デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197888

膵臓・胆道用ステント市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Pancreatic and Biliary Stents Market - Growth, Trends and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
膵臓・胆道用ステント市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

膵臓・胆道用ステント市場は、予測期間中、CAGR6.05%を記録すると予想されます。

COVID-19のパンデミックの発生は、世界のヘルスケアシステムと胆道ステント市場に影響を与えました。例えば、2021年10月に学術誌「WJCC」に掲載された論文では、内視鏡的ERCPおよび経皮的PTC処置が高いウイルス感染率と関連していることが報告されています。したがって、当初、COVID-19の症例数の多さは、ERCPおよびPTC処置を含む非緊急外科処置の停止につながった感染症の増加、政府の制限によって、調査市場の成長に影響を与えました。しかし、今後数年間は、COVID-19感染率の低下とERCPやその他の外科的処置の再開により、胆道ステントの需要が増加することが予想されるため、予測期間中に市場は大きな成長を示すと期待されます。

この市場の成長を後押ししている要因は、膵臓がんや胆道疾患の有病率の増加、ステントやエンドソノグラフィーの技術的進歩、低侵襲手術の普及の増加などです。例えば、Globocan 2020レポートによると、2025年には世界で132.5千人の胆嚢がん患者が記録され、この数は2030年には150.9千人に、2040年には190千人に増加すると予想されています。胆管がんは、胆管を塞ぐ腫瘍が肥大化することで発生します。したがって、胆嚢がんの負担が増加することで、市場の成長が期待されます。同様に、2022年8月にジャーナルAHPSが発表した論文では、韓国で胆嚢がん、肝外胆管がん、膵臓がんの高い発生率と死亡率が着実に増加していることが報告されています。したがって、胆嚢がんの高い有病率は、胆道ステントの需要を促進し、それによって予測期間中の調査市場の成長を促進することが期待されます。

さらに、生体吸収性ステントや自己拡張型金属ステント(SEMS)など、消化器外科手術の新技術の導入に伴い、膵臓および胆道疾患の治療にステントを使用することが人気を博しています。例えば、2021年10月、ボストン・サイエンティフィックは、Advanix胆道プラスチックステントを販売するために米国FDAの510(k)クリアランスとCEマークの認可を取得しました。したがって、このような製品の発売は、調査対象市場の成長を促進しています。さらに、開腹手術に比べ低リスクであることから低侵襲手術(MIS)の人気が高まっており、通常の手術よりもMISが好まれるようになり、調査対象市場の成長を後押ししています。

したがって、膵臓がんや胆道疾患の有病率の増加、ステントやエンドソノグラフィーの技術的進歩、低侵襲手術の人気の高まりにより、膵臓・胆道市場は予測期間中に成長すると予測されます。しかし、手技の複雑さに伴う高コストに関する懸念や、政府の厳しい規制が、予測期間中の調査対象市場の成長を鈍化させる可能性があります。

膵臓・胆道用ステント市場動向

金属製膵臓・胆道用ステントは、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。

金属製ステントは、細いワイヤーでできた自己拡張可能なメッシュ状のチューブで、人体の内腔や管に挿入して、胆管や膵管の通路を開いた状態に維持するものです。この分野は、膵臓がん、膵・胆道漏出、その他の悪性閉塞など、さまざまな膵・胆道関連疾患の治療にさまざまな金属製ステントが使用されていることから、大きな成長が期待されています。さらに、世界の前立腺がんの増加が、金属製ステントの成長に大きく寄与しています。例えば、2022年のACSでは、米国における前立腺がん症例が268.5千件に達し、過去3年間で12.5%増加したことが報告されています。したがって、前立腺がんの症例数の多さは、その治療のための金属製ステントの需要を促進し、それによってこのセグメントの成長を推進しています。

金属製ステントの用途に関連する研究や臨床研究が増加していることも、このセグメントの成長を後押ししています。例えば、2022年5月にScientific Reports誌が発表した論文では、臨床研究により、完全被覆自己拡張型金属ステントを用いた良性胆道構造(BBS)の治療成功が報告されたと述べられています。したがって、このような有望な結果は、金属製ステントに対する需要の増加につながっており、それによってこのセグメントの成長を促進しています。

さらに、新製品やより優れた技術の開発が、膵臓・胆道市場を強化しています。例えば、2021年5月、AMG International GmbHは、内視鏡用バルーン拡張型生分解性胆道ステント(BEBS)である2番目の完全生分解性金属ステントUNITY-BのCEマーク認可を開始しました。今回の製品投入は、製品ラインアップの充実と市場での存在感の向上を目的としています。

膵臓や胆道に関連するさまざまな疾患の治療において、さまざまな金属製ステントが広く使用されていることから、この分野は今後大きく拡大し、予測期間を通じて市場を牽引すると予想されます。

北米地域は予測期間中に大幅な成長を遂げる見込みです。

北米は、確立された医療産業と、前立腺がん、膵臓がん、胆嚢がんなどの慢性疾患の有病率の上昇により、膵臓・胆道用ステントの需要を高めており、大きな成長を示すと予想されます。例えば、2022年のACSでは、米国における女性の膵臓がん患者29.2千人に対し、男性の膵臓がん患者32.9千人が新たに報告されています。同様に、2022年1月のCAGSは、カナダにおける胆嚢がんの高い有病率を報告しています。その結果、北米諸国における膵臓がんと胆嚢がんの有病率の上昇は、膵臓ステントの検討市場の拡大に拍車をかけています。

さらに、最近の合併、買収、パートナーシップは、このセグメントの成長をさらに後押ししています。例えば、2021年5月、Cook MedicalはCantel Medicalを買収し、胆道ステントと別の製品ポートフォリオを拡大し、世界的に顧客にサービスを提供するようになりました。したがって、この地域におけるこのような開発は、膵臓および胆道ステントの需要を高めると思われます。同様に、2022年7月、CDCは、2021年に米国だけで450万人の成人が慢性肝疾患と診断され、同疾患と診断された国の成人総人口の1.8%に寄与したと報告しました。肝臓の炎症によって胆管が閉塞すると、胆道ステントを留置して閉塞を緩和する必要があります。このことが胆道ステントの需要を押し上げ、同地域の研究市場の成長に寄与しています。

この地域は医療産業が発達しており、前立腺がん、膵臓がん、胆のうがんなどの慢性疾患が増加していることから、予測期間を通じて市場を押し上げ、大きな成長を遂げる可能性が高いと思われます。

膵臓・胆道用ステント市場の競合他社分析

膵・胆道ステントの世界市場は、さまざまな市場参入企業が存在するため、競争は中程度です。現在、市場シェアのかなりの割合を占めているのは一握りの企業のみです。予測期間を通じて、いくつかの地域企業が膵臓・胆道用ステント市場に参入すると予想されます。これは、患者の意識レベルの向上と疾患の高い有病率によるものです。市場の主要プレイヤーには、Boston Scientific Corporation、Cook Medical Inc、CONMED Corporation、Olympus Corporation、Becton、Dickinson and Company、Abbott Laboratories、Medtronic Plc、Stryker Corporation、Taewoong Medicalなどが含まれます。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 膵臓がん、胆道疾患の増加
    • ステントとエンドソノグラフィーにおける技術的進歩
    • 低侵襲手術の人気の高まり
  • 市場抑制要因
    • 手術に伴う高コストと複雑さ
    • 厳しい政府規制
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:百万米ドル)

  • 製品タイプ別
    • プラスチック製ステント
    • メタルステント
  • アプリケーション別
    • 良性胆道構造
    • 胆汁・膵液漏
    • 膵臓がん
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 外来手術センター
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Boston Scientific Corporation
    • Cook Medical Inc
    • CONMED Corporation
    • Olympus Corporation
    • Becton, Dickinson and Company
    • Abbott Laboratories
    • Medtronic Plc
    • Stryker Corporation
    • Taewoong Medical Co., Ltd.
    • Endo-Flex GmbH
    • B. Braun Melsungen AG
    • Cardinal Health

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 72223

The pancreatic and biliary stents market is expected to register a CAGR of 6.05%, over the forecast period.

The outbreak of the COVID-19 pandemic impacted the global healthcare system and the biliary stents market. For instance, an article published in the journal WJCC, in October 2021, reported that endoscopic ERCP and percutaneous PTC procedures were associated with high rates of viral transmission. Thus, initially, the high number of COVID-19 cases led to increased transmission of infections that led to the suspension of non-emergency surgical procedures including ERCP and PTC procedures, imposed by the government restrictions which impacted the growth of the studied market. However, in the upcoming years, it is anticipated that declining COVID-19 infection rates and the resumption of ERCP and other surgical procedures may increase the demand for the biliary stent, and thus the market is expected to witness significant growth over the forecast period.

The factors that are driving the growth of this market are an increase in the prevalence of pancreatic cancer and biliary duct diseases, technological advancements in stents and endosonographic, and the increasing popularity of minimally invasive surgery. For instance, according to the Globocan 2020 report, globally 132.5 thousand gallbladder cancer cases will be recorded in 2025, and this number is expected to increase to 150.9 thousand by 2030 and to 190 thousand by 2040. Bile duct cancer can lead to the enlargement of a tumor blocking the bile duct. Hence, the placement of a biliary stent can assist in the optimum drainage of the bile; hence, the rising burden of gallbladder cancer is expected to boost market growth. Similarly, an article published by the journal AHPS, in August 2022, reported that high incidence and mortality rates of gallbladder, extrahepatic bile duct, and pancreatic cancer are steadily increasing in Korea. Thus, a high prevalence of gallbladder cancer is expected to drive the demand for biliary stents, thereby driving the growth of the studied market over the forecast period.

Furthermore, with the introduction of new technologies for gastrointestinal surgeries such as bioabsorbable stents and self-expanding metal stents (SEMS), the use of stents for the treatment of pancreatic and biliary diseases is gaining popularity. For instance, in October 2021, Boston Scientific received the 510 (k) US FDA clearance and CE mark approval to market its Advanix biliary plastic stents. Thus, such product launches are driving the growth of the studied market. Moreover, the increasing popularity of minimally invasive surgery (MIS) due to the low risk associated with it compared to open surgeries is increasing the preference for MIS over normal surgeries and thus, fueling the growth of the studied market.

Therefore, due to the increase in the prevalence of pancreatic cancer and biliary duct diseases, technological advancements in stents and endosonography, and increasing popularity of minimally invasive surgery, the pancreatic and biliary market is anticipated to grow over the forecast period. However, the concerns regarding the high cost associated with procedural complexities, and stringent government regulations may slow down the growth of the studied market over the forecast period.

Pancreatic & Biliary Stents Market Trends

Metal Pancreatic and Biliary Stents is Expected to Witness a Significant Growth Over the Forecast Period.

Metal stents are self-expandable mesh-like tubes of thin wire which are inserted into a lumen or duct in the human body to maintain the passage open in the bile or pancreatic duct. The segment is expected to witness significant growth owing to the wide application of a range of metal stents for the treatment of various pancreatic and biliary-related diseases such as pancreatic cancer, pancreatic and biliary leaks, and other malignant obstructions. Moreover, the increase in the number of prostate cancers worldwide has significantly aided in the growth of metallic stents. For instance, in 2022 ACS, reported a 12.5% increase in prostate cancer cases in the US over the last three years reaching 268.5 thousand prostate cancer cases in 2022. Thus, the high number of prostate cancer cases is driving the demand for metallic stents for its treatment thereby driving the growth of this segment.

The increasing research and clinical studies related to applications of metallic stents are also propelling the growth of this segment. For instance, an article published by the journal Scientific Reports, in May 2022, stated that a clinical study reported the successful treatment of benign biliary structures (BBS) using fully covered self-expandable metal stents. Thus, such promising results are leading to the increasing demand for metallic stents thereby driving the growth of the segment.

Furthermore, new products and the development of better technology have bolstered the pancreatic and biliary market. For instance, in May 2021, AMG International GmbH launched the CE mark approval of their second fully biodegradable metal stent UNITY-B, which is a balloon expandable biodegradable biliary stent (BEBS) for endoscopic use. This product launch was aimed at expanding the company's product offering as well as enhancing its market presence.

Thereby, the sector is anticipated to experience significant expansion, thus driving the market throughout the forecast period, thanks to the widespread application of a variety of metal stents for the treatment of various pancreatic and biliary-related illnesses.

North America Region is Expected to Witness a Significant Growth Over the Forecast Period.

North America is expected to witness significant growth owing to the well-established healthcare industry and the rising prevalence of chronic diseases like prostate cancer, pancreatic cancer, and gall bladder cancer which is increasing the demand for pancreatic and biliary stents. For instance, ACS in 2022, reported 32.9 thousand new pancreatic cancer cases in men compared to 29.2 thousand pancreatic cancer cases in women in the United States. Similarly, CAGS in January 2022, reported the high prevalence of gallbladder cancer in Canada. As a result, the rising prevalence of pancreatic and gallbladder cancers in North American countries is fueling the expansion of the examined market for pancreatic stents.

Furthermore, the recent mergers, acquisitions, and partnerships are further driving the growth of this segment. For instance, in May 2021, Cook Medical acquired Cantel Medical to expand its biliary stent and another product portfolio to provide services to customers globally. Thus, such development in the region is likely to boost the demand for pancreatic and biliary stents. Similarly, in July 2022, CDC reported that in 2021, 4.5 million adults were diagnosed with chronic liver disease in the United States alone which contributed to 1.8% of the country's total adult population diagnosed with the disease. When liver inflammation results in bile duct blockage, a biliary stent must be implanted to relieve the obstruction. This drives up demand for biliary stents and contributes to the growth of the studied market in the region.

Thus, the region is likely to have considerable growth, boosting the market throughout the forecast period, on account of its well-established healthcare industry and the rising prevalence of chronic diseases such as prostate cancer, pancreatic cancer, and gall bladder cancer.

Pancreatic & Biliary Stents Market Competitor Analysis

The global market for pancreatic and biliary stents is moderately competitive, with a number of different market participants. Currently, only a handful of companies hold a sizable percentage of the market share. It is anticipated that several regional players would participate in the pancreatic and biliary stents market throughout the projection period. This is due to the increasing patient awareness levels and high prevalence of diseases.Some of the key players in the market are Boston Scientific Corporation, Cook Medical Inc, CONMED Corporation, Olympus Corporation, Becton, Dickinson and Company, Abbott Laboratories, Medtronic Plc, Stryker Corporation, and Taewoong Medical Co., Ltd., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increase in the Prevalence of Pancreatic Cancer and Biliary Duct Diseases
    • 4.2.2 Technological Advancements in Stents and Endosonography
    • 4.2.3 Increasing Popularity of Minimally Invasive Surgery
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost and Complexity Associated with the Procedure
    • 4.3.2 Stringent Government Regulations
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Plastic Stents
    • 5.1.2 Metal Stents
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Benign Biliary Structures
    • 5.2.2 Bilio-Pancreatic Leakages
    • 5.2.3 Pancreatic Cancer
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 By End Users
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Ambulatory Surgical Centers
    • 5.3.3 Other End-Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Boston Scientific Corporation
    • 6.1.2 Cook Medical Inc
    • 6.1.3 CONMED Corporation
    • 6.1.4 Olympus Corporation
    • 6.1.5 Becton, Dickinson and Company
    • 6.1.6 Abbott Laboratories
    • 6.1.7 Medtronic Plc
    • 6.1.8 Stryker Corporation
    • 6.1.9 Taewoong Medical Co., Ltd.
    • 6.1.10 Endo-Flex GmbH
    • 6.1.11 B. Braun Melsungen AG
    • 6.1.12 Cardinal Health

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS