デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190612

消毒ロボット市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Disinfectant Robot Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
消毒ロボット市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

消毒ロボット市場は、予測期間中にCAGR24.6%で成長すると予測されています。

COVID-19発生によるヘルスケアおよび衛生支出の急増と、消毒ロボットの分野への高い投資が市場の成長需要を高めています。

主なハイライト

  • 近年、人件費を増やさずにHAIを減少させるために、消毒ロボットのニーズが高まっています。過酸化水素や紫外線消毒などのプロセスは手作業で行われていますが、これは多くの国のヘルスケア市場において消毒ロボットがまだ比較的最近発明されたものであるためです。製薬業界では、10年以上前からクリーンルームでUV-Cを利用しています。
  • この業界では、主に空間のUV消毒ができる移動型ロボットの動向を観察しています。特にヘルスケア分野ではサービスロボットのニーズが高まっているため、調査対象市場は進展すると思われます。
  • 特に病院、レストラン、ホテル、空港、学校などの人口が多い場所では、除菌や消毒が関心事となっています。このため、市場では消毒アプリケーションの自動化にシフトする企業や機関が増えており、その結果、ロボットへの投資が行われています。
  • 消毒ロボットのコストが高いのは、効果的で堅牢なハードウェアと効率的なソフトウェアに関連するものです。自動化設備には、自動化技術への投資に必要な高い資本支出(自動化システムの設計、製造、設置に数百万米ドルかかる場合もある)が含まれます。また、高度化・高機能化に伴い、コストも増加します。
  • COVID-19の大流行により、ロボット技術や自動化技術の価値が高まり、注目されるようになりました。パンデミック時に人間の労働力が直面した困難の克服を支援することに加え、これらの技術は、ウイルスの影響を大幅に軽減します。

消毒ロボットの市場動向

消毒プロセスにおけるロボットの付加価値(協働)としての運用を可能にする技術的進歩

  • 第一世代の自動消毒装置は、そのほとんどが複雑な機械であり、柔軟性に欠け、範囲も限定的でした。そのため、その顧客の多くは性能向上を望むハイエンドな病院でした。しかし、第2世代ロボットの登場によるロボットの進化は、消毒プロセスにさらなる付加価値をもたらしました。
  • さらに、これらのロボットの多くは、多くの安全機能と殺菌機能を備えた協働ロボットとして働いています。例えば、紫外線の照射は避けなければならないので、多くのロボットはいくつかの安全機能を含んでいます。例えば、多くのロボットは、病室のドアに人感センサーの役割を果たすタブレットが付属しており、誰かが病室に入ろうとすると、自動的にUV-Cライトを解除するようになっています。
  • 例えば、2021年4月、上海のTMI Robotics社は、事前にプログラムできる自律型消毒ロボットを製造しました。これらのロボットは、紫外線、超乾燥気化過酸化水素、空気ろ過の方法を用いて、表面を消毒します。紫外線殺菌と空気ろ過を組み合わせることで、ロボットの表面と周囲の空気を殺菌することができます。
  • また、いくつかのロボットには、電源が入っているときに人が入ると自動停止する機能や、人が入ろうとすると検知するドア人感センサーなど、さまざまな安全機能が搭載されるようになってきています。自律性もまた、消毒プロセス全体にさらなる付加価値を与える機能であり、ソフトウェアの統合です。
  • 第3世代の消毒ロボットは、主に機械学習とIoTに対応したスマートワイヤレス接続、安全機能を活用しています。標準的な機能としては、タッチスクリーン、統合センサー、監視、自動レポート、IoTなどがあります。最近、UVDロボットは、第3世代の自律型モバイルUV-C消毒ロボットを展示しました。このロボットは、4つの安全層を利用した最新の安全システムを備えており、さまざまな環境下で動き回ることが可能です。また、ロボットが感知したエリアの消毒状態を記録し、ユーザーに表示する機能を備えているため、ユーザーは必要に応じてプロセスを簡単かつ迅速に調整し、品質を最適化することができます。

アジア太平洋地域が最大の市場シェアを占めると予想される

  • アジア太平洋地域は、消毒ロボットの生産と利用を促進する重要な地域のひとつに急速になりつつあります。調査対象市場の活用は、世界のロボット産業における同地域の市場シェア拡大によっても可能となります。
  • オーストラリア、韓国、日本、インド、中国、シンガポールなどの国々は、バリューチェーン全体で研究対象市場に投資しています。韓国、日本、インド、中国は、世界のロボット製造の中心地です。また、香港、インド、シンガポールは、世界的にロボットのスタートアップのハブとして台頭しています。東南アジアは、医療施設のアップグレードや経済支援により、重要な投資先として浮上しています。
  • 例えば、2021年2月、Reliance Industriesの子会社Reliance Strategic Business Ventures Limited(RSBVL)は、投資先企業のskyTran Inc.の株式を2676万米ドルでさらに購入し、完全希釈ベースで54.46%の株式を保有することになりました。スカイトラン社は、米国を拠点とする技術系企業です。世界の交通渋滞を緩和するため、個人輸送用の画期的なパッシブ磁気浮上と推進技術を開発しました。
  • 例えば、中国の農業関連企業であるXenex Disinfectant Systemsは、最近500万人民元(~70万米ドル)の資金を投入し、パンデミックの中でドローンによる消毒作業を開始しました。同社は、農業用ドローンを活用し、国内の公共空間の消毒を行っています。ドローンは非接触で操作でき、より短時間で広範囲をカバーできるため、インパクトのあるロボット消毒剤ソリューションといえます。

消毒ロボット市場の競合分析

消毒剤ロボット市場では、主要企業間の競争的な敵対関係が高いです。新製品の投入、独自技術によるアイテムの提供、エンドユーザーとの合意形成などにより、業界のベンダーは全体的な市場シェアを伸ばしています。

  • 2022年1月-Blue Ocean Roboticsは、企業や機関を支援できるサービスロボットに対する需要の増加に対応するため、3億3500万デンマーククローネ(4355万米ドル)の投資により、移動ロボットソリューションのロール拡大を世界的に発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界利害関係者分析
  • 市場機会
  • 主要なパートナーシップとコラボレーション
  • 消毒ロボットの展開における技術的・社会的な主な検討事項
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 世界の主要市場における病院内感染症の高い発生率
    • 技術的進歩により、ロボットが消毒プロセスの付加価値主体(協働)として動作するようになる
    • COVID-19の発生によるヘルスケアおよびサニテーションへの支出の急激な増加
    • 消毒ロボット分野への高い投資額
  • 市場抑制要因

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • UV-C型
    • HPVおよびその他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Blue Ocean Robotics
    • Xenex Disinfectant Systems
    • Finsen Technologies(Thor UV-C)
    • Skytron(Infection Prevention Technologies)
    • Tru-d Smartuvc
    • Akara Robotics Ltd
    • Mediland Enterprise Corporation
    • Tmirob Technology
    • OTSAW Digital Pte Ltd
    • Bioquell PLC(Ecolab Inc.)
    • Bridgeport Magnetics
    • Decon-X International
    • MTR Corporation(Joint venture)
    • Fetch Robotics Inc.
    • Solustar
    • Ateago Technology
    • Time Medical Holding Robotics
    • AUDITE Robotics

第8章 投資分析・市場展望

目次
Product Code: 70087

The disinfectant robot market is expected to register a CAGR of 24.6% over the forecast period. The rapid rise in healthcare and sanitation spending due to the COVID-19 Outbreak and high investments in the field of disinfectant robots has increased the demand for growth in the market.

Key Highlights

  • Recently, the need for disinfection robots increased in order to decrease HAIs without adding to personnel expenditures. Processes like hydrogen peroxide and ultraviolet disinfection are carried out by manual labor because disinfection robots are still relatively recent inventions in the healthcare market in many nations. The pharmaceutical sector has been utilizing UV-C in cleanroom settings for more than ten years.
  • The industry is primarily observing a trend of mobile robots that can UV-sanitize spaces. The market under study will advance due to the rising need for service robots, particularly in the healthcare sector.
  • Sanitizing and disinfectant have become an area of concern, especially in highly populated areas, including hospitals, restaurants, hotels, airports, and schools. Due to this, the market is witnessing more companies and institutions that shifted to automation for disinfecting applications, hence, investing in robots.
  • The higher costs of disinfectant robots are associated with effective and robust hardware and efficient software. Automation equipment includes higher capital expenditure required to invest in automation technologies (an automated system can cost millions of dollars to design, fabricate, and install). And with increasing advancement and functionality, the cost also increases.
  • The COVID -19 pandemic increased and highlighted the value of robotic and automated technology. In addition to assisting in overcoming the difficulties faced by the human workforce during the pandemic, these technologies substantially reduce the virus's impact.

Disinfectant Robot Market Trends

Technological Advancements to Enable Robots to Operate as a Value-added Entity (Collaborative) in the Disinfection Process

  • Most of the first generation of automated disinfectant systems were complex machines that were neither too flexible nor limited in scope. Therefore, most of its customers were high-end hospitals that wanted performance enhancement. However, the robots' advancement with the advent of second-generation robots has added extra value to the disinfectant process.
  • Furthermore, most of these robots work as collaborative robots with many safety features and disinfectant features. For instance, as UV-C light exposure should be avoided, many robots contain several safety features. For example, many robots come with a tablet on the patient room door that acts as a motion sensor, which automatically disengages the UV-C light if someone wants to enter the room.
  • For instance, in April 2021, TMI Robotics, a Shanghai-based company, produced autonomous disinfection robots that can be pre-programmed. These robots use ultraviolet, ultra-dry vaporized hydrogen peroxide, and air filtration methods to disinfect surfaces. UV disinfection combined with air filtration will enable these robots to disinfect the surfaces and the air around them.
  • Several robots now also come with various safety features, including an auto-shutdown function if a person goes in the room while it is on and door motion sensors to detect people trying to enter. Autonomous is another feature and software integration that further adds value to the overall disinfectant process.
  • The third-generation disinfectant robots mainly leverage machine learning and IoT-enabled smart wireless connectivity and safety features. Standard features include touch screens, Integrated sensors, surveillance, automated reports, and IoT. Recently, UVD robots showcased their 3rd generation of autonomous mobile UV-C disinfection robot. The robot has the latest safety system that utilizes four safety layers, enabling the robot to move around in different environments. It has a distinct capability to sense, document, and show the users how well-disinfected an area is, enabling the user to easily and quickly adjust the process and optimize the quality if needed.

Asia-Pacific is Expected to Hold the Largest Market Share

  • The Asia Pacific is quickly becoming one of the significant regions driving disinfectant robot production and use. Leveraging the market under study is also made possible by the region's expanding market share in the global robot industry.
  • Countries like Australia, South Korea, Japan, India, China, and Singapore are investing in the market studied across the value chain. South Korea, Japan, India, and China are global robot manufacturing hubs. Hong Kong, India, and Singapore are also emerging as robotic start-up hubs globally. Southeast Asia is emerging as a significant investment due to the upgrade of its healthcare facility and support of its economy.
  • For instance, in February 2021, Reliance Industries' subsidiary Reliance Strategic Business Ventures Limited (RSBVL) purchased a further equity position in its investee firm skyTran Inc. for USD 26.76 million, bringing its shareholding to 54.46% on a fully diluted basis. SkyTran is a technological business based in United States. It has created ground-breaking passive magnetic levitation and propulsion technology for personal transportation to alleviate traffic congestion globally.
  • The china region is witnessing many local vendors and start-ups participating and investing in the global disinfectant robot market, helping the area create dominance in the market studied; for instance, Xenex Disinfectant Systems, a Chinese agritech company, recently released a fund of CNY 5 million (~USD 0.7 million) to initiate drone disinfection operations amidst the pandemic. The company leveraged its agricultural drones to disinfect the public spaces in the nation. Drones are an impactful robotic disinfectant solution since they can be operated in a contactless manner and can cover a broader area in less time.

Disinfectant Robot Market Competitive Analysis

The competitive rivalry among major players is high in the disinfectant robot market. By introducing new products, providing items with proprietary technology, and reaching agreements with end-users, the industry's vendors are increasing their overall market share.

  • January 2022 - Blue Ocean Robotics announced the roll expansion of mobile robot solutions globally with an investment of DKK 335 million (USD 43.55 million) to meet the growing demand for service robots that can assist companies and institutions.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis​
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers​
    • 4.2.3 Threat of New Entrants​
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Stakeholder Analysis
  • 4.4 Market Opportunities
  • 4.5 Major Partnerships and Collaborations
  • 4.6 Key Technical and Social Considerations in the Deployment of Disinfectant Robots
  • 4.7 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 High Incidence of Hospital-acquired Infections in Major Markets Worldwide
    • 5.1.2 Technological Advancements Enable Robots to Operate as a Value-added Entity (Collaborative) in the Disinfection Process
    • 5.1.3 Rapid Rise in Healthcare and Sanitation Spending due to the COVID-19 Outbreak
    • 5.1.4 High Investments in the Field of Disinfectant Robots
  • 5.2 Market Restraints

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Product Type
    • 6.1.1 UV-C
    • 6.1.2 HPV and Others
  • 6.2 Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
    • 6.2.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 Blue Ocean Robotics
    • 7.1.2 Xenex Disinfectant Systems
    • 7.1.3 Finsen Technologies (Thor UV-C)
    • 7.1.4 Skytron (Infection Prevention Technologies)
    • 7.1.5 Tru-d Smartuvc
    • 7.1.6 Akara Robotics Ltd
    • 7.1.7 Mediland Enterprise Corporation
    • 7.1.8 Tmirob Technology
    • 7.1.9 OTSAW Digital Pte Ltd
    • 7.1.10 Bioquell PLC (Ecolab Inc.)
    • 7.1.11 Bridgeport Magnetics
    • 7.1.12 Decon-X International
    • 7.1.13 MTR Corporation (Joint venture)
    • 7.1.14 Fetch Robotics Inc.
    • 7.1.15 Solustar
    • 7.1.16 Ateago Technology
    • 7.1.17 Time Medical Holding Robotics
    • 7.1.18 AUDITE Robotics

8 INVESTMENT ANALYSIS AND MARKET OUTLOOK