市場調査レポート
商品コード
1197870

無酸素銅市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Oxygen Free Copper Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
無酸素銅市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

無酸素銅の市場は、予測期間中、世界的にCAGR4.4%以上の成長が見込まれています。

無酸素銅は、電解により酸素濃度を0.001%以下に最適化した高導電性の錬成銅合金のカテゴリーです。半導体の需要増が市場成長の原動力となっています。

主なハイライト

  • しかし、銅のコストが高いことと、世界中でコロナウイルスが発生したことが、研究市場の成長を妨げると思われます。
  • 無酸素銅の幅広い電子機器への応用が拡大しており、今後5年間は無酸素銅市場にチャンスをもたらすと思われます。
  • 電気・電子産業は、調査した市場の中で最も支配的なエンドユーザー産業です。
  • アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国での消費が増加しており、世界的に支配的な市場となっています。

無酸素銅の市場動向

電気・電子産業が市場を独占

  • 電気・電子産業は、半導体や超電導体の製造に広く使用されているため、市場を独占するセグメントとなります。
  • 無酸素銅は、半導体や超電導体の製造、粒子加速器のようなプラズマ蒸着を必要とする高真空システムなどの製造用途で一般的に使用されています。
  • 酸素やその他の不純物があると、システムで使われる材料と好ましくない化学反応を起こしてしまうため、こういった用途では無酸素の材料を使うことが重要なのです。
  • 無酸素銅は、プリント基板、マイクロ波管、真空コンデンサ、真空遮断器、真空シール、導波管、ラジオやテレビの送信機やマグネトロン用の真空管などに幅広く使われており、消費量が伸びています。
  • 携帯電話、スマートデバイス、タブレット、テレビなど、世界中で電子機器の数が急激に増加していることが、予測期間中に無酸素銅の需要を押し上げると予想されます。
  • 前述のすべての要因が、予測期間中に無酸素銅市場を牽引するものと思われます。

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域は、中国、日本、インドなどのアジア太平洋地域の新興諸国における電子半導体デバイスの需要増加により、予測期間中、最大かつ最も成長率の高い市場になると予想されます。
  • アジア太平洋地域では、スマートフォン、PC、ノートパソコン、医療用電子機器などの民生機器の需要が急速に拡大しており、インドと中国が引き続き市場成長の上位を占めると予測されています。
  • 工業情報化省(MIIT)によると、中国は世界最大の家電生産国で、世界シェアの60%以上を占めています。
  • インドでは、電気自動車の製造を促進するため、政府がFAME(Faster Adoption and Manufacturing of(Hybrid &)Electric Vehicles)計画を開始し、2020年までに約700万台のEV(電気自動車)製造を目標としています。
  • また、アジア太平洋地域のエネルギー分野も、高いエネルギー需要を背景に活況を呈しています。急速に成長する産業部門は、同地域のエネルギー需要を促進する重要な要因のひとつです。
  • 前述の要因に加え、政府の支援もあり、予測期間中、この地域での無酸素銅の消費需要の増加に貢献するものと思われます。

無酸素銅市場の競合他社分析

世界の無酸素銅市場は、多数の企業が存在するため断片的であり、大きな市場シェアはありません。主な企業は、Copper Braid Products、Hussey Copper、Aviva Metals、KGHM、KME Mansfeld GmbHなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 半導体向け需要の増加
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 銅のコスト高
    • COVID-19の発生による不利な状況
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • グレード
    • CU-OF
    • CU-OFE
  • 製品名
    • ワイヤー
    • ストリップ
    • バスバー&ロッド
    • その他
  • エンドユーザー産業
    • 電気・電子
    • 自動車
    • 工業用
    • その他
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Aviva Metals
    • Citizen Metalloys Limited
    • Copper Braid Products
    • Cupori Oy
    • Farmers Copper
    • Furukawa Electric Co., Ltd
    • Hussey Copper
    • KGHM
    • KME Mansfeld GmbH
    • Metrod Holdings Berhad
    • Pan Pacific Copper co., ltd.
    • Sam Dong America
    • Sequoia Brass & Copper.
    • Shanghai Metal

第7章 市場機会と今後の動向

  • 幅広いエレクトロニクス分野での無酸素銅の用途拡大
  • その他のビジネスチャンス
目次
Product Code: 70165

The market for oxygen free copper is expected to grow at a CAGR of more than 4.4% globally during the forecast period. Oxygen-free copper is a category of highly conductive wrought copper alloys that have been electrolytically optimized to minimize oxygen levels to or below 0.001 percent. Increasing demand from semiconductor has been driving the market growth.

Key Highlights

  • However, the high cost of copper and the outbreak of coronavirus across the globe are likely to hinder the growth of the studied market.
  • Growing oxygen-free copper application in a wide range of electronics are likely to provide opportunities for the oxygen-free copper market over the next five years.
  • The electrical & electronics industry is the most dominating end-user industry for the market studied.
  • Asia Pacific region dominated across the world with increasing consumption from countries like China and India.

Oxygen Free Copper Market Trends

Electrical and Electronics Industry to Dominate the Market

  • The electrical and electronics industry stands to be the dominating segment owing to wide consumption in the manufacturing of semiconductors and superconductors.
  • Oxygen-free copper is commonly used in manufacturing applications such as the manufacture of semiconductors and superconductors, and high-vacuum systems such as particle accelerators requiring plasma deposition.
  • The use of oxygen-free materials is critical in these applications, as the presence of oxygen or some other impurity contributes to unwanted chemical reactions with the materials used in the system.
  • Oxygen-free copper witnessing growth in consumption due to wide application in printed circuit boards, microwave tubes, vacuum capacitors, vacuum interrupters, vacuum seals, waveguides, and vacuum tubes for radio and TV transmitters and magnetrons.
  • The exponential growth in the number of electronic gadgets across the globe, such as mobile phones, smart devices, tablets, and TV sets, is expected to drive the demand of oxygen free copper over the forecast period.
  • All the aforementioned factors are expected to drive the oxygen free copper market during the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia Pacific market is expected to be the largest and fastest-growing market over the forecast period owing to the increasing demand for electronic semiconductor devices in developing countries of the Asia Pacific such as China, Japan, and India.
  • Demand for consumer devices, such as smartphones, PCs, laptops, and other medical electronics products, is growing rapidly through the Asia-Pacific region, with India and China projected to remain at the top of market growth.
  • According to the Ministry of Industry and Information Technology (MIIT), China is the world's largest producer of consumer electronics with more than 60% global share.
  • In India, the FAME (Faster Adoption and Manufacturing of (Hybrid &) Electric Vehicles) scheme has been launched by the government to boost electric vehicle manufacturing, which aims to achieve production of around 7 million EVs (Electric Vehicles) by 2020.
  • The Asia-Pacific energy sector is also thriving, owing to the high demand for energy. The rapidly growing industrial sector is one of the key factors driving the energy demand in the region.
  • The aforementioned factors, coupled with government support, are like to contribute to the increasing demand for oxygen free copper consumption in the region, during the forecast period.

Oxygen Free Copper Market Competitor Analysis

The global oxygen free copper market is fragmented in nature owing to the presence of numerous players in the market with no significant market share. Some of the major companies are Copper Braid Products, Hussey Copper, Aviva Metals, KGHM, and KME Mansfeld GmbH amongst others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand from Semiconductor
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Cost of Copper
    • 4.2.2 Unfavorable Conditions Arising Due to COVID-19 Outbreak
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Grade
    • 5.1.1 CU-OF
    • 5.1.2 CU-OFE
  • 5.2 Product
    • 5.2.1 Wires
    • 5.2.2 Strips
    • 5.2.3 Busbars and Rods
    • 5.2.4 Others
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Electrical and Electronics
    • 5.3.2 Automotive
    • 5.3.3 Industrial
    • 5.3.4 Others
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 France
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share/Ranking Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Aviva Metals
    • 6.4.2 Citizen Metalloys Limited
    • 6.4.3 Copper Braid Products
    • 6.4.4 Cupori Oy
    • 6.4.5 Farmers Copper
    • 6.4.6 Furukawa Electric Co., Ltd
    • 6.4.7 Hussey Copper
    • 6.4.8 KGHM
    • 6.4.9 KME Mansfeld GmbH
    • 6.4.10 Metrod Holdings Berhad
    • 6.4.11 Pan Pacific Copper co., ltd.
    • 6.4.12 Sam Dong America
    • 6.4.13 Sequoia Brass & Copper.
    • 6.4.14 Shanghai Metal

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Oxygen Free Copper Application in Wide Range of Electronics
  • 7.2 Other Opportunities