デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438392

バイオベース 1,4-ブタンジオール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Bio-based 1,4-Butanediol - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.33円
バイオベース 1,4-ブタンジオール:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオベース 1,4-ブタンジオール市場規模は、2024年に3万8,820トンと推定され、2029年までに6万830トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.40%のCAGRで成長します。

バイオベース 1,4-ブタンジオール- 市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、従業員の隔離、一般企業の閉鎖、サプライチェーンの混乱により、バイオベース 1,4-ブタンジオール市場に影響を与えました。パンデミック中、バイオベース 1,4-ブタンジオールの生産を担う多くの工場が閉鎖されました。これらの製造工場の閉鎖により、バイオベース 1,4-ブタンジオールの売上が減少しました。自動車、電気・電子、繊維などの部門は一時保留となった。しかし、現在のシナリオでは、市場の成長は回復しました。

主なハイライト

  • 市場の成長を牽引する主な要因は、さまざまな業界からのポリブチレンテレフタレート(PBT)需要の増加と政府の厳しい規制です。
  • その一方で、化石燃料ベースの製品との大規模な競合が、調査対象の市場にとって依然として懸念事項となっています。
  • 環境に優しい製品への焦点の移行は、予測期間中に調査された市場に機会を提供する可能性があります。
  • 欧州は世界中の市場を独占しました。この地域の需要は、自動車、エレクトロニクス、家庭用電化製品などの業界におけるバイオベース 1,4-ブタンジオールの使用の増加によって促進されています。

バイオベース 1,4-ブタンジオール市場動向

繊維市場の需要の増加

  • 1,4 BDOは、皮革、プラスチック、ポリエステルラミネート、およびポリウレタン製履物の接着剤として使用されます。 1,4-ブタンジオールは、熱可塑性ポリウレタン(TPU)の製造に使用される即時化学物質であり、さらに合成皮革のソール素材の製造にも使用されます。
  • ただし、1-4 BDOはテトラヒドロフラン(THF)を生成します。テトラヒドロフラン(THF)は、衣料品産業で捕獲されるスパンデックス繊維の製造に使用されます。スパンデックスは、軽くて柔らかく滑らかな合成繊維で、独特の弾力性を持っています。伸縮性があるため、伸縮性のある衣類の製造に使用されます。
  • 80%のポリテトラメチレンエーテルグリコール(PTMEGまたはPolyTHF)で構成されるスパンデックス繊維は、元の長さの500%~700%まで伸ばすことができ、その形状を耐久的に保持します。
  • スパンデックス繊維の成長率は約10%と推定されており、繊維の成長率よりもはるかに高くなります。着心地の良い快適な衣類への動向がこの分野の需要を押し上げています。
  • 2022年 9月、ライクラカンパニーは、主要成分の1つとしてQIRAバイオベース 1,4-BDOを使用したバイオ由来スパンデックスの大規模商業製造を世界で初めて発表しました。同社はQore社と協力し、次世代のバイオ由来ライクラを製造しました。この製造には、ライクラ繊維含有量の70%が再生可能原料から調達されており、ライクラ繊維の二酸化炭素排出量を約44%削減するのに役立ちます。 QIRAバイオベース 1,4-BDOを使用して作られた最初の再生可能なLYCRA繊維は、2024年までにシンガポールのトゥアスにあるLYCRA Companyの生産施設で生産される予定です。LYCRA Companyは、バイオ繊維を追求する準備ができているさまざまなブランドや小売顧客との契約を求めています。アパレル向けのソリューションを導き出しました。
  • さらに、日本の財務省によると、日本の繊維製造業への対内直接投資(FDI)は、2020年の3,900万米ドルに対し、2021年には5,600万米ドルとなった。
  • このような要因は、市場が予測期間中に繊維産業の成長の停滞を観察することを表しています。

欧州が市場を独占すると予想される

  • 欧州地域が世界市場シェアを独占しました。調査対象の市場の需要は、自動車、エレクトロニクス、家庭用電化製品などの業界からの需要の増加によって牽引されています。
  • ドイツには、欧州で最も重要な電子産業と自動車産業が含まれています。ドイツの電気・電子市場は欧州最大、世界では第5位です。
  • ZVEIによると、2021年のドイツのエレクトロおよびデジタル産業の売上高は2,004億ユーロ(2,181億9,000万米ドル)を占め、2020年の1,819億ユーロ(1,980億5,000万米ドル)と比較して10.2%の成長率を記録しました。 2021年のエレクトロ・デジタル産業の売上高は1,629億ユーロ(1,773億6,000万米ドル)で、2020年の1,496億ユーロ(1,628億8,000万米ドル)と比較して8.8%の成長率を記録しました。国内のエレクトロニクスおよび半導体用途向けの1,4ブタンジオール業界のこのような動向により、バイオベースの需要が高まっています。
  • また、ドイツは欧州の自動車市場をリードしており、41の組立工場とエンジン生産工場が欧州の自動車総生産の3分の1を占めています。 2021年全体では、同国は309万6,165台の自動車を生産し、2020年の同時期の374万2,454台と比較して12%減少しました。自動車産業の衰退は、調査対象の市場に影響を与える可能性があります。ただし、自動車業界は予測期間の後半に回復し、成長すると推定されています。
  • 英国はハイエンド家電製品の欧州最大の市場であり、英国に本拠を置くエレクトロニクス企業は約18,000社あります。技術的に進歩した電子機器の需要により、国内の家庭用電化製品市場は大幅な成長を記録しました。この需要の増加により、国内のエレクトロニクス生産が促進され、エレクトロニクス用途でのバイオベース 1,4-ブタンジオールの必要性につながると予想されます。
  • フランスの自動車産業は、過去数年間、欧州の他の主要経済国と比べてはるかに好調でした。 2021年全体では、同国は約91万7,907台の自動車を生産し、2020年と比較して3%増加しました。
  • さらに、人口所得の増加に伴い、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの家庭用電化製品の需要が著しく増加し、家庭用電化製品市場の成長をさらに推進しました。
  • したがって、このような好ましい市場動向はすべて、予測期間中にこの地域の原料用途におけるバイオベース 1,4-ブタンジオールの需要を促進すると予想されます。

バイオベース 1,4-ブタンジオール産業の概要

世界のバイオベース 1,4ブタンジオール市場は寡占状態にあり、Novamont SpAが圧倒的な生産能力シェアを保持しています。市場の注目すべきプレーヤーには、Novamont SpA、Shandong Landian Biological Technology、DSM、BASF SE、Global Bio-chem Technology Group Company Limited(順不同)などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • ポリブチレンテレフタレート(PBT)の需要の増加
    • 政府の厳しい規制
  • 抑制要因
    • 化石燃料ベースの製品との巨大な競合
    • その他の拘束具
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度
  • 特許分析

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量))

  • 用途
    • テトラヒドロフラン(THF)
    • ポリブチレンテレフタレート(PBT)
    • ガンマ-ブチロラクトン(GBL)
    • ポリウレタン(PU)
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業
    • 自動車
    • 電気および電子
    • 繊維
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • DSM
    • Genomatica Inc.
    • Global Bio-chem Technology Group Company Limited
    • Novamont SpA
    • Qira
    • Shandong LanDian Biological Technology Co. Ltd
    • Yuanli Science and Technology

第7章 市場機会と将来の動向

  • 環境配慮型製品への注力の転換
  • その他の機会
目次
Product Code: 66495

The Bio-based 1,4-Butanediol Market size is estimated at 38.82 kilotons in 2024, and is expected to reach 60.83 kilotons by 2029, growing at a CAGR of 9.40% during the forecast period (2024-2029).

Bio-based 1,4-Butanediol - Market

The COVID-19 pandemic affected the bio-based 1,4-butanediol market because of quarantined workforces, general businesses shut down, and disrupted supply chains. During the pandemic, many factories responsible for bio-based 1,4-butanediol production were shut down. The closure of these manufacturing plants dampened bio-based 1,4-butanediol sales. Sections like automobile, electrical and electronics, and textile were temporarily held. However, in the present scenario, the market growth recovered.

Key Highlights

  • The major factors driving the market's growth are the increasing polybutylene terephthalate (PBT) demand from various industries and stringent government regulations.
  • On the flip side, massive competition from fossil fuel-based products remains a concern for the market studied.
  • The shift in focus toward eco-friendly products will likely provide opportunities for the market studied during the forecast period.
  • Europe dominated the market across the world. The demand in the region is driven by the growing usage of bio-based 1,4-butanediol in industries such as automotive, electronics, and consumer appliances.

Bio-based 1,4-Butanediol Market Trends

Increasing Demand in the Textile Market

  • 1,4 BDO is used as an adhesive in leather, plastics, polyester laminates, and polyurethane footwear. 1,4-butanediol is an immediate chemical used in thermoplastic polyurethane (TPU) production, further used in making synthetic leather sole material.
  • However, 1-4 BDO produces tetrahydrofuran (THF), used to make spandex fiber captured in the garment industry. Spandex is a lightweight, soft, smooth synthetic fiber with a unique elasticity. Due to its elastic property, it is used in making stretchable clothing.
  • Spandex fibers, consisting of 80% polytetramethyleneether glycol (PTMEG or PolyTHF), can be stretched to between 500% and 700% of their original length and durably retain their shape.
  • The growth rates for spandex fiber are estimated to be around 10%, much higher than those for textiles. The trend toward comfortable clothing with high wearing comfort is driving demand in this area.
  • In September 2022, Lycra Company announced the world's first large-scale commercial manufacturing of bio-derived spandex using QIRA bio-based 1,4-BDO as one of its key ingredients. The company collaborated with Qore to manufacture next-generation bio-derived LYCRA. This manufacturing involves 70% of the LYCRA fiber content sourced from renewable feedstock, helping to reduce the carbon footprint of LYCRA fiber by nearly 44%. The first renewable LYCRA fiber made using QIRA bio-based 1,4-BDO will be produced at the LYCRA Company's production facility in Tuas, Singapore, by 2024. The LYCRA Company is seeking commitments with various brands and retail customers ready to pursue bio-derived solutions for their apparel.
  • Moreover, according to the Ministry of Finance Japan, the inward foreign direct investment (FDI) in the Japanese textile manufacturing industry accounted for USD 56 million in 2021, compared to USD 39 million in 2020.
  • Such factors depict that the market will observe stagnant growth from the textile industry during the forecast period.

Europe is Expected to Dominate the Market

  • The European region dominated the global market share. The demand in the market studied is driven by the growing demand from industries such as automotive, electronics, and consumer appliances.
  • Germany includes the most significant electronic and automobile industry in Europe. The German electrical and electronics market is Europe's largest and the 5th largest worldwide.
  • According to the ZVEI, Germany's electro and digital industry turnover accounted for EUR 200.4 billion (USD 218.19 billion) in 2021, witnessing a growth rate of 10.2% compared to EUR 181.9 billion (USD 198.05 billion) in 2020. Furthermore, the production from the electro and digital industry accounted for EUR 162.9 billion (USD 177.36 billion) in 2021, registering a growth rate of 8.8% compared to EUR 149.6 billion (USD 162.88 billion) in 2020. Such trends in the industry have enhanced the demand for bio-based 1,4 butanediol for electronics and semiconductor applications in the country.
  • Also, Germany leads the European automotive market, with 41 assembly and engine production plants contributing to one-third of Europe's total automobile production. In the overall 2021, the country produced 3,096,165 vehicles which declined by 12% compared to 3,742,454 cars in the same period in 2020. The declining automotive industry is likely to affect the market studied. However, the automotive industry is estimated to recover and grow later in the forecast period.
  • The United Kingdom is the largest European market for high-end consumer electronics products, with about 18,000 UK-based electronics companies. The demand for technologically-advanced electronic devices registered significant growth in the consumer electronics market in the country. This increase in demand is expected to drive electronics production in the country, leading to the need for bio-based 1,4-Butanediol for electronic applications.
  • The France automobile industry fared much better when compared to other major economies in Europe in the past few years. In overall 2021, the country produced about 917,907 units of vehicles, which increased by 3% in comparison to 2020.
  • Besides, with the increasing population income, consumer appliance demand, such as air-conditioners, fridges, washing machines, microwaves, etc., noticeably increased, further driving the consumer appliances market growth.
  • Hence, all such favourable market trends are expected to drive the demand for bio-based 1,4-butanediol for raw material applications in the region during the forecast period.

Bio-based 1,4-Butanediol Industry Overview

The global bio-based 1,4 butanediol market is an oligopoly, where Novamont SpA holds the dominant production capacity share. Some of the noticeable players in the market include Novamont SpA, Shandong Landian Biological Technology, DSM, BASF SE, and Global Bio-chem Technology Group Company Limited (not in a particular order), among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Polybutylene Terephthalate (PBT)
    • 4.1.2 Stringent Government Regulations
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Huge Competition From Fossil Fuel-based Products
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Patent Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Tetrahydrofuran (THF)
    • 5.1.2 Polybutylene Terephthalate (PBT)
    • 5.1.3 Gamma-Butyrolactone (GBL)
    • 5.1.4 Polyurethane (PU)
    • 5.1.5 Other Applications
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Automotive
    • 5.2.2 Electrical and Electronics
    • 5.2.3 Textile
    • 5.2.4 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 South America
      • 5.3.4.2 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BASF SE
    • 6.4.2 DSM
    • 6.4.3 Genomatica Inc.
    • 6.4.4 Global Bio-chem Technology Group Company Limited
    • 6.4.5 Novamont S.p.A
    • 6.4.6 Qira
    • 6.4.7 Shandong LanDian Biological Technology Co. Ltd
    • 6.4.8 Yuanli Science and Technology

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Shift in Focus toward Eco-friendly Products
  • 7.2 Other Opportunities