市場調査レポート
商品コード
1190959

不正検知・防止市場の成長、動向、予測(2023年~2028年)

Fraud Detection and Prevention Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 182 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.16円
不正検知・防止市場の成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 182 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の不正検知・防止市場は、2022年から2027年の間に18.19%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の大流行により、人々の間でウイルスに対する好奇心が高まり、大量の検索が行われるようになりました。ハッカーは、コロナウイルスに関連するファイルに隠された悪意のあるプログラムを開発することで、この関心を悪用しようとしているのです。

主なハイライト

  • さまざまな業界の企業が、パンデミックによって業務および財務上のプレッシャーを受け、収益や利益の減少、市場需要の喪失など、経済的なリスクが高まっています。こうした経済的リスクは、決算操作、事実誤認、資産の流用など、不正行為への動機付けを高める可能性があります。
  • 物理的なカード、小切手、通貨からデジタル決済への根本的な移行は、消費者と企業が価値を移転する方法を変え続けています。特にデジタル化された経済においては、アイデンティティ、セキュリティ、信頼が、決済、商取引、金融の基本要件となります。
  • Wipro State of Cybersecurity Report 2019によると、消費者部門と小売部門は他の部門よりも頻繁に狙われています。さらに同レポートでは、少なくとも73%の組織が、重要な時間にサービスを利用できないことにより、攻撃された場合に収益を失うことが予想されるとしています。
  • 同時に、POSレジ端末、セルフレジ、情報・Webキオスク端末、PC、バックオフィスサーバーなどの小売ITインフラが大幅に増加しています。このように、卸売業者や流通業者からメーカーやサプライヤーに至るまで、ITへの依存度が高まっているため、消費者データに対するセキュリティの強化が求められているのです。
  • サイバー攻撃や情報漏えいに対する意識が高まっているにもかかわらず、従業員はソーシャルアタックの餌食になっています。VerizonのData Breach Index Report 2019によると、ソーシャルインシデントの98%は金融関連のプレクティングとフィッシングが占めています。調査した全破損の93%のうち、電子メールが主な侵入口であることは変わりません(その割合は96%)。

不正検知・防止市場の動向

BFSI部門が大きな市場シェアを占める見込み

  • この業界における不正行為は、数十年の間に進化してきました。以前は小切手詐欺や電信送金詐欺に限られていましたが、サイバースペアの成長とそれに伴うサイバー犯罪者の領域の拡大により、より仮想化された形態をとるようになりました。
  • 技術の普及が進み、インターネットバンキングやモバイルバンキングなどのデジタルチャネルが銀行サービスの有力な顧客選択肢となりつつあるため、銀行にとって不正防止ソリューションの活用は極めて重要となっています。
  • 不正行為の防止と検出は、金融機関にとって最大の関心事であり、IT支出の顕著な促進要因の1つになると思われます。オンライン取引の不正、保険金請求の不正、カード関連の不正などが、保険、銀行、金融サービス分野において、これらのソリューションの利用を増加させています。
  • 不正行為の潜在的なリスクは、オンライン決済において最も高く、オンライン決済を提供する企業が増えていることから、デジタルな顧客関係の利用可能性と連動して成長すると予想されます。
  • 全業界の中で、BFSIは不正行為の種類において、内部関係者/従業員が最も陥りやすいとされています。従業員が不正行為で告発された例は複数あります(例えば、インドのPNB不正行為など)。このような不正行為を防止するために、業界では強固な不正検知・防止ソリューションが必要とされています。

予測期間中、アジア太平洋地域が最も速い成長を遂げると予想される

  • アジア太平洋地域の新興国はデジタル化を進めているため、顧客データやデータチャネルの侵害リスクが高まっています。そのため、不正検知・防止ソリューションの利用が著しい勢いで伸びています。
  • 銀行のデビットカードやクレジットカードが最も実質的な不正行為の多くを占めていますが、これは主にeコマース取引の急激な増加によるものです。しかし、企業は、将来的に同様の脅威に直面する可能性があることを認識しています。しかし、企業は、今後も同様の脅威に直面する可能性があることを認識しており、システムを最新の技術にアップグレードしています。
  • 信用情報会社のエクスペリアンによると、インドはアジア太平洋地域で2番目にデジタル取引における詐欺のリスクが高い国です。また、同国の消費者の約48%が直接的または間接的に小売店での不正行為を経験していると述べています。そのため、Amazon、Flipkart、Limeroadなどの小売企業は、最新の不正検知・防止システムを導入することが期待されています。
  • シンガポールは、データ漏洩に対して厳しい規制を課しました。同国は、同国のデータ保護規定に基づき、データ侵害が発生した場合、約100万米ドル相当のアジア太平洋地域で最も高い罰則を課しています。この規制により、ベトナムで活動する企業は、適切な不正行為の検知と防止を行うことができ、同地域での市場の成長につながると思われます。
  • ベトナムでは、デジタル化やIoT(Internet of Things)の浸透により、小売業や通信業で多くの詐欺が目撃されています。このような増加により、企業は不正検知・防止システムを取り入れることが推進されると予想されます。したがって、このような要因が予測期間中にアジア太平洋市場を押し上げると予想されます。

不正検知・防止市場の競合分析

不正検知・防止市場は適度に断片化されており、少数の企業が小さなシェアを獲得しています。各社は市場シェアを維持するために技術革新を進め、戦略的パートナーシップを結んでいます。

  • 2021年1月-SAPは、顧客のクラウド移行とデジタル変革の取り組みを支援するために、「Rise with SAP」という単一のサブスクリプション製品として提供される、サービスとソフトウェアの新しいコレクションを発表しました。Rise with SAPの発表の一環として、ドイツに拠点を置くビジネスプロセスインテリジェンスおよびプロセス管理ツールの開発企業であるSignavio社の買収も発表しました。Rise with SAPのサービスは、S/4HANA CloudとSAP Business Technology Platformを中核としたSAPのソフトウェアとサービスを中心に構築されています。ソフトウェアは、SAPのプライベートクラウドサービスや、AzureやAmazon Web Servicesといった超大規模パブリッククラウドプラットフォームを通じて提供されます。
  • 2021年2月- エクスペリアンは、デジタルサービスの需要が高い企業や、オンラインアカウント数の急増に対処している企業を対象に、不正防止プラットフォームの新バージョンを発表しました。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19の業界への影響評価
  • 市場促進要因
    • 非現金支払/取引量の増加
  • 市場抑制要因
    • あらゆる業界別との統合能力の欠如

第5章 市場のセグメンテーション

  • ソリューション
    • 不正分析
    • 認証
    • レポーティング
    • 可視化
    • ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)ソリューション
  • エンドユーザー規模
    • 小規模
    • 中規模
    • 大規模
  • 不正の種類
    • 内部
    • 外部
  • エンドユーザー業種
    • BFSI
    • 小売
    • IT・通信
    • ヘルスケア
    • エネルギー・電力
    • 製造業
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • SAP SE
    • IBM Corporation
    • SAS Institute Inc.
    • ACI Worldwide Inc.
    • Fiserv Inc.
    • Experian PLC
    • DXC Technology Company
    • BAE Systems PLC
    • RSA Security LLC(Dell Technologies Inc.)
    • Oracle Corporation
    • NICE Ltd
    • Equifax Inc.
    • Lexisnexis Group
    • Fair Isaac Corporation
    • Cybersource Corporation
    • Global Payments Inc.
    • Feedzai Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来性

目次
Product Code: 56904

The global fraud detection and prevention market is expected to register a CAGR of 18.19% during 2022-2027. The COVID-19 pandemic led to an increasing curiosity among people about viruses, resulting in high-volume searches. Hackers are trying to misuse this interest by developing malicious programs hidden in files related to coronavirus.

Key Highlights

  • Companies across various industries are experiencing increased operational and financial pressure due to the pandemic, creating a heightened level of economic risks, such as a reduction in revenue and profits and loss of market demand. These financial risks may lead to increased motivation toward committing fraud through manipulation of financial results, misrepresentation of facts, and misappropriation of assets, among other fraud schemes.
  • The fundamental shift from physical cards, checks, and currency toward digital payments continues to transform the way consumers and businesses transfer value. Identity, security, and trust are fundamental requirements for payments, commerce, and finance, especially in a digitized economy.
  • According to the Wipro State of Cybersecurity Report 2019, the consumer and retail sectors are being targeted more frequently than other sectors. The report further adds that at least 73% of the organizations are anticipated to lose revenue in case of an attack due to the non-availability of services at critical times.
  • Concurrently, a significant rise in the retail IT infrastructure includes POS checkout terminals, self-checkout units, information/web kiosks, PCs, and back-office servers. Thus, the increasing dependency on IT, ranging from wholesalers and distributors to manufacturers and suppliers, demands greater security for consumer data.
  • Even with the increased awareness about cyberattacks and breaches, employees fall prey to social attacks. As per Verizon's Data Breach Index Report 2019, financial pretexting and phishing represented 98% of the social incidents. Among 93% of all the breaches investigated, e-mails continued to be the main entry point (96% of such cases).

Fraud Detection & Prevention Market Trends

BFSI Sector is Expected to Hold Significant Market Share

  • Fraudulent activities in the industry have evolved over the decades. While they were previously limited to cheque frauds and wire frauds, with the growth of the cybersphere and the accompanying expansion of the cybercriminal realm, they have taken on more virtualized forms.
  • The increasing technological penetration and digital channels, such as internet banking and mobile banking, are becoming prominent customer choices for banking services, making it crucial for banks to leverage fraud prevention solutions.
  • Fraud prevention and detection are the biggest areas of concern for financial institutions, and they are likely to become one of the prominent drivers for IT spending. Online transactions fraud, insurance claim frauds, and card-related frauds have been increasing the usage of these solutions in the insurance, banking, and financial services sectors.
  • The potential risk of fraud has been the highest in online payments, which is anticipated to grow in tandem with the availability of digital customer relationships, as more companies are now offering online payments.
  • Out of all the industries, BFSI has been most prone to insiders/employees in terms of the types of fraudulent activities. There have been multiple instances where employees have been accused of fraud (for instance, PNB fraud in India). The industry needs robust fraud detection and prevention solutions to prevent these fraudulent activities.

Asia-Pacific is Expected to Witness the Fastest Growth During the Forecast Period

  • As emerging economies in Asia-Pacific are adopting digitalization, the risk of breach of customer data and data channels is increasing. Thus, the utilization of fraud detection and prevention solutions is growing at a significant rate.
  • Bank debit and credit cards accounted for the most substantial fraudulent activities, mainly due to the rapid increase in e-commerce transactions. However, organizations are aware that they may face a similar threat in the future. Thus, they are upgrading their systems to the latest available technology.
  • According to Experian, a credit information company, India has the second-highest risk of fraud in a digital transaction in the Asia-Pacific region. The company also stated that approximately 48% of consumers in the country experienced retail fraud directly or indirectly. As a result, retail companies, such as Amazon, Flipkart, and Limeroad, are expected to adopt the latest fraud detection and prevention systems.
  • Singapore imposed a strict regulation against data breaches. The country has levied one of the highest penalties in the Asia-Pacific region, worth about USD 1 million, in case of a data breach per the country's data protection provision. This regulation may ensure that companies operating in the country have adequate fraud detection and prevention provision, leading to the market's growth in the region.
  • In Vietnam, many frauds are witnessed in the retail and telecommunication industries due to the increasing penetration of digitization and the Internet of Things (IoT). This increase is expected to propel companies to incorporate fraud detection and prevention systems. Thus, such factors are expected to boost the Asia-Pacific market during the forecast period.

Fraud Detection & Prevention Market Competitive Analysis

The fraud detection and prevention market is moderately fragmented, with few firms enjoying a small share in the market. The companies are innovating and entering strategic partnerships to retain their market shares.

  • January 2021 - SAP launched a new collection of services and software, offered as a single subscription product called "Rise with SAP," designed to assist customers with cloud migration and digital transformation initiatives. As part of the Rise with SAP announcement, the company also announced the acquisition of Signavio, a Germany-based developer of business process intelligence and process management tools. The Rise with SAP offering is built around SAP software and services, with S/4HANA Cloud and the SAP Business Technology Platform at the core. The software is available through SAP's private cloud service and hyper-scale public cloud platforms, such as Azure and Amazon Web Services.
  • February 2021 - Experian launched a new version of its fraud prevention platform, targeted at businesses that experienced high demand for digital services or were dealing with a bump in the number of online accounts.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry
  • 4.5 Market Drivers
    • 4.5.1 Increasing Volume of Non-cash Payment/Transaction Volumes
  • 4.6 Market Restraints
    • 4.6.1 Lack of Integration Capability with All Verticals

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Solution
    • 5.1.1 Fraud Analytics
    • 5.1.2 Authentication
    • 5.1.3 Reporting
    • 5.1.4 Visualization
    • 5.1.5 Governance, Risk, and Compliance (GRC) Solutions
  • 5.2 Scale of End User
    • 5.2.1 Small-scale
    • 5.2.2 Medium-scale
    • 5.2.3 Large-scale
  • 5.3 Type of Fraud
    • 5.3.1 Internal
    • 5.3.2 External
  • 5.4 End-user Industry
    • 5.4.1 BFSI
    • 5.4.2 Retail
    • 5.4.3 IT and Telecom
    • 5.4.4 Healthcare
    • 5.4.5 Energy and Power
    • 5.4.6 Manufacturing
    • 5.4.7 Other End-user Industries
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
    • 5.5.2 Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
    • 5.5.4 Latin America
    • 5.5.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 SAP SE
    • 6.1.2 IBM Corporation
    • 6.1.3 SAS Institute Inc.
    • 6.1.4 ACI Worldwide Inc.
    • 6.1.5 Fiserv Inc.
    • 6.1.6 Experian PLC
    • 6.1.7 DXC Technology Company
    • 6.1.8 BAE Systems PLC
    • 6.1.9 RSA Security LLC (Dell Technologies Inc.)
    • 6.1.10 Oracle Corporation
    • 6.1.11 NICE Ltd
    • 6.1.12 Equifax Inc.
    • 6.1.13 Lexisnexis Group
    • 6.1.14 Fair Isaac Corporation
    • 6.1.15 Cybersource Corporation
    • 6.1.16 Global Payments Inc.
    • 6.1.17 Feedzai Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET