市場調査レポート
商品コード
1198533

界面活性剤市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Surfactants Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
界面活性剤市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

界面活性剤の世界市場は、予測期間中に3%以上のCAGRで推移すると予測されています。

市場は、2020年と2021年の前半にCOVID-19の悪影響を受けました。いくつかの国が封鎖を余儀なくされ、人々は自家用車の使用を最小限に抑え、潤滑油と燃料の需要の減少を生み出し、燃料添加剤と界面活性剤の需要を減少させたのです。しかし、パンデミック時に個人の衛生や清潔さに関する意識が高まり、それが後退した今でも大きな関心事となっています。このため、個人用および家庭用の洗浄剤に対する需要が高まり、界面活性剤の市場成長が促進されています。

主なハイライト

  • 短期的には、パーソナルケア産業の成長と、成長する油脂化学市場に対応するためのバイオサーファクタントの需要の増加が、界面活性剤市場の成長を牽引しています。
  • 界面活性剤の使用に対する環境意識の高まりは、市場の成長を阻害すると予想されます。
  • 界面活性剤の分野における新たな発明や、バイオベースの界面活性剤の導入は、市場機会として作用するでしょう。
  • アジア太平洋地域が市場を独占し、予測期間中に最も高いCAGRで推移すると予想されます。

界面活性剤の市場動向

陰イオン界面活性剤が市場を独占すると予想される

  • 陰イオン界面活性剤は、界面活性剤の高分子の頭部が負に帯電したままの界面活性剤に属します。このため、液体中に浮遊する不純物や粒子と結合することができます。
  • アニオン系界面活性剤は、界面活性剤市場全体の約半分のシェアを占めています。環境規制への関心の高まりにより、陰イオン性界面活性剤の需要が増加することが予想されます。
  • 陰イオン界面活性剤は、工業用および家庭用洗浄剤、農薬の製剤に広く使用されています。陰イオン界面活性剤のうち、生分解性の直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)は最も一般的で、排水システムや河川水にも含まれています。
  • 陰イオン界面活性剤は、汚れ、粘土、および一部の油性の汚れを除去するのに最適な働きをします。陰イオン界面活性剤は、イオン化作用によって機能します。水に添加すると、陰イオン性界面活性剤はイオン化してマイナスの電荷を帯びます。負に帯電した界面活性剤は、粘土のような正に帯電した粒子と結合します。陰イオン界面活性剤は、粒子状の汚れの除去に効果的です。
  • 陰イオン界面活性剤には、スルホン酸塩、アルコール硫酸塩、リン酸エステル、アルキルベンゼンスルホン酸塩、カルボン酸塩などがあり、最もよく使用されているのはスルホン酸塩です。
  • 陰イオン界面活性剤は、起泡性、洗浄性、増粘性、可溶化性、乳化性、抗菌性、浸透性、その他の特殊効果などの優れた特性により、スキンケアやヘアケアなどのパーソナルケア用途の化粧品への需要が増加しており、市場の需要を高めると予想されています。
  • 現在市場では、環境に優しい代替品が求められており、バイオベースの陰イオン性界面活性剤の需要が高まっています。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想される

  • アジア太平洋地域では、中国が市場の大半を占めると見られています。中国では、化粧品とパーソナルケアが最も急成長している分野の一つです。人口の継続的な増加も、中国におけるパーソナルケア、石鹸、洗剤の需要を促進する要因であり、界面活性剤市場を増大させる要因となっています。
  • 中国の化学工業からの生産物は、石鹸、洗剤、化粧品など、さまざまな製品に欠かせません。洗浄剤、ケア剤、クリーニング剤のメーカーは国内に60社以上あります。しかし、調査対象の市場は、BASF SEやEvonik Industries AGなどの世界プレーヤーが支配しています。また、中国は石鹸や洗剤製品の最大の輸出国の一つです。
  • さらに、インドは世界最大の石鹸の生産国の一つです。インドにおけるトイレ・風呂用石鹸の一人当たりの消費量は約800gです。インドでは人口の約65%が農村部に居住しており、可処分所得の増加と農村部市場の成長により、消費者はプレミアム製品にシフトしています。このシフトは、同国の界面活性剤市場を牽引するものと期待されています。
  • India Brand Equity Foundationによると、美容・化粧品・グルーミング市場は、2025年までに200億米ドルに達すると予想されています。
  • このため、同地域の界面活性剤市場は、予測期間中に着実な成長を遂げると予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • アジア太平洋地域のパーソナルケア産業からの需要増加
    • 油脂化学品市場の成長
  • 抑制要因
    • 環境規制の強化
    • その他の制約事項
  • 業界バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 価格分析

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:数量ベース)

  • 種類
    • アニオン系界面活性剤
      • 直鎖アルキルベンゼンスルホラン(LASまたはLABS)
      • アルコールエトキシ硫酸塩(AES)
      • α-オレフィンスルホン酸塩(AOS)
      • セカンダリーアルカンスルホン酸塩(SAS)
      • メチルエステルスルホネート(MES)
      • スルホサクシネート
      • その他の陰イオン性界面活性剤の種類
    • カチオン界面活性剤
      • 第四級アンモニウム化合物
      • その他のカチオン界面活性剤
    • 非イオン界面活性剤
      • アルコールエトキシレート
      • エトキシル化アルキルフェノール
      • 脂肪酸エステル
      • その他の非イオン界面活性剤
    • 両性界面活性剤
    • シリコーン系界面活性剤
    • その他の種類
  • 用途
    • 家庭用石鹸・洗剤
    • パーソナルケア
    • 潤滑油・燃料添加剤
    • 産業・施設向け洗浄剤
    • 食品加工
    • 油田用化学品
    • 農業用化学品
    • 繊維加工
    • エマルジョン重合
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア(%)分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Arkema
    • Ashland
    • BASF SE
    • Bayer AG
    • Cepsa
    • Clariant
    • Croda International PLC
    • DETEN Quimica SA
    • Dow Inc.
    • Emery Oleochemicals
    • Evonik Industries AG
    • Galaxy Surfactants
    • Geo Speciality Chemicals
    • Godrej Industries Limited
    • Huntsman International LLC
    • Innospec
    • Kao Corporation
    • KLK Oleo
    • Lankem
    • Lonza
    • Nouryon
    • Oxiteno
    • P&G Chemicals
    • Reliance Industries Ltd
    • Sanyo Chemical Industries Ltd​
    • Sasol
    • Sinopec Jinling Petrochemical Co. Ltd(China Petrochemical Corporation)
    • Solvay
    • Stepan Company
    • Sulfatrade SA
    • Sumitomo Chemical Co. Ltd
    • Taiwan NJC Corporation Ltd
    • TENSAC
    • YPF SA

第7章 市場機会と今後の動向

  • 特殊界面活性剤の用途における技術革新の可能性
  • バイオベース界面活性剤の用途基盤の拡大
目次
Product Code: 56859

The global surfactants market is projected to register a CAGR of over 3% during the forecast period.

The market was adversely impacted by COVID-19 in 2020 and the first half of 2021. Several countries were forced to go into lockdown, which forced people to minimize the use of personal vehicles, creating a decline in the demand for lubricant and fuel, thus decreasing the demand for fuel additives and surfactants. However, the consciousness regarding personal hygiene and clean surroundings increased during the pandemic, and it remains a major priority despite its retraction. This has stimulated the demand for personal and household cleaning products, thus enhancing the market growth of surfactants.

Key Highlights

  • Over the short term, the growing personal care industry and the growing demand for biosurfactants to serve the growing oleochemical market are driving the growth of the surfactants market.
  • Increasing environmental awareness against the use of surfactants is expected to hinder the growth of the market.
  • New inventions in the field of surfactants and the introduction of bio-based surfactants will act as a market opportunity.
  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market, and it is likely to witness the highest CAGR during the forecast period.

Surfactants Market Trends

Anionic Surfactants are Expected to Dominate the Market

  • Anionic surfactants belong to the class of surface-active reagents, in which the head of the surfactant macromolecule remains negatively charged. This allows it to bind to impurities and particles suspended in the liquid.
  • Anionic surfactants account for approximately half of the total share of the surfactants market. A growing focus on environmental regulations is expected to increase the demand for anionic surfactants.
  • Anionic surfactants are widely used for industrial and household cleaning and for pesticide formulations. Of the anionic surfactants, biodegradable linear alkylbenzenesulfonates (LAS) are the most common and can be found in wastewater systems and river water.
  • Anionic surfactants work best to remove dirt, clay, and some oily stains. They work through ionization. When added to water, the anionic surfactants ionize and take a negative charge. The negatively charged surfactants bind to positively charged particles like clay. Anionic surfactants are effective in removing particulate soils.
  • Some of the most-used anionic surfactants are sulfonic acid salts, alcohol sulfates, phosphoric acid esters, alkylbenzene sulfonates, and carboxylic acid salts.
  • the increasing demand for anionic surfactants in cosmetic products, such as skincare and hair care products in personal care applications, owing to their superior characteristics, such as foaming, cleansing, thickening, solubilizing, emulsifying, antimicrobial effects, penetration enhancement, and other special effects, is expected to boost the market demand.
  • The current market demand for environment-friendly alternatives has led to a boost in demand for bio-based anionic surfactants.

Asia-Pacific is Expected to Dominate the Market

  • In Asia-Pacific, China is likely to dominate the market studied. In China, cosmetics and personal care is one of the fastest-growing sectors. Continuous growth in population is another factor fuelling the demand for personal care, soaps, and detergents in the country, which augments the surfactants market. ​
  • The output from the Chinese chemical industry is essential in various products, including soaps, detergents, cosmetics, etc. There are more than 60 manufacturers of washing, care, and cleaning agents in the country. However, the market studied is dominated by global players like BASF SE and Evonik Industries AG. China is also one of the largest exporters of soaps and detergent products.
  • Moreover, India is one of the largest producers of soaps in the world. The per capita consumption of toilet/bathing soaps in the country is around 800 grams. Around 65% of the Indian population resides in rural areas, and the increasing disposable incomes and growth in rural markets make consumers shift to premium products. This shift is expected to drive the market for surfactants in the country.
  • According to India Brand Equity Foundation, the beauty, cosmetic, and grooming market is is expected to reach USD 20 billion by 2025.​
  • Thus, the market for surfactants in the region is expected to witness steady growth during the forecast period.

Surfactants Market Competitor Analysis

The surfactants market is highly fragmented, with the top five companies accounting for a minimal share of the market. Some major players in the market (in no particular order) include Nouryon, Evonik Industries AG, Kao Corporation, BASF SE, and Stepan Company, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand from the Personal Care Industry in Asia-Pacific
    • 4.1.2 Growth of the Oleo Chemicals Market
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Increasing Focus on Environmental Regulations​
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Price Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Anionic Surfactants
      • 5.1.1.1 Linear Alkylbenzene Sulfolane (LAS or LABS)
      • 5.1.1.2 Alcohol Ethoxy Sulfates (AES)
      • 5.1.1.3 Alpha Olefin Sulfonates (AOS)
      • 5.1.1.4 Secondary Alkane Sulfonate (SAS)
      • 5.1.1.5 Methyl Ester Sulfonates (MES)
      • 5.1.1.6 Sulfosuccinates
      • 5.1.1.7 Other Types of Anionic Surfactants
    • 5.1.2 Cationic Surfactants
      • 5.1.2.1 Quaternary Ammonium Compounds
      • 5.1.2.2 Other Types of Cationic Surfactants
    • 5.1.3 Non-ionic Surfactants
      • 5.1.3.1 Alcohol Ethoxylates
      • 5.1.3.2 Ethoxylated Alkyl-phenols
      • 5.1.3.3 Fatty Acid Esters
      • 5.1.3.4 Other Non-ionic Surfactants
    • 5.1.4 Amphoteric Surfactants
    • 5.1.5 Silicone Surfactants
    • 5.1.6 Other Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Household Soaps and Detergents
    • 5.2.2 Personal Care
    • 5.2.3 Lubricants and Fuel Additives
    • 5.2.4 Industry and Institutional Cleaning
    • 5.2.5 Food Processing
    • 5.2.6 Oilfield Chemicals
    • 5.2.7 Agricultural Chemicals
    • 5.2.8 Textile Processing
    • 5.2.9 Emulsion Polymerization
    • 5.2.10 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Arkema
    • 6.4.2 Ashland
    • 6.4.3 BASF SE
    • 6.4.4 Bayer AG
    • 6.4.5 Cepsa
    • 6.4.6 Clariant
    • 6.4.7 Croda International PLC
    • 6.4.8 DETEN Quimica SA
    • 6.4.9 Dow Inc.
    • 6.4.10 Emery Oleochemicals
    • 6.4.11 Evonik Industries AG
    • 6.4.12 Galaxy Surfactants
    • 6.4.13 Geo Speciality Chemicals
    • 6.4.14 Godrej Industries Limited
    • 6.4.15 Huntsman International LLC
    • 6.4.16 Innospec
    • 6.4.17 Kao Corporation
    • 6.4.18 KLK Oleo
    • 6.4.19 Lankem
    • 6.4.20 Lonza
    • 6.4.21 Nouryon
    • 6.4.22 Oxiteno
    • 6.4.23 P&G Chemicals
    • 6.4.24 Reliance Industries Ltd
    • 6.4.25 Sanyo Chemical Industries Ltd​
    • 6.4.26 Sasol
    • 6.4.27 Sinopec Jinling Petrochemical Co. Ltd (China Petrochemical Corporation)
    • 6.4.28 Solvay
    • 6.4.29 Stepan Company
    • 6.4.30 Sulfatrade SA
    • 6.4.31 Sumitomo Chemical Co. Ltd
    • 6.4.32 Taiwan NJC Corporation Ltd
    • 6.4.33 TENSAC
    • 6.4.34 YPF SA

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Possible Innovations in the Applications of Specialty Surfactants
  • 7.2 Expansion of Application Base for Bio-based Surfactants