の予防や老化の兆候を遅らせることに注力するなどのいくつかの利点が、ニュートリゲノミクス市場を牽引すると予想されるのです。その結果、市場全体の成長に寄与しています。

さらに、市場プレイヤーは、市場シェアを拡大するために、製品の発売、コラボレーション、買収、合併、拡張など、さまざまな戦略を採用しています。例えば、2022年8月、英国とアイルランドで、パーソナライズされた遺伝子ツールであるPureGenomicsが発売されました。PureGenomicsは、栄養に対するパーソナライズド・アプローチを行う独自のニュートリゲノミクス補完サービスで、医療従事者にわかりやすく、信頼性の高い、有用なゲノムデータを提供することを目的としています。このような市場の開拓は、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

したがって、上記の要因により、予測期間中に市場が成長することが期待されます。ただし、ニュートリゲノミクスの分野では規制当局の承認がないため、市場成長の妨げになる可能性があります。

ニュートリゲノミクスの市場動向

肥満セグメントが予測期間中に成長を示すことが予想される

他のアプリケーションの中で、肥満セグメントが分析期間中に成長を示すと予測されています。体重や食行動に対する遺伝子の影響は、ニュートリゲノミクスにおける重要な研究分野です。栄養カウンセリングを行う際にこれらの遺伝子を考慮することで、よりインテリジェントな食品推奨とより多くの行動変容をもたらすことにより、体重減少を促進することができます。このように、世界の肥満人口の増加に伴い、ニュートリゲノミクスに対する需要が高まっており、これがセグメントの成長に寄与すると期待されています。

メタボリックシンドローム(MetS)は、肥満、2型糖尿病、および心血管疾患のリスク上昇と関連しています。2021年3月にBMCに掲載された論文によると、メタボリックシンドロームの世界の有病率は成人人口で20~25%、子どもで0~19.2%ですが、2型糖尿病患者ではほぼ80%に達する可能性があるとされています。メタボリックシンドロームは肥満の潜在的なリスクとなるため、対象者には臨床的に助言された栄養摂取が必要です。したがって、肥満のリスクが高い集団は、ニュートリゲノミクスの需要を促進すると予想されます。その結果、セグメントの成長を促進します。

製品の開発と革新のための主要なプレーヤーによる開発活動は、セグメントの成長を促進する主要な要因です。例えば、2022年9月、顧客の遺伝子データを通じて脂肪肝を回復させることで知られるニュートリゲノミクスとウェルネス企業のHealeo Nutritionは、遺伝学を通じて肥満と体重減少に取り組む「DNAベースの体重減少および管理プログラム」を開始しました。このような製品の革新や発売は、セグメントの成長を促進することが期待されます。

したがって、前述の要因により、肥満分野は予測期間中に成長を遂げると予想されます。

北米は予測期間中に大幅な成長を遂げると予想される

北米では市場が拡大しており、予測期間中もその牙城は続くと予想されます。北米のニュートリゲノミクス市場を牽引している要因は、消費者向け直販キットのインダクションと開発、特殊な食品やダイエットの摂取量の増加です。さらに、肥満率の上昇、人口の高齢化、医療費の増加、確立された医療インフラの存在なども、この傾向に拍車をかけています。

この地域の他の国々の中では、米国が最大のシェアを占めています。肥満人口の増加や慢性疾患患者の増加などの要因が、同国での市場調査を推進するものと思われます。2022年9月のCDCのアップデートによると、2021年には45歳から54歳の成人の肥満の有病率が最も高く(39.3%)、同年の米国ではすべての州および準州で成人の肥満の割合が20%を超えています。このように国内の対象者の肥満の負担が大きいため、減量のために臨床的にアドバイスされたダイエットプランが必要です。ニュートリゲノミクス研究は、対象者により良い減量計画を提供するため、同国で人気を集めています。

さらに、同国の政府機関は、ニュートリゲノミクス研究を支援するためのイニシアチブをとっています。例えば、2022年3月、AHAは、食料安全保障に広く焦点を当てた栄養支援政策とプログラムの拡大・改善のための提言に関する政策声明を発表しました。食料安全保障を優先する目的は、心血管疾患、糖尿病、肥満、がんなどの慢性的な食事関連疾患を予防することです。このような取り組みは、ニュートリゲノミクス研究の機会を生み出すと思われます。それによって、同地域の市場成長を促進することが期待されます。

したがって、前述の要因のために、北米は、予測期間にわたって研究市場を独占することが期待されます。

ニュートリゲノミクス市場の競合他社分析

ニュートリゲノミクス市場は断片的で競争的です。市場は、いくつかの主要なプレーヤーで構成されています。製品のイノベーションと研究のためのより多くの資金を持つ市場プレーヤーは、市場での地位を確立しています。複数の企業が、弱った免疫系の強化やコレステロール化合物の摂取量の減少など、特定の遺伝子プロファイルに適合するテーラーメイド食品の開発に重点を移しています。このように、食品摂取に対する需要の高まりと資金の確保により、新規参入業者の脅威は中程度から高程度に高まっています。この市場のプレイヤーには、DSM、BASF SE、Danone、Genova Diagnostics、Cell-Logic、Metagenics Inc.、GeneSmartなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 肥満の増加
    • パーソナライズドダイエットの人気の高まり
    • がんの予防と治療に関する研究の活発化
  • 市場抑制要因
    • 規制当局による認可の欠如
    • ニュートリゲノミクス研究支援のための実証された結果の欠如
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:100万米ドル)

  • アプリケーション別
    • 循環器疾患
    • 肥満症
    • がん研究
    • その他のアプリケーション
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • DSM
    • BASF SE
    • Danone
    • Genova Diagnostics
    • Cell-Logic
    • Metagenics Inc.
    • GeneSmart
    • GX Sciences Inc.
    • Nutrigenomix Inc.
    • Unilever Group
    • Xcode Life Sciences Private Limited.
    • Holistic Heal

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68900

The nutrigenomics market is expected to witness a CAGR of 15.5% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic had a significant impact on the market. Following the pandemic, there was a greater awareness of nutrition habits, healthy foods, food allergies, and a preference for personalized health, creating opportunities for the nutrigenomic market. According to an article published in Frontiers in Nutrition Journal in July 2021, nutrition and metabolic diseases, such as obesity and diabetes, had a significant impact on public health, while lifestyle changes, metabolic issues, and immunological health all had a significant impact on the severity and prognosis of COVID-19. Thus, people considered the effects of lifestyle choices and the intake of clearly defined healthy diets throughout the pandemic. This increased the demand for nutrigenomics research during the pandemic. Therefore, owing to the factors mentioned above, the pandemic considerably impacted the market studied. Moreover, the market studied is expected to grow significantly over the next five years.

Factors such as the increasing awareness among the target population, the rising prevalence of obesity, and the growing trend of personalized diets among athletes are expected to fuel the growth of the market studied during the forecast period.

Nutrigenomics plays an important role in cancer research to understand the etiologic aspects of cancer, as various types of cancer are linked to dietary intake and can significantly influence cancer risk. Globally, there is an increasing cancer incidence, which is expected to fuel market growth. For instance, according to GCO data updated in March 2021, the number of new cancer cases is estimated to grow to 29.4 million by 2040. As proper diet and nutrition on an individual level may reduce the susceptibility to cancer, research on nutrition for cancer is increasing. Furthermore, nutrigenomics contributes to a better understanding of the genetic role in health and disease, as well as an improved therapeutic intervention to aid in disease diagnosis. Thus, the increasing importance of nutrition among the target population, as well as several benefits such as a focus on disease prevention and slowing the signs of aging, are expected to drive the nutrigenomics market. As a result, they contribute to overall market growth.

Furthermore, market players are adopting various strategies, such as product launches, collaborations, acquisitions, mergers, and expansions, to increase their market share. For instance, in August 2022, PureGenomics, a personalized genetic tool, was launched in the United Kingdom and Ireland. PureGenomics is a unique complementary nutrigenomics service that takes a personalized approach to nutrition and aims to give healthcare professionals straightforward, trustworthy, and useful genomic data. Such developments in the market are anticipated to drive market growth over the forecast period.

Therefore, owing to the aforesaid factors, the market studied is expected to grow over the forecast period. However, the lack of regulatory approvals in the field of nutrigenomics may hamper market growth.

Nutrigenomics Market Trends

Obesity Segment is Anticipated to Witness Growth Over the Forecast Period

The obesity segment is anticipated to witness growth over the analysis period, among the other applications. The influence of genes on weight and associated eating behaviors is a prominent field of research in nutrigenomics. Taking these genes into account while providing nutrition counseling can enhance weight loss by resulting in more intelligent food recommendations and more behavior change. Thus, with an increase in the obese population globally, the demand for nutrigenomics is increasing, which is expected to contribute to segment growth.

Metabolic syndrome (MetS) is associated with an increased risk of obesity, type 2 diabetes mellitus, and cardiovascular diseases. As per an article published in BMC in March 2021, the prevalence of metabolic syndrome globally ranges from 20 to 25% in the adult population and 0 to 19.2% in children, but it can reach almost 80% in type 2 diabetes patients. As MetS pose the potential risk of obesity, clinically advised nutrition intake is necessary for the target population. Hence, the high risk of the obese population is anticipated to drive the demand for nutrigenomics. As a result, driving the segment growth.

The development activities by the major players to develop and innovate products are key factors that are fueling segment growth. For instance, in September 2022, nutrigenomics and wellness firm Healeo Nutrition, known for reversing fatty liver through the client's genetic data, launched its DNA-Based Weight Loss and Management Program to tackle obesity and weight loss through genetics. Such product innovation and launches are expected to drive segment growth.

Therefore, owing to the aforementioned factors, the obesity segment is expected to witness growth over the forecast period.

North America is Expected to Witness Significant Growth Over the Forecast Period

The market studied is growing in North America, and it is anticipated to continue its stronghold during the forecast period. Factors driving the North American nutrigenomics market are the introduction and development of direct-to-consumer nutrigenomics kits and an increase in the intake of specialized foods and diets. Furthermore, rising obesity rates, an aging population, rising healthcare costs, and the presence of well-established healthcare infrastructure all contribute to this trend.

The United States holds the largest share among the other countries in the region. Factors such as the increasing obese population coupled with a rising number of chronic disease patients are expected to drive the market studied in the country. Adults aged 45 to 54 years had the highest prevalence of obesity (39.3%) in 2021, according to the September 2022 CDC update, and all states and territories had more than 20% of adults with obesity in the United States in the same year. This burden of obesity among the target population in the country requires clinically advised diet plans for weight loss. Nutrigenomics research is gaining popularity in the country as it provides better weight loss plans to the target population.

Additionally, government organizations in the country are taking initiatives to support nutrigenomics research. For instance, in March 2022, the AHA issued a policy statement on nutritional support policies and recommendations for expanding and improving programs with a broad focus on food security. The purpose of food security priorities is to prevent chronic diet-related illnesses such as cardiovascular disease, diabetes, obesity, and cancer. Such initiatives are likely to create opportunities for nutrigenomics research. Thereby, it is expected to fuel market growth in the region.

Therefore, owing to the aforementioned factors, North America is expected to dominate the market studied over the forecast period.

Nutrigenomics Market Competitor Analysis

The nutrigenomics market is fragmented and competitive. The market consists of several major players. The market players with more funds for product innovation and research have established their positions in the market. Several companies are shifting their focus to the development of tailor-made foods to match a particular gene profile, such as strengthening the weak immune system and decreasing the intake of cholesterol compounds. Thus, with increasing demand for food intake and the availability of funds, new companies are entering the market, increasing the threat of new entrants from moderate to high. Some of the players in this market are DSM, BASF SE, Danone, Genova Diagnostics, Cell-Logic, Metagenics Inc., and GeneSmart, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Obesity
    • 4.2.2 Increasing Popularity for Personalised Diet
    • 4.2.3 Intense Research for Cancer Prevention and Cure
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Regulatory Approvals
    • 4.3.2 Lack of Proven Results for Nutrigenomics Study Support
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Cardiovascular Diseases
    • 5.1.2 Obesity
    • 5.1.3 Cancer Research
    • 5.1.4 Other Applications
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Italy
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 South Korea
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Middle East
      • 5.2.4.1 GCC
      • 5.2.4.2 South Africa
      • 5.2.4.3 Rest of Middle East
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Argentina
      • 5.2.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 DSM
    • 6.1.2 BASF SE
    • 6.1.3 Danone
    • 6.1.4 Genova Diagnostics
    • 6.1.5 Cell-Logic
    • 6.1.6 Metagenics Inc.
    • 6.1.7 GeneSmart
    • 6.1.8 GX Sciences Inc.
    • 6.1.9 Nutrigenomix Inc.
    • 6.1.10 Unilever Group
    • 6.1.11 Xcode Life Sciences Private Limited.
    • 6.1.12 Holistic Heal

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS