デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190983

燃料電池自動車市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Fuel Cell Vehicle Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 70 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
燃料電池自動車市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 70 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

燃料電池自動車市場は、2021年に4億米ドルとなり、2027年には85億米ドルに達する見通しで、予測期間(2022年~2027年)に約30%のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19が燃料電池車市場に与えた影響は、同市場の他のほぼすべての産業と同様、避けられないものでした。しかし、世界中でマイルドハイブリッド型電気自動車の普及率が急速に高まっていることから、電気自動車(EV)産業は大きな成長を遂げています。また、パンデミックの影響で、燃料電池車の販売台数は世界的に大きく減少しました。また、パンデミックの影響で、燃料電池自動車の販売は世界的に大きく減少しましたが、生活が正常に戻ったことで、今後、市場は勢いを増すと予想されます。

燃料価格の上昇や、燃料電池電気自動車に関する認知度を高めるための世界各地の政府活動などの要因が、予測期間中に電気自動車の使用を促進すると予測されます。水素ステーションのインフラ整備が進み、トラクションモーターや燃料電池などの部品のサプライチェーンが確立されている中国などが、乗用車や都市バスなどの分野をリードし続けています。

燃料電池電気自動車市場の拡大の背景には、低燃費・高性能・低排出ガス車に対する需要の高まり、自動車排出ガスに関する規制の強化、電池コストの低下、燃料コストの上昇などが挙げられます。

世界各国の政府は、電動モビリティへの関心を高めています。化石燃料を使用する自動車を段階的に廃止するための政府の規則、公共のEV充電インフラを改善するための政府支出、EVの採用を刺激するための補助金や税還付などの措置はすべて、市場の拡大を助けると予想されます。世界中のいくつかの政府は、公共のファイリングステーションを通じて直接、また補助金を通じて、水素充填ステーションを含む電気自動車インフラに投資しています。

燃料電池自動車の市場動向

厳しいテールパイプ排気ガス規制の支持

燃料電池を搭載した電気自動車は、自動車産業において不可欠な存在となりつつあり、エネルギー効率と汚染物質やその他の温室効果ガスの排出削減を実現する道筋を示すものとなっています。環境への関心が高まる中、政府や環境機関は厳しい排出規制や法律を制定しており、その結果、燃費の良いICエンジンの製造コストが上昇し、今後数年間で電動パワートレインに対する需要が高まると予想されます。

政府の取り組みは、多くの国で燃料電池電気自動車の普及に重要な役割を果たすと予想されます。いくつかの国では、2030年から2040年にかけてガソリン車やディーゼル車を禁止する計画を実施し、排出量を減らして燃料電池車の販売を促進しています。さらに、EVの販売を促進するために、いくつかの税制緩和やインセンティブも実施されています。これらの取り組みにより、電気自動車の需要が高まり、燃料電池車市場の成長を後押しすると期待されています。

例えば、欧州と米国では、CO2排出量に関する規制が厳しくなってきています。欧州では2020年までに95g/km、2030年までにさらに37.5%削減し、59g/kmとする排出量規制を設定しています。北米は、2025年の乗用車の企業別平均燃費(CAFE)基準に続き、99g/km以上の排出ガス規制を設定しています。汚染基準を達成し、罰則を回避するために、今後数年間はより多くの電動化車両をOEMが販売する必要があり、これが市場成長をプラスに導くと予想されます。

化石燃料を使用するあらゆる種類の自動車から排出される排気ガスの量が増加し、大気が汚染されています。大気の質の悪さは、さまざまな重大な呼吸器疾患の増加に関係しています。NOx、VOC、PM2.5、PM10などの汚染物質を含む自動車汚染は、欧州の大気汚染全体の約30%を占めています。

ICで走る車の販売を禁止または削減する政府の取り組みや規制の増加は、予測期間中の燃料電池車市場の成長を助けると期待されています。

アジア太平洋地域が大きく成長すると予想される

燃料電池自動車(FCEV)は、車内に貯蔵された水素を電気に変換するために燃料電池を使用するゼロ・エミッション車です。FCEVが市場に出てから10年以上経過しているにもかかわらず、登録台数はEVに比べて桁違いの少なさです。

これは、水素充填ステーション(HRS)の不足と、EVと異なりFCEVは家庭で燃料補給ができないことが一因です。さらに、FCEVの市販モデルが少なく、ガソリン代や購入価格が高いため、EVよりも総所有コストが高くなります。

しかし、各地域の政府は、自動車だけでなく、公共バスや市営車を含むFCEVの普及を促進するために、HRSの全体または一部の建設を支援しています。

韓国、中国、日本などの国々は、今後数年間の燃料電池電気自動車の需要増を促進するために、水素充填ステーションのインフラに多額の投資を行っています。

韓国は、アジア太平洋地域における燃料電池電気自動車の開発でリードしており、2020年と比較するとほぼ2倍の19,000台以上の在庫を保有しています。また、米国は12,400台の燃料電池電気自動車を保有し、2番目に多い国となっています。これは2020年比で25%増となります。

また、中国は燃料電池バス・トラック合わせて8,400台と世界一の保有台数を誇っています。中国は世界の燃料電池バスの約90%、燃料電池トラックの95%以上を生産しています。

アジア太平洋地域の主要国での成長が見込まれていることから、予測期間において、この地域の燃料電池車市場は成長すると予想されています。

燃料電池車市場の競合分析

フレックス燃料車業界は、多数のプレーヤーが集中的に市場を構成しています。燃料電池を搭載したさまざまな車両があるため、上位5社で市場全体の60%以上のシェアを占めています。

主なプレーヤーは、現代自動車、フォルクスワーゲンAG、本田技研工業、トヨタ自動車、メルセデス・ベンツ・グループなどです。

他の多くのプレーヤーは、燃料電池電気自動車技術を開発するためにプレーヤーと提携しています。例えば、以下のようなものです。

  • 2021年7月、ポルトガルのバス製造会社であるカエターノ・バスとトヨタは、バッテリー電気都市バス「e-City Gold」と燃料電池電気バス「H2.City Gold」を共同ブランド化すると発表しました。TMEは2019年から、カエターノバスが製造する水素シティバスに、燃料電池スタックや水素タンクなどの主要部品を含むトヨタの燃料電池技術を統合しています。
  • 2021年4月、SAFRA Materiel Transport PublicとSymbio(ミシュランとFaureciaの子会社)は、1500台の水素バスを製造する契約を締結しました。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • ロシア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • UAE
      • サウジアラビア
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Volkswagen AG
    • BMW Group
    • Mercedes-Benz Group
    • Honda Motor Company Limited
    • General Motor Company
    • MAN SE
    • Volvo Group
    • Toyota Motor Company
    • Hyundai Motor Company

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90844

The Fuel Cell Vehicle Market was valued at USD 400 million in 2021, and it is expected to reach USD 8,500 million by 2027, registering a CAGR of around 30% during the forecast period (2022-2027).

COVID-19's influence on the fuel cell vehicle market was unavoidable, as it has on nearly every other industry in the market. However, due to the rapidly increasing adoption rate of mild-hybrid electric cars throughout the world, the electric vehicle (EV) industry is seeing significant growth. Additionally, due to the pandemic, sales of fuel cell vehicles decreased dramatically globally. However, with life returning to normalcy, the market is expected to gain momentum in the following years.

Factors such as rising fuel prices and government activities throughout the globe to raise awareness about fuel cell electric cars are projected to drive the use of electric vehicles over the forecast period. Infrastructure for hydrogen stations continues to improve, and nations like China, which have a well-established supply chain for components such as traction motors, fuel cells, and others continue to lead the passenger car and urban bus sectors.

The expansion of the fuel cell electric vehicle market is fueled by increased demand for fuel-efficient, high-performance, and low-emission cars, as well as stricter rules and regulations on vehicle emissions, decreased battery costs, and rising fuel costs.

Governments all across the world are getting increasingly interested in electric mobility. Government rules to phase out fossil fuel-powered vehicles, government expenditures to improve public EV charging infrastructure, and measures like subsidies and tax refunds to stimulate the adoption of EVs are all expected to aid market expansion. Several governments across the globe are investing in electric vehicle infrastructure, including hydrogen filling stations directly through public filing stations and also through subsidies.

Fuel Cell Vehicle Market Trends

Endorsement of Stringent Tail Pipe Emission Norms

Electric vehicles running on Fuel Cells are becoming an integral part of the automotive industry, and it represents a pathway toward achieving energy efficiency, along with reduced emission of pollutants and other greenhouse gases. With the growing environmental concerns, governments and environmental agencies are enacting stringent emission norms and laws, which are expected to increase the manufacturing cost of fuel-efficient IC engines, thereby propelling the demand for electric powertrains in the coming years.

Government initiatives are expected to play a crucial role in promoting fuel cell electric vehicles in many countries. Several countries are implementing plans to ban petrol and diesel cars in the 2030 - 2040 timeframe, to reduce emissions and encourage the sales of fuel cell vehicles. Moreover, several tax relaxations and incentives for EVs are also being put in place to encourage the sales of EVs. These initiatives are expected to drive the demand for electric vehicles, which in turn will support the growth of the Fuel Cell Vehicle market.

For Instance, regulation on CO2 emissions in Europe and United States is becoming more stringent. Europe has set its emission limits of 95 g/km by 2020 and a further 37.5 percent reduction by 2030, resulting in a limit of 59 g/km. North America has set emission limits of over 99 g/km following the Passenger Vehicle Corporate Average Fuel Economy (CAFE) standards for 2025. In order to reach the pollution standards and avoid penalties, more electrified vehicles will have to be marketed by OEMs in the coming years, which is expected to positively drive the market growth.

An increase in the volume of vehicle exhaust emissions from all sorts of cars that use fossil fuels has polluted the atmosphere. Poor air quality has been related to an increase in a variety of significant respiratory illnesses. Vehicle pollution, which includes NOx, VOCs, PM2.5, PM10, and other pollutants, accounts for around 30% of total air pollution in Europe.

The increase in the government initiatives and regulations to ban or reduce the sale of cars running on IC is expected to aid the fuel cell vehicle market to grow in the forecast period.

Asia-Pacific region is expected to grow significantly

Fuel cell electric vehicles (FCEVs) are zero-emission cars that use a fuel cell to convert hydrogen stored onboard into electricity. Despite the fact that FCEVs have been on the market for over a decade, registrations are still low orders of magnitude fewer than EVs.

This is partly due to the lack of hydrogen refueling stations (HRS) and the fact that, unlike EVs, FCEVs cannot be fueled at home. Furthermore, there are few commercial FCEV models available, and the high cost of gasoline and purchase prices result in a higher total cost of ownership than EVs.

However, the governments of various regions have supported the building of HRSs, either whole or part, to facilitate the deployment of FCEVs, including public buses and municipal vehicles, as well as cars.

Countries like South Korea, China, and Japan, are investing heavily in the hydrogen refueling station infrastructure to facilitate the increased demand for fuel cell electric vehicles in the upcoming years.

South Korea leads in the deployment of the fuel cell electric vehicle development in Asia-Pacific with over 19,000 cars in stock which is almost double when compared to 2020. Additionally, United States is the second largest stock of fuel cell electric vehicles, with an amount of 12,400 units. Amount 25% more when compared to the stock in 2020.

In Addition, China boasts the world's largest fleet of fuel cell buses and trucks, with over 8,400 vehicles in total. China produces about 90% of the world's fuel cell buses and over 95% of the world's fuel cell trucks.

Owing to the expected growth in the major countries in Asia-Pacific, the fuel cell vehicle market is expected to grow in this region in the forecast period.

Fuel Cell Vehicle Market Competitive Analysis

The flex-fuel vehicle industry constitutes a number of players making up a concentrated market. The top five competitors in the market account for more than 60% of the entire market share, owing to a wide range of vehicles that operate on the fuel cell.

The major players in the market include Hyundai Motor Company, Volkswagen AG, Honda Motor Company, Toyota Motor Corporation, and Mercedes-Benz Group.

Many other players are partnering with players to develop fuel cell electric vehicle technology. For instance,

  • In July 2021, Toyota announced that Caetano Bus, the Portuguese bus manufacturing company, and Toyota announced the co-branding of the battery-electric city bus, the e-City Gold, and the fuel cell electric bus, the H2.City Gold. Since 2019, TME has integrated Toyota's fuel cell technology, including fuel cell stacks, hydrogen tanks, and other key components, into the hydrogen city buses manufactured by Caetano Bus.
  • In April 2021, SAFRA Materiel Transport Public and Symbio (a subsidiary of Michelin and Faurecia) signed an agreement to manufacture 1500 hydrogen buses.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Vehicle type
    • 5.1.1 Passenger Vehicle
    • 5.1.2 Commercial Vehicle
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 US
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Rest of North America
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Russia
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 India
      • 5.2.3.2 China
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.4 South Korea
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 UAE
      • 5.2.5.2 Saudi Arabia
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Volkswagen AG
    • 6.2.2 BMW Group
    • 6.2.3 Mercedes-Benz Group
    • 6.2.4 Honda Motor Company Limited
    • 6.2.5 General Motor Company
    • 6.2.6 MAN SE
    • 6.2.7 Volvo Group
    • 6.2.8 Toyota Motor Company
    • 6.2.9 Hyundai Motor Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS