デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190982

燃料電池商用車市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Fuel Cell Commercial Vehicle Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
燃料電池商用車市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

燃料電池商用車市場は、2021年に20億米ドル、2027年には140億米ドルに成長し、予測期間(2022年~2027年)に40%以上のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは、世界の自動車産業に悪影響を及ぼしました。しかし、技術やその利用が初期段階にあるため、その影響は比較的少なかっています。しかし、代替燃料の商用車(バス)のほとんどは、世界中の公共交通機関で使用されており、監禁と社会的距離の規範により、金銭的な面で大きな打撃を受けました。

市場成長の主な要因としては、厳しい排ガス規制の制定、都市部での大量輸送の増加、代替燃料車の需要増、政府の継続的な支援などが挙げられます。しかし、水素製造に関連する環境問題が市場成長の妨げになる可能性があります。

市場を独占している主要企業は、トヨタ自動車、New Flyer America、Wrightbusです。燃料電池バスは、米国で商業的に使用されています。2019年2月、Ballard Power Systemsは、Ballard FCveloCity-HD 85キロワット(kW)モジュールを搭載した40フィートおよび60フィートのXcelsior燃料電池電気バス(FCEB)の発売を発表しました。連邦交通局(FTA)プログラムのもと、アルトゥーナ・バス研究・試験センターで厳しいテストをクリアしました。

主な市場動向

商用車に対する厳しい排ガス規制の制定

環境への関心が高まる中、政府や環境機関が厳しい排ガス規制や法律を制定しており、今後数年間は燃費の良いディーゼルエンジンの製造コストが上昇することが予想されます。

その結果、新型商用車用ディーゼルエンジン分野は短期的には成長率が鈍化し、燃料電池商用車の需要が高まると予想されます。ほとんどのディーゼルエンジンは、燃料エネルギーの約40%~46%を変換することができますが、残りのエネルギーは排ガスや冷却装置を通じて熱として環境に放出されます。大型エンジンの排ガス規制「Euro VI」が施行され、商用車メーカーの負担は大きくなっています。

さらに、2000年12月、米国環境保護庁は2007年モデル以降の大型高速道路用エンジンの排出ガス基準に署名しました。カリフォルニア大気資源局(CARB)は、2001年 10月に事実上同一の2007年型大型エンジン基準を採択しました。この規制は、排出ガス規制とディーゼル燃料規制の2つの要素で構成されています。

*排出ガス規制には、PM(0.01g/馬力*時)とNOx(0.20g/馬力*時)に対する新しい厳しい規制が含まれています。

北米では、大型車・中型車の温室効果ガス排出量と燃費の基準を、環境保護庁(EPA)と国家道路交通安全局(NHTSA)が共同で策定しました。

*NHTSAは2007年のエネルギー自立・安全保障法(EISA)に基づき燃費基準を策定し、EPAは大気浄化法に基づきGHG排出量プログラムを策定しています。

*GHGプログラムには、CO2排出基準、N2OとCH4の排出基準、空調システムからのハイドロフルオロカーボン漏れを抑制するための規定が含まれています。

米国では、コンビネーショントラクター/トレーラー、職業用車両、大型ピックアップトラック、バンなどの大型車両は、2027年までに2017年のベースラインから最大27%のCO2排出量削減を達成しなければなりません。

アジア太平洋地域が市場をリードすると予想される

アジア太平洋地域は、中国、インド、インドネシア、タイなどの主要国における膨大な自動車産業の規模から、市場をリードすると予想されます。また、この地域には、燃料電池自動車技術の主要メーカーが集まっています。トヨタは、予測期間中に水素燃料電池車を開発するため、大規模な研究開発を行っています。

さらに、燃料電池自動車への投資という形でいくつかの新しい展開があり、この地域における燃料電池商用車の需要をさらに高めると予想されます。いくつかの主要都市や国は、商用車の排出量を削減する目標を発表しており、水素技術やこの分野への投資も計画されています。

日本政府は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するために、水素自動車に賭けています。日本政府は、第3次水素・燃料電池戦略ロードマップにおいて、2025年までにFCVを20万台(2019年は約3600台)、水素充填所を320箇所設置するという野心的な目標を掲げています。

日本のトヨタ自動車と本田技研工業は、商用旅客用水素モデルのパイオニアでした。しかし、韓国のライバルである現代自動車も、2040年までに620万台のFCVを生産し、少なくとも1,200の充填ステーションを建設するという政府の計画に後押しされて、この争いに参入してきたのです。

競合情勢

燃料電池商用車市場は、世界的に見ると電気自動車やICエンジンの市場に比べてかなり新しい市場です。Scania、トヨタなどの大手自動車メーカーや、Nikola Motorsのようなこの市場分野では比較的新しい企業など、さまざまな能力と規模のメーカーが市場を占めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 車種別
    • トラック
    • バス
  • 出力範囲別
    • 100kW未満
    • 100kW~200kW
    • 200kW以上
  • 地域別構成比
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Paccar
    • New Flyer America
    • Nikola Motor Co.
    • Hyundai Motor
    • Scania
    • Foton Motor Group(Foton)
    • Zhejiang Geely Holding Group
    • Toyota Motor Company
    • Honda Motor Company Ltd.
    • Mercedes Benz Group

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 57238

The fuel cell commercial vehicle market was valued at USD 2 billion in 2021 and is expected to grow to USD 14 billion by 2027, registering a CAGR of over 40% during the forecast period (2022 - 2027).

The COVID-19 pandemic adversely affected the global automotive industry. However, the impact was relatively low due to the beginning stages of the technology and its usage. However, most alternative fuel commercial vehicles (buses) were used in public transport worldwide, which took a huge blow in monetary terms due to the lockdown and social distancing norms.

Some of the major factors driving the market's growth are the enactment of stringent emission norms, growing mass urban transportation, rising demand for alternate fuel vehicles, and continuous government support. However, environmental concerns related to hydrogen production may hinder the market's growth.

Some key players dominating the market studied are Toyota Motor Corp., New Flyer America, and Wrightbus. Fuel cell buses are commercially being used in United States. In February 2019, Ballard Power Systems announced the launch of 40-foot and 60-foot Xcelsior fuel cell-electric buses (FCEBs), powered by Ballard FCveloCity-HD 85 kilowatt (kW) modules. They completed rigorous testing at the Altoona Bus Research and Testing Center under the Federal Transit Administration (FTA) program.

Key Market Trends

Enactment of Stringent Emission Norms for Commercial Vehicles

With the growing environmental concerns, governments and environmental agencies are enacting stringent emission norms and laws, which are expected to increase the manufacturing cost of fuel-efficient diesel engines in the coming years.

As a result, the new commercial vehicle diesel engines segment is expected to register a sluggish growth rate in the short term, thereby increasing the demand for fuel cell commercial vehicles. Most diesel engines can convert about 40%-46% of the fuel energy, while the remaining energy is lost in the environment as heat through exhaust emissions and cooling systems. The burden on commercial vehicle manufacturers has increased with the enactment of the Euro VI emission for heavy-duty engines.

Additionally, in December 2000, the US EPA signed emission standards for the model year 2007 and later heavy-duty highway engines. The California Air Resource Board (CARB) adopted virtually identical 2007 heavy-duty engine standards in October 2001. The rule included two components: emission standards and diesel fuel regulations.

* The emission standards included new and stringent limits for PM (0.01 g/bhp*hr) and NOx (0.20 g/bhp*hr).

In North America, the US GHG emissions and fuel efficiency standards for heavy- and medium-duty vehicles were jointly developed by the Environmental Protection Agency (EPA) and the National Highway Traffic Safety Administration (NHTSA).

* The NHTSA developed fuel consumption standards under the authority of the 2007 Energy Independence and Security Act (EISA), while the EPA developed a GHG emissions program under the Clean Air Act.

* The GHG program includes CO2 emission standards, emission standards for N2O and CH4, and provisions to control hydrofluorocarbon leaks from air conditioning systems.

In United States, heavy-duty vehicles, such as combination tractors/trailers, vocational vehicles, heavy-duty pickup trucks, and vans, must achieve up to 27% CO2 emission reductions over the 2017 baselines by 2027.

Asia Pacific is Expected to Lead the Market

Asia-Pacific is expected to lead the market owing to the immense automotive industry size in major countries like China, India, Indonesia, and Thailand. The region is also home to major manufacturers of fuel cell vehicle technology. Toyota is conducting extensive R&D to develop hydrogen fuel cell-powered vehicles during the forecast period.

Additionally, several new developments in the way of investments into fuel cell-powered vehicles are further expected to increase the demand for fuel cell commercial vehicles in the region. Several major cities and countries have released their goals to reduce commercial vehicle emissions, with plans for hydrogen technology and investments in this sector.

The Japanese government is banking on hydrogen vehicles to achieve carbon neutrality by 2050. It has set an ambitious target of having 200,000 FCVs on the road by 2025, compared to about 3,600 in 2019, along with 320 hydrogen filling stations under its third Strategic Roadmap for Hydrogen and Fuel Cells.

Japan-based Toyota and Honda Motor Co. Ltd have been the pioneers in commercial passenger hydrogen models. However, South Korean rival Hyundai Motor Co. also entered the fray, encouraged by its government's plans to produce 6.2 million FCVs and build at least 1,200 refilling stations by 2040.

Competitive Landscape

The fuel cell commercial vehicle market is fairly new compared to the electric and IC engine counterpart markets in the industry on a global scale. The market is occupied by manufacturers of different capabilities and sizes, including major automakers like Scania, Toyota, etc., and relatively new to this market segment, including companies like Nikola Motors. Due to the early stages of development and production of this technology in vehicles, the market is concentrated and occupied by legacy manufacturers and new entrants, offering excellent products in the category.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Vehicle Type
    • 5.1.1 Trucks
    • 5.1.2 Buses
  • 5.2 By Power Range
    • 5.2.1 Below 100 kW
    • 5.2.2 100 kW - 200 kW
    • 5.2.3 Above 200 kW
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Spain
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 South America
      • 5.3.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Paccar
    • 6.2.2 New Flyer America
    • 6.2.3 Nikola Motor Co.
    • 6.2.4 Hyundai Motor
    • 6.2.5 Scania
    • 6.2.6 Foton Motor Group (Foton)
    • 6.2.7 Zhejiang Geely Holding Group
    • 6.2.8 Toyota Motor Company
    • 6.2.9 Honda Motor Company Ltd.
    • 6.2.10 Mercedes Benz Group

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS