市場調査レポート
商品コード
1197791

石油・ガスパイプラインの製造・建設市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Oil and Gas Pipeline Fabrication and Construction Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
石油・ガスパイプラインの製造・建設市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

石油・ガスパイプラインの製造・建設市場は、予測期間中に3.5%を超えるCAGRで推移すると予測されています。

市場はCOVID-19の大流行によりマイナスの影響を受けました。しかし、現在ではパンデミック前の水準に達しています。

天然ガスパイプライン網は、天然ガス需要の増加と並行して成長することが予想され、予測期間中の世界の石油・ガスパイプラインの製造・建設市場の成長を後押しすると期待されています。

しかし、数カ国にまたがる土地や国境の紛争によるパイプラインプロジェクトの遅延が、予測期間中の市場成長の妨げになると予想されます。

しかし、パイプラインの拡張プロジェクトや新しいガスパイプラインプロジェクトは、今後数年間で石油・ガスパイプラインの製造・建設市場に多大なビジネスチャンスをもたらすと期待されています。

北米は石油・ガスパイプラインの製造・建設市場の主要な需要地の一つであり、米国が主要なホットスポットとなっています。

石油・ガスパイプラインの製造・建設市場の動向

ガス部門が大幅な成長を記録

ガスや液体を生産地や採掘場から精製所、最終消費者まで運ぶパイプライン。加圧された天然ガスの輸送に使われるパイプラインは、炭素鋼で作られています。

中国は、世界で最も多くのガスパイプラインが稼動している国です。2022年1月現在、中国のガスネットワークは226の機能的なパイプラインで構成されており、159が提案されているか、すでに建設中です。世界で稼働しているガスパイプラインの総数は1,608本です。

従来、世界は一次エネルギーの多くを石油に依存してきました。しかし、排出ガスに対する懸念の高まりから、ここ数年は天然ガスの消費が増加しています。このため、天然ガスのパイプライン網に多額の投資が行われています。国際エネルギー機関(IEA)によると、世界の天然ガス需要は2025年までに年間4兆3,700億立方メートル、2019年から25年の平均成長率は前年比1.5%に達すると予想されています。

エネルギーミックスにおける天然ガスの割合の増加に伴う世界の天然ガス需要の拡大は、石油・ガスパイプラインの製造・建設市場の成熟を促す主要因になると予想されます。また、エネルギー需要における天然ガスへの依存度が高まっていることから、液化・再ガス化ターミナルなどのLNGインフラ投資が増加し、石油・ガスパイプラインの製造・建設需要が拡大していることから、LNG貿易も過去数年にわたり力強い成長を見せています。

2022年第1四半期、連邦エネルギー規制委員会(FERC)は、パイプラインとLNGによる米国産天然ガスの輸出を増加させる3つのプロジェクトを認可しました。FERCは、ルイジアナ州のLNG基地に接続する2つのプロジェクトを認可しました。Evangeline Pass Expansion Projectは、Tennessee Gas Pipeline Companyが所有する11億立方フィートのプロジェクトです。このプロジェクトには、13.1マイルの新規パイプラインと2つの新規コンプレッサーステーションが含まれ、ルイジアナ州プラクミン・パリッシュで計画中のプラクミンLNGプロジェクトに天然ガスを供給します。

2021年の世界の天然ガス生産量は約4兆1,400億立方メートルとなり、前年比5.8%の伸びを記録しました。エネルギー源に占める世界の天然ガス比率は上昇する見込みです。ロシア、米国、イランは世界有数の天然ガス生産国です。

2022年10月、ナイジェリア国営石油会社(NNPC)は、2023年にナイジェリアからモロッコへの250億米ドル規模のガスパイプラインの提案に対する投資決定を見込んでいます。このパイプラインは、ナイジェリアから西アフリカ沿岸をモロッコまで3,840マイル(5,600キロメートル)走行した後、イタリアとスペインのパイプラインに接続し、ロシア以外のガスを欧州に多く供給する可能性があると計画されています。2022年7月、インド政府は、2030年までにエネルギーミックスに占める天然ガスの割合を6.3%から15%に引き上げるという目標を設定する予定でした。インドでは、一次エネルギーミックスに占める天然ガスの割合が、2020年から2021年にかけて6.3%から6.7%に上昇しました。国内の天然ガスパイプラインインフラを拡充するため、2022年7月に石油・天然ガス担当国務大臣が、ナショナルガスグリッドのパイプラインインフラを現在の21,715kmから約33,500kmに拡張し、都市ガス配送(CGD)グリッドの整備や液化天然ガス基地を設置するなど、様々な取り組みを発表しています。

石油・ガスパイプライン市場は、世界のエネルギーミックスにおける天然ガスの割合が増加し、天然ガスパイプラインインフラへの投資が増加しているため、成長は緩やかなものになると予想されます。

北米が市場を独占する見込み

北米は、石油・ガスパイプラインの製造・建設における重要な市場の1つです。この地域は、世界最大の石油・ガス市場の1つであり、石油・ガスの純輸出国でもあるため、巨大な中流インフラが関わっていることが分かります。

過去10年間、北米の石油・ガスインフラ開発は、他の地域と比較して比較的堅調でした。これは、新規開発のうちガスパイプラインが比較的大きな割合を占めているためです。米国、カナダ、メキシコは、この地域の石油・ガス産業の主要国です。

2021年、北米は世界シェア約28%の最大級のガス生産国であり、世界シェア約29%の第2位の石油生産国です。2021年の天然ガス生産量は、2020年比で約1.5%増と緩やかな成長を見せました。一方、北米の天然ガス消費量は2021年に約1兆341億立方メートル(bcm)に達し、2020年比で約2.2%の微増となっています。

この地域では、石油よりもクリーンな燃料である天然ガスへのシフトが進んでおり、排出量削減やカーボンニュートラルの実現に向けた世界の動向と合致しています。このシナリオは、石油・ガスパイプラインの開発に対する地域の関心に反映されており、同地域における天然ガスパイプラインの成長を示しています。

2022年10月現在、米国には約88.2マイル(9つの完成済みプロジェクト分)の州間送電パイプラインがあり、3,097MMcf/dの追加容量があります。また、州内・州外送電パイプラインは812.4マイル(建設プロジェクト15件分)あり、8,323MMcf/dの容量が追加される予定です。米国EIAによると、2021年に米国で追加された州間天然ガスパイプラインの容量は74億4,000万立方フィート/日(Bcf/d)です。したがって、このような天然ガスパイプラインへの関心の高まりは、予測期間中に石油・ガスパイプラインの製造・建設市場に前向きな需要を生み出すと予想されます。例えば、2022年9月、米国の大手LNG輸出企業であるCheniere Energy Inc.は、Whistler Pipeline LLCのユニットと合弁会社を設立し、天然ガスパイプラインを建設することを計画しました。この42インチパイプラインは、ウィスラーの終端からテキサス州にあるシェニエール社のコーパスクリスティ液化施設まで約43マイルを延長する計画です。このパイプラインは、最大で日量17億立方フィート(Bcf/d)の天然ガスを輸送することができ、2024年の供用開始を予定しています。

北米は、予測期間中、石油・ガスパイプラインの製造・建設市場の主要な需要地の1つになると予想されます。

石油・ガスパイプラインの製造・建設市場の競合他社分析

石油・ガスパイプラインの製造・建設市場は断片的です。主要企業(順不同)としては、Snelson Companies Inc.、Bechtel Corporation、Pumpco Inc.、Larsen &Toubro Limited、Barnard Construction Company Inc.などです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:10億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • アプリケーション別
    • 石油
    • ガス
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 南米
    • 中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Snelson Companies Inc.
    • Bechtel Corporation
    • Pumpco Inc.
    • Barnard Construction Company Inc.
    • Tenaris SA
    • Sunland Construction Inc.
    • Shengli Oil & Gas Pipe Holdings Limited
    • Gateway Pipeline LLC
    • Ledcor Group
    • Larsen & Toubro Limited

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 56526

The oil and gas pipeline fabrication and construction market is projected to register a CAGR of over 3.5% during the forecast period.

The market was negatively impacted by the COVID-19 pandemic. However, the market has now reached pre-pandemic levels.

The natural gas pipeline network is expected to grow parallel to the increasing natural gas demand, which is expected to boost the global oil and gas pipeline fabrication and construction market's growth during the forecast period.

However, delay in pipeline projects due to land and border disputes across several countries is anticipated to hinder the market's growth during the forecast period.

Nevertheless, pipeline expansion projects and new gas pipeline projects are expected to create tremendous business opportunities for the oil and gas pipeline fabrication and construction market in the coming years.

North America is one of the major demand centers for the oil and gas pipeline fabrication and construction market, with the United States being the major hotspot.

Oil & Gas Pipeline Fabrication & Construction Market Trends

Gas Segment to Record Significant Growth

Pipeline transportation moves gaseous or liquid products from their production or extraction site to refineries and ultimate-end consumers. Pipelines used for transporting pressurized natural gas are made from carbon steel.

China has the most significant number of operational gas pipelines worldwide. As of January 2022, the Chinese gas network comprised 226 functional pipelines, with 159 proposed or already under construction. The total number of operational gas pipelines worldwide is 1,608.

Traditionally, the world has depended more on oil for its primary energy needs. However, the growing concern over emissions has increased natural gas consumption in the past few years. This has resulted in heavy investment in the natural gas pipeline network. According to the International Energy Agency, the global natural gas demand is expected to reach 4,370 billion cubic meters annually by 2025, or an average growth rate of 1.5% year-on-year (Y-o-Y) for 2019-25.

The growth of natural gas demand globally, in line with the increasing share of natural gas in the energy mix, is anticipated to be a primary driver for the maturation of the oil and gas pipeline fabrication and construction market. LNG trade has also shown strong growth over the past years because of the increasing dependency on natural gas for energy requirements, leading to an increase in LNG infrastructure investment, such as liquefaction and regasification terminals, and a growth in demand for oil and gas pipeline fabrication and construction.

In the first quarter of 2022, the Federal Energy Regulatory Commission (FERC) sanctioned three projects to increase United States natural gas exports via pipeline and LNG. FERC approved two projects that connect to LNG terminals in Louisiana. The Evangeline Pass Expansion Project is a 1.1 billion cubic feet project owned by the Tennessee Gas Pipeline Company. The project includes 13.1 miles of new pipeline and two new compressor stations that will deliver natural gas to the proposed Plaquemines LNG Project in Plaquemines Parish, Louisiana.

Global natural gas production amounted to about 4.14 trillion cubic meters in 2021, registering a growth of 5.8% compared to the previous year. The global natural gas share of energy sources is expected to increase. Russia, the United States, and Iran are some of the world's largest natural gas producers.

In October 2022, the Nigerian National Petroleum Company Limited (NNPC) anticipates an investment decision on the proposed USD 25 billion gas pipeline from Nigeria to Morocco in 2023. The pipeline is planned to run for 3,840 miles (5,600 kilometers) from Nigeria along the West African coast to Morocco before connecting with pipelines in Italy and Spain and potentially delivering more non-Russian gas to Europe. In July 2022, the government of India planned to set a target to raise the share of natural gas in the energy mix from 6.3% to 15% by 2030. In India, the percentage of natural gas in the primary energy mix has increased from 6.3% to 6.7% from 2020 to 2021. To expand the domestic natural gas pipeline infrastructure, in July 2022, the Minister of State for Petroleum and Natural Gas announced various initiatives, including the expansion of the National Gas Grid pipeline infrastructure from the current 21,715 km to about 33,500 km, the development of city gas distribution (CGD) grid, and setting up liquefied natural gas terminals.

The oil and gas pipeline market is expected to witness subdued growth due to an increasing share of natural gas in the global energy mix and rising investments in natural gas pipeline infrastructure.

North America is Expected to Dominate the Market

North America is one of the significant markets for oil and gas pipeline fabrication and construction. The region is one of the largest oil and gas markets in the world and is also a net exporter of oil and gas, which indicates the involvement of huge midstream infrastructure.

During the last decade, the oil and gas infrastructure development in North America has been relatively robust compared to other regions because gas pipelines have a relatively larger share of new developments. The United States, Canada, and Mexico are the major countries in the region's oil and gas industry.

In 2021, North America was one of the largest gas producers, with a global share of about 28%, and the second largest oil producer, with a share of about 29%. In 2021, the region showcased modest growth of about 1.5% in natural gas production compared to 2020. On the other hand, natural gas consumption in North America reached about 1034.1 billion cubic meters (bcm) in 2021, witnessing a slight growth of around 2.2% compared to 2020.

The region is also witnessing a shift toward natural gas as it is a cleaner fuel than oil, which aligns with the global trend of adopting measures for reducing emissions and achieving a carbon-neutral future. This scenario has been reflected in the region's interest in developing gas pipelines over oil pipelines, indicating the growth of natural gas pipelines in the region.

As of October 2022, the United States has around 88.2 (for nine completed projects) miles of interstate transmission pipelines with an additional capacity of 3,097 MMcf/d. The country has 812.4 (for 15 construction projects) miles of interstate and intrastate transmission pipelines with an additional capacity of 8,323 MMcf/d. According to the United States EIA, 7.44 billion cubic feet per day (Bcf/d) of interstate natural gas pipeline capacity was added in the United States in 2021. Hence, such a growing interest in natural gas pipelines is expected to create positive demand for the oil and gas pipeline fabrication and construction market during the forecast period. For instance, in September 2022, a leading US LNG exporter Cheniere Energy Inc. planned to form a joint venture with units of Whistler Pipeline LLC to construct the natural gas pipeline. The 42-inch pipeline is planned to extend about 43 miles from Whistler's terminus to Cheniere's Corpus Christi liquefaction facility in Texas. The pipeline can transport up to 1.7 billion cubic feet per day (Bcf/d) of natural gas and is expected to be in service in 2024.

North America is expected to become one of the major demand centers for the oil and gas pipeline fabrication and construction market during the forecast period.

Oil & Gas Pipeline Fabrication & Construction Market Competitor Analysis

The oil and gas pipeline fabrication and construction market is fragmented. The key companies (in no particular order) include Snelson Companies Inc., Bechtel Corporation, Pumpco Inc., Larsen & Toubro Limited, and Barnard Construction Company Inc., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Oil
    • 5.1.2 Gas
  • 5.2 By Geography
    • 5.2.1 North America
    • 5.2.2 Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
    • 5.2.4 South America
    • 5.2.5 Middle East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Snelson Companies Inc.
    • 6.3.2 Bechtel Corporation
    • 6.3.3 Pumpco Inc.
    • 6.3.4 Barnard Construction Company Inc.
    • 6.3.5 Tenaris SA
    • 6.3.6 Sunland Construction Inc.
    • 6.3.7 Shengli Oil & Gas Pipe Holdings Limited
    • 6.3.8 Gateway Pipeline LLC
    • 6.3.9 Ledcor Group
    • 6.3.10 Larsen & Toubro Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS