表紙:CAR-T細胞療法市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
市場調査レポート
商品コード
1190211

CAR-T細胞療法市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Car T-Cell Therapy Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 111 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
CAR-T細胞療法市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 111 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

CAR-T細胞療法市場は、予測期間である2022年から2027年にかけて30%以上のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19のパンデミックは未曾有の健康問題であり、CAR-T細胞療法市場に大きな影響を及ぼしています。2021年11月に発表された「Poor outcome of patients with COVID-19 after CAR T-cell therapy for B-cell malignancies」と題された論文によると、COVID-19を発症した患者の転帰は、B細胞悪性腫瘍に対するCAR-T細胞療法後のものです。results of a multicentre study on behalf of the European Society for Blood and Marrow Transplantation(EBMT)Infectious Diseases Working Party and the European Haematology Association(EHA)Lymphoma Group"と題された論文です。CAR-T細胞療法を受けた患者は、過去のリンパ節破壊免疫化学療法やB細胞枯渇、低ガンマグロブリン血症、細胞減少症などのCAR-T細胞療法関連の副作用により、重度の免疫不全状態にあるため、COVID-19による予後不良のリスクが高いと考えられています。こうした研究は、COVID-19のパンデミックの発生により、CAR-T細胞療法を受ける患者数が減少し、CAR-T細胞療法の需要にマイナスの影響を及ぼしたことを反映しています。しかし、ワクチンのイントロダクションと閉鎖制限の解除に伴い、研究開発活動が再開され、患者の受診が増加し、市場は今後大きく成長すると予想されています。

市場の成長の背景には、世界のがん罹患率の増加や、CAR-T細胞療法を開発するための研究開発の活発化などが挙げられます。

がんの負担の増大は、市場の成長を促進しています。例えば、GLOBOCAN 2020によると、2020年の新規がん患者数は1930万人であり、2040年には世界で3020万人に達すると推定されています。米国臨床腫瘍学会(ASCO)による2021年6月のアップデートでは、がん細胞は通常の免疫システムから隠れることが知られていますが、CAR-T細胞療法により、科学者はT細胞に一部のがん細胞を見つけて殺す能力を持たせることができます。したがって、今後予想されるがん患者の増加が、CAR-T細胞療法に対する需要を後押しすることになるでしょう。さらに、研究開発の増加が市場の成長に寄与しています。例えば、2021年12月、ノバルティスは、ノバルティスのパイプラインにある様々な新しい治験用CAR-T細胞療法の基礎となる同社の次世代CAR-Tプラットフォーム、T-Chargeの導入を報告しました。このような新興国市場の開拓は、CAR-T細胞療法に対する需要を喚起し、市場拡大に寄与しています。

しかし、CAR-T細胞療法の開発コストが高いことが、市場成長の阻害要因となっています。

CAR-T細胞療法の市場動向

予測期間中、多発性骨髄腫が大幅な成長を遂げると予想される

用途別では、多発性骨髄腫が大きな成長を遂げると予想されます。多発性骨髄腫は、形質細胞と呼ばれる白血球の一種に形成されるがんです。また、カーラー病としても知られています。市場成長の主な要因は、多発性骨髄腫の負担の増加、研究開発の増加、市場関係者による戦略的イニシアチブの実施です。

例えば、GLOBOCAN 2020によると、2020年の多発性骨髄腫および免疫増殖性疾患の新規症例数は約17万6千件で、2040年には29万件に達すると推定されています。さらに、Cancer Australiaによると、2021年には、オーストラリアで新たに2,423人の多発性骨髄腫の患者が発生すると推定されています(男性1,387人、女性1,036人)。同資料では、2021年、85歳までに多発性骨髄腫と診断されるリスクは117分の1(男性は103分の1、女性は136分の1)と推計されています。

また、承認件数の増加も市場拡大に寄与しています。例えば、2022年2月にジョンソン・エンド・ジョンソンのヤンセンファーマカンパニーズが米国食品医薬品局(FDA)に報告したCARVYKTI(ciltacabtagene autoleucel;シルタセル)は、プロテアソーム阻害剤、免疫調節剤、抗CD38モノクローナル抗体を含む4種類以上の先行治療後に再発または難治性のマルチプルミエルマ(RRMM)の成人の治療として承認されました。

このように、上記の市場開拓により、市場は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。

北米が市場で重要なシェアを占め、予測期間中も同様と予想される

北米の中では、米国が大きなシェアを占めています。同国における市場成長の主な要因は、がんや自己免疫疾患などの慢性疾患の負担増、研究開発活動の成長、強力で確立された市場プレイヤーです。

例えば、米国がん協会による「Cancer Statistics 2022」によると、2022年には米国で新たに診断されるがん患者は190万人、がんによる死亡は609,360人と推定されています。このようながん患者数の多さは、同国におけるCAR-T細胞療法への需要の高まりを示し、市場成長に寄与しています。

さらに、プレイヤーが実施するいくつかの戦略的イニシアティブが市場成長に寄与しています。例えば、2022年4月、ギリアド社のカイトは、米国食品医薬品局(USFDA)がメリーランド州フレデリックにある同社の新しいCAR-T細胞療法製造施設での商業生産を承認したと報告しました。この施設では、FDAが承認したカイトの血液がん治療用CAR-T細胞療法が生産される予定です。

さらに、投資件数の増加が市場成長に寄与しています。例えば、2021年6月には、Blackstone Life Sciencesが運用するファンドが、Intellia Therapeutics, Inc.と臨床段階の細胞療法企業であるGEMoaB GmbHの親会社Cellex Cell Professionals GmbHとともに、自己および同種キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法の新会社設立に向け2億5000万米ドルを出資したと報告されています。

したがって、上記の要因により、市場は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。

CAR-T細胞療法市場の競合分析

CAR-T細胞療法市場は、複数の世界および国際的なプレーヤーが存在する競争市場です。主要プレイヤーは、市場での存在感を高めるために、提携、合意、協力、新製品の発表、地理的拡大、合併、買収など、さまざまな成長戦略を採用しています。市場の主要プレイヤーには、Novartis AG、Bristol-Myers Squibb Company、Gilead Sciences, Inc.(Kite Pharma)、Johnson &Johnson、Sorrento Therapeutics, Inc.などが含まれます。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 世界のがん罹患率の増加
    • CAR-T細胞療法開発のための投資と研究開発の増加
  • 市場抑制要因
    • CAR-T細胞療法開発のための高いコスト
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:100万米ドル)

  • タイプ別
    • Abecma
    • Breyanzi
    • Kymriah
    • Tecartus
    • イェスカータ
    • その他
  • アプリケーション別
    • 英国貧血
    • リンパ腫
    • 多発性骨髄腫
    • 自己免疫疾患
    • その他のアプリケーション
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • がん診療連携拠点病院
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Novartis AG
    • Bristol-Myers Squibb Company
    • Gilead Sciences, Inc.(Kite Pharma)
    • Johnson & Johnson
    • Eli Lilly and Company
    • Sorrento Therapeutics, Inc.
    • ACROBiosystems
    • Celyad Oncology
    • Sangamo Therapeutics, Inc.
    • Servier Laboratories
    • Noile-Immune Biotech, Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90649

The CAR T-cell therapy market is expected to register a CAGR of more than 30% over the forecast period, 2022-2027.

The COVID-19 pandemic is an unprecedented health concern and has significantly impacted the CAR T-cell therapy market. As per a November 2021 published article titled, "Poor outcome of patients with COVID-19 after CAR T-cell therapy for B-cell malignancies: results of a multicentre study on behalf of the European Society for Blood and Marrow Transplantation (EBMT) Infectious Diseases Working Party and the European Haematology Association (EHA) Lymphoma Group", CAR T-cell therapy recipients are believed to be at high risk of poor outcomes from COVID-19 due to their severely immunocompromised state, caused by prior lymphodepleting immunochemotherapy and CAR-T-cell therapy-related side effects such as B-cell depletion, hypogammaglobulinemia, and cytopenias. Such studies reflect that the onset of the COVID-19 pandemic reduced the number of patients undergoing CAR-T cell therapy, negatively impacting the demand for CAR T-cell therapy. However, with the introduction of vaccines and uplifting lockdown restrictions, research and development activities have been resumed, and patient visits increased, reflecting that the market is expected to grow significantly in the coming period.

The market's growth can be attributed to the factors such as the increasing burden of cancer worldwide and increasing research and development to develop CAR T-cell therapy.

The increasing burden of cancer is driving market growth. For instance, according to GLOBOCAN 2020, the estimated number of new cancer cases in 2020 was 19.3 million, which is estimated to reach 30.2 million by the year 2040 worldwide. As per a June 2021 update by the American Society of Clinical Oncology (ASCO), cancer cells are known to hide from the normal immune system, but through CAR T-cell therapy, scientists can make T cells better equipped to find and kill some cancer cells. Thus, the anticipated increase in cancer cases will drive the deman dfor CAR T-cell therapy in the coming period. Additionally, the increasing research and development are contributing to the market growth. For instance, in December 2021, Novartis reported the introduction of T-Charge, the company's next-generation CAR-T platform that will serve as the foundation for various new investigational CAR-T cell therapies in the Novartis pipeline. Such developments drive the demand for CAR T-cell therapies, thereby contributing to market growth.

However, the high cost of developing CAR T-cell therapy is a major factor hindering the market growth.

Car T-Cell Therapy Market Trends

Multiple Myeloma is Expected to Observe a Significant Growth Over the Forecast Period

By application, multiple myeloma is expected to witness significant growth. Multiple myeloma is cancer that forms in a type of white blood cell called a plasma cell. It is also known as Kahler's disease. The major factors fueling the market growth are the increasing burden of multiple myeloma, increasing research and development, and the implementation of strategic initiatives by the market players.

For instance, as per the GLOBOCAN 2020, the estimated number of new cases for multiple myeloma and immunoproliferative diseases in 2020 was about 176,000, and the number is expected to reach 290,000 by the year 2040. Additionally, as per Cancer Australia, in 2021, it was estimated that 2,423 new cases of multiple myeloma would be diagnosed in Australia (1,387 males and 1,036 females). According to the same source, in 2021, it was estimated that a person has a 1 in 117 risk of being diagnosed with multiple myeloma by age 85 (1 in 103 and 1 in 136 for females).

The increasing number of approvals is also contributing to the market growth. For instance, in February 2022, the Janssen Pharmaceutical Companies of Johnson & Johnson reported United States Food and Drug Administration (FDA) approved CARVYKTI (ciltacabtagene autoleucel; cilta-cel) for the treatment of adults with relapsed or refractory multiple myeloma (RRMM) after four or more prior lines of therapy, including a proteasome inhibitor, an immunomodulatory agent, and an anti-CD38 monoclonal antibody.

Thus, the market is expected to witness significant growth over the forecast period due to the above developments.

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

Within North America, United States has held the major share of the market. The major factors propelling the market growth in the country are the increasing burden of chronic disorders such as cancer and autoimmune disorders, growth in research and development activities, and strong and established market players.

For instance, as per the Cancer Statistics 2022 by the American Cancer Society, it was estimated that in 2022, there would be an estimated 1.9 million new cancer cases diagnosed and 609,360 cancer deaths in United States. Such a high number of cancer cases indicates the rising demand for CAR T-cell therapy in the country, thereby contributing to the market growth.

Additionally, several strategic initiatives the players implement contribute to market growth. For instance, in April 2022, Kite, a Gilead Company, reported United States Food and Drug Administration (USFDA) approved commercial production at the company's new CAR T-cell therapy manufacturing facility in Frederick, Maryland. The site will produce Kite's FDA-approved CAR T-cell therapy to treat blood cancer.

Moreover, the growing number of investments contributes to market growth. For instance, in June 2021, Blackstone reported that funds managed by Blackstone Life Sciences had committed USD 250 million towards the launch of a new autologous and allogeneic universal chimeric antigen receptor (CAR) T-cell therapy company, along with Intellia Therapeutics, Inc. and Cellex Cell Professionals GmbH, the parent company of GEMoaB GmbH, a clinical-stage cell therapy company.

Thus, the market is expected to witness significant growth over the forecast period due to the abovementioned factors.

Car T-Cell Therapy Market Competitive Analysis

The CAR T-Cell therapy market is competitive with several global and international players. The key players are adopting different growth strategies to enhance their market presence, such as partnerships, agreements, collaborations, new product launches, geographical expansions, mergers, and acquisitions. Some of the key players in the market are Novartis AG, Bristol-Myers Squibb Company, Gilead Sciences, Inc. (Kite Pharma), Johnson & Johnson, and Sorrento Therapeutics, Inc., among other players.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing Burden of Cancer Worldwide
    • 4.2.2 Increasing Invesment and Research and Development to Develop CAR T-Cell Therapy
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Developing CAR T-Cell Therapy
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Abecma
    • 5.1.2 Breyanzi
    • 5.1.3 Kymriah
    • 5.1.4 Tecartus
    • 5.1.5 Yescarta
    • 5.1.6 Others
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Leukemia
    • 5.2.2 Lymphoma
    • 5.2.3 Multiple Myeloma
    • 5.2.4 Autoimmune Disorders
    • 5.2.5 Other Application
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Cancer Care Treatment Centers
    • 5.3.3 Other End Users
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Novartis AG
    • 6.1.2 Bristol-Myers Squibb Company
    • 6.1.3 Gilead Sciences, Inc. (Kite Pharma)
    • 6.1.4 Johnson & Johnson
    • 6.1.5 Eli Lilly and Company
    • 6.1.6 Sorrento Therapeutics, Inc.
    • 6.1.7 ACROBiosystems
    • 6.1.8 Celyad Oncology
    • 6.1.9 Sangamo Therapeutics, Inc.
    • 6.1.10 Servier Laboratories
    • 6.1.11 Noile-Immune Biotech, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS