デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1196890

カーシェアリングテレマティクスの世界市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Global Car Sharing Telematics Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
カーシェアリングテレマティクスの世界市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のカーシェアリングテレマティクス市場は、2022年から2027年までの予測期間において、CAGR20.5%を記録すると予測されます。

世界の自動車産業は、現在の市場において、自律走行、コネクテッド、電気自動車、シェアリングドライブの急速な需要によって混乱し、前例のないテクノロジーとビジネスの変革を引き起こしています。また、COVID危機の中、供給と製造の混乱、その後の回復時期に関する不確実性を伴う需要の急増により、業界にさらなるストレスを与えており、市場の成長に影響を及ぼすと考えられます。

*カーシェアリングは、ステーション型サービスの一つで、主に企業向けソリューションに利用されています。カーシェアリングは、主に法人向けに提供・管理されているサービスであり、従業員が事前に必要な期間だけ車両を借りて出張することを可能にし、市場の成長を後押ししています。あるいは、公共モビリティサービスを運営する地方自治体やマルチユーティリティ企業では、必要な時に必要な車両を利用できるなど、顧客の多様な要望に応えるため、前者に加えてフリーフローティングモードを提供することも可能です。

*カーシェアリングは通常、燃料代が料金に含まれており、利用者は燃料代を支払う必要がありません。そのため、カーシェアリング事業者のガソリン代削減の課題は特に大きく、アイドリング、運転行動(積極的な運転は燃料消費を増やす)、天候(低温は燃料消費を増やす)、アクセサリー(エアコンなど)の使用など、燃料消費に影響を与えるいくつかの要素をテレマティクスでモニターできるようにします。このような要因が市場成長の原動力となります。

*さらに、企業はビデオテレマティクスを利用することで、データに基づいた意思決定、予測分析、大規模な課題の解決を支援するためのプラットフォームを構築することができます。さらに、テレマティクスを利用することで、企業はフリート車両に広範な機能を持たせることができ、フリートは物流の煩わしさを解消することができるようになります。テレマティクスの利用により、市場機会の拡大が予想されます。

*カーシェアリングテレマティクス分野では、導入コストの高さが大きな障害となっています。なぜなら、テレマティクスシステムの初期設定とその継続的なメンテナンスにコストがかかるからです。さらに、燃料代が組織を圧迫することもあります。その結果、カーシェアリングテレマティクスの高コストが、市場の成長を制限する可能性があります。

カーシェアリングテレマティクスの市場動向

AI、IoT、クラウドのカーシェアリングテレマティクスソリューションが市場シェアを牽引すると予想される

*運転手と乗客の安全を守るため、市場のビデオテレマティックスソリューションはマシンビジョンと人工知能を組み合わせています。従来のテレマティクスソリューションは、事故の発生時刻と場所、そして場合によっては急ブレーキや急ハンドルといった事故の機械的な理由の一部のみを捉えていましたが、ビデオテレマティクスソリューションは車の内側と外側の全体像を捉え、事故が発生した理由を真に実証しています。

*TCUの配備を可能にする技術の中核の1つが5Gです。低遅延、高密度、超高速ダウンロード、デバイス認識など、カーシェアリング運転システムにとって重要な新しい機能と体験を引き出す技術です。また、モビリティ・アズ・ア・サービスの時代を実現するスマートフォンの機能を活用したビジネスチャンスが期待されています。

*テレマティクスは、自動車産業にとって不可欠な要素であることが証明されています。標準的な車載ナビゲーション・ガイドシステムの機能を向上させ、自動車や車両の所有者が車内や車両間でより効果的にコミュニケーションをとることを可能にしました。また、クラウドベースの車両管理システムは、カーシェアリングベンダーにとって、多くの新しい選択肢と運転機会を提供するものです。

*全体として、カーシェアリング企業は、IoT、AI、クラウドベースのソリューションを使用して、車両の追跡と監視、経路制御、起こりうる問題の診断のためのシステムを改善し、業務の最適化を目指しています。

欧州が大きな市場シェアを獲得すると予想される

*新しいモビリティサービスとビジネスモデルは、主に市場の供給側と需要側に影響を与えながら、都市交通を変化させています。インターネットの普及や公共交通機関の料金の高さも交通部門を変化させており、モバイルアプリケーションによるカーシェアリングなどのアプリベースのモビリティサービスは、この地域の公共交通と民間交通のバランスを取ることができる既存のサービスを拡張・補完する新たな可能性を提供しています。

*この地域のモビリティプロバイダーは、直感的で高速なユーザーインターフェースを提供することで、ユーザーの旅行体験を向上させることを目指しています。この要因は、道路を走る車の数を減らし、電気自動車への移行を容易にし、CO2排出量と環境負荷の低減につながります。

*例えば、2021年11月、テレマティクス、スマートモビリティ、モビリティIoTプラットフォーム分野におけるデジタルソリューションの構築を専門とするテクノロジー企業であるタルガ・テレマティクスは、あらゆるタイプの共有モビリティを単一のプラットフォーム上で統一するソリューション「タルガ・スマート・モビリティ」を発表し、このソリューションによりCO2排出量と環境負荷の低減が可能となりました。また、Targa Smart Mobilityは、市場で注目を集めている相乗りサービスを取り入れ、法人顧客を中心に多数のユーザーが1台の車に同乗することができます。

*さらに、2022年1月には、持続可能なコネクテッドモビリティのための技術とサービスを提供するコンチネンタルが、SHARE NOW Denmarkとの提携を拡大しました。この決定は、両社がカーシェアリングサービスの車両に対する踏み込み監視のパイロットプロジェクトに成功したことを受けて行われたものです。このパートナーシップにより、シェア・ナウ・デンマークのカーシェアリング車両は、インテリジェントなタイヤ管理を維持することができます。

*カーシェアリングテレマティクスのプロバイダーは、新製品の発売、パートナーシップ、製品の改良を通じて、俊敏性、セキュリティ強化、性能向上、効率化、市場シェアの最大化に向けた革新と投資を有利な道と見なしているのです。

カーシェアリングテレマティクス市場の競合企業分析

カーシェアリングテレマティクスの世界市場は、多くの地域および世界プレーヤーが存在し、非常に競争が激しい市場です。製品提供においてはイノベーションが市場を牽引し、各ベンダーはイノベーションに投資しています。主要プレイヤーは、INVERS GmbH、Convadis AG、MoC Sharing、Ridecell Inc、Vulogなど。

*2022年3月- 自動運転車両シェアリングのInversは、Europcar Mobility Groupの車両シェアリングブランドの一つであるUbeeqoと提携し、Ubeeqoの車両に同社のシェアリング専門テレマティクスユニットCloudBoxxを追加搭載し、提携関係を拡大中です。

*2022年2月-OCTO TelematicsとFord Motor Companyは、欧州全域でデータストリーミングを拡大する新たな契約を締結したと発表しました。OCTOは、フォードのリンクカーデータを活用し、英国、イタリア、ドイツ、フランス、スペインにおける保険および分析サービスにおけるマーケットテレマティクスサービスを強化します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査想定と市場定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19がカーシェアリングテレマティクス市場に与える影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • カーシェアリングテレマティクスのためのIoT、AI、機械学習ベースのソリューションの増加
    • 自律走行車の増加によりカーシェアリングテレマティクスの展望が変化すると予想される
  • 市場の課題
    • 高い導入コスト

第6章 市場セグメンテーション

  • チャネル別
    • OEM(Original Equipment Manufacturers:相手先商標製品製造会社)
    • アフターマーケット
  • 形態別
    • エンベデッド
    • テザリング
    • 統合型
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • INVERS GmbH
    • Convadis AG
    • Continental Aftermarket & Services
    • Octo Group S.p.A
    • Vulog
    • Ridecell, Inc
    • Mobility Tech Green
    • Targa Telematic
    • OpenFleet
    • WeGo B.V.
    • Fleetster
    • MoC Sharing

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 90946

The Global Car Sharing Telematics Market is expected to register a CAGR of 20.5% over the forecast period from 2022 to 2027. The global automotive industry is disrupted by rapid demand for autonomous, connected, electric, and shared driving in the current market, causing unprecedented technology and business transformation. Moreover, amid the COVID crisis, it is causing additional stress on the industry due to disruptions in supply and manufacturing, followed by a demand surge with uncertainty concerning the recovery timeline, which will impact the market growth.

* Car sharing is one of the services given and managed in a station-based mode, primarily used for corporate solutions. It allows employees to arrange business trips by renting a vehicle in advance and for the required length, driving the market growth. Alternatively, local governments or multi-utilities that operate the public mobility service and seek to meet the varied requirements of customers, such as the ability to use the vehicle when needed, can provide a free-floating mode in addition to the former.

* Fuel is usually included in the price of car-sharing, meaning a user does not have to pay for it. As a result, the issue of reducing gasoline expenses for car-sharing business owners is particularly significant, and telematics allows to monitor several factors that affect fuel consumption, including Idling, driving behavior (aggressive driving increases fuel consumption), weather (low temperatures promote higher fuel consumption), and use of accessories (air conditioning, etc.). Such factors will drive market growth.

* Furthermore, organizations can use video telematics to create a platform to make decisions based on data, give predictive analytics, and help enterprises solve large-scale challenges. Furthermore, with telematics, businesses will have the widespread capability in fleet vehicles, which will help fleets eliminate logistical hassles. As a result of the use of fleet telematics, the market opportunities are projected to grow.

* The high installation cost is a significant obstacle for the car-sharing telematics sector. Because the initial configuration of telematics systems, as well as its ongoing maintenance, can be costly. Furthermore, the cost of fuel may further strain the organization. As a result, the high cost of car-sharing telematics may limit the market's growth.

Car Sharing Telematics Market Trends

AI, IoT and Cloud Car Sharing Telematics Solutions Expected to Drive the Market Share

* To keep drivers and passengers safe, video telematics solutions in the market are combining machine vision and artificial intelligence. Unlike traditional telematics solutions, which only capture the time and location of an incident and possibly some of the mechanical reasons for the incident, such as hard braking or swerving, video telematics solutions capture the entire picture inside and outside the car to truly demonstrate why an incident occurred.

* One of the cores enabling technology responsible for the deployment of TCU is 5G. The technology's low latency, massive density, super-fast download speeds, and device awareness, among others, draw new capabilities and experiences critical for car-sharing driving systems. Additionally, the market seeks to leverage opportunities in line with smartphone features that enable an era of mobility-as-a-service.

* Telematics has proven to be an essential component of vehicle industries. It has increased the capabilities of standard onboard vehicle navigation and guidance systems and made it possible for vehicle and fleet owners to communicate more effectively within and amongst the vehicles. A cloud-based vehicle management system also opens up many new options and driving opportunities for car-sharing vendors.

* Overall, Car-sharing companies aim to optimize their operations and better their systems for tracking and monitoring vehicles, controlling routes and diagnosing possible issues using IoT, AI, and cloud-based solutions.

Europe Expected to Witness Significant Market Share

* The newer mobility services and business models have been changing urban transport, primarily affecting the supply and demand sides of the market. Internet penetration and high public transportation prices have also changed the transportation sector, and app-based mobility services, such as car-sharing via mobile applications, have offered new possibilities to expand and complement the existing services that could balance public and private transport in the region.

* Mobility providers in the region aim to improve users' travel experiences by delivering an intuitive and fast user interface. This factor reduces the number of vehicles on the road and makes the transition to electric vehicles easier, resulting in lower CO2 emissions and environmental impact.

* For instance, in November 2021, Targa Telematics, a technology firm specializing in the creation of digital solutions in the telematics, smart mobility, and mobility IoT platform fields, introduced Targa Smart Mobility, a solution that unifies all types of shared mobility on a single platform and the solution allows lower CO2 emissions and lower environmental impact. Targa Smart Mobility also incorporates the carpooling service, which is gaining traction in the market and allows numerous users, primarily corporate clients, to share a single ride.

* Moreover, in January 2022, Continental, a technologies and services company for sustainable and connected mobility, expanded its partnership with SHARE NOW Denmark. The decision came after the two firms successfully worked on a tread-depth monitoring pilot project for the car-sharing service's fleet. The partnership will keep SHARE NOW Denmark's car-sharing fleet with intelligent tire management

* Hence, various car-sharing telematics providers in the region view innovation and investments through new product launches, partnerships, and product improvisation as a lucrative path toward gaining agility, enhanced security, improved performance, increased efficiency, and maximizing market share. ​

Car Sharing Telematics Market Competitor Analysis

The Global Car Sharing Telematics Market is highly competitive, with many regional and global players. Innovation drives the market in the product offerings, and each vendor invests in innovation. Key players include INVERS GmbH, Convadis AG, MoC Sharing, Ridecell Inc., and Vulog

* March 2022 - Invers, the automated vehicle sharing firm, partnered with Ubeeqo, one of Europcar Mobility Group's vehicle sharing brands, and is expanding the partnership by fitting additional vehicles in Ubeeqo's fleet with CloudBoxx, the company specialized sharing telematics unit.

* February 2022 - OCTO Telematics and Ford Motor Company announced a new agreement to expand data streaming across Europe. OCTO will enhance its market-telematics services in insurance and analytical services in the UK, Italy, Germany, France, and Spain by leveraging Ford's linked car data.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumption and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power Of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat Of New Entrants
    • 4.2.4 Threat Of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of COVID-19 Impact on the Car Sharing Telematics Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing IoT, AI, and Machine Learning based solutions for Carsharing Telematics
    • 5.1.2 Increasing Autonomous vehicles are Anticipated to Transform the Carsharing Telematics Landscape
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 High Installation Cost

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Channel
    • 6.1.1 Orginal Equipment Manufacturers (OEM)
    • 6.1.2 Aftermarket
  • 6.2 By Form
    • 6.2.1 Embedded
    • 6.2.2 Tethered
    • 6.2.3 Integrated
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle-East

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 INVERS GmbH
    • 7.1.2 Convadis AG
    • 7.1.3 Continental Aftermarket & Services
    • 7.1.4 Octo Group S.p.A
    • 7.1.5 Vulog
    • 7.1.6 Ridecell, Inc
    • 7.1.7 Mobility Tech Green
    • 7.1.8 Targa Telematic
    • 7.1.9 OpenFleet
    • 7.1.10 WeGo B.V.
    • 7.1.11 Fleetster
    • 7.1.12 MoC Sharing

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET