デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190791

エチレンアミン市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Ethyleneamines Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.79円
エチレンアミン市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エチレンアミン市場は、予測期間(2022-2027年)に約5.2%のCAGRが予測されています。

接着剤、塗料、樹脂の各セグメントが、さまざまなエンドユーザー産業からの需要の増加により市場を独占しています。

主なハイライト

  • 需要増加の主な原動力となっているのは、発展途上国における農薬需要の加速と、自動車産業における燃料や潤滑油の添加剤としてのエチレンアミンの使用による排ガスの無灰化です。
  • しかし、直接の暴露や漏洩による健康への有害な影響が、市場の成長を鈍化させると予想されます。
  • 先進諸国における農業用バイオベース製品の使用量増加により、市場におけるエチレンアミンの需要が減少することが予想されます。
  • 新製品開発のための研究開発の増加や、他のさまざまな用途へのエチレンアミンの使用の最適化は、将来的に機会として作用することが予想されます。

主な市場動向

市場を独占するエチレンジアミンタイプ

  • エチレンジアミン(EDA)は、エチレンアミンの主要な誘導体の1つであり、エチレンアミン市場で最大のシェアを占めています。無色の液体で、アンモニアに似た臭いがします。ポリエチレンアミンの最初のメンバーです。エチレンジアミンは、ニッケル触媒の存在下でエタノールアミンとアンモニアを反応させることにより製造されます。さらに、水酸化ナトリウムで処理して水分を除去することで精製することができます。
  • エチレンジアミンは、多くの作物をさまざまな菌類の病気から守るための殺菌剤であるマンコゼブの製造に欠かせない原料です。また、世界で最も使用されている殺虫剤であるイミダクロプリドの製造にも使用されています。
  • エチレンジアミンのその他の用途としては、キレート剤、腐食防止剤、エチレン尿素樹脂、イオン交換樹脂、熱可塑性樹脂用潤滑剤、石油添加剤、ポリアミド樹脂、土壌改良剤、エラストマー繊維、ゴム薬品、界面活性剤、殺菌剤などが挙げられます。
  • エチレンジアミンは、製薬業界の主要原料です。喘息やその他の慢性肺疾患に使用される一般的な気管支拡張薬アミノフィリンの製造に使用されています。
  • したがって、さまざまなアプリケーションからの需要の増加に伴い、エチレンジアミンの需要は予測期間中に大幅に増加すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、自動車産業や農薬産業における製品需要の増加により、予測期間中、エチレンアミン市場を独占すると予想されます。
  • エチレンアミンの主要な需要は中国とインドが占めており、この地域では中国がエチレンアミンの主要な生産国となっています。エチレンアミンは、中国ではパーソナルケア、繊維、接着剤および塗料、自動車など、多くの産業で使用されています。
  • インドでは、政府が自動車産業に対する新たな規制と政策を打ち出したことで、エチレンアミンの需要が増加する見込みです。このため、燃料添加剤としての需要が高まり、エチレンアミンの需要が増加すると予想されます。
  • 中国とインドでは、石油・ガス分野でのエチレンアミンが精製工程で必要とされるため、膨大な量の消費により需要が増加しています。
  • 中国、インド、日本、マレーシアなどの国々の安定した成長により、同地域におけるエチレンアミンの需要はより速いペースで増加すると予想されます。

競合情勢

エチレンアミン市場は非常に集約されており、トップ企業5社で市場シェアの約80%を占めています。市場の主要プレイヤーには、Huntsman International LLC、Dow、Nouryon、BASF SE、Tosoh Corporationなどがいます(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 新興諸国における農薬の需要拡大
    • 清潔と衛生に関する消費者意識の高まり
  • 抑制要因
    • 直接曝されることによる健康への悪影響
    • 先進諸国における農業用バイオベース製品の使用増加
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • エチレンジアミン(EDA)
    • 重エチレンアミン(DETA, TETA, TEPA, AEP,その他)
  • エンドユーザー産業
    • パーソナルケア
    • パルプ・紙
    • 接着剤、塗料、樹脂
    • 農薬
    • 自動車
    • 製薬
    • 石油・ガス
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Arabian Amines Company
    • BASF SE
    • Delamine BV
    • Diamines and Chemicals Ltd.
    • Dow
    • Fisher Chemical
    • Huntsman International LLC
    • Nouryon
    • Oriental Union Chemical Corporation
    • Sadara Chemical Company
    • Saudi Basic Industries Corporation(SABIC)
    • Tosoh Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

  • 新製品開発のための研究開発の増加
目次
Product Code: 65549

The ethyleneamines market is expected to have a CAGR of around 5.2% during the forecast period (2022-2027). The adhesives, paints, and resins segment dominated the market with the increasing demand from various end-user industries.

Key Highlights

  • Key driving factors responsible for the rising demand are the accelerating demand for pesticides in the developing countries and the use of ethyleneamines in the automotive industry as an additive in fuels and lubes to have ash-less emissions.
  • However, the hazardous health effects due to direct exposure or leakage are expected to slow down the market growth.
  • Increasing usage of bio-based products for agriculture in developed countries is expected to reduce the demand for ethyleneamines in the market.
  • Increasing R&D for new product development and optimizing the use of ethyleneamines for various other applications are expected to act as an opportunity in the future.

Key Market Trends

Ethylenediamine Type to Dominate the Market

  • Ethylenediamine (EDA) is one of the major derivatives of ethyleneamines, and it accounted for the largest share in the ethyleneamines market. It is a colorless liquid with an ammonia-like odor. It is the first member of the polyethylene amine family. Ethylenediamine is manufactured by reacting ethanolamine with ammonia in the presence of a nickel catalyst. It can be further purified by treating it with sodium hydroxide to remove water.
  • Ethylenediamine is a key raw material in the production of mancozeb, a fungicide that helps in the protection of a number of crops from a wide range of fungal diseases. It is also used in the manufacturing of imidacloprid, the most used insecticide across the world.
  • Some of the other applications of ethylenediamine include - chelating agents, corrosion inhibitors, ethylene urea resins, ion exchange resins, lubricants for thermoplastic resin, oil additives, polyamide resins, reforming agents for soils, elastomeric fibers, rubber chemicals, surface-active agents, and fungicides.
  • Ethylenediamine is a major ingredient in the pharmaceutical industry. It is used in the manufacturing of common bronchodilator drug aminophylline used in asthma and other chronic lung diseases.
  • Hence, with the growing demand from various applications, the demand for ethylenediamine is expected to increase over the forecast period considerably.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the market for ethyleneamines during the forecast period due to the growing demand for products in the automotive and agrochemicals industry.
  • China and India account for the major demand for ethyleneamines, and China is the major producer of ethyleneamines in this region. Ethyleneamines are used in a large number of industries in China, including personal care, textile, adhesives and paints, automotive, and several others.
  • Demand for ethylenamines in India is going to increase after the government has made new regulations and policies for the automotive industry. This is expected to boost the demand for ethyleneamines due to its requirement as a fuel additive.
  • Both China and India's demand for ethyleneamines in the oil and gas sector has increased due to a huge amount of consumption, owing to its requirement in the refining processes.
  • Overall, with the consistent growth in countries, like China, India, Japan, and Malaysia, the demand for ethyleneamines is expected to increase at a faster pace in the region.

Competitive Landscape

The ethyleneamines market is highly consolidated, with the top five players accounting for around 80% of the market share. Some of the major players in the market include (not in any particular order) Huntsman International LLC, Dow, Nouryon, BASF SE, and Tosoh Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Accelerating Demand for Pesticides from Developing Countries
    • 4.1.2 Developing Consumer Awareness Concerning Cleanliness and Hygiene
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Hazardous Health Effects due to Direct Exposure
    • 4.2.2 Increasing Usage of Bio-based Products for Agriculture in Developed Countries
  • 4.3 Industry Value-Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Ethylenediamine (EDA)
    • 5.1.2 Heavy Ethyleneamines (DETA, TETA, TEPA, AEP, etc.)
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Personal Care
    • 5.2.2 Pulp and Paper
    • 5.2.3 Adhesives, Paints, and Resins
    • 5.2.4 Agro Chemicals
    • 5.2.5 Automotive
    • 5.2.6 Pharmaceutical
    • 5.2.7 Oil and Gas
    • 5.2.8 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Arabian Amines Company
    • 6.4.2 BASF SE
    • 6.4.3 Delamine BV
    • 6.4.4 Diamines and Chemicals Ltd.
    • 6.4.5 Dow
    • 6.4.6 Fisher Chemical
    • 6.4.7 Huntsman International LLC
    • 6.4.8 Nouryon
    • 6.4.9 Oriental Union Chemical Corporation
    • 6.4.10 Sadara Chemical Company
    • 6.4.11 Saudi Basic Industries Corporation (SABIC)
    • 6.4.12 Tosoh Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing R&D for New Product Development