市場調査レポート
商品コード
1190906

フッ素樹脂フィルム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Fluoropolymer Films Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
フッ素樹脂フィルム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

フッ素樹脂フィルム市場は、予測期間中に3%以上のCAGRで推移すると予想されています。

市場を牽引する主な要因は、商業建築業界からの需要の増加です。再処理されたPTFEの使用量の増加とフッ素樹脂の環境持続可能性が、市場の成長を大きく妨げると予想されます。

主なハイライト

  • 中国、インド、日本などの国々で消費量が増加していることから、予測期間中、アジア太平洋地域が世界市場を独占すると予想されます。
  • 太陽電池産業における用途の増加が、今後のビジネスチャンスとなりそうです。

フッ素樹脂フィルムの市場動向

建設業界からの需要拡大

  • フッ素樹脂フィルムは、建築業界に革命を起こし、さまざまな用途で建築家の審美的な可能性を広げています。
  • ふっ素樹脂フィルムは、接触溶着で簡単に接合することができます。また、非常に長寿命であるため、リサイクルも可能であり、生態系に悪影響を与えることもないです。
  • フッ素樹脂フィルムは、主に2つの特殊な用途で使用されています。1つは、テント建築のデザインの原点である繊維建築のコーティング材として、もう1つは、透明または半透明のETFEフィルム構造体として、例えば、分割されたエアクッションでできた屋根や壁の構造体としてです。
  • ETFEは、ガラスに比べて耐ひょう性に優れ、軽量であるなどの利点があるため、この用途に使用されています。
  • 米国、中国、インド、日本などは、建設業が盛んな主要国です。これらの国では人口の増加に伴い、建設需要も伸びています。
  • 中国国家統計局によると、2017年の建設の総生産額は約2,139億4,400万人民元でした。中国の建設業界は、承認された新しい鉄道プロジェクトの様々な建設により、2020年までに6%増加することが予想されています。
  • したがって、建設・建築業界、特に商業建築業界の成長は、フッ素樹脂フィルムの需要を増加させており、予測期間中も増加すると予想されます。

アジア太平洋市場を独占するのは中国

  • 中国は、世界最大のフッ素樹脂フィルムの生産国と消費国の一つです。工業生産と自動車生産が盛んな製造業経済圏です。
  • また、中国は世界最大の電子機器メーカーの1つでもあります。そのため、中国のフッ素樹脂フィルム市場は、ここ最近で最も速い成長率を示しています。
  • 中国における建設支出の増加と、政府によるインフラ開発に対する有利な規制政策が、中国におけるフッ素樹脂フィルムの需要を促進すると予想されます。
  • 主なプロジェクトとしては、上海都市鉄道の拡張、武漢都市鉄道、広東省東部の都市間鉄道網、江蘇省長江沿いの都市間鉄道、蘇州都市鉄道、長春都市鉄道、杭州都市鉄道、重慶・銭江高速鉄道、広西都市間鉄道網などがあります。
  • また、中国では太陽電池産業が急成長しており、フッ素樹脂フィルムが太陽電池システムで積極的に使用されています。
  • 耐湿性、耐酸化性などの特性を生かし、太陽電池や半導体への応用が拡大していることも、需要を押し上げる要因となっています。
  • さらに、インドや日本などの国も市場の成長に寄与しています。このことは、予測期間中、フッ素樹脂フィルム市場の需要をさらに押し上げると予想されます。

フッ素樹脂フィルム市場の競合分析

フッ素樹脂フィルム市場は、部分的に断片化された性質を持っています。調査対象市場の主要プレイヤーには、3M、デュポン、DAIKIN INDUSTRIES, Ltd.、The Chemours Company、Saint-Gobain Performance Plasticsなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 商業建築業界からの需要拡大
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 再加工されたPTFEの使用の増加
    • ふっ素ポリマーの環境持続性
    • COVID-19の影響
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
    • PVDF(ポリフッ化ビニリデン)
    • FEP(フッ素化エチレンプロピレン)
    • ETFE(ポリエチレンテトラフルオロエチレン)
    • PCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)
    • PVF(ポリフッ化ビニル)
    • その他のタイプ
  • 用途
    • バリアフィルム
    • 加飾用
    • 微多孔質
    • 安全・安心フィルム
    • その他の用途
  • エンドユーザー産業
    • 自動車
    • 建築
    • 電気・電子
    • パッケージング
    • パーソナルケア
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • American Durafilm
    • Arkema Group
    • AGC Chemicals
    • DAIKIN INDUSTRIES, Ltd.
    • DuPont
    • Fluortek AB
    • Fluoro-Plastics
    • Polyflon Technology Limited
    • Saint-Gobain Performance Plastics
    • Solvay
    • The Chemours Company

第7章 市場機会と今後の動向

  • ソーラー産業におけるアプリケーションの増加
目次
Product Code: 46272

The fluoropolymer film market is expected to register a CAGR of over 3% during the forecast period. The major factor driving the market studied is the growing demand from the commercial construction industry. Increasing usage of reprocessed PTFE and environmental sustainability of fluoropolymers is expected to significantly hinder the growth of the market studied.

Key Highlights

  • Asia-Pacific is expected to dominate the global market during the forecast period owing to the increasing consumption in countries such as China, India, and Japan.
  • Increasing applications in the solar industry are likely to act as an opportunity in the future.

Fluoropolymer Films Market Trends

Growing Demand from the Construction Industry

  • Fluoropolymer films are now revolutionizing the construction industry and have opened up a range of aesthetically pleasing possibilities for architects across a range of applications.
  • Fluoropolymer films can be easily joined together by contact welding. Due to their extreme longevity, they are fully recyclable and may have no adverse ecological influence.
  • They are mainly used in two special fields of application: Firstly, as a coating material in the textile architecture, where the origins of the design lie in tent construction, and secondly in transparent or translucent ETFE film constructions, for example in the form of roof and wall structures made from segmented air cushions.
  • ETFE offers several advantages over the glass in this application, including having strong resistance to hail and breakage, as well as being lighter.
  • United States, China, India, and Japan are the major countries where the construction industry is booming. With the increasing population in such countries, the demand for construction is also growing.
  • According to the National Bureau of Statistics of China, the gross output value of construction in 2017 was about CNY 213,944 million. The construction industry in China is expected to increase by 6% by 2020, owing to various constructions of new, approved railway projects.
  • Therefore, the growing construction and building industry, especially the commercial building industry, is increasing the demand for fluoropolymer films, which is also expected to increase during the forecast period.

China to Dominate the Asia-Pacific Market

  • China is one of the largest producers and consumers of fluoropolymer films in the world. It is a manufacturing economy with thriving industrial and automotive production.
  • China is also one of the largest manufacturers of electronic devices in the world. Thus, the market for fluoropolymer films in China has exhibited the fastest growth rate in the recent past.
  • Increasing construction spending in China and favorable regulatory policies toward infrastructure development by the government are expected to drive the demand for fluoropolymer films in China.
  • Major projects include Shanghai urban rail transit expansion, Wuhan Urban Rail Transit, Intercity Rail Network in Eastern Guangdong, Intercity Railway along the Yangtze River in Jiangsu province, Suzhou Urban Rail Transit, Changchun Urban Rail Transit, Hangzhou Urban Rail Transit, Chongqing-Qianjiang High Speed Rail, and Guangxi Intercity Railway Network.
  • Additionally, China has witnessed exponential growth in the solar industry, which employ active use of fluoropolymer films in the photo-voltaic systems.
  • Growing application scope in solar PV cells and semiconductors, owing to moisture and oxidation resistance properties, are factors driving the product demand.
  • Furthermore, countries, such as India and Japan, have also been contributing to the growth of the market studied. This is expected to further drive the demand for fluoropolymer films market over the forecast period.

Fluoropolymer Films Market Competitive Analysis

The fluoropolymer film market is partially fragmented in nature. Some of the major players of the market studied include 3M, DuPont, DAIKIN INDUSTRIES, Ltd., The Chemours Company, and Saint-Gobain Performance Plastics, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand from the Commercial Construction Industry
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Increasing Use of Reprocessed PTFE
    • 4.2.2 Environmental Sustainability of Fluoropolymers
    • 4.2.3 Impact of COVID-19
  • 4.3 Industry Value-Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 PTFE (Polytetrafluoroethylene)
    • 5.1.2 PVDF (Polyvinylidene Fluoride)
    • 5.1.3 FEP (Fluorinated Ethylene-Propylene)
    • 5.1.4 ETFE (Polyethylenetetrafluoroethylene)
    • 5.1.5 PCTFE (Polychlorotrifluoroethylene)
    • 5.1.6 PVF (Polyvinylfluoride)
    • 5.1.7 Other Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Barrier Films
    • 5.2.2 Decorative
    • 5.2.3 Microporous
    • 5.2.4 Safety and Security films
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Automotive
    • 5.3.2 Construction
    • 5.3.3 Electrical and Electronics
    • 5.3.4 Packaging
    • 5.3.5 Personal Care
    • 5.3.6 Other End-user Industries
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 Italy
      • 5.4.3.4 France
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/ Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 American Durafilm
    • 6.4.3 Arkema Group
    • 6.4.4 AGC Chemicals
    • 6.4.5 DAIKIN INDUSTRIES, Ltd.
    • 6.4.6 DuPont
    • 6.4.7 Fluortek AB
    • 6.4.8 Fluoro-Plastics
    • 6.4.9 Polyflon Technology Limited
    • 6.4.10 Saint-Gobain Performance Plastics
    • 6.4.11 Solvay
    • 6.4.12 The Chemours Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Applications in the Solar Industry