デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1195528

1,4ブタンジオール市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

1,4 Butanediol Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 155 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
1,4ブタンジオール市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 155 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

1,4ブタンジオール市場は、予測期間中に3%以上のCAGRで推移すると予想されます。

パンデミック時に化学品サプライチェーンが混乱し、原材料の価格が上昇したため、COVID-19のパンデミックは市場に大きなマイナス影響を及ぼしました。しかし、2021年には繊維産業の活動が活発化するため、市場は安定的に成長すると予測されます。

主なハイライト

  • 短期的には、スパンデックス繊維向けのテトラヒドロフラン(THF)需要の増加、およびさまざまな産業からのポリブチレンテレフタレート(PBT)需要の増加が、調査対象市場の成長を促す主要因となっています。
  • しかし、長年にわたる1,4ブタンジオールプラントの閉鎖は、予測期間中に対象産業の成長を抑制する主要因になると予想されます。
  • しかし、バイオベースのBDOの開発の高まりと衣料品のカーボンフットプリントの削減は、近い将来、世界市場に有利な成長機会を創出する可能性があります。
  • アジア太平洋地域は、予測期間中に市場を独占し、最も高いCAGRで成長すると予想されます。

1,4ブタンジオールの市場動向

繊維産業における需要の拡大

  • 1,4 BDOは、皮革、プラスチック、ポリエステルラミネート、ポリウレタンフットウェアの接着剤として使用されています。1,4-ブタンジオールは、熱可塑性ポリウレタン(TPU)の製造に使用される直接化学物質であり、さらに合成皮革の底材に使用されています。
  • テトラヒドロフラン(THF)は、衣料品業界を席巻しているスパンデックス繊維の製造に使用されています。スパンデックスは、軽量で柔らかく滑らかな合成繊維で、独特の弾力性を持っています。この素材は、モーションキャプチャースーツ、手術用ホース、サポート用ホースなどの圧縮衣料に使用されています。
  • これはまた病院および産業組織のための有用な生地です。スパンデックス生地は、主にホシパン、水着、エクササイズウェア、靴下、下着、手袋、サイクリングショーツ、ゼンタイスーツなどの特殊な衣類、デニム、スポーツ用品など、快適さとフィット感が求められる衣服に使用されています。
  • Industrievereinigung Chemiefaserは、繊維繊維の世界生産量が2020年の1億830万トンから2021年には1億1,360万トンに増加すると推定しています。
  • 世界のスポーツ用品市場は、ここ最近、大きな成長を遂げています。Statista Consumer Market Outlookによると、世界のスポーツ用品市場は2021年に1265億4000万米ドル、2026年に1594億1000万米ドルに達すると予測されています。
  • 例えば、オーストラリア政府は、今後5年間でスポーツや身体活動の取り組みに2億3,000万米ドルを投資する予定です。このような取り組みにより、より多くの人々が様々なアウトドアスポーツに興じることが期待され、その結果、スパンデックススポーツウェアの売上高が増加することが予想されます。
  • したがって、上記の要因により、繊維産業における1,4 BDO製品の需要は、予測期間中に調査された市場にプラスの影響を与えると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • 1,4ブタンジオールの世界市場は、アジア太平洋地域が支配的です。この地域の需要は、自動車、エレクトロニクス、皮革、電子機器など、さまざまな産業からの需要増に牽引されています。
  • 1,4ブタンジオールは、PBTの生産に広く使用されており、さらに自動車の生産に使用されています。自動車分野では、PBTによってエネルギー吸収、軽量化、バンパーの衝撃吸収、燃料タンクの爆発リスクの抑制、シートベルト、エアバッグ、ドアとシートアセンブリ、その他さまざまな用途に使用することができます。
  • 中国では、自動車の生産台数の増加や、医薬・電気電子産業の拡大がBDOとその誘導体の国内需要を支えており、今後の市場成長のプラス要因になると予想されます。
  • しかし、2021年の中国の自動車生産台数は26,082,220台に達し、2020年の25,225,242台に対して3%の成長率を記録しています。これにより、自動車分野の様々な用途から1,4 BDOの需要が高まると予想されます。
  • さらに、インドでは人口の増加により、人々の移動が容易になる必要性が生じており、それがこの地域の自動車需要を増加させています。OICAによると、インドでは2021年の自動車生産台数は4,399,112台で、2020年と比較して30%の成長率を上げています。
  • 日本の電気・電子産業は、世界でも有数の産業です。ビデオカメラ、コンパクトディスク、コンピュータ、コピー機、ファックス、携帯電話、その他様々なコンピュータ主要部品の生産で世界をリードしています。
  • 日本電子情報技術産業協会(JEITA)によると、2022年9月の家電製品の輸入総額は1兆4371億7400万円(105億2,732万米ドル)に達しています。
  • このような動向は、1,4ブタンジオールの需要を牽引するものと期待されます。

1,4ブタンジオール市場の競合他社分析

1,4ブタンジオール市場は、部分的に統合された性質を持っています。主な市場参加者には、BASF SE、DCC、Xinjiang Blue Ridge Tunhe Chemical、Xinjiang Tianye(Group)、Ashlandなどが含まれます(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • スパンデックス繊維向けのテトラヒドロフラン(THF)需要の増加
    • 様々な産業におけるポリブチレンテレフタレート(PBT)需要の増加
  • 抑制要因
    • 1,4ブタンジオールプラントの年間操業停止
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 生産能力(主要プレイヤー)

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量ベース)

  • 誘導品
    • テトラヒドロフラン(THF)
    • ポリブチレンテレフタレート(PBT)
    • ガンマブチロラクトン(GBL)
    • ポリウレタン(PU)
    • その他の誘導体
  • エンドユーザー業界
    • 自動車
    • ヘルスケア・医薬
    • 繊維
    • 電気・電子
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Ashland
    • BASF SE
    • DCC
    • LyondellBasell Industries Holdings BV
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • NAN YA PLASTICS CORPORATION
    • SINOPEC YIZHENG CHEMICAL FIBRE LIMITED LIABILITY COMPANY
    • Sipchem
    • Shanxi Sanwei Group Co. Ltd
    • Xinjiang Guotai
    • Xinjiang Tianye(Group)Co. Ltd
    • Xinjiang Blueridge Tunhe Chemical Industry Co. Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

  • バイオベースBDOの開発の高まり
  • 衣料品のカーボンフットプリント削減
目次
Product Code: 51229

The 1,4 butanediol market is expected to register a CAGR of over 3 % during the forecast period.

Due to the disruption in the chemical goods supply chain during the pandemic, which raised the price of raw materials, the COVID-19 pandemic had a significant negative impact on the market. However, the market is projected to grow steadily, owing to increased activities of the textile industry in 2021.

Key Highlights

  • Over the short term, increasing demand for tetrahydrofuran (THF) for spandex fibers​, and increasing demand for polybutylene ​terephthalate (PBT) from various industries​ are major factors driving the growth of the market studied.
  • However, the shutdown of 1,4 butanediol plants throughout the years is a key factor anticipated to restrain the growth of the target industry over the forecast period.
  • Nevertheless, the rising development of bio-based BDO​, and reducing the carbon footprint of clothing​ are likely to create lucrative growth opportunities for the global market soon.
  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market and witness the highest CAGR during the forecast period.

1,4 Butanediol Market Trends

Growing Demand in the Textile Industry

  • 1,4 BDO is used as an adhesive in leather, plastics, polyester laminates, and polyurethane footwear. 1,4-Butanediol is an immediate chemical used in the production of Thermoplastic polyurethane (TPU) which is further used in the making of Synthetic leather sole material.
  • Tetrahydrofuran (THF) is used for the production of spandex fiber which has captured the garment industry. Spandex is a lightweight, soft smooth synthetic fiber that has a unique elasticity. The material is used in making compression garments: motion capture suits, Surgical hoses, and Support hoses.
  • This is also a useful fabric for hospitality and industrial organizations. Spandex fabrics are mostly used in garments where comfort and fit are required like hosiery, swimsuits, exercise wear, socks, undergarments, gloves, cycling shorts, specialized clothing like zentai suits, denim, and sports equipment, etc.
  • The Industrievereinigung Chemiefaser estimates that the global production of textile fibers increased from 108,300 thousand metric tonnes in 2020 to 113,600 thousand metric tonnes in 2021.
  • The global sports equipment market has been witnessing significant growth in the recent past. According to Statista Consumer Market Outlook, the global sports equipment market is projected to reach USD 126.54 billion in 2021 to USD 159.41 billion in 2026. ​
  • For instance, the Government of Australia is planning to invest USD 230 million in sports and physical activity initiatives over the next five years. Such initiatives are expected to encourage more people to indulge in various outdoor sports, which, in turn, will increase the sales of spandex sportswear​.​
  • Therefore, owing to the abovementioned factors, the demand for 1,4 BDO products in the textile industry is expected to positively impact the market studied during the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region dominates the global 1,4 butanediol market. The regional demand for the market studied is driven by growing demand from various industries such as automotive, electronics, leather, and electronics.
  • 1, 4 butanediol is widely used in the production of PBT, which is further used in the production of automotive. In the automotive sector, PBT allows for energy absorption, weight reduction, shock absorption for bumpers, restriction of explosion risk in fuel tanks, seat belts, airbags, door and seat assemblies, and various other applications.​
  • In China, the growing production of motor vehicles and the expanding pharmaceutical and electrical & electronics industry is expected to support the domestic demand for BDO and its derivatives, which is a positive factor for the market's growth in the future.​
  • However, in 2021, the production of vehicles in China reached 26,082,220 units, registering a growth rate of 3%, compared to 25,225,242 units in 2020. This is expected to boost the tho demand for 1,4 BDO from various applications in the automotive sector.​
  • Moreover, the growing population in India is creating the need for easy mobility of the people, which in turn is increasing the demand for automobiles in the region. According to OICA, in India, the total number of vehicles produced in 2021 was 4,399,112 and witnessed a growth rate of 30% compared to 2020.
  • The Japanese electrical and electronics industry is one of the world's leading industries. The country is a world leader in producing video cameras, compact discs, computers, photocopiers, fax machines, cell phones, and various other key computer components.​
  • According to Japan Electronic and Information Technology Association (JEITA), the total number of imports of consumer electronics amounted to JPY 1,437,174 million (USD 10527.32 million )in September 2022.
  • Hence, such favorable trends are expected to drive the demand for 1,4 butanediol during the forecast period.

1,4 Butanediol Market Competitor Analysis

The 1,4 butanediol market is partially consolidated in nature. Some of the major market players include BASF SE, DCC, Xinjiang Blue Ridge Tunhe Chemical Co. Ltd, Xinjiang Tianye (Group) Co. Ltd, and Ashland, among others (not in any particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Tetrahydrofuran (THF) for Spandex Fibers
    • 4.1.2 Increasing Demand for Polybutylene Terephthalate (PBT) from Various Industries
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Shutdown of 1,4 Butanediol Plants Throughout the Years
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Production Capacity (Major Players)

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Derivative
    • 5.1.1 Tetrahydrofuran (THF)
    • 5.1.2 Polybutylene Terephthalate (PBT)
    • 5.1.3 Gamma-Butyrolactone (GBL)
    • 5.1.4 Polyurethane (PU)
    • 5.1.5 Other Derivatives
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Automotive
    • 5.2.2 Healthcare and Pharmaceutical
    • 5.2.3 Textile
    • 5.2.4 Electrical and Electronics
    • 5.2.5 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Ashland
    • 6.4.2 BASF SE
    • 6.4.3 DCC
    • 6.4.4 LyondellBasell Industries Holdings BV
    • 6.4.5 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.6 NAN YA PLASTICS CORPORATION
    • 6.4.7 SINOPEC YIZHENG CHEMICAL FIBRE LIMITED LIABILITY COMPANY
    • 6.4.8 Sipchem
    • 6.4.9 Shanxi Sanwei Group Co. Ltd
    • 6.4.10 Xinjiang Guotai
    • 6.4.11 Xinjiang Tianye (Group) Co. Ltd
    • 6.4.12 Xinjiang Blueridge Tunhe Chemical Industry Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Rising Development of Bio-based BDO
  • 7.2 Reducing Carbon Footprint of Clothing