市場調査レポート
商品コード
1198682

統合脅威管理(UTM)市場 - 規模、成長、動向、予測(2023年-2028年)

Unified Threat Management Market - Size, Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
統合脅威管理(UTM)市場 - 規模、成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

統合脅威管理(UTM)市場は、予測期間中に12.10%のCAGRで推移すると予想されています。

IT事業者が企業ネットワークを脅威から保護することを優先するため、UTMの需要が高まっています。あらゆる規模の企業が、このような攻撃のリスクを軽減し、管理を簡素化するためにUTMソリューションを使用しています。

主なハイライト

  • ネットワーク・ファイアウォール、ゲートウェイ・アンチウイルス、ゲートウェイ・アンチスパム、VPN、ロードバランシング、データ漏洩防止、コンテンツ・フィルタリング、アプライアンス上のレポートなどの機能を備えた統合脅威管理(UTM)は、企業にとって非常に価値のある包括的なセキュリティ・ソリューションといえます。過去10年間、このようなセキュリティ機能をすべて1つのアプライアンスに集約したことにより、UTMソリューションとサービスに対する需要が高まっています。低コスト、導入の容易さ、設定のしやすさなど、その多くの利点から、かつては中小企業が統合脅威管理(UTM)の主要なエンドユーザーでした。しかし、今日の企業でも、拡張性と俊敏性を備え、消費電力の削減とITの生産性向上を実現できるUTMソリューションが採用されるようになっています。
  • UTMソリューションの需要が高まっている主な理由としては、データ漏えいの増加、法規制の遵守、最先端技術による支援、企業への価値提供の拡大などが挙げられます。今後数年間で、統合脅威管理(UTM)市場は飛躍的な拡大を遂げると予想されます。
  • 統合脅威管理(UTM)のためのソリューションは、効率性と統合性の面で多くの利点を提供します。UTMソリューションはこれまで、複数のセキュリティツールを単一のネットワークデバイスに統合することで性能機能が低下するため、一貫した高いネットワークスループットを要求するアプリケーションにはあまり実用的ではありませんでした。この障害により、統合脅威管理(UTM)市場は大企業で離陸することができませんでした。ベンダーは現在、この課題に対応し、大企業のニーズに沿ったソリューションを維持するために、提供するソリューションの質と量を継続的に向上させています。
  • 現在、UTMの集中管理コンソールは、大企業のさまざまな支店で使用されており、インフラ全体のセキュリティを提供しています。これにより、個々のサイトやゲートウェイを管理する必要がなくなり、管理コストやミスを低減することができます。
  • COVID-19の流行が勃発して以来、そしてそれ以降、UTMの導入が全体的に進んでいます。COVID-19患者や入院患者の急増、電子カルテ(EMR)などのデジタルヘルスサービスの利用拡大とともに、ヘルスケアにおける統合脅威管理(UTM)の必要性が高まっています。統合脅威管理(UTM)の導入に対する需要は、世界のオンラインおよびデジタル取引の増加により増加しています。ロックダウンの制限や在宅勤務の規制がある中でITサービスの利用が増加していることが、UTMに対する需要を高めています。

統合脅威管理(UTM)の市場動向

データセキュリティに対する需要の高まりは、市場の成長を促す主要な要因の1つです。

  • 現在、複数の組織がネットワークとITインフラに注力しており、これによりデータ生成が即座に促進されます。より多くのデータが定期的に生成されるため、これらの企業はデータ漏洩に関連する問題に対処しています。
  • 今日のIT企業にとって、企業ネットワークを攻撃者から保護することは深刻な課題となっています。ネットワーク事業者は、深刻化するセキュリティ問題に対応するため、より多くのコンポーネントを統合することを余儀なくされており、この問題は近年、非常に拡大しています。あらゆる規模の企業が統合脅威管理(UTM)ソリューションを使用していますが、主に中小企業が管理の複雑さを軽減し、この増大する問題に対処しています。集中型のポイントセキュリティソリューションは、支出やエネルギー使用量を削減するために、これらの代替品に置き換えられています。
  • 当初、これらのソリューションは小規模な企業向けに使用されていました。しかし、UTMが使用できる統合脅威管理(UTM)用の機能やアプリケーションが市場で増えているため、こうしたアプライアンスやサービスを採用する傾向は、中堅企業やエンタープライズレベルの企業でますます強まっています。
  • 当初、これらのソリューションは中小企業向けのサービスとして利用されていました。しかし、UTMが利用できる統合脅威管理(UTM)市場の機能やアプリケーションの増加により、このようなアプライアンスやサービスを採用する傾向は、中堅企業やエンタープライズレベルの企業にますます有利になりつつあります。
  • データ漏洩の影響は、顧客喪失、収益減少、競合優位性の喪失、スタッフの生産性などの面で、組織のパフォーマンスに打撃を与えることになります。企業がネットワーク上のデータのセキュリティレベル、保護、可視性、制御を向上させるために、UTMソリューションにはアプリケーション制御、侵入検知、コンテンツフィルタリングなどの機能が含まれています。したがって、UTMソリューションは、機密データの損失を減らすのに役立つデータ保護の高いレベルを提供し、その結果、UTM市場の成長を推進しています。

北米が大幅な市場成長を占める。

  • 北米では、クラウドセキュリティのインフラが拡大しているため、統合脅威管理(UTM)産業が大きく成長すると予測されています。また、この地域ではサイバー攻撃が多発しているため、UTMソリューションやサイバーセキュリティツールの普及が進み、同地域での市場拡大がさらに加速しています。
  • 例えば、Identity Theft Resource Centerによると、2021年には米国で約2億9400万人が侵害、データ露出、データ漏えいなどのサイバーデータ侵害の被害に遭いました。昨年上半期に米国で発生したデータ漏洩は817件。2015年に国内で発見された個人情報侵害は785件でした。
  • 中小企業の増加に伴い、手頃な価格のUTMソリューションの需要が高まると予想されます。また、ベンダーは、パフォーマンスを向上させ、ユーザーの要求を満たすために、新機能を搭載して頻繁に製品を更新しています。このような要因からも、同地域の市場は牽引されると予想されます。
  • IT、通信、BFSI、ヘルスケア、小売、製造、輸送、公益事業などの領域で、信頼性の高いセキュリティおよびデータ漏洩防止ソリューションが求められていることが、地域の成長動向と関連付けられるでしょう。主要な統合脅威管理(UTM)サービスプロバイダーが米国とカナダに進出していることは、地域の成長の力学に好影響を与えるでしょう。

統合脅威管理(UTM)市場の競合企業分析

統合脅威管理(UTM)市場は、国内外に多数の大企業や中小企業が存在するため、競合が激しい市場です。多くの技術的巨人が存在するため、市場はより結束力を高める必要があります。市場の主要企業が採用する主な戦略は、製品イノベーションとM&Aです。市場の主な発展には以下のようなものがあります。

  • 2022年4月- 業界をリードする移動体衛星通信会社インマルサットが、ハッカーから船舶ネットワークを保護するために、高い評価を得ているフリートエクスプレスサービスの標準機能であるフリートセキュア統合脅威管理(UTM)を導入。Fleet Secure Endpoint、Fleet Secure Cyber Awareness Trainingとともに、Fleet Secure UTMは船主向けのインマルサット・サイバーセキュリティ製品群を完成させました。海洋サイバーセキュリティの専門家であるPort-ITとの協力により作成されたFleet Secure UTMの保護機能の堅牢さは、多くのネットワークセキュリティソリューションを単一のアプリケーションに統合していることに基づいています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 主要市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • バーチャル
  • サービス別
    • プロフェッショナルサービス
    • マネージドサービス
  • 販売チャネル別
    • 直販
    • 付加価値再販業者(VARS)
    • 販売代理店
  • エンドユーザー別
    • BFSI
    • IT・通信
    • ヘルスケア
    • 小売業
    • 製造業
    • 公共事業
    • 輸送
    • その他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東地域

第6章 競合情勢

  • Avast
  • Barracuda Networks
  • Check Point Software
  • Cisco
  • Comodo
  • Dell SonicWALL
  • Fortinet
  • Hillstone
  • Huawei
  • IBM Corporation
  • Intel
  • Juniper Networks
  • McAfee
  • Sophos
  • Trend Micro
  • Trustwave
  • Venustech
  • WatchGuard

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 93378

The Unified Threat Management Market is expected to register a CAGR of 12.10% over the forecast period. Demand for UTM is rising as IT businesses prioritize protecting corporate networks from threats. Enterprises of all sizes use UTM solutions to lessen the risk of such attacks and simplify management.

Key Highlights

  • With features including network firewalls, gateway antivirus, gateway anti-spam, VPN, load balancing, data leak prevention, content filtering, and on-appliance reporting, Unified Threat Management (UTM) is a comprehensive security solution with enormous value to businesses. Over the past ten years, there has been a growth in demand for UTM solutions and services due to consolidating all such security capabilities onto a single appliance. Due to its many advantages, including low cost, ease of deployment, and configuration, small businesses were once the primary end users of unified threat management. However, today's enterprises are also adopting UTM solutions because of their scalable and agile features, which can lower energy consumption and increase IT productivity.
  • A few main reasons for the rise in demand for UTM solutions include increased data breaches, regulatory compliance, assistance from cutting-edge technology, and the ability to offer increased value to enterprises. In the upcoming years, it is anticipated that the market for unified threat management will experience tremendous expansion.
  • Solutions for unified threat management offer numerous benefits in terms of efficiency and integration. The UTM solution has historically been less practical for applications demanding consistent and high network throughput due to the decrease in performance features caused by consolidating multiple security tools into a single network device. This obstacle prevented the Unified Threat Management market from taking off in big businesses. Vendors are now continuously improving the quality and quantity of their solution offerings to meet this challenge and maintain them in line with the needs of large organizations.
  • Currently, UTM centralized consoles are used by larger firms' various branch offices to provide security for a whole infrastructure. This eliminates the need to manage individual sites or gateways, which lowers administrative expenses and mistakes.
  • Since the COVID-19 epidemic broke out, and since then, there has been a rise in UTM adoption across the board. The need for unified threat management in healthcare has grown along with the exponential increase in COVID-19 patients, hospital admissions, and the greater use of digital health services like electronic medical records (EMR). The demand for unified threat management implementation is increasing due to the increase in online and digital transactions worldwide. The increased use of IT services amid lockdown limitations and work-from-home regulations has increased demand for UTM.

Unified Threat Management Market Trends

Increasing demand for data security is one of the major factor driving growth of the market.

  • Several organizations are currently focusing on networking and IT infrastructure, which immediately boosts data generation. Because more data is being generated regularly, these firms are dealing with problems linked to data breaches.
  • For IT firms today, protecting a corporate network from attackers has become a serious task. As network operators are compelled to integrate more components to address escalating security concerns, the problem has expanded tremendously in recent years. Enterprises of all sizes are using unified Threat Administration (UTM) solutions, but primarily SMBs, to reduce the complexity of management and combat this rising issue. Intensive point security solutions are being replaced with these alternatives to reduce spending and energy usage.
  • Initially, these solutions were used to serve small businesses. Still, due to an increase in the features and applications available in the market for unified threat management, where UTM can be used, the trend of adopting such appliances and services is shifting more and more in favor of mid-sized and enterprise-level businesses.
  • Initially, these solutions were used to serve small businesses. Still, due to an increase in the features and applications available in the market for unified threat management, where UTM can be used, the trend of adopting such appliances and services is shifting more and more in favor of mid-sized and enterprise-level businesses.
  • The impact of data breaches would hurt the performance of the organizations in terms of customer loss, revenue reduction, loss of competitive advantage, staff productivity, and other factors. To help organizations increase the security level, protection, visibility, and control over the data across the network, UTM solutions contain capabilities like application control, intrusion detection, content filtering, and others. Therefore, UTM solutions would offer a high level of data protection that helps to reduce the loss of sensitive data, consequently driving the growth of the UTM market.

North America to account for significant market growth.

  • Due to the region's expanding cloud security infrastructure, the unified threat management (UTM) industry is predicted to rise significantly in North America. Additionally, the area experiences a high volume of cyberattacks, which led to the widespread adoption of UTM solutions and cyber security tools, further bolstering the market's expansion in the area.
  • For instance, according to the Identity Theft Resource Center, nearly 294 million people in the United States were victims of cyber data infractions such as breaches, data exposure, and data leaks in 2021. There were 817 instances of data compromise in the United States in the first half of the last year. There were 785 instances of private data infringement found in the nation in 2015.
  • The demand for affordable UTM solutions is expected to increase as the number of SMEs in the area rises. Vendors also frequently update their products by including new features in order to enhance performance and satisfy user demands. The regional market is anticipated to be driven by these factors as well.
  • The demand for dependable security and data leak prevention solutions across IT, telecom, BFSI, healthcare, retail, manufacturing, transport, utilities, and other domains can be linked to regional growth trends. Leading unified threat management service providers' presence in the US and Canada will have a favorable effect on the dynamics of regional growth.

Unified Threat Management Market Competitor Analysis

The Unified Threat Management market is competitive owing to the presence of many large and small players operating in the domestic and international markets. The market needs to be more cohesive due to the many technological giants. Key strategies adopted by the major players in the market are product innovation and mergers and acquisitions. Some of the key developments in the market are:

  • April 2022 - Fleet Secure Unified Threat Management (UTM), a standard feature on Inmarsat's acclaimed Fleet Xpress service, was introduced by the industry-leading mobile satellite communications company Inmarsat to safeguard vessel networks against hackers. Along with Fleet Secure Endpoint and Fleet Secure Cyber Awareness Training, Fleet Secure UTM completes the suite of Inmarsat cyber security products for ship owners. The robustness of Fleet Secure UTM protection, which was created in collaboration with the marine cyber security expert Port-IT, is based on the integration of many network security solutions into a single application.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definitions

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness-Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the Market

5 Key Market Segments

  • 5.1 BY Component
    • 5.1.1 Hardware
    • 5.1.2 Software
    • 5.1.3 Virtual
  • 5.2 By Service
    • 5.2.1 Professional Service
    • 5.2.2 Managed Service
  • 5.3 By Distribution Channel
    • 5.3.1 Direct Sales
    • 5.3.2 Value-added Resellers (VARS)
    • 5.3.3 Distributors
  • 5.4 By End-User Industry
    • 5.4.1 BFSI
    • 5.4.2 IT & Telecom
    • 5.4.3 Healthcare
    • 5.4.4 Retail
    • 5.4.5 Manufacturing
    • 5.4.6 Utilities
    • 5.4.7 Transport
    • 5.4.8 Others
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
    • 5.5.2 Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
    • 5.5.4 Latin America
    • 5.5.5 Middle East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Avast
  • 6.2 Barracuda Networks
  • 6.3 Check Point Software
  • 6.4 Cisco
  • 6.5 Comodo
  • 6.6 Dell SonicWALL
  • 6.7 Fortinet
  • 6.8 Hillstone
  • 6.9 Huawei
  • 6.10 IBM Corporation
  • 6.11 Intel
  • 6.12 Juniper Networks
  • 6.13 McAfee
  • 6.14 Sophos
  • 6.15 Trend Micro
  • 6.16 Trustwave
  • 6.17 Venustech
  • 6.18 WatchGuard

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET