デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197109

ヘルスケア臨床分析市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Healthcare Clinical Analytics Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
ヘルスケア臨床分析市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヘルスケア臨床分析市場は、予測期間中に7.4%のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19の出現は、調査された市場の成長に大きく影響しました。パンデミック時のデジタル技術の採用の増加は、ヘルスケアにおける臨床分析の需要を加速させました。それは最終的に市場成長を促進しました。ヘルスケア組織は、世界的に、デジタルヘルスプラットフォームと遠隔医療の需要の増加により、デジタルソリューションと技術的ツールを広範囲に採用しました。2021年3月にMDPIのSensors Journalに掲載された記事によると、パンデミックの際、ビッグデータ解析は対象者のセンチメント分析のためのツールとして使用されました。また、パンデミック期間中は、疫学調査や患者の遠隔モニタリングにビッグデータ解析のツールやプラットフォームが使用されました。さらに、ヘルスケアにおけるアナリティクスは、ヘルスケアの意思決定、ケアの提供、患者の治療の改善など、いくつかの利点があるため、不可欠な要素となりました。したがって、上記の要因により、パンデミックは研究市場にプラスの影響を与え、研究市場は予測期間にわたって力強い成長を続けると予想されます。

eヘルスレコードシステムの高い採用率、データ分析の技術的進歩、有利な政府のイニシアチブの提供などの要因が、市場の成長を促進しています。

eヘルスレコードシステムの高い導入率は、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。例えば、米国医療情報技術調整官事務所によると、2021年には一般急性期病院の約96%が電子医療記録(EHR)システムを導入しました。EHRシステムの利用が進むことで、データマイニングやデータ統合ツールに新たな機会が生まれています。したがって、このようなシステムの採用が増えることは、市場の成長を促進するものと思われます。

さらに、技術の進歩に伴い、次世代eヘルスプラットフォーム、ヘルスケア臨床分析モダリティは、アクセス可能で使いやすくなっています。これらのプラットフォームは、臨床医がデータを簡単に収集し、患者のコンプライアンスを向上させるのに役立っています。また、電子臨床分析の技術的進歩は、調査された市場の成長を促進しています。例えば、2021年1月、クラウドベースのeClinicalソリューション企業であるYPrime LLCは、第5世代の電子臨床結果評価(eCOA)プラットフォームを発表しました。YPrimeの最新プラットフォームは、患者、治験責任医師、スポンサー、開発業務受託機関(CRO)のユーザーエクスペリエンスを向上させることを特徴としています。したがって、このような新興国市場の開拓は、市場全体の成長に貢献すると予測されます。

したがって、EHRシステムの高い採用率と技術的進歩により、調査済み市場は予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。しかし、データのプライバシーやセキュリティに関する懸念と、高い初期費用や使用するソフトウェアの複雑さが相まって、市場の成長を制限する可能性があります。

ヘルスケア臨床分析市場動向

予測分析サブセグメントが予測期間中に大幅な成長を遂げると予想される

予測分析は、過去のデータと統計的モデリングや機械学習などの分析技術に基づいて将来の結果を予測することを目的としたデータ分析のカテゴリです。ヘルスケアでは、予測分析によって定性的な意思決定が可能になり、すべての人にパーソナライズされたケアができるようになります。技術の導入の増加やセグメントの進歩などの要因により、予測分析セグメントは予測期間中に大きな成長率を示すと予測されます。

予測分析の実施に関する研究の高まりは、市場の成長に拍車をかけています。例えば、2021年6月にSemantic Scholarに掲載された論文によると、テーラーメイドの介入と組み合わせた予測分析は、高齢者の臨床転帰を改善する可能性があります。また、対象者の自宅や地域環境での健康管理をサポートできる可能性があります。したがって、このような研究とインスタンスは、セグメント成長を促進すると予想される予測分析技術の採用のための需要を生み出しています。

さらに、主要な市場プレーヤーによる最近の製品発売は、セグメント成長に拍車をかけると予想されます。例えば、2021年6月、IQVIAは、人工知能/機械学習を使用して予測分析を高速化する、新しいSaaSベースの臨床データ分析プラットフォームである臨床データ分析スイート(CDAS)を発売しました。したがって、このような製品の発売は、予測期間中のセグメントの成長を後押しすると思われます。

北米は予測期間中、主要な市場シェアを占めると予想される

世界の他の地域の中で、北米は予測期間を通じて研究市場の主要なシェアを占めると予想されます。製薬業界による研究開発費の増加や、同地域のエンドユーザーによる分析技術の採用拡大などの要因が、市場成長の原動力になると予測されます。

この地域の他の国々の中では、ヘルスケア臨床アナリティクスの導入が肯定的な傾向を示しています。同国における1996年医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)規制の導入が、市場の成長につながりました。例えば、米国では、連邦政府がさまざまな政策や取り組みを通じて、そのヘルスケアデータの利用を奨励しています。例えば、2022年4月、CDCは予測・発生解析のための新しいセンターを立ち上げました。このセンターは、データ、モデル、分析を用いてアウトブレイク対応を改善するために、タイムリーで効果的な意思決定の能力を強化するために開発されたものです。ヘルスケア分析の開発におけるこうした政府の関与は、同国の市場成長を促進すると予想されます。これは、市場全体の成長に貢献すると予想されます。

さらに、米国には市場プレイヤーが集中していること、製品の開発・発売が増加していること、業界プレイヤーとエンドユーザーとの協業が増加していることなどが、同地域の市場成長を促進すると予想されます。例えば、2022年7月、ピッツバーグに拠点を置くピッツバーグ大学医療センター(UPMC)とマイクロソフトは、医療システムのデータ管理、ウェアハウス、分析インフラを拡張・近代化し、患者ケアを改善するための5年間の協業に調印しています。

さらに、2022年1月には、米国のプラットフォーム分析会社であるクラリファイヘルスが、社会的地位の低いコミュニティ内での臨床試験募集を加速させるソフトウェア「クラリファイトライアルズ」を発売しました。また、Clarify Trialsは400以上のSDoH(social determinants of health)インサイトを提供し、多様な患者を登録する機会の多い研究施設や治験責任医師を特定し、医師の紹介パターンを評価して、十分なサービスを受けていない集団内での協調的アウトリーチを支援します。したがって、国のこのような開発は、地域の市場の成長を集めています。したがって、ヘルスケア臨床分析の採用が増加し、大手企業による戦略的活動が盛んであることが、北米の調査済み市場成長に貢献すると予想されます。

ヘルスケア臨床分析市場の競合他社分析

ヘルスケア分析市場は競争が激しく、様々な地域および世界の市場プレーヤーで構成されています。主要な市場プレーヤーは、製品開発や技術的買収を通じて製品ポートフォリオを拡大することで、互いに競争しています。現在、市場を独占している企業は、Allscripts Healthcare Solutions、Cerner Corporation、IBM、McKesson(Ontada)、Medeanalytics、Medical Information Technology Inc(Meditech)、Optum Health、Oracle、Verisk Analytics、Veeva Systems、Parexel International Corporation、Signant Health、WIRB-Copernicus Group、およびMednet Solutionsなど数社があります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • e健康記録システムの高い普及率
    • データ解析の技術的進歩
    • 政府の積極的な取り組み
  • 市場抑制要因
    • データのプライバシーとセキュリティに関する懸念
    • ソフトウェアの初期コストと複雑さ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース:百万米ドル)

  • 技術タイプ別
    • プレディクティブ・アナリティクス
    • プリスクリプティブ・アナリティクス
    • 記述型分析
  • アプリケーション別
    • ヘルスケアの質
    • クライアント・リレーションシップ・マネジメント
    • ヘルスケア従事者のパフォーマンス評価
    • 病院/臨床データ管理およびキュレーション
  • 提供形態別
    • オンプレミス
    • ウェブ・クラウドベース
  • 製品別
    • ハードウェア
    • サービス・ソフトウェア
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Allscripts Healthcare Solutions
    • Cerner Corporation
    • IBM
    • McKesson(Ontada)
    • Medeanalytics, Inc.
    • Medical Information Technology Inc(Meditech)
    • Optum Health
    • Oracle
    • Verisk Analytics
    • Veeva Systems
    • Parexel International Corporation
    • Signant Health
    • WIRB-Copernicus Group
    • Mednet Solutions

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 56011

The Healthcare Clinical Analytics Market is projected to register a CAGR of 7.4% during the forecast period.

The emergence of COVID-19 significantly impacted the studied market growth. The rise in the adoption of digital technologies during the pandemic expedited the demand for clinical analytics in healthcare. It ultimately fueled the market growth. Healthcare organizations, globally, extensively adopted digital solutions and technological tools due to a rise in demand for digital health platforms and telemedicine. According to an article published in March 2021 in the Sensors Journal by MDPI, during the pandemic, big data analytics was used as a tool for sentiment analysis of the target population. Also, big data analytics tools and platforms were used for epidemiology studies and remote patient monitoring during the pandemic period. Moreover, analytics in healthcare became an integral part, owing to several advantages such as improved healthcare decision-making, care delivery, and patient treatment. Hence, owing to the above factors, the pandemic impacted the studied market positively and the market studied is expected to continue its strong growth over the forecast period.

The factors such as the high adoption rate of e-health record systems, technological advancements in data analytics, and favorable government initiatives offerings are fueling the market growth.

The high adoption rate of e-health record systems is expected to boost market growth over the forecast period. For instance, according to the United States Office of the National Coordinator for Health Information Technology, in 2021, around 96% of the general acute care hospitals adopted an electronic health record (EHR) system. The increasing use of EHR systems is creating new opportunities for data mining and data integration tools. Thus, the increase in the adoption of such systems is likely to propel market growth.

Furthermore, with the advancement in technology, the next-generation e-health platforms, and healthcare clinical analytics modalities are becoming accessible and easy to use. These platforms are helping clinicians collect data easily and improve patient compliance. ​Also, the technological advances in electronic clinical analytics are fueling the studied market growth. For instance, in January 2021, YPrime LLC, a cloud-based eClinical solutions company launched its fifth-generation electronic clinical outcome assessment (eCOA) platform. YPrime's newest platform features an improved user experience for patients, clinical investigators, sponsors, and contract research organizations (CROs). Thus, such developments are projected to contribute to the overall, market growth.

Therefore, owing to the high adoption of EHR systems and technological advancements, the studied market is expected to drive the growth of the market during the forecast period. However, the data privacy and security concerns coupled with the high initial cost and complexity of the software used are likely to restrict the market growth.

Healthcare Clinical Analytics Market Trends

Predictive Analytics Sub-Segment is Expected to Witness Significant Growth Over the Forecast Period

Predictive analytics is a category of data analytics aimed at making predictions about future outcomes based on historical data and analytics techniques such as statistical modeling and machine learning. For healthcare, predictive analytics enables qualitative decision-making, allowing personalized care for everyone. Owing to factors such as increasing adoption of technology and advancements in the segment, the predictive analytics segment is predicted to witness a significant growth rate over the forecast period.

The rise in the research on the implementation of predictive analytics is adding to the market growth. For instance, as per an article published in June 2021 in the Semantic Scholar, predictive analytics combined with tailored interventions could potentially improve clinical outcomes in older adults. Also, it could support health management in home or community settings for the target population. Thus, such research and instances are creating demand for the adoption of predictive analytics technologies that are expected to drive segment growth.

Additionally, the recent product launches by the key market players are expected to add to the segment growth. For instance, in June 2021, IQVIA launched the clinical data analytics suite (CDAS), a new SaaS-based clinical data analytics platform, which drives faster predictive analytics using artificial intelligence/machine learning. Thus, such product launches are likely to boost the segment's growth over the forecast period.

North America is Anticipated to Hold a Major Market Share Over the Forecast Period

Among other regions globally, North America is expected to hold a major share of the studied market throughout the forecast period. Factors such as increasing research and development (R&D) expenditure by the pharmaceutical industry and the growing adoption of analytics technologies by end users in the region are predicted to drive market growth.

Among other countries in the region, the adoption of healthcare clinical analytics is experiencing a positive trend. Implementing the Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996 (HIPAA) regulation in the country led to the market's growth. For instance, in the United States, the federal government is encouraging the use of its healthcare data through various policies and initiatives. For example, in April 2022, CDC launched a new center for forecasting and outbreak analytics. This center was developed to enhance the capability for timely, effective decision-making to improve outbreak response using data, models, and analytics. Such involvement of the government in the development of healthcare analytics is anticipated to fuel market growth in the country. This is anticipated to contribute to the overall market growth.

Additionally, the presence of a high concentration of market players in the United States, a rise in product development and launches, and an increase in collaborations between industry players and end users are anticipated to drive the growth of the market in the region. For instance, in July 2022, Pittsburgh-based University of Pittsburgh Medical Center (UPMC) and Microsoft signed a five-year collaboration to expand and modernize the health system's data management, warehousing, and analytics infrastructure to improve patient care.

In addition, in January 2022, Clarify Health, a United States-based platform analytics company launched its Clarify Trials software that accelerates clinical trial recruitment within underrepresented communities. Also, the Clarify Trials provides over 400 social determinants of health (SDoH) insights to identify research sites and investigators with good opportunities to enroll diverse patients and assess physician referral patterns to support coordinated outreach within underserved populations. Thus, such developments in the country are garnering market growth in the region. Therefore, the rising adoption of healthcare clinical analytics and the high number of strategic activities by the major players are expected to contribute to the studied market growth in North America.

Healthcare Clinical Analytics Market Competitor Analysis

The healthcare analytics market is highly competitive and consists of various regional and global market players. Major market players are competing against each other by expanding their product portfolios through product development or technological acquisitions. There are a few companies that are currently dominating the market including Allscripts Healthcare Solutions, Cerner Corporation, IBM, McKesson (Ontada), Medeanalytics, Inc., Medical Information Technology Inc (Meditech), Optum Health, Oracle, Verisk Analytics, Veeva Systems, Parexel International Corporation, Signant Health, WIRB-Copernicus Group, and Mednet Solutions, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 High Adoption Rate of E-health Record System
    • 4.2.2 Technological Advancements in Data Analytics
    • 4.2.3 Favorable Government Initiatives
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Data Privacy and Security Concern
    • 4.3.2 Initial Cost and Complexity of Software
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD millions)

  • 5.1 By Technology Type
    • 5.1.1 Predictive Analytics
    • 5.1.2 Prescriptive Analytics
    • 5.1.3 Descriptive Analytics
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Quality Healthcare
    • 5.2.2 Client Relationship Management
    • 5.2.3 Healthcare Workers Performance Evaluation
    • 5.2.4 Hospital/Clinical Data Management and Curation
  • 5.3 By Mode of Delivery
    • 5.3.1 On-Premise
    • 5.3.2 Web and Cloud Based
  • 5.4 By Product
    • 5.4.1 Hardware
    • 5.4.2 Services and Software
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle East
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle East
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Allscripts Healthcare Solutions
    • 6.1.2 Cerner Corporation
    • 6.1.3 IBM
    • 6.1.4 McKesson (Ontada)
    • 6.1.5 Medeanalytics, Inc.
    • 6.1.6 Medical Information Technology Inc (Meditech)
    • 6.1.7 Optum Health
    • 6.1.8 Oracle
    • 6.1.9 Verisk Analytics
    • 6.1.10 Veeva Systems
    • 6.1.11 Parexel International Corporation
    • 6.1.12 Signant Health
    • 6.1.13 WIRB-Copernicus Group
    • 6.1.14 Mednet Solutions

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS