市場調査レポート
商品コード
1198723

血管閉鎖デバイス(VCD)市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Vascular Closure Device (VCD) Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
血管閉鎖デバイス(VCD)市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

血管閉鎖デバイス(VCD)市場は、予測期間(2022-2027年)に6.82%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の大流行時には、緊急性のない外科手術が減少し、市場の成長に影響を及ぼしました。2021年12月にJAMA Network Open誌に掲載された「Trends in US Surgical Procedures and Health Care System Response to Policies Curtailing Elective Surgical Operations During the COVID-19 Pandemic」という記事によると、パンデミックは外科治療を含む医療のあらゆる側面に影響を与えていたとのことです。この論文では、2020年11月から2021年7月までの米国における手術データを分析し、2020年3月から4月の最初の停止期間には、手術の処置量が減少していたことが指摘されています。規制が解除された後、外科手術の実施率は2019年の水準に回復しました。このような手術件数の減少は、COVID-19のパンデミック時の市場の成長を妨げました。

カテーテル関連処置の増加、低侵襲ソリューションの需要の増加、VCDの使いやすさなどの要因が、心血管疾患の負担増と相まって、市場の成長を促進しています。低侵襲手術には、手術による痛み、損傷、傷跡、入院期間の短縮、高い精度、迅速な回復時間などのいくつかの利点があるため、低侵襲バルーン血管形成術を選択する患者の数が増えているのです。心血管疾患とそれによる死亡の負担の増大は、治療用デバイスの必要性を生み出し、それ故に市場の成長を促進します。例えば、「Cardiovascular Diseases」と題された世界保健機関(WHO)の記事。2021年6月に更新された「Key Facts」では、心血管疾患(CVD)が世界の死因のトップであると報告されています。

さらに、市場の成長は新製品の発売によっても促進されます。例えば、2021年9月、Haemonetics Corporationは、VASCADE MVP Venous Vascular Closure Systemについて米国食品医薬品局の認可を取得しました。このように、さまざまな市場プレイヤーの製品について、規制当局による承認数が市場の成長を後押ししています。しかし、製品の高コストとVCDに関連する合併症が、予測期間中の市場成長の妨げになる可能性があります。

血管閉鎖デバイス(VCD)市場動向

大腿アクセスセグメントは予測期間中に著しい成長を示すと予想される

大腿動脈アクセス用血管閉鎖デバイスは、インターベンショナル・カーディオロジストやその他のプロシージャリストにとって、カテーテル挿入部位の止血を実現するための強力なツールです。この市場セグメントの成長は、大腿動脈血管閉鎖デバイスの利点を実証する調査研究によって後押しされています。例えば、2022年2月にBMC Cardiovascular Disorders誌に掲載された「Comparison of MynxGrip vascular closure device and manual compression for closure after femoral access angiography:a randomized controlled trial:the closure devices used in everyday practice study, CLOSE-UP III trial」という論文は、市場で入手できる2つの血管閉鎖装置の安全性と有効性を比較したものです。その結果、両者とも血管の重大な有害事象の発生は稀であると結論づけられました。大腿アクセス血管閉鎖デバイスのこのような利点は、その使用を促進し、それ故に市場セグメントの成長を促進します。

さらに、異なる地域でのデバイスのマーケティングおよび商業化のための市場プレーヤー間の協力は、市場セグメントの成長を推進しています。For Instance, 2022年5月、医療技術プロバイダーのTeleflex Incorporatedは、大口径大腿動脈アクセス部位閉鎖用に特別に設計された初の市販バイオメカニカル血管閉鎖デバイスであるMANTA Vascular Closure Deviceのカナダ保健省の承認を取得しました。MANTAデバイスは、血管内カテーテル治療において、10-20Fのデバイスまたはシース(外径12-25F)を使用した後、止血までの時間を短縮しながら大腿動脈アクセス部位を閉鎖するためのデバイスとして適応されます。

このような背景から、同市場は予測期間中に大きく成長することが期待されています。

北米は市場の主要なシェアを占めており、予測期間中も同様であると予想されます。

医療インフラが整備されていること、カテーテル関連手術の増加と相まって心血管疾患の負担が増大していること、同国における低侵襲性ソリューションの需要増が、同地域の市場成長を牽引しています。2022年2月に更新された「Heart Diseases Facts」と題する疾病管理予防センター(CDC)の記事によると、心臓病は米国における死因の第1位となっています。また、米国では毎年約659,000人が心臓病で死亡していると報告されています。このような疾病の高い負担が血管閉鎖デバイスのニーズを生み出し、同地域の市場成長を後押ししています。

さらに、米国食品医薬品局やカナダ保健省などの規制当局からの承認も、市場の成長を後押ししています。例えば、2021年4月、EnsiteVascular社は、経気管支血管内治療後に上腕動脈の止血を達成するための同社のSiteSeal SV(小血管)VCD圧迫装置について、2度目の米国食品医薬品局(FDA)の市場認可を取得しました。SiteSeal SVは、小動脈(特に上腕、橈骨、ペダル)の閉塞のために設計された新しい閉塞デバイスです。外部圧迫をシミュレートしますが、関連する変数を取り除き、何も残りません。

また、2021年10月、Haemoneticsは米国食品医薬品局から、同社の静脈血管閉鎖システムVascade MVPを用いた心房細動アブレーション後の同日退院の承認を取得しました。Vascade MVPは、複数のアクセス部位の静脈閉鎖を必要とする手技に対応した血管閉鎖システムです。

このように、血管閉鎖デバイス市場は、上記の要因により、予測期間中に北米地域で大きな成長を遂げると予想されます。

血管閉鎖デバイス(VCD)市場の競合他社分析

この市場は、競争企業間の敵対関係が高く、この分野での高い収益創出につながるため、有利な成長を示すことが期待されます。この市場の有力企業は、新しいVCDの開発に取り組み、製品ポートフォリオを拡大しています。また、中小企業との買収や提携によるプレゼンスの向上も、この分野の成長を促進するものと思われます。市場の主なプレイヤーは、Abbott Laboratories、Cardinal Health Inc.、Biotronik SE &Co.KG、Cardinal Health Inc.、CardivaMedical Inc.、およびTerumo Corporationです。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • カテーテル関連手技の増加
    • 低侵襲性ソリューションの需要増加
    • VCDの使いやすさ
  • 市場抑制要因
    • 製品の高コスト
    • VCDに関連する合併症
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額別市場規模:百万米ドル)

  • 製品タイプ
    • アクティブアクロリメーター
      • クリップ式デバイス
      • 縫合糸を用いたデバイス
      • プラグ式
    • パッシブ近似器
      • 止血パッド・パッチ
      • 圧縮装置
  • アクセス方法
    • フェモラルアクセス
    • ラジアルアクセス
  • エンドユーザー
    • 病院
    • 外来手術センター
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Advanced Vascular Dynamics
    • B. Braun Melsungen AG
    • Biotronik SE & Co. KG
    • Becton, Dickinson and Company(C.R. Bard Inc.)
    • Cardinal Health Inc.
    • Cardiva Medical Inc.
    • Vivasure Medical Ltd
    • Medtronic PLC
    • Terumo Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66042

The vascular closure device (VCD) market is anticipated to exhibit a CAGR of 6.82 % over the forecast period (2022-2027).

During the COVID-19 pandemic, there was a reduction in the non-emergency surgical procedure, which impacted the growth of the market. According to an article titled "Trends in US Surgical Procedures and Health Care System Response to Policies Curtailing Elective Surgical Operations During the COVID-19 Pandemic" published in the journal of JAMA Network Open in December 2021, the pandemic had affected every aspect of medical care, including the surgical treatments. The article analyzed the surgical data in the United States from November 2020 through July 2021 and indicated that the initial shutdown period in March 2020 through April 2020, was associated with a decrease in surgical procedure volumes. After the restrictions were lifted, the rate of surgical procedures rebounded to 2019 levels. Such reductions in the surgical volumes hindered the growth of the market during the COVID-19 pandemic.

Factors such as an increase in catheterization-related procedures, a rise in demand for minimally invasive solutions, and ease of usage of VCDs, coupled with the growing burden of cardiovascular diseases, are driving the growth of the market. The several advantages of minimally invasive surgeries, such as reduced surgical pain, injury, scarring, hospital stay, higher accuracy, and speedy recovery time, are encouraging an increasing number of patients to opt for minimally invasive balloon angioplasty surgeries. The growing burden of cardiovascular disease and deaths due to it generates the need for devices for the treatment and hence drives the market's growth. For instance, the World Health Organization article titled 'Cardiovascular Diseases: Key Facts' updated in June 2021, reported that cardiovascular diseases (CVDs) are the leading cause of death globally.

Additionally, the market growth is also propelled by the launch of new products. For instance, in September 2021, Haemonetics Corporation received the United States Food and Drug Administration's approval for VASCADE MVP Venous Vascular Closure System. Thus, the number of approvals by the regulatory authority for the products by different market players is boosting the growth of the market. However, the high cost of products and complications associated with VCDs may hinder the growth of the market over the forecast period.

Vascular Closure Device (VCD) Market Trends

Femoral Access Segment is Expected to Show Significant Growth Over the Forecast Period

Femoral vascular closure devices are powerful tools for interventional cardiologists and other proceduralists to achieve hemostasis at the catheterization entry site. The market segment growth is boosted by the research studies demonstrating the benefits of femoral vascular closure devices. For instance, an article titled "Comparison of MynxGrip vascular closure device and manual compression for closure after femoral access angiography: a randomized controlled trial: the closure devices used in everyday practice study, CLOSE-UP III trial" published in the journal of BMC Cardiovascular Disorders in February 2022 compared the safety and efficacy of two vascular closure devices available in the market. The study concluded that the occurrence of a major adverse vascular event was rare in both cases. Such benefits of the femoral access vascular closure devices promote their usage, hence driving the growth of the market segment.

Additionally, the collaboration among the market players for the marketing and commercialization of devices in different regions is driving the growth of the market segment. For Instance, in May 2022, Teleflex Incorporated, a medical technologies provider, received Health Canada approval for the MANTA Vascular Closure Device, the first commercially available biomechanical vascular closure device designed specifically for large bore femoral arterial access site closure. MANTA Device is indicated for closure of femoral arterial access sites while reducing time to hemostasis following the use of 10-20F devices or sheaths (12-25F OD) in endovascular catheterization procedures.

Thus, owing to the abovementioned factors, the market segment is expected to grow significantly over the forecast period.

North America Holds Major Share in the Market and is Expected to do the Same Over the Forecast Period.

The well-established healthcare infrastructure, the growing burden of cardiovascular diseases, coupled with an increase in catheterization-related procedures, and the rise in demand for minimally invasive solutions in the country are driving the growth of the market in the region. According to the Center for Disease Control and Prevention (CDC) article titled 'Heart Diseases Facts' updated in February 2022, heart disease is the leading cause of death in the United States. It also reported that about 659,000 people in the United States die from heart disease each year. Such a high burden of the disease generates the need for vascular closure devices and drives the growth of the market in the region.

Additionally, the market growth is also boosted by approval from regulatory authorities such as the United States Food and Drug Administration and Health Canada. For instance, in April 2021, EnsiteVascular received its second United States Food and Drug Administration (FDA) market clearance for the company's SiteSeal SV (small vessel) VCD compression device to achieve hemostasis of the brachial artery after a transbronchial endovascular procedure. SiteSeal SV is a new closure device designed for the closure of small arterial vessels, specifically brachial, radial and pedal. It simulates external compression, but removes the associated variables, leaving nothing behind.

Also, in October 2021, Haemonetics received approval from the United States Food and Drug Administration for same-day discharge after atrial fibrillation ablation using its Vascade MVP venous vascular closure system. Vascade MVP is a vascular closure system that is designed for procedures that require multiple access site venous closures.

Thus, owing to the abovementioned factors, the vascular closure device market is expected to project significant growth in the North American region over the forecast period.

Vascular Closure Device (VCD) Market Competitor Analysis

This market is expected to witness lucrative growth due to a high level of competitive rivalry, which translates to high revenue generation in this sector. The prominent players in this market are involved in developing novel VCDs and, in turn, broadening their product portfolios. Acquisition and collaboration with small companies to enhance presence are also expected to propel growth in this vertical. The major players in the market are Abbott Laboratories, Cardinal Health Inc., Biotronik SE & Co. KG, Cardinal Health Inc., CardivaMedical Inc., and Terumo Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increase in Catheterization-related Procedures
    • 4.2.2 Increase in Demand for Minimally Invasive Solutions
    • 4.2.3 Ease of Use of VCDs
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Products
    • 4.3.2 Complications Associated with VCDs
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Active Approximators
      • 5.1.1.1 Clip-based Devices
      • 5.1.1.2 Suture-based Devices
      • 5.1.1.3 Plug-based Devices
    • 5.1.2 Passive Approximators
      • 5.1.2.1 Hemostatic Pads and Patches
      • 5.1.2.2 Compression Devices
  • 5.2 Mode of Access
    • 5.2.1 Femoral Access
    • 5.2.2 Radial Access
  • 5.3 End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Ambulatory Surgical Centres
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East & Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East & Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Advanced Vascular Dynamics
    • 6.1.3 B. Braun Melsungen AG
    • 6.1.4 Biotronik SE & Co. KG
    • 6.1.5 Becton, Dickinson and Company (C.R. Bard Inc.)
    • 6.1.6 Cardinal Health Inc.
    • 6.1.7 Cardiva Medical Inc.
    • 6.1.8 Vivasure Medical Ltd
    • 6.1.9 Medtronic PLC
    • 6.1.10 Terumo Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS