市場調査レポート
商品コード
1198280

二次電池市場の成長、動向、予測(2023年~2028年)

Secondary Battery Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
二次電池市場の成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

二次電池市場は2019年に878億2000万米ドルとなり、2022年から2027年の間に15%以上のCAGRを記録し、2027年には2200億米ドルに達すると予測されています。

市場は、2020年にCOVID-19によるマイナスの影響を受けました。現在、市場はパンデミック前の水準に達しています。

主なハイライト

  • 中期的には、リチウムイオン電池の価格低下と電気自動車の普及拡大が市場を牽引する主要因になると思われます。
  • 一方、原材料の需給ミスマッチが市場成長の妨げになる可能性が高いです。
  • 新型・先端電池の市場開拓は、二次電池市場全体にとって大きなビジネスチャンスとなりそうです。
  • アジア太平洋地域が最大の市場であり、需要の大部分は中国、日本、インドからもたらされると予想されます。

二次電池の市場動向

リチウムイオン電池技術が市場を席巻

  • 様々な種類の電池技術の中で、リチウムイオン電池(LIB)は、その良好な容量重量比から、予測期間の後半には二次電池市場を独占すると予想されます。また、LIBの普及に重要な役割を果たすその他の要因としては、性能の向上、エネルギー密度の向上、価格の低下などが挙げられます。
  • エネルギー密度が高いため、リチウムイオン電池の価格は2013年の668ドル/kWhから2021年には123ドル/kWhへと大幅に低下し、あらゆる電池の中で有利な選択肢となっています。
  • リチウムイオン電池は、従来、携帯電話、ノートパソコン、PCなどの民生用電子機器に使用されてきました。しかし、電気自動車はCO2や窒素酸化物などの温室効果ガスを排出しないため、環境負荷が低く、ハイブリッド車や電気自動車の電源として設計し直されることが多くなっています。
  • LIBの製造施設は、主にアジア太平洋、北米、欧州にあります。BYD Company LimitedやLG Chem Ltdなどの主要メーカーは、主にインド、中国、韓国などのアジア太平洋地域に新しい製造施設を設立する計画を持っています。
  • したがって、こうした要因から、予測期間中はリチウムイオン電池技術が二次電池市場を独占すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、天然資源と人的資源に恵まれた複数の経済成長地域を有し、中でも中国とインドは、再生可能エネルギーと電気自動車の両方に対する政府からの政策レベルの支援と、中間層の人口増加による家電製品の需要増加により、今後数年間、二次電池企業にとって主要な投資ホットスポットになると予想されます。
  • インドでは、政府のe-モビリティへの推進により、現地での電池製造が急増しています。インド政府は、2030年までに電気自動車を30%普及させることを目標としており、そのための政策やプログラムを策定しています。例えば、政府は2021年に、現在実施中のFAME-II(Faster Adoption and Manufacturing of Electric Vehicles-II)制度を改正し、電気自動車に対する補助率をINR120/kWhからINR180/kWhに引き上げ、ガソリン駆動の2輪車と電気駆動の格差を是正することに成功しました。
  • 中国は最大の電気自動車市場で、330万台以上の電気自動車を販売し、2021年の世界の電気自動車販売台数のほぼ16%を占めました。今後も世界最大のEV市場であることに変わりはないと予想されます。充電インフラの整備が、同国におけるEVの普及をさらに後押ししています。EV以外では、通信サービスの普及が進んでいることが、二次電池の需要の高さを示しています。
  • 同様に、日本では2020年に5Gサービスが開始され、予測期間中に5Gに移行する加入者が増加するため、5Gタワーや二次電池の需要が急増することが予想されます。
  • したがって、このような要因から、予測期間中はアジア太平洋が二次電池市場を独占する可能性が高いと考えられます。

二次電池市場の競合他社分析

二次電池市場は、高度に断片化されています。主なプレーヤーとしては、Contemporary Amperex Technology Co.Limited、BYD、Duracell Inc.、EnerSys、Tesla Inc.などです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 電池/原材料の価格動向と予測(単位:USD/kWh、USD/metric ton)、主要技術タイプ別、2027年まで
  • 国際貿易統計(輸出入データ)(単位:百万米ドル)、主要技術タイプ別、主要国別、2020年まで
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術分野
    • 鉛蓄電池
    • リチウムイオン電池
    • その他(NiMh, NiCD, etc.)
  • アプリケーション
    • 車載用電池(HEV、PHEV、EV)
    • 産業用電池(動力用、定置用(通信用、UPS、蓄電システム(ESS)、他)
    • ポータブルバッテリー(家電製品など)
    • その他(電動工具用電池、SLI電池など)
  • 地域別
    • 北米
    • アジア太平洋地域
    • 欧州
    • 南米
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • BYD Co. Ltd
    • Contemporary Amperex Technology Co. Limited
    • Duracell Inc.
    • EnerSys
    • GS Yuasa Corporation
    • Clarios
    • LG Chem Ltd
    • Panasonic Corporation
    • Saft Groupe SA
    • Samsung SDI Co. Ltd
    • Showa Denko KK
    • Tesla Inc.
    • TianJin Lishen Battery Joint-Stock Co. Ltd

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 49322

The secondary battery market was valued at USD 87.82 billion in 2019, and it is anticipated to reach USD 220 billion by 2027, registering a CAGR of more than 15% during 2022-2027.

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. Currently, the market has reached pre-pandemic levels.

Key Highlights

  • Over the medium term, declining lithium-ion battery prices and increasing adoption of electric vehicles are likely to be the major factors driving the market.
  • On the other hand, the demand-supply mismatch of raw materials is likely to hinder the market's growth.
  • Developing new and advanced battery chemistries will likely create immense opportunities for the overall secondary battery market.
  • Asia-Pacific is expected to be the largest market, with the majority of the demand coming from China, Japan, and India.

Secondary Battery Market Trends

Lithium-ion Battery Technology to Dominate the Market

  • Among different types of battery technologies, lithium-ion battery (LIB) is expected to dominate the secondary battery market in the latter part of the forecast period, majorly due to its favorable capacity-to-weight ratio. Also, other factors that play an important role in boosting the LIB adoption include better performance, higher energy density, and decreasing price.
  • Due to its high energy density, the price of lithium-ion batteries decreased considerably from USD 668/kWh in 2013 to USD 123/kWh in 2021, making it a lucrative choice among all batteries.
  • Lithium-ion batteries have traditionally been used in consumer electronic devices, such as mobile phones, notebooks, and PCs. However, they are increasingly being redesigned for use as the power source of choice in hybrid and the complete electric vehicle (EV) range, owing to factors such as low environmental impact, as EVs do not emit any CO2, nitrogen oxides, or any other greenhouse gases.
  • LIB manufacturing facilities are majorly located in Asia-Pacific, North America, and Europe. Major market players, such as BYD Company Limited and LG Chem Ltd, have plans to set up new manufacturing facilities in the Asia-Pacific region, primarily in India, China, and South Korea.
  • Therefore, based on such factors, lithium-ion battery technology is expected to dominate the secondary battery market during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region has multiple growing economies with substantial natural and human resources, with China and India expected to be major investment hotspots for secondary battery companies in the coming years due to policy-level support from governments for both renewables and EVs and a growing middle-class population creating demand for consumer electronics.
  • India has been witnessing a surge in manufacturing batteries locally due to the government's push toward e-mobility. The Indian government aims to achieve a 30% electric fleet by 2030 and has been formulating policies and programs to achieve the target. For example, in 2021, the government amended the ongoing FAME-II (Faster Adoption and Manufacturing of Electric Vehicles-II) scheme to increase the subsidy rate for electric vehicles from INR 120/kWh to INR 180/kWh to reduce the gap between petrol-powered two-wheelers and electric powered.
  • China was the largest electric car market and sold more than 3.3 million electric vehicles, accounting for almost 16% of the global electric car sales in 2021. It is expected to remain the world's largest EV market in the future. The development of charging infrastructure is further propelling EV adoption in the country. Apart from EVs, the increasing penetration of telecommunication services indicates a high demand for secondary batteries.
  • Similarly, in Japan, 5G services started in 2020, and an increasing number of subscribers are likely to switch to 5G during the forecast period, thus resulting in a surge in the demand for 5G towers and secondary batteries.
  • Therefore, based on such factors, Asia-Pacific is likely to dominate the secondary battery market during the forecast period.

Secondary Battery Market Competitor Analysis

The secondary battery market is highly fragmented. Some of the major players include (in no particular order) Contemporary Amperex Technology Co. Limited, BYD Co. Ltd, Duracell Inc., EnerSys, and Tesla Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Battery/Raw Material Price Trends and Forecast (in USD per kWh or USD per metric ton), by Major Technology Type, till 2027
  • 4.5 International Trade Statistics (Import/Export Data) in USD million, by Major Technology Type, by Major Countries, till 2020
  • 4.6 Market Dynamics
    • 4.6.1 Drivers
    • 4.6.2 Restraints
  • 4.7 Supply Chain Analysis
  • 4.8 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.8.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.8.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.8.3 Threat of New Entrants
    • 4.8.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.8.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Lead-acid Battery
    • 5.1.2 Lithium-ion Battery
    • 5.1.3 Other Technologies (NiMh, NiCD, etc.)
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Automotive Batteries (HEV, PHEV, and EV)
    • 5.2.2 Industrial Batteries (Motive, Stationary (Telecom, UPS, Energy Storage Systems (ESS), etc.)
    • 5.2.3 Portable Batteries (Consumer Electronics, etc.)
    • 5.2.4 Other Applications (Power Tools Batteries, SLI Batteries, etc.)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Asia-Pacific
    • 5.3.3 Europe
    • 5.3.4 South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 BYD Co. Ltd
    • 6.3.2 Contemporary Amperex Technology Co. Limited
    • 6.3.3 Duracell Inc.
    • 6.3.4 EnerSys
    • 6.3.5 GS Yuasa Corporation
    • 6.3.6 Clarios
    • 6.3.7 LG Chem Ltd
    • 6.3.8 Panasonic Corporation
    • 6.3.9 Saft Groupe SA
    • 6.3.10 Samsung SDI Co. Ltd
    • 6.3.11 Showa Denko KK
    • 6.3.12 Tesla Inc.
    • 6.3.13 TianJin Lishen Battery Joint-Stock Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS