市場調査レポート
商品コード
1190063

バイオ炭の市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Biochar Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.46円
バイオ炭の市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオ炭市場は、予測期間(2022-2027年)に世界的に15%以上のCAGRで成長すると予想されています。

COVID-19は多数の国に悪影響を及ぼし、その結果、いくつかの産業で成長と生産が減少しています。しかし、人口の増加に伴う食糧需要の急増により、農業分野でのバイオ炭の消費が増加すると予想されます。

主なハイライト

  • 中期的には、植物の成長と開拓のための用途の増加や新興国におけるオーガニック食品の需要の増加が、調査対象市場の需要を牽引すると予想されます。
  • その反面、汚染や土壌侵食のリスクは、今後数年間の市場成長の妨げになると予想されます。
  • さらに、環境意識の高まりと環境に優しい製品を採用する政府の政策が、予測期間中の業界成長に新たな成長機会を提供すると予想されます。
  • 北米は、地域全体でオーガニック食品に対する需要が高まっていることから、市場を独占すると予想されます。

主な市場動向

農業分野での需要拡大

  • バイオ炭は、固形のバイオマス熱分解の副産物です。炭素を多く含む多孔質の物質で、さまざまな用途に使用されますが、中でも最も重要なのは土壌改良と修復です。
  • バイオ炭は主に農業において、土壌の肥沃度や植物の成長を改善し、作物に栄養を与えるために使用されています。土壌改良材として使用された場合、バイオ炭は土壌の物理的・化学的特性、例えば肥沃度や生産性を向上させます。
  • 適用された肥料や栄養素を保持し、農作物へ徐々に放出することができます。バイオ炭の利点は、作物の根元から栄養分が蒸発するのを防ぐため、土壌の表層にある水と栄養分を長期間保持する能力があることで、作物の収量を増やし、肥料の必要性を低下させることができるのです。
  • したがって、バイオ炭を生産農業に利用することは、環境への悪影響を減らしつつ、収穫量を増やすことになります。
  • 現在、中国と米国がバイオ炭の農業利用で先行しています。
  • 米国は世界最大の農産物生産・消費市場の一つであり、世界でも有数の農産物輸出国です。米国農務省によると、2021年の穀物生産量は4億2990万トンで、前年比2.8%の伸びを記録しています。
  • イタリアにとって農業は常に大きな意味を持っています。イタリア政府は、さまざまな取り組みを通じて、農業の振興を図り、生産の安定化を目指すとともに、農業が健全かつ持続的に増加するための方法を見出しています。イタリアの産業を支える第一の原動力は、農業食品市場です。イタリア連邦政府は数十年にわたり、農業を積極的に支援してきました。このセクターが能力を発揮するために、財産、労働、税制の改革が必要であることについては、幅広い政治的コンセンサスが得られています。
  • その結果、バイオ炭市場の需要は今後数年間、農業用途で伸びると予想されます。

ドイツが欧州市場を独占する

  • ドイツは、いくつかのバイオ炭プロジェクトを積極的に実践している上位の国の一つです。NovoCarbo Biocharは、2021年11月に開始された進行中のプロジェクトです。このプロジェクトは、森林経営から出る木材残渣や廃材をバイオ炭の形で安定した炭素に変換するものです。高度にカスタマイズ可能なバイオチャーのソリューションは、農業や土壌改良、水処理、カーペットの床材などの繊維製品の脱炭素化、持続可能な建材の添加物など、複数の産業にわたって利用することができます。
  • ドイツ国立公園ウンテレス・オーデルタールでは、湿地帯に生える栄養価の低い草をバイオ炭に変換するデモを行っています。初の完全な処理ラインを導入し、草を熱分解または水熱炭化(HTC)することでバイオ炭に変換します。
  • バイオ炭は、農業の生産性を向上させるため、主に農業分野で利用されています。さらに、畜産業における飼料としても人気を博しています。このように、ドイツでは農業、動物飼料、工業などの用途でバイオ炭の使用が増加しており、バイオ炭の需要を促進しています。
  • ドイツでは、国土の約半分が農業に利用されています。また、世界第3位の農産物の輸出国です。ドイツの農地の約3分の1では穀物が主に栽培されており、小麦が主要作物で、次いで大麦、ライ麦が多いです。
  • Altech Agri-Food Outlook 2022によると、同国の飼料生産量は2020年の2493万トンに対し、2021年には約2451万トンとなります。同国には、AGRAVIS Raiffeisen AG、DTC Deutsche Tiernahrung Cremer GmbH &Co.など、世界最大の動物飼料メーカーのうち約5社が存在します。KG、H. Broring GmbH &Co.KG、MEGA Tierernahrung GMBH &Co.KG、Rothkotter-Mischfutterwerkの5社です。
  • しかし、2021年には動物病である鳥インフルエンザ(AI)の蔓延により、配合飼料生産が大きな影響を受けました。同国は飼料産業の成長が横ばいとなり、2022年の成長が期待されます。

競合情勢

世界のバイオ炭市場は部分的に統合されており、少数の大手企業が市場のかなりの部分を支配しています。いくつかの主要企業(順不同)は、Biochar Industries、Biochar Supreme、Swiss Biochar GmbH、ArSta Eco、およびAirex Energyなどです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 植物の成長・発達のための用途の拡大
    • 新興諸国におけるオーガニック食品への需要拡大
    • 欧州バイオ炭認証(EBC)の誕生と活用
  • 抑制要因
    • 汚染と土壌侵食のリスク
    • その他の制約事項
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターズファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量ベース)

  • 技術分野
    • 熱分解
    • ガス化システム
    • その他の技術
  • 用途
    • 農業分野
    • 畜産
    • 工業用
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • スウェーデン
      • オーストリア
      • スイス
      • 英国
      • その他の欧州地域
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、共同研究、契約書
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Airex Energie Inc.
    • Biochar Industries
    • Biochar Supreme
    • Carbon Gold
    • Diacarbon Energy Inc.
    • Karr Group
    • Phoenix Energy
    • Sunriver Biochar
    • Swiss Biochar GmbH
    • The Biochar Company LLC
    • Vega Biofuels
    • Wonjin Group

第7章 市場機会と今後の動向

  • 英国で進行中の数多くのプロジェクト
  • その他のビジネスチャンス
目次
Product Code: 69403

The Biochar market is expected to grow at a CAGR of over 15% globally during the forecast period (2022-2027).

COVID-19 negatively affected numerous countries, which resulted in declining growth and production in several industries. However, the surging demand for food with the rising population is anticipated to increase the consumption of biochar in the agriculture industry.

Key Highlights

  • Over the medium term, increasing applications for plant growth and development and growing demand for organic foods in developing countries are expected to drive the demand for the market studied.
  • On the flip side, the risk of contamination and soil erosion is expected to hinder the market's growth in the coming years.
  • Furthermore, rising environmental awareness and government policies to adopt environmentally friendly products are expected to offer new growth opportunities to the industry growth over the forecast period.
  • North America is expected to dominate the market due to the growing demand for organic food across the region.

Key Market Trends

Growing Demand from Agriculture

  • Biochar is a solid byproduct of biomass pyrolysis. It is a carbon-rich, porous material used for various applications, the most important of which is soil improvement and remediation.
  • Biochar is primarily used in agriculture to improve soil fertility and plant growth and to provide crop nutrition. When used as a soil amendment, biochar improves the soil's physical and chemical properties, such as fertility and productivity.
  • It can retain applied fertilizer and nutrients and gradually release them to agronomic crops. The benefit of biochar is its capacity to hold onto water and nutrients in the surface soil horizons for extended periods as it prevents nutrients from evaporating from the crop root zone, thus increasing crop yields and lowering the need for fertilizer.
  • Hence, using biochar in production agriculture increases yields while decreasing negative environmental impacts.
  • Currently, China and United States are the forerunners in using biochar for agricultural purposes.
  • United States is one of the world's largest producing and consuming markets for agricultural products and one of the top agriculture exporters in the world. According to the US Department of Agriculture, in 2021, the total grain production in the country stood at 429.9 million metric tons, registering a growth of 2.8% compared to last year.
  • Agriculture has always been of great significance to Italy. Through various initiatives, the Italian government has been promoting the agricultural industry, aiming to stabilize production and finding ways to ensure that the sector is increasing healthily and sustainably.​ The number one driving force behind the Italian industry is the agri-food market. The Italian federal government has actively supported agriculture for decades. There is broad political consensus on the need for property, labor, and tax reform to help the sector achieve its capacity.
  • As a result, the demand for the biochar market is expected to grow in agriculture applications in coming years.

Germany to Dominate the European Market

  • Germany is among the top countries which are actively practicing several biochar projects. NovoCarbo Biochar is an ongoing project started in November 2021. The project transforms wood residues from forest operations and waste wood into stable carbon in the form of biochar. The highly customizable biochar solutions can be used across several industries, including agriculture and soil amendment, water treatment, decarbonizing textiles such as carpet flooring, and as an additive in sustainable building materials.
  • The German demo site at Nationalpark Unteres Odertal converts low-nutritional grass from the wetlands into biochar. By implementing a first complete processing line, the grass is transformed into biochar by pyrolysis or hydrothermal carbonization (HTC).
  • Biochar is mainly used in agriculture as it improves overall farming productivity. Further, it has also gained popularity as an animal feed in livestock farming. Thus, the increasing use of biochar in applications such as agriculture, animal feed, and industry in Germany is driving the demand for biochar in the country.
  • In Germany, about half of the land is used for agriculture. It is the third-largest exporter of agricultural goods in the world. Grain is majorly cultivated on about one-third of the agricultural land of Germany, where wheat is the leading crop, followed by barley and rye.
  • According to Altech Agri-Food Outlook 2022, the country produced around 24.51 million metric tons of feed in 2021 compared to 24.93 million metric tons in 2020. The country is home to about five of the world's largest animal feed manufacturers, including AGRAVIS Raiffeisen AG, DTC Deutsche Tiernahrung Cremer GmbH & Co. KG, H. Broring GmbH & Co. KG, MEGA Tierernahrung GMBH & Co. KG, and Rothkotter-Mischfutterwerk.
  • However, in 2021, compounded feed production was severely affected due to the spread of the animal disease Avian Influenza (AI). The country was likely to experience flattened growth in the feed industry, with expected growth in 2022.

Competitive Landscape

The global biochar market is partially consolidated, with a few major players dominating a significant portion of the market. Some major companies (not in any particular order) are Biochar Industries, Biochar Supreme, Swiss Biochar GmbH, ArSta Eco, and Airex Energy, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Applications for Plant Growth and Development
    • 4.1.2 Growing Demand for Organic Foods in Developing Countries
    • 4.1.3 Emergence and Usage European Biochar Certificate (EBC)
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Risk of Contamination and Soil Erosion
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porters Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Pyrolysis
    • 5.1.2 Gasification Systems
    • 5.1.3 Other Technologies
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Agriculture
    • 5.2.2 Animal Farming
    • 5.2.3 Industrial Uses
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 Australia
      • 5.3.1.3 South Korea
      • 5.3.1.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 Sweden
      • 5.3.3.3 Austria
      • 5.3.3.4 Switzerland
      • 5.3.3.5 United Kingdom
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Airex Energie Inc.
    • 6.4.2 Biochar Industries
    • 6.4.3 Biochar Supreme
    • 6.4.4 Carbon Gold
    • 6.4.5 Diacarbon Energy Inc.
    • 6.4.6 Karr Group
    • 6.4.7 Phoenix Energy
    • 6.4.8 Sunriver Biochar
    • 6.4.9 Swiss Biochar GmbH
    • 6.4.10 The Biochar Company LLC
    • 6.4.11 Vega Biofuels
    • 6.4.12 Wonjin Group

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Numerous Upcoming Projects in United Kingdom
  • 7.2 Other Opportunities