デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198422

ソーラーウォーターポンプシステム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Solar Water Pump Systems Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
ソーラーウォーターポンプシステム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ソーラーウォーターポンプシステム市場は、予測期間である2022~2027年に5%以上のCAGRで推移すると予測されています。

2020年第1四半期のCOVID-19の発生は中程度の影響を受け、その結果、中国企業からのソーラーセルとモジュールの輸入に混乱が生じました。クリーンエネルギーポンプシステムに対する需要の増加や、ソーラーウォーターポンプシステムの設置をめぐる政府の支援策や税金の払い戻しなどの要因が、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。しかし、高い設置コストと限られた専門サービス要員が市場の成長を抑制しています。

主なハイライト

  • 水中ポンプタイプは、表面ポンプが使用できない深い井戸から水を汲み上げるために設計されており、予測期間中、市場を牽引すると予想されます。
  • 農業に電力を供給します。An Energy Grand Challenge for Development(PAEGC)プログラムは、新興諸国における農業の生産性を高めるためのクリーンエネルギーソリューションの開発・展開を特定・支援することを目的としています。このプログラムにより、研究対象である市場に機会が生まれると期待されています。
  • アジア太平洋地域は最大の市場シェアを占めており、中国やインドなどの国々でソーラーウォーターポンプシステムの設置が大幅に増加していることから、最も成長率の高い地域となることが予想されています。

ソーラーウォーターポンプシステムの市場動向

水中ポンプ型が市場を席巻

  • 水中ポンプは地中深くに設置され、その吸込揚程は10mを超えます。したがって、かなり深い水源から水を持ち上げることができます。農家やソーラーポンプメーカーに対する政府の補助金は、特にアジア太平洋の新興経済圏において、予測期間中のソーラーウォーターポンプシステム市場を牽引すると予想されます。
  • インドでは、灌漑がソーラーポンプの主要な応用分野となっています。このため、インドはソーラー水中ポンプにとって巨大な市場機会のある土地となっています。インド政府は、国の再生可能エネルギーの発電能力を拡大するための野心的な目標を設定していました。2010年には、「JNNソーラーミッション」を立ち上げました。
  • インドの新・再生可能エネルギー省(MNRE)は、今後5年間でソーラーポンプの導入を促進しようとする「灌漑・飲料水用ソーラーポンププログラム」の概要を発表しました。このような政府の支援により、インドの水中ポンプ市場は、予測期間中にポンプメーカーに十分な機会を提供することが期待されます。
  • さらに、水中ソーラーポンプシステムは、主に灌漑や飲料水の供給に使用されています。石油・ガス部門も、これらのポンプが温室効果ガスを排出しないことから、化学物質注入用にこれらのポンプを採用しており、それ故に太陽光発電ポンプシステムの成長を促進しているのです。
  • 2021年3月、インド政府はカルギルのラトゥーで41HP(50KW)のソーラー水中カーボンニュートラルポンプを落成させました。このポンプは、130~160mの直下型揚水域で揚水能力を持ち、1時間当たり54立方メートルの水を排出します。
  • したがって、上記の要因に基づいて、水中ポンプタイプのセグメントは、予測期間中に太陽熱温水ポンプシステム市場を独占すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、世界市場のシェアを独占し、最大のソーラーポンプ市場の一つとして浮上しています。灌漑やコミュニティーの給水設備に必要な発電能力やグリッドインフラが不十分なため、ソーラーウォーターポンプが従来のポンプを置き換える可能性は十分にあります。
  • インドでは、2014年にJawaharlal Nehru National Solar Missionスキームが開始されて以来、ソーラーポンプの設置台数が増加し、約13万台が設置されています。2019年2月、新再生可能エネルギー省(MNRE)により、補助金付きのソーラーポンプや分散型太陽光発電所を全国に設置する「Pradhan Mantri Kisan Urja Suraksha evam Utthaan Mahabhiyan(PM-KUSUM)Scheme」が開始されました。インド全土の350万人以上の農家にクリーンエネルギーを提供する、世界最大級の取り組みです。
  • 電力需要の増加や安全な水を飲む必要性から、バングラデシュでもソーラーウォーターポンプが導入されることになりました。バングラデシュの金融会社であるInfrastructure Development Company Ltd(IDCOL)は、オーナーシップモデルを試行錯誤しています。同社はマイクロファイナンスを利用して、資本集約的なソーラーホームシステムを購入する農村世帯の能力を高めています。
  • さらに、この技術の潜在的な利点に対する認識の高まりから、いくつかの国ではソーラーウォーターポンプの展開を加速せざるを得ず、バングラデシュでは2025年までに5万台のソーラーポンプを設置する目標を掲げています。
  • また、PM-KUSUMスキームのコンポーネントBでは、2022年までに175万台の個別容量7.5HPまでの独立型太陽光発電農業用ポンプの設置を目指しており、これがアジア太平洋地域の市場を牽引すると予想されます。
  • したがって、中国やインドなどの国々が打ち出したさまざまな政府の取り組みにより、アジア太平洋地域は予測期間中にソーラーウォーターポンプシステム市場を独占すると予想されます。

ソーラーウォーターポンプシステム市場の競合他社分析

ソーラーウォーターポンプシステム市場は、適度に断片化されています。市場の主要なプレーヤーは、Bright Solar Limited、C.R.I. Pumps Private Limited、KSB Limited、Shakti Pumps(India)Ltd、Tata Power Company Limitedなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:10億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • ポンプタイプ
    • サーフェスポンプ
    • 水中ポンプ
    • その他のポンプタイプ
  • 用途
    • 農業用
    • 飲料水供給
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 南米
    • 中東

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Advanced Power Inc.
    • Bright Solar Limited
    • C.R.I. Pumps Private Limited
    • Kirloskar Brothers Limited
    • KSB Limited
    • Bernt Lorentz GmbH
    • Shakti Pumps(India)Ltd
    • Tata Power Company Limited

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 61798

The solar water pump systems market is expected to register a CAGR of more than 5% during the forecast period, 2022-2027. The COVID-19 outbreak in Q1 of 2020 was moderately impacted, thus resulting in disruptions of importing solar cells and modules from Chinese companies. Factors such as increasing demand for clean energy pump systems and the supportive government incentives and tax rebates over the installation of solar water pump systems are expected to drive the market during the forecast period. However, the high installation costs and the limited specialized service personnel are restraining the market's growth.

Key Highlights

  • The submersible pump type segment, designed to pump water from deeper wells, where surface pumps cannot be used, is expected to drive the market during the forecast period.
  • Powering Agriculture: An Energy Grand Challenge for Development (PAEGC) program aims to identify and support the development and deployment of clean energy solutions for increasing agriculture productivity in developing countries. The program is expected to create opportunities for the market studied.
  • Asia-Pacific holds the largest market share and is also expected to be the fastest-growing region, owing to the massive increase in solar water pump system installations in countries like China and India.

Solar Water Pump Systems Market Trends

Submersible Pump Type Segment to Dominate the Market

  • Submersible pumps are located deep below the ground level, and their suction head is beyond 10 meters deep. Hence, it can lift water from significantly deeper sources. Government subsidies to farmers and solar pump manufacturers, especially in emerging economies of Asia-Pacific, are expected to drive the solar water pump systems market in the forecast period.
  • Irrigation is a major application area for solar pumps in India. This makes India a land of huge market opportunities for solar submersible pumps. The Indian government had set ambitious targets for expanding the country's renewable energy generating capacity. In 2010, the country launched the Jawaharlal Nehru National (JNN) Solar Mission.
  • The Ministry of New and Renewable Energy (MNRE), India, outlined the Solar Pumping Program for irrigation and drinking water, which sought to promote the adoption of solar pumps over the next five years. Due to such government support, the submersible pumps market in India is expected to provide ample opportunities for pump manufacturers during the forecast period.
  • Moreover, the submersible solar pump systems are used majorly for irrigation and supply of potable water. The oil and gas sector is also embracing these pumps for chemical injection, as these pumps do not emit greenhouse gases, hence promulgating the growth of solar power pump systems.
  • In March 2021, the Indian government inaugurated a 41 HP (50 KW) solar submersible carbon-neutral pump at Latoo, Kargil. The pump has a water lifting capacity at a direct head range of 130-160 meters that discharges water at 54 cubic meters per hour.
  • Therefore, based on the mentioned factors above, the submersible pump type segment is expected to dominate the solar water pump systems market during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region dominated the global market share and emerged as one of the largest solar pump markets. With inadequate power generation capacity and grid infrastructure for irrigation and community water supply facilities, solar water pumps have a good chance of replacing conventional pumps.
  • The number of solar pumps in India has been increasing since the Jawaharlal Nehru National Solar Mission scheme started in 2014, with about 130,000 pumps installed. In February 2019, Pradhan Mantri Kisan Urja Suraksha evam Utthaan Mahabhiyan (PM-KUSUM) Scheme was launched by the Ministry of New and Renewable Energy (MNRE) for setting up subsidized solar pumps and distributed solar power plants across the country. It is one of the biggest initiatives in the world to provide clean energy to more than 3.5 million farmers across India.
  • The increasing power demand and need for drinking safe water have led to the deployment of solar water pumps in Bangladesh. Infrastructure Development Company Ltd (IDCOL), a financing company in Bangladesh, tried and tested the ownership model. The company uses micro-finance to enhance rural households' ability to afford capital-intensive solar home systems.
  • Moreover, increasing awareness of the potential benefits of this technology has compelled several countries to accelerate the deployment of solar water pumps, with Bangladesh setting a target of 50,000 solar pumps by 2025.
  • The PM-KUSUM scheme's Component B also aims to install 1.75 million standalone solar-powered agriculture pumps of individual capacity up to 7.5 HP by 2022, which is expected to drive the market in the Asia-Pacific region.
  • Therefore, with various government initiatives launched by the countries like China and India, the Asia-Pacific region is expected to dominate the solar water pump systems market during the forecast period.

Solar Water Pump Systems Market Competitor Analysis

The Solar Water Pump Systems Market is moderately fragmented. The key players in the market include Bright Solar Limited, C.R.I. Pumps Private Limited, KSB Limited, Shakti Pumps (India) Ltd, and Tata Power Company Limited.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Pump Type
    • 5.1.1 Surface Pump
    • 5.1.2 Submersible Pump
    • 5.1.3 Other Pump Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Agriculture
    • 5.2.2 Drinking Water Supply
    • 5.2.3 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
    • 5.3.5 Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Advanced Power Inc.
    • 6.3.2 Bright Solar Limited
    • 6.3.3 C.R.I. Pumps Private Limited
    • 6.3.4 Kirloskar Brothers Limited
    • 6.3.5 KSB Limited
    • 6.3.6 Bernt Lorentz GmbH
    • 6.3.7 Shakti Pumps (India) Ltd
    • 6.3.8 Tata Power Company Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS