デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198217

網膜生物製剤市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Retinal Biologics Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.54円
網膜生物製剤市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

網膜生物製剤の世界市場は、予測期間2022-2027年に約6.8%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19のパンデミックの出現は、世界経済とヘルスケアシステムに悪影響を及ぼしました。世界のロックダウンは、医薬品、医療機器、バイオテクノロジー製品のサプライチェーンに影響を与えました。その一方で、研究開発が注目されるようになりました。すべての政府機関やヘルスケア関係者が、COVID-19の診断法や治療法の開発支援に名乗りを上げています。研究「COVID-19患者における網膜所見。2020年9月に発表された「Results from the SERPICO-19 study」によると、COVID-19は網膜に影響を与える可能性があるとのことです。網膜静脈径は、病気の重症度と直接相関しているようです。したがって、COVID-19の間、網膜疾患は増加し、網膜生物製剤の需要に影響を与え、それによって市場が促進されます。

市場の成長を促進する特定の要因には、網膜疾患の負担の増加、糖尿病患者数の増加、研究開発活動の増加、FDA承認の数の増加などがあります。

過去10年間、全世界で糖尿病患者の数が大幅に増加しています。いくつかの報告書や調査には、ライフスタイルや生活習慣の変化に基づく糖尿病患者の大幅な増加が記録されています。例えば、アジア糖尿病予防イニシアチブによると、2020年には、世界の糖尿病人口の60%がアジアに居住しています。糖尿病負担の貢献度が高いのは中国とインドで、中国とインドの成人糖尿病患者はそれぞれ1億1390万人と6510万人であり、2030年には中国とインドを合わせて5億人近い糖尿病患者が発生する可能性があるとされています。

2021年11月に発表された研究「Global Prevalence of Diabetic Retinopathy and Projection of Burden through 2045:Systematic Review and Meta-analysis」によると、2020年には世界の糖尿病網膜症の成人数は1億312万人と推定されており、2045年には1億6050万人に増加すると予測されています。このように、糖尿病網膜症などの網膜疾患の負担増は、生物学的治療に対する需要を高める可能性があり、市場の成長をさらに後押しするものと期待されています。

さらに、2022年2月、Eyebiotech Limitedは、湿性加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症などの眼疾患に対する多様な治療薬のパイプラインを開発するために、シリーズA資金ラウンドで6500万米ドルを確保しました。したがって、投資の増加は、調査された市場での技術革新を後押しし、それによって調査された市場の成長を促進する可能性もあります。

しかし、厳しい規制プロセスと初期の高い資本投資は、網膜生物製剤市場の主な抑制要因です。

網膜生物製剤の市場動向

糖尿病性網膜症は、世界の網膜生物製剤市場に有利な機会を示しています。

糖尿病性網膜症(DR)は、糖尿病による高血糖が原因で起こる微小血管の合併症です。長期間にわたって血液中の糖分が過剰になると、網膜に損傷を与えます。糖尿病の成長、研究開発の増加、製品の発売などの要因が、市場セグメントの長期的な成長を促進しています。国際糖尿病連合が2020年3月に発表した記事によると、2019年の4億6,300万人から2045年の7億人への有病率の増加が予測されるため、糖尿病の壊滅的な結果は継続するとされています。この糖尿病患者のうち、2019年の糖尿病性網膜症(DR)および糖尿病性黄斑浮腫(DME)の世界有病率は27.0%でした。有病率が最も低いのは欧州の20.6%、東南アジアの12.5%で、最も高いのはアフリカの33.8%、中東・北アフリカの33.8%、西太平洋地域の36.2%となっています。

また、市場セグメントの成長には、製品の発売や世界の規制当局からの承認が寄与しています。For Instance, 2019年5月、Regeneron Pharmaceuticals, Inc.は、糖尿病網膜症のすべてのステージを治療するEYLEA(アフリベルセプト)Injectionの米国食品医薬品局(FDA)承認を取得しました。このような承認は、予測期間中の市場の成長を後押ししています。

視力低下を引き起こす臨床的に最も重要な危険因子には、糖尿病の罹病期間、高血糖、高血圧が含まれます。血清グルコースと血圧の管理は、DRによる視力低下の予防に効果的です。したがって、糖尿病の有病率の上昇と、それに対する認識と懸念の高まりが、予測期間中のセグメントの成長を促進すると予想されます。

北米が世界の網膜生物製剤市場を独占

北米の網膜生物製剤市場の成長の主な促進要因は、網膜疾患の負担の増加、地域における糖尿病人口の負担の増加、研究開発活動の増加、製品発売の増加、主要な市場関係者による戦略的イニシアチブの増加などです。

北米内の米国は、調査期間中に調査市場の重要なシェアを占めると予想されます。例えば、国際糖尿病連盟が発表した記事によると、2021年12月、北米・カリブ海地域では20~79歳の成人5100万人が糖尿病と共に生活しています。この数は、2030年には5,700万人、2045年には6,300万人に増加すると推定されています。

米国疾病対策予防センター(CDC)が発表したデータによると、2020年には約410万人のアメリカ人が糖尿病性網膜症に罹患し、約90万人のアメリカ人が視力を損なう網膜症に脅かされているといいます。糖尿病性網膜症は、後眼部疾患の代表的な疾患の1つです。有病率の増加は、膨大な人口における治療の需要を高め、国内の市場成長を後押しする可能性があります。

さらに、製品の発売、パートナーシップ、新しいプログラムの開始、M&Aなど、主要な市場プレーヤーによる戦略的イニシアティブは、市場の成長を促進する可能性があります。例えば、2021年10月、ノバルティスは、糖尿病黄斑浮腫(DME)の治療薬であるベオーブ(ブロルシズマブ)6 mgのII型バリエーション申請について、同社の生物製剤追加ライセンス申請(sBLA)を米国食品医薬品局(FDA)から受理されました。2021年7月、ロシュ・グループの一員であるジェネンテックが、ウェット、すなわち新生血管の加齢黄斑変性(AMD)、糖尿病黄斑浮腫(DME)および糖尿病網膜症の治療を目的とするファリシマブの生物製剤承認申請(BLA)を米国食品医薬品局(FDA)が受理したと発表しました。

網膜生物製剤市場の競合他社分析

網膜生物製剤市場は競争が激しく、少数の主要なプレーヤーで構成されています。主要な市場プレーヤーが採用するM&Aなどの戦略は、市場成長を後押しする可能性があります。F. Hoffmann-La Roche Ltd、Regeneron Pharmaceuticals Inc、AbbVie Inc、MeiraGTx Limited、Oxurion NVなどの企業は、市場でかなりの市場シェアを占めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 網膜疾患の負担増と糖尿病患者の増加
    • 研究開発活動の活発化とFDA承認の増加
  • 市場抑制要因
    • 厳しい規制プロセス、初期投資額の高さ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース:UDS Million)

  • 薬物クラス別
    • VEGF-A拮抗薬
    • TNF-a阻害剤
  • 疾患別適応症
    • 黄斑変性症
    • 糖尿病性網膜症
    • ぶどう膜炎
    • その他の適応症
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Regeneron Pharmaceuticals Inc.
    • AbbVie Inc.
    • MeiraGTx Limited
    • Oxurion NV
    • Novartis
    • GenSight Biologics
    • Adverum Biotechnologies
    • SemaThera Inc.
    • Amgen

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69904

The retinal biologics market studied is anticipated to record a CAGR of nearly 6.8% during the forecast period 2022-2027.

The emergence of the COVID-19 pandemic had an adverse effect on the world economy and the healthcare system. The global lockdown has affected the supply chain of pharmaceuticals, medical devices, and biotechnological products. On the other hand, research and development have come into focus. All government agencies and healthcare players have come forward to support the development of diagnostics and treatment methods for COVID-19. As per the study "Retinal findings in patients with COVID-19: Results from the SERPICO-19 study," published in September 2020, COVID-19 could affect the retina. Retinal veins diameter seems directly correlated with the disease severity. Thus, during COVID-19, retinal diseases increased, impacting the demand for retinal biologics, thereby driving the market.

Certain factors driving the market growth include the rising burden of retinal diseases, the increasing diabetic patient population, increasing R&D activities, and the growing number of FDA approvals.

There has been a tremendous increase in the diabetic population, across the globe, over the past decade. Several reports and surveys documented a drastic increase in the diabetic population based on the changing lifestyle and habits. For instance, according to the Asian Diabetics Prevention Initiatives, in 2020, 60% of the diabetic population globally lived in Asia. The higher contribution of diabetes burden are China and India, which is 113.9 million and 65.1 million adults with diabetes in China and India, respectively, and by 2030, both China and India combined may have almost half a billion diabetic patients.

As per the study "Global Prevalence of Diabetic Retinopathy and Projection of Burden through 2045: Systematic Review and Meta-analysis," published in November 2021, the number of adults globally with diabetic retinopathy was estimated to be 103.12 million in 2020, and by 2045, the numbers are projected to increase to 160.50 million. Thus, the growing burden of retinal diseases such as diabetic retinopathy may increase the demand for biologic treatment, which is expected to further drive the market growth.

Furthermore, in February 2022, Eyebiotech Limited secured USD 65 million in a series A financing round for developing a diverse pipeline of therapies for eye diseases such as wet age-related macular degeneration, diabetic retinopathy, etc. Therefore, rising investments may also boost innovation in the studied market, thereby driving the studied market growth.

However, the stringent regulatory process and initial high capital investment are the major restraining factors for the retinal biologics market.

Retinal Biologics Market Trends

Diabetic Retinopathy Shows Lucrative Opportunity in the Global Retinal Biologics Market

Diabetic retinopathy (DR) is a microvascular complication caused by high blood sugar due to diabetes. Too much sugar in the blood over time damages the retina. Factors such as growing diabetes, increasing research and development, and the launch of the product are driving the market segment's growth over time. According to the article published by International Diabetes Federation in March 2020, the devastating consequences of diabetes mellitus are set to continue due to the predicted increase in prevalence from 463 million in 2019 to 700 million in 2045. Among this diabetic population, the global prevalence of diabetic retinopathy (DR) and diabetic macular edema (DME) for 2019 was 27.0%. The lowest prevalence was in Europe at 20.6% and South East Asia at 12.5%, and the highest in Africa at 33.8%, the Middle-East and North Africa at 33.8%, and the Western Pacific region at 36.2%.

The market segment growth is also contributed by the launch of products and approval from the global regulatory authorities. For Instance, in May 2019, Regeneron Pharmaceuticals, Inc. received United States Food and Drug Administration (FDA) approval for EYLEA (aflibercept) Injection to treat all stages of diabetic retinopathy. Such approvals are driving the growth of the market over the forecast period.

The most clinically important risk factors for progression to vision loss include the duration of diabetes, hyperglycemia, and hypertension. Control of serum glucose and blood pressure are effective in preventing vision loss due to DR. Hence, the rising prevalence of DR and the growing awareness and concern over it are expected to drive the segment growth over the forecast period.

North America Dominates the Global Retinal Biologics Market

The primary driving factors for the growth of the North American retinal biologics market are the rising burden of retinal diseases, the growing burden of the diabetic population in the region, the rise in research and development activities, increasing product launches, and rising strategic initiatives by key market players.

The United States within North America is expected to hold a significant share of the studied market during the study period. For instance, as per the article published by International Diabetes Federation, in December 2021, 51 million adults aged between 20-79 years were living with diabetes in the North America and Caribbean Region in 2021. This number is estimated to increase to 57 million by 2030 and 63 million by 2045.

According to the data published by the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), in 2020, around 4.1 million Americans were affected with diabetic retinopathy, and nearly 900,000 Americans were threatened with vision-damaging retinopathy. Diabetic retinopathy is one of the leading disorders of posterior segment eye disorders. Increasing prevalence may increase the demand for treatment in a huge population which may boost the market growth in the country.

Moreover, strategic initiatives taken by the key market players, such as product launches, partnerships, initiation of new programs, and mergers and acquisitions, may drive market growth. For instance, in October 2021, Novartis received the United States Food and Drug Administration (FDA) for the company's supplemental Biologics License Application (sBLA) for the type-II variation application for Beovu (brolucizumab) 6 mg for the treatment of diabetic macular edema (DME). In July 2021, Genentech, a member of the Roche Group, announced that the US Food and Drug Administration (FDA) accepted the company's Biologics License Application (BLA) for faricimab for the treatment of wet, or neovascular, age-related macular degeneration (AMD), diabetic macular edema (DME) and diabetic retinopathy.

Retinal Biologics Market Competitor Analysis

The retinal biologics market is competitive and consists of a few major players. The strategies such as mergers and acquisitions adopted by the key market player may boost the market growth. Companies like F. Hoffmann-La Roche Ltd, Regeneron Pharmaceuticals Inc., AbbVie Inc., MeiraGTx Limited, and Oxurion NV, among others, hold a substantial market share in the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Burden of Retinal Diseases and Increasing Diabetic Patient Population
    • 4.2.2 Increasing R&D Activities and Growing Number of FDA Approvals
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Process and Initial High Capital Investment
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - UDS Million)

  • 5.1 By Drug Class
    • 5.1.1 VEGF-A Antagonist
    • 5.1.2 TNF-a Inhibitor
  • 5.2 By Disease Indication
    • 5.2.1 Macular Degeneration
    • 5.2.2 Diabetic Retinopathy
    • 5.2.3 Uveitis
    • 5.2.4 Other Disease Indications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.2 Regeneron Pharmaceuticals Inc.
    • 6.1.3 AbbVie Inc.
    • 6.1.4 MeiraGTx Limited
    • 6.1.5 Oxurion NV
    • 6.1.6 Novartis
    • 6.1.7 GenSight Biologics
    • 6.1.8 Adverum Biotechnologies
    • 6.1.9 SemaThera Inc.
    • 6.1.10 Amgen

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS