デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197732

ニオブ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Niobium Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
ニオブ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ニオブ市場規模は、予測期間中に5%以上のCAGRで推移すると予測されています。

市場は、2020年のCOVID-19によってマイナスの影響を受けました。パンデミックシナリオのために、世界中のいくつかの国が封鎖状態になり、すべての製造および建設活動が保留されたため、さまざまなエンドユーザー産業からのニオブの需要が減少しました。これは、ニオブ市場にマイナスの影響を与えました。2021年に市場環境が回復し、それによって予測期間中に調査された市場が促進されました。

主なハイライト

  • 中期的には、構造用鋼の使用加速と航空宇宙用途での使用増加が市場成長の原動力となります。
  • 一方、限られた供給源とCOVID-19の大流行の影響が、調査対象市場の成長を阻害しています。
  • 建設業界は市場を独占し、ニオブベースの合金は例外的に現代の芸術的な建設の耐火性と耐震要件に関する課題を満たしているので、予測期間中に健全な速度で成長すると予想されます。
  • 石油・ガスパイプラインにおける高強度・軽量鋼の需要増は、将来的にチャンスとして作用しそうです。
  • アジア太平洋地域は、中国や日本などの国々から最も多く消費され、市場を独占しています。

ニオブの市場動向

建設部門が市場を独占

  • 建設業界は、世界最大のニオブ消費者です。ニオブの主な用途は鉄鋼の生産です。世界で生産される鋼鉄の約半分は建設業に使用されています。
  • 高強度ニオブ微合金板製品は、橋梁、高架橋、高層ビルなどの建設に使用されています。また、重機や圧力容器などにも使用されています。
  • 構造材は、土木建築、鉄道車両、送電鉄塔などに広く使われており、ニオブはバナジウムと競合しています。同様に、大型のコンクリート構造物には、引張荷重に対する耐性を高めるために鉄筋が使用されます。より大きな直径の高強度鋼種は、ニオブやバナジウムの添加によって製造されますが、最近の製鉄所では水冷を使用し、マイクロアロイ化の必要性を排除しているところもあります。さらにニオブは、高い車軸荷重がかかる鉄道線路用の高強度・高耐摩耗性レールにも応用されています。
  • アジア太平洋地域や欧州地域の新興国では、建築・建設産業が盛んであり、建築物の軽量化によるコスト削減や、インフラの不具合を防ぐために、HSLA鋼の需要が高まっています。
  • 中国政府は、今後10年間で2億5,000万人を新しい大都市に移住させるなど、大規模な建設計画を打ち出しており、調査対象市場の大きな可能性を作り出しています。
  • 北米の建設部門は、過去数年間で大きな成長を遂げています。米国国勢調査局によると、新規建設は毎年1兆米ドルを超えています。米国国勢調査のデータによると、2021年に発行された新規住宅許可件数は173万7000件で、2020年から18%以上上昇しました。
  • 建築・建設業界を牽引する要因は、増え続ける人口、急速な都市化、購買力の上昇です。その結果、インフラへの投資が行われ、パイプラインにもなっています。
  • さらに、中東におけるいくつかの虚栄心の強いプロジェクトや、空港などの商業施設の建設が、今後の市場を牽引していくと予想されます。
  • したがって、世界中の建設におけるこのような堅調な成長は、予測期間中にニオブの消費需要を押し上げると思われます。

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域は世界市場を独占しています。中国、インド、日本などの国々で、構造用鋼の使用が加速し、自動車や航空宇宙産業での使用が増加しているため、この地域でニオブの消費量が増加しているのです。
  • フェロニオブという形で鉄鋼製造に使われるニオブの消費量は非常に多く、中国やインドなどいくつかの新興国でも建設業が盛んです。
  • インド経済にとって、インフラ分野は重要な柱です。政府は、国内に優れたインフラをタイムリーに構築するため、さまざまな取り組みを行っています。政府は、鉄道、道路開発、住宅、都市開発、空港開発などに力を入れています。
  • インドは今後7年間で住宅に約1兆3,000億米ドルの投資を行い、6,000万戸の住宅を新たに建設する見込みです。インドでは今後3年間で、手頃な価格の住宅が70%程度増加すると予想されています。
  • 現在、中国では電気自動車の生産と販売を拡大することに主眼を置いています。中国自動車工業会(CAAM)によると、2021年の中国の電力電池会社47社の生産量は186.0GWhで、前年比182.3%増となりました。生産量の増加は、主に中国の新エネルギー車(NEV)の急成長によるものです。
  • 2022年第3四半期末までに、中国は471万台のNEVを生産し、2021年の国内販売台数は150万台を超え、前年比80%以上の伸びを示しました。この拡大の背景には、政府の政策や補助金、そしてNEVに対する消費者のニーズがあります。
  • 中国は、鉄鋼業、特に鉄筋の生産において、ニオブまたはその化合物からバナジウムの使用に置き換えてきました。したがって、ニオブの需要は今後増加することが予想されます。
  • また、日本の電気・電子産業は、世界でも有数の産業です。ビデオカメラ、コンパクトディスク、コンピューター、コピー機、ファックス、携帯電話、その他様々なコンピューター主要部品の生産において、日本は世界をリードしています。
  • 日本のエレクトロニクス産業は、世界最大級の規模を誇っています。JEITAによると、日本は2021年までに世界の電子機器の10%を生産します。エレクトロニクスの国内生産は前年比11%増加し、2021年には800億米ドルを超えます。
  • 同様に、オーストラリアでは、建築・建設部門がGDPの約8%に寄与しています。同国では、今後2年間で非住宅建築活動とエンジニアリング建設が増加し、大規模な道路・鉄道プロジェクトが予定されていることから、回復が見込まれており、予測期間中の鉄鋼消費量はさらに上昇する可能性があります。
  • 上記の要因を考慮すると、アジア太平洋のニオブ市場は予測期間中に安定的に上昇すると予想されます。

ニオブ市場の競合他社分析

ニオブ市場は寡占市場であり、CBMM、中国モリブデン、Niobecを含む3つの主要な鉱山会社が世界供給の約98%に寄与しています。最大かつ現在稼働中のニオブ鉱床はAraxaにあり、Companhia Brasileira de Metalurgia e Mineracao(CBMM)が所有・探査しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 構造用鋼での使用加速
    • 航空宇宙用途での使用増加
  • 抑制要因
    • 供給源の制限
    • COVID-19のパンデミックの影響
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 価格分析
  • 技術スナップショット

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:数量ベース)

  • オキュラス
    • カーボナタイトおよびアソシエイト
    • コロンバイト-タンタライト
  • 種類
    • フェロニオブ
    • ニオブ酸化物
    • 金属ニオブ
    • 真空用ニオブ合金
  • 用途
    • 鉄鋼
    • 超合金
    • 超電導マグネット
    • コンデンサ
    • ガラス
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業
    • 建築・土木
    • 自動車・輸送機器
    • 航空宇宙・防衛
    • 石油・ガス
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、協定
  • 市場シェア(%)分析**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Admat Inc.
    • Alkane Resources Ltd
    • CBMM
    • China Molybdenum Co. Ltd
    • Changsha South Tantalum Niobium Co. Ltd
    • Dneprovsky Special Tubes Plant LLC
    • Grandview Materials
    • NIOBEC(Magris Resources Inc.)
    • NioCorp Development Ltd
    • Shaanxi Getwick Nonferrous Metals Co. Ltd
    • Titanex GmbH

第7章 市場機会と今後の動向

  • 他の金属を置き換えるニオブ
  • 革新的な技術と鉱山設計
目次
Product Code: 55665

The niobium market size is projected to register a CAGR of over 5% during the forecast period.

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. Owing to the pandemic scenario, several countries across the world went into lockdown, which led to a decrease in the demand for niobium from various end-user industries, as all the manufacturing and construction activities were put on hold. This created a negative impact on the niobium market. The market condition recovered in 2021, thereby driving the market studied during the forecast period.

Key Highlights

  • Over the medium term, accelerating usage of structural steel and increased usage in aerospace applications are driving the market's growth.
  • On the flip side, limited supply sources and the impact of the COVID-19 pandemic are hindering the growth of the market studied.
  • The construction industry dominated the market, and it is expected to grow at a healthy rate during the forecast period, as niobium-based alloys are exceptionally meeting the challenges regarding fire resistance and seismic requirement of modern artistic construction.
  • Increasing demand for high strength and lightweight steel in oil and gas pipelines is likely to act as an opportunity in the future.
  • Asia-Pacific dominated the market with the largest consumption from countries, such as China and Japan.

Niobium Market Trends

Construction Sector to Dominate the Market

  • The construction industry is the largest consumer of niobium across the world. The major application of niobium is in the production of steel. About half of all steel produced worldwide goes to the construction industry.
  • High-strength niobium microalloyed plate products are used in the construction of bridges, viaducts, high-rise buildings, etc. Heavy machinery, pressure vessels, etc., represent additional applications of microalloyed plates.
  • Structural sections are widely used in civil construction, railway wagons, transmission towers, etc., where niobium competes with vanadium. Similarly, a steel reinforcing bar is used in large concrete structures to increase their resistance to tensile loads. Larger diameter, high-strength grades are produced via the addition of niobium and/or vanadium, although some modern steel mills also use water cooling, which negates the need for microalloying. Finally, niobium has also found application in high-strength and wear-resistant rails for railway tracks operating under high axle loads.
  • The building and construction industry is currently a thriving industry in several emerging economies of the Asia-Pacific and European regions, and this is going to drive the demand for HSLA steel, which provides cost savings through reduction of weight in buildings while also preventing infrastructure failures.
  • The Chinese government has rolled out massive construction plans, including making provisions for the movement of 250 million people to its new megacities over the next ten years, creating a major scope for the market studied.
  • The construction sector in North America has witnessed significant growth in the past few years. According to the United States Census Bureau, new construction exceeds USD 1 trillion every year. According to United States census data, there were 1,737,000 new residential housing permits issued in 2021, rising more than 18% from 2020.
  • The factors driving the building and construction industry are the ever-increasing populations, rapid urbanization, and the rise in purchasing power. As a result of which, investments in infrastructure are being made and are in the pipeline.
  • Adding to these, several vanity projects in the Middle East and building of commercial constructions, such as airports, etc., are expected to drive the market in the future.
  • Therefore, such robust growth in construction across the world is likely to boost the demand for the consumption of niobium during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific dominated the global market. With accelerating usage in structural steel and growing usage in the automobile and aerospace industry in countries such as China, India, and Japan, the consumption of niobium is increasing in the region.
  • The consumption of niobium is very high in steel manufacturing in the form of ferroniobium, and the construction industry is thriving in several emerging economies, such as China and India, among others.
  • The infrastructure sector is an important pillar of the Indian economy. The government is taking various initiatives to ensure the timely creation of excellent infrastructure in the country. The government is focusing on railways, road development, housing, urban development, and airport development.
  • India is likely to witness an investment of around USD 1.3 trillion in housing over the next seven years, where the country is likely to witness the construction of 60 million new homes. The availability of affordable housing is expected to rise around 70% over the next three years in India.
  • Currently, China is majorly focusing on increasing the production and sale of electric vehicles in the country. According to the China Association of Automobile Manufacturers (CAAM), 47 Chinese power battery companies produced 186.0 GWh in 2021, an increase of 182.3% year on year. The increase in production was primarily due to China's rapid growth in new energy vehicles (NEVs).
  • By the end of the third quarter of 2022, China had produced 4.71 million NEVs and domestic sales exceeded 1.5 million units in 2021, representing a year-on-year increase of more than 80%. This expansion was fueled by government policies and subsidies, as well as the consumer demand for NEVs.
  • China has been replacing the use of vanadium from niobium or a compound of both in the steel industry, especially to produce rebars. Thus, the demand for niobium is expected to increase in the future.
  • Japan's electrical and electronics industry is also one of the world's leading industries. The country is a world leader in the production of video cameras, compact discs, computers, photocopiers, fax machines, cell phones, and various other key computer components.
  • The Japanese electronics industry is one of the world's largest. According to the JEITA, Japan produced 10% of the world's electronics by 2021. Domestic production of electronics increased 11% year on year to more than USD 80 billion in 2021.
  • Similarly, in Australia, the building and construction sector contributes around 8% of the GDP. The country is expected to recover, with non-residential building activity and engineering construction increasing in the next two years, owing to the upcoming major road and rail projects, which may further uplift the consumption of steel during the forecast period.
  • Considering the aforementioned factors, the Asia-Pacific niobium market is anticipated to rise steadily over the forecast period.

Niobium Market Competitor Analysis

The niobium market is an oligopolistic market, with three major mining companies, including CBMM, China Molybdenum, and Niobec, contributing to around 98% of the global supply. The largest and currently operating niobium deposit is located at Araxa, and it is owned and explored by Companhia Brasileira de Metalurgia e Mineracao (CBMM).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Accelerating Usage in Structural Steels
    • 4.1.2 Increasing Usage in Aerospace Applications
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Limited Supply Sources
    • 4.2.2 Impact of the COVID-19 Pandemic
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Price Analysis
  • 4.6 Technological Snapshot

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Occurrence
    • 5.1.1 Carbonatites and Associates
    • 5.1.2 Columbite-Tantalite
  • 5.2 Type
    • 5.2.1 Ferroniobium
    • 5.2.2 Niobium Oxide
    • 5.2.3 Niobium Metal
    • 5.2.4 Vacuum Grade Niobium Alloys
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Steel
    • 5.3.2 Super Alloys
    • 5.3.3 Superconducting Magnets
    • 5.3.4 Capacitors
    • 5.3.5 Glass
    • 5.3.6 Other Applications
  • 5.4 End-user Industry
    • 5.4.1 Construction
    • 5.4.2 Automotive and Transportation
    • 5.4.3 Aerospace and Defence
    • 5.4.4 Oil and Gas
    • 5.4.5 Other End-user Industries
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 Asia-Pacific
      • 5.5.1.1 China
      • 5.5.1.2 India
      • 5.5.1.3 Japan
      • 5.5.1.4 Australia
      • 5.5.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.2 North America
      • 5.5.2.1 United States
      • 5.5.2.2 Canada
      • 5.5.2.3 Mexico
    • 5.5.3 Europe
      • 5.5.3.1 Germany
      • 5.5.3.2 United Kingdom
      • 5.5.3.3 Italy
      • 5.5.3.4 France
      • 5.5.3.5 Russia
      • 5.5.3.6 Rest of Europe
    • 5.5.4 South America
      • 5.5.4.1 Brazil
      • 5.5.4.2 Argentina
      • 5.5.4.3 Rest of South America
    • 5.5.5 Middle-East
      • 5.5.5.1 Saudi Arabia
      • 5.5.5.2 South Africa
      • 5.5.5.3 Rest of Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Admat Inc.
    • 6.4.2 Alkane Resources Ltd
    • 6.4.3 CBMM
    • 6.4.4 China Molybdenum Co. Ltd
    • 6.4.5 Changsha South Tantalum Niobium Co. Ltd
    • 6.4.6 Dneprovsky Special Tubes Plant LLC
    • 6.4.7 Grandview Materials
    • 6.4.8 NIOBEC (Magris Resources Inc.)
    • 6.4.9 NioCorp Development Ltd
    • 6.4.10 Shaanxi Getwick Nonferrous Metals Co. Ltd
    • 6.4.11 Titanex GmbH

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Niobium Replacing Other Metals
  • 7.2 Innovative Techniques and Mine Designing