デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190950

ギ酸の世界市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Formic Acid Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
ギ酸の世界市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のギ酸市場は今年末までに1,092.35キロトンに達し、予測期間中に3.5%を超えるCAGRで推移すると予想されます。

COVID-19パンデミックによる鎖国規制や労働者の減少により、さまざまな化学産業やその他の産業での生産が減少し、産業への原料供給が減少しています。しかし、予測期間中に市場は回復に向かうと予想されます。

主なハイライト

  • 中期的には、動物飼料やサイレージ添加物の需要の増加がギ酸市場の成長を牽引しています。
  • 他の費用対効果の高い代替品の出現と、高級ギ酸の高い毒性レベルが、予測期間中に対象産業の成長を抑制すると予想される主な要因です。
  • 燃料電池でのギ酸の持続可能な使用は、ギ酸市場の機会として作用すると思われます。
  • アジア太平洋地域は市場を独占し、予測期間中に最も高いCAGRで推移すると予測されています。

主な市場動向

動物用飼料およびサイレージ添加物が市場を独占

  • 動物用飼料およびサイレージ添加物メーカーは、ギ酸を固体または液体の形で添加物として使用しており、動物の健康にも安全であると考えられています。動物の人口が増加する中、動物の食料確保は維持すべき重要な課題となっています。
  • ギ酸は、酸性化によって飼料中の有害な細菌を抑制し、飼料転換率を高めて飼料の消化をサポートします。ギ酸は、細菌の増殖を抑制する、2番目に重要な有機酸です。病原菌の増殖を妨げるため、高品質なフォレージサイレージ製造には欠かせない要素であり、サイレージ微生物の増殖抑制に有効であることが分かっています。
  • さらに、飼料を保存するためのギ酸の特性は、よりユニークであり、それゆえ、この期間中、市場におけるギ酸の需要を高めています。
  • ギ酸と糖蜜の併用は、種子利用カボチャ葉(SUPLs)サイレージの保存に有望な戦略として役立ち、他の野菜廃棄物のクリーンな利用への参考となります。
  • アジアと欧州の国々は、主に抗生物質の適用からシフトし、広く飼料用酸味料に関与しています。さらに、これらの地域の中国、インド、タイ、ドイツなどの新興経済国は、肉、牛乳、卵の需要をエスカレートしており、農場でギ酸の需要を推進しています。
  • 国連食糧農業機関(FAO)によると、世界は2050年までに60%以上の食糧を生産しなければならないそうです。肉類(鶏肉、豚肉、牛肉)は倍増し、乳製品や魚類の生産は2050年までにほぼ3倍になり、調査された市場を駆動する飼料消費を増加させる- それは動物性タンパク質の生産がさらに成長すると考えられています。
  • これらの要因により、予測期間中、世界市場におけるギ酸の需要が高まると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • 世界市場のシェアはアジア太平洋地域が独占しています。この地域は、中国やインドなどの国々における食肉や鶏肉の需要、繊維分野の需要により、予測期間中も市場を独占し続けると予想されます。
  • 米国農務省によると、中国の鶏肉生産量は2023年に1430万トン(MMT)で安定的に推移すると予想されています。2023年には、手頃な価格の鶏肉製品への需要が高まると予想されます。消費者がより多様なタンパク質の食事にシフトすることで、白色ブロイラー製品の需要が高まり、増産が促進されます。
  • 中国は、今年1~3月の豚肉生産量が前年同期比14%増の1,561万トン、2021年第2四半期末までの生産量は4,564万頭です。
  • 中国は世界最大の繊維・衣料品の生産国・輸出国です。膨大な生産能力を持つ中国は、繊維・衣料製品の供給過多の状態にあります。しかし、労働コストの上昇と世界の保護主義の台頭により、その競争力は弱まっています。同国の人件費は近年大幅に上昇し、アジアの多くの国々と渡り合っています。
  • インドは世界最大の牛乳と水牛肉の生産国です。ヤギの飼育数でも上位にランクされています。肉、牛乳、繊維に対する需要は徐々に増加しており、一人当たりの所得の大幅な増加や人々の健康志向の観点から、今後さらに増加することが予想されます。こうした畜産業の状況は、インドにおける動物用飼料の需要を促進する要因の1つとなっています。
  • さらに、Invest Indiaは、2025年までに動物用飼料の市場規模が60億米ドルに達すると推定しています。一方、配合飼料は4億~6億5,000万米ドルの市場ポテンシャルを持ち、2025年までに年間成長率が16%です。主な成長要因は、有機飼料市場の低普及、正規品のオフテイク増加などです。
  • したがって、このような動物飼料業界の動向は、特に動物飼料やサイレージ添加物向けのギ酸の需要を促進すると予測されます。
  • 前述のすべての要因が、予測期間中の同地域のギ酸の需要に影響を及ぼすと予想されます。

競合情勢

世界のギ酸市場は統合的な性質を有しています。市場の主要プレイヤー(順不同)は、BASF SE、Shandong Acid Technology、LUXI Group、Eastman Chemical Company、Perstorpなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 飼料添加物、サイレージ添加物の需要拡大
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • その他の抑制要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 価格分析

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:数量ベース)

  • 用途
    • 飼料添加物、サイレージ添加物
    • 皮革なめし
    • 繊維の染色と仕上げ
    • 医薬品の中間体
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約
  • 市場シェア(%)分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • BASF SE
    • Eastman Chemical Company
    • Shandong Acid Technology Co. Ltd​
    • Gujarat Narmada Valley Fertilizers & Chemicals Limited
    • LUXI GROUP
    • Perstorp Holdings AB
    • POLIOLI SpA
    • PT PUPUK KUJANG
    • Rashtriya Chemicals and Fertilizers Limited
    • Wuhan Ruisunny Chemical Co. Ltd

第7章 市場機会と将来動向

  • 燃料電池におけるギ酸の持続的利用
目次
Product Code: 50869

The formic acid market is expected to reach 1,092.35 kilotons by the end of this year and register a CAGR of over 3.5% during the forecast period.

Due to the COVID-19 pandemic-induced lockdown regulations and fewer workers, production in various chemical and other industries has reduced, resulting in a reduced supply of raw materials to industries. However, the market is expected to get better during the forecast period.

Key Highlights

  • Over the medium term, the growing demand for animal feed and silage additives is driving the growth of the formic acid market​.
  • The emergence of other cost-effective substitutes and high toxic levels of higher-grade formic acid are the key factors anticipated to restrain the growth of the target industry over the forecast period.
  • The sustainable use of formic acid in a fuel cell will likely act as an opportunity for the formic acid market.
  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market and is estimated to witness the highest CAGR during the forecast period.

Key Market Trends

Animal Feed and Silage Additives to Dominate the Market

  • Animal feed and silage additive manufacturers use formic acid as an additive in solid or liquid form, which is also considered safe for animal health. With the growing population of animals, food security for them is an important issue that should be maintained.
  • Formic acid inhibits harmful bacteria in the feed through acidification and supports feed digestion with better feed conversion. Formic acid is the second more vital organic acid, inhibiting bacterial growth. It is an essential element for high-quality forage silage production to impede the proliferation of pathogens and has been found effective for the growth inhibition of silage microorganisms.
  • Additionally, the property of formic acid to preserve feed mixes makes it more unique, hence upsurging the demand for formic acid in the market over the period.
  • The combined usage of formic acid and molasses could serve as a promising strategy for preserving seed-used pumpkin leaves (SUPLs) silage providing a reference for the clean utilization of other vegetable wastes.
  • Countries of Asia and Europe are majorly shifting from applying antibiotics and broadly engaging themselves in feed acidulants. Moreover, emerging economies such as China, India, Thailand, and Germany in these regions are escalating the demand for meat, milk, and egg, propelling the demand for formic acid in the farms.
  • According to the United Nations Food and Agricultural Organization (FAO), the world will have to produce 60% more food by 2050. It is believed that animal protein production will grow even more - meats (poultry/swine/beef) will double, and dairy and fish production will almost triple by 2050, increasing the feed consumption which drives the market studied​.
  • These factors above are expected to boost the demand for formic acid in the global market over the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific region dominated the global market share. The region is expected to continue dominating the market during the forecast period, owing to the demand for meat and poultry coupled with the demand from the textile sector in countries such as China and India.
  • According to United States Department of Agriculture, China's chicken production is expected to remain steady at 14.3 million metric tons (MMT) in 2023. Demand for affordable chicken products is expected to grow in 2023. Consumers' shift towards a more diverse protein diet will drive demand for white broiler products and drive increases in production.
  • China produced 15.61 million tonnes of pork in the first three months of the year, up 14% from a year earlier, and produced 45.64 million head by the end of Q2 2021.
  • China is the largest producer and exporter of textiles and clothing in the world. With enormous production capacity, China has an oversupply of textiles and clothing products. However, the increasing labor costs and rising global protectionism weakened its competitiveness. The labor costs in the country increased significantly in recent years and crossed many other countries in Asia.
  • India is the world's largest producer of milk and buffalo meat. The country ranks on top in goat population. The demand for meat, milk and fiber is increasing progressively and expected to further rise in future in view of sizable increase in per capita income and health consciousness of people. Such livestock farming scenario stands to be one of the factors driving animal feed demand in the country.
  • Moreover, Invest India estimates that by 2025, the animal feed market might be worth USD 6 billion. Compound cattle feed, on the other hand, has a market potential of USD 400-650 million dollars, with a 16% annual growth rate by 2025, with main growth drivers including low organic feed market penetration, growing formal offtake, and others.
  • Hence, such trends in the animal feed industry are projected to drive the demand for formic acid, notably for animal feed and silage additives.
  • All the aforementioned factors, in turn, are expected to affect the demand for formic acid in the region during the forecast period.

Competitive Landscape

The global formic acid market is consolidated in nature. The major players in the market (in no particular order) are BASF SE, Shandong Acid Technology Co. Ltd., LUXI Group, Eastman Chemical Company, and Perstorp, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand for Animal Feed and Silage Additives
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Price Analysis

5 MARKET SEGMENTATION(Market Size in Volume)

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Animal Feed and Silage Additives
    • 5.1.2 Leather Tanning
    • 5.1.3 Textile Dying and Finishing
    • 5.1.4 Intermediary in Pharmaceuticals
    • 5.1.5 Other Applications
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 Italy
      • 5.2.3.4 France
      • 5.2.3.5 Rest of Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 BASF SE
    • 6.4.2 Eastman Chemical Company
    • 6.4.3 Shandong Acid Technology Co. Ltd​
    • 6.4.4 Gujarat Narmada Valley Fertilizers & Chemicals Limited
    • 6.4.5 LUXI GROUP
    • 6.4.6 Perstorp Holdings AB
    • 6.4.7 POLIOLI SpA
    • 6.4.8 PT PUPUnited Kingdom KUJANG
    • 6.4.9 Rashtriya Chemicals and Fertilizers Limited
    • 6.4.10 Wuhan Ruisunny Chemical Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Sustainable Use of Formic Acid in Fuel Cell