デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198642

魚雷市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Torpedo Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
魚雷市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

魚雷市場は、予測期間中に4%以上のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19のパンデミックによる魚雷市場への影響は比較的低く、海軍攻撃能力の強化に向けた軍隊の堅調な投資により、魚雷の需要や調達は比較的影響を受けなかったとされています。

国家間の紛争の増加、テロや国境問題の脅威の増加によって煽られた軍事費の増加は、新しい高度な兵器システムの調達を増加させ、それによって予測期間中に魚雷の需要を推進しています。

南シナ海のような水際での緊張が高まる中、各国は海軍の艦船、潜水艦、無人海上システムの調達に投資しています。このことが、予測期間中の魚雷の需要を加速させています。

さらに、魚雷への核弾頭搭載が加速しており、各国にとって最も有望な投資分野の1つとなっています。

魚雷の市場動向

2021年、海上発射型セグメントが市場で最大のシェアを占める

現在、海上発射型セグメントが市場を独占しており、予測期間中もその支配が続くと予想されます。新世代の艦艇の調達に向けた投資が急増しています。原子力潜水艦の開発は、予測期間中の海上発射型魚雷の成長を促進すると予想されます。例えば、スウェーデン国防省(FMV)は、サーブに対し、4億8500万クローネ(5220万米ドル)相当の重量魚雷システムの寿命延長を初めて発注しました。魚雷の納入は2020年に始まり、2024年まで続く予定でした。その後、2021年12月にFMVは、魚雷62の寿命延長プログラムの次のフェーズで、1億4,500万クローネ(1,600万米ドル)相当のフォローオンを同社に発注しました。フォローオン契約に基づく魚雷の納入は、2023年末に開始される予定です。さらに、海軍の対潜水艦戦能力を強化するために、各国は無人海上システムの艦隊を強固に増強しています。現在、ロシア海軍は、魚雷の発射により自律的に敵潜水艦の探知・駆除を行うための自律型無人魚雷艇の開発を進めています。533mm電動魚雷を2本搭載することが可能です。このような軽魚雷や重魚雷の旺盛な調達需要が、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

アジア太平洋地域が予測期間中に最も高い成長を遂げると予想される

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も高い成長を遂げると予想されています。これは主に、地政学的な問題や国境の緊張が続いているため、地域内の国々の軍事費が急速に増加していることに起因しています。中国、インド、日本などの国々は、老朽化した艦艇に代わる新しい軍艦や潜水艦を調達し、既存の海軍艦隊の拡張に投資しています。これが新世代魚雷の開発・調達の需要を後押ししています。例えば、2021年12月、インドは国防研究開発機構(DRDO)が開発した長射程の超音速ミサイル支援魚雷(SMART)システムを試験しました。SMARTは、従来の魚雷の射程距離と比較して、対潜戦能力を向上させるために設計された、次世代ミサイルベースのスタンドオフ魚雷発射システムです。同様に、2021年11月、韓国政府は新型軽量魚雷の開発プロジェクトを承認しました。この魚雷は、韓国海軍(RoKN)の対潜水艦能力を強化することが期待されています。このプロジェクトは2028年までを目標期間とし、政府は約1,600億ウォン(1億3500万米ドル)を投資する見込みです。このような艦艇や魚雷の調達への投資は、アジア太平洋地域における市場の成長を助けると予想されます。

魚雷市場の競合他社分析

魚雷市場には、Saab AB、Leonardo SpA、BAE Systems PLC、Raytheon Technologies Corporation、Naval Groupなどの有力企業が参入しています。世界プレイヤーに加え、国内製造の需要が高まる中、Bharat Dynamics Limited、LIG Nex1、三菱重工業株式会社などの企業が徐々に市場での存在感を高めてきています。各社は、高い殺傷能力と射程距離を持つ新型魚雷の開発に投資しており、これにより新規顧客の獲得と市場での存在感を高めることが期待されます。この点、レオナルドは2021年11月、A244/S軽量魚雷(LWT)の改良型「Mod 4」を新たな量産兵器システムとして導入したと発表しています。Mod 4へのアップグレードにより、最大運用深度での最大速度が40ノット以上に向上する見込みです。さらに、サプライヤー間のコラボレーションにより、今後数年間、市場の集中度が高まり、市場のサプライチェーンに対する支配力が強化されると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 本調査の対象範囲
  • 米ドルの通貨換算レート

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 市場規模・予測、世界、2018年~2031年
  • 重量別市場シェア(2021年
  • 打ち上げプラットフォーム別市場シェア(2021年
  • 地域別市場シェア、2021年
  • 市場の構造と主な参入企業

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額別市場規模と予測-USD million、2018年~2031年)

  • 重量
    • 重錘型魚雷
    • 軽量魚雷
  • 発射装置
    • 海上発射型
      • 水上発射
      • 水中発射
    • 空中発射
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • BAE Systems PLC
    • thyssenkrupp AG
    • Raytheon Technologies Corporation
    • Saab AB
    • Leonardo SpA
    • Bharat Dynamics Limited
    • ASELSAN AS
    • Naval Group
    • Lockheed Martin Corporation
    • Northrop Grumman Corporation
    • JSC Tactical Missiles Corporation
    • Mitsubishi Heavy Industries Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62135

The torpedo market is anticipated to register a CAGR of over 4% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic impact on the torpedo market was relatively low as the demand and procurement of torpedoes were relatively unaffected due to robust investments of armed forces into the enhancement of their naval attack capabilities.

The increasing military spending, fueled by the growing conflicts between the countries and the increasing threat of terrorism and border issues, is driving the growth procurement of new and advanced weapons systems, thereby propelling the demand for torpedoes during the forecast period.

With the growing tensions over the water borders, such as in the South China sea, the countries are investing in the procurement of naval ships, submarines, and unmanned sea systems. This is accelerating the demand for torpedoes during the forecast period.

Further, the installation of nuclear warheads on torpedoes is picking up pace and is one of the most promising areas of investment for the countries.

Torpedo Market Trends

The Sea-launched Segment Accounted for the Largest Share in the Market in 2021

The sea-launched segment currently dominates the market and is expected to continue its dominance during the forecast period. There has been a rapid increase in investments toward the procurement of new generation naval vessels. The development of nuclear submarines is expected to drive the growth of sea-launched torpedoes during the forecast period. For instance, the Swedish Defense Organization (FMV) placed the first order to Saab for the life extension of the heavyweight torpedo system worth SEK 485 million (USD 52.20 million). The delivery of the torpedoes was planned to begin in 2020 and run through 2024. Later in December 2021, FMV awarded a follow-on worth SEK 145 million (USD 16 million) to the company under the next phase of the Torpedo 62 life extension program. The delivery of torpedoes under a follow-on contract is anticipated to begin at the end of 2023. Furthermore, to enhance the anti-submarine warfare capabilities of the navies, countries are robustly increasing the fleet of unmanned sea systems. Currently, the Russian Navy is developing an autonomous uncrewed torpedo vessel, which is designed for conducting detection and elimination of enemy submarines autonomously through the launch of torpedoes. The unmanned vehicle is capable of carrying two 533mm electric torpedoes. Such robust demand for procurement of new light and heavy torpedoes is anticipated to propel the growth of the market during the forecast period.

Asia-Pacific is Expected to Experience the Highest Growth During the Forecast Period

The Asia-Pacific region is anticipated to witness the highest growth during the forecast period, primarily due to the rapid growth in military expenditure of the countries in the region due to ongoing geopolitical issues and border tensions. Countries like China, India, and Japan are investing in the expansion of their existing naval fleet by procurement of new warships and submarines, replacing aging naval vessels. This is propelling the demand for the development and procurement of new generation torpedoes. For instance, In December 2021, India tested a long-range Supersonic Missile Assisted Torpedo (SMART) system developed by Defense Research and Development Organization (DRDO). SMART is a next-generation missile-based standoff torpedo delivery system designed to improve anti-submarine warfare capability compared to the traditional range of the torpedo. Similarly, in November 2021, the South Korean government approved a new project for the development of a new lightweight torpedo. The torpedo is anticipated to strengthen the anti-submarine capabilities of the Republic of Korea Navy (RoKN). The project has a target period of up to 2028, and the government is expected to invest about KRW 160 billion (USD 135 million). Such investments in the procurement of naval vessels and torpedoes are anticipated to aid in the growth of the market in the Asia- Pacific region.

Torpedo Market Competitor Analysis

Some of the prominent players in the market are Saab AB, Leonardo SpA, BAE Systems PLC, Raytheon Technologies Corporation, and Naval Group. In addition to global players, with the growing demand for domestic manufacturing, companies like Bharat Dynamics Limited, LIG Nex1 Co. Ltd, and Mitsubishi Heavy Industries Ltd have been gradually increasing their presence in the market. The companies are investing in the development of new torpedoes with high lethal capabilities and range, which is expected to help them gain new customers and increase their presence in the market. In this regard, in November 2021, Leonardo announced that the company introduced an enhanced variant of A244/S light-weight torpedoes (LWT) called Mod 4 as a new production weapon system. The upgrade to Mod 4 is expected to increase the maximum speed to over 40 knots at max operational depth. Furthermore, the collaborations between suppliers are expected to increase the concentration in the market and strengthen the control over the market's supply chain in the coming years.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study
  • 1.3 Currency Conversion Rates for USD

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1 Market Size and Forecast, Global, 2018 - 2031
  • 3.2 Market Share by Weight, 2021
  • 3.3 Market Share by Launch Platform, 2021
  • 3.4 Market Share by Geography, 2021
  • 3.5 Structure of the Market and Key Participants

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size and Forecast by Value - USD million, 2018 - 2031)

  • 5.1 Weight
    • 5.1.1 Heavyweight Torpedoes
    • 5.1.2 Lightweight Torpedoes
  • 5.2 Launch Platform
    • 5.2.1 Sea-launched
      • 5.2.1.1 Surface-launched
      • 5.2.1.2 Underwater-launched
    • 5.2.2 Air-launched
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 BAE Systems PLC
    • 6.2.2 thyssenkrupp AG
    • 6.2.3 Raytheon Technologies Corporation
    • 6.2.4 Saab AB
    • 6.2.5 Leonardo SpA
    • 6.2.6 Bharat Dynamics Limited
    • 6.2.7 ASELSAN AS
    • 6.2.8 Naval Group
    • 6.2.9 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.10 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.11 JSC Tactical Missiles Corporation
    • 6.2.12 Mitsubishi Heavy Industries Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS