市場調査レポート
商品コード
1189905

自動車用エアバッグ市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Automotive Airbags Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 70 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
自動車用エアバッグ市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 70 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車用エアバッグ市場は、予測期間(2022-2027年)に12%以上のCAGRを記録して成長すると予想されています。

世界のパンデミックのために、すべての部門が深刻な打撃を受け、主要な経済のサプライチェーンと製造が中断されました。これにより、2020年には車両販売だけでなく、エアバッグ市場全体が阻害されました。しかし、2021年には、自動車需要の増加により、自動車用エアバッグ市場の活性化が期待されます。

例えば、2019年には世界中で約8,200万台の自動車が生産されましたが、2020年には約7,800万台まで激減しました。しかし、2021年には自動車全般の需要増により、8,000万台強まで増加しました。このような状況を考えると、自家用車に投資しようとする人が増えているため、乗用車の需要は増加することが予想されます。

さらに、新車の早期生産に伴い、インド、米国、多くの南米諸国など各国の政府が乗用車や商用車の安全規制を実施しており、その中には車両にエアバッグを搭載することも義務づけられています。

このような政府の優遇措置や乗用車の販売台数の増加により、世界的にエアバッグの需要が増加することが予想されます。

主な市場動向

厳しい自動車安全規制が市場を牽引

あらゆる車種において自動車の安全性に対する意識が高まっていることから、自動車用エアバッグ市場は大きな成長を遂げると予想されます。統計によると、フロントエアバッグは前面衝突の死亡率を29%低減し、乗員の頭部を保護するサイドエアバッグは、ハッチバックやセダンでは死亡事故のリスクを37%低減し、SUVでは50%以上低減することができるとされています。世界各国の政府は、衝突時の被害を軽減するために特定の受動的安全装置の使用を義務付けており、エアバッグもその一つです。

例えば、米国では1998年から、ニュージーランドでは2001年からエアバッグの使用が維持されています。そのため、2014年モデルからは、すべての新型乗用車がサイドエアバッグの連邦規制に適合する必要があります。その結果、ほとんどの乗用車にサイドエアバッグが標準装備されるようになりました。

同様にインドでは、2019年第4四半期にデュアルフロントエアバッグの整備が義務化されました。それ以降、上記の国々で生産されるすべての自動車は、少なくともデュアルフロントエアバッグを標準装備しています。

さらに、カナダ、ドイツ、英国、その他の欧州諸国などでは、エアバッグを維持するための特別なルールがあるそうです。

しかし、自動車メーカーはこのような受動的安全装置の必要性を認識しており、すべての自動車にエアバッグが搭載されています。そのため、新車販売台数の増加に伴い、自動車用エアバッグ市場の拡大が期待されています。

例えば、2022年3月、Fordは英国でコンパクトハッチバック「フォーカス」を発売しました。同車は、デュアルフロンドエアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグを全車種に標準装備しています。

世界の金融危機の影響で生産が停止し、各国の自動車販売台数は若干減少していますが、新車の需要は増加傾向にあります。時間とともに、新車の需要はこの1年で増加傾向にあります。

例えば、オーストラリアでは2019年に約80万台の乗用車の新車が販売され、67万台近くまで減少しました。しかし、2021年には約11%増の75万台強とけた違いの伸びを見せました。そして、この75万台の新車乗用車のうち、95%以上が少なくともフロントエアバッグを搭載しているのです。

また、ほとんどの国が少なくともフロントエアバッグを搭載していることから、予測期間中はフロントエアバッグ分野が市場をリードすると予想されます。

アジア太平洋地域が予測期間中に大幅な成長を遂げる見込み

安全性や快適性に対する消費者の嗜好の高まり、中級車におけるサイドエアバッグやカーテンエアバッグの普及、自動車の安全機能に対する需要の高まりが、アジア太平洋地域における乗用車や商用車の先進安全性の成長の主な要因となっています。また、乗客の安全性を向上させるための政府の取り組みや、システムおよび部品コストの低下により、エアバッグの需要は予測期間中に増加すると予想されます。

アジア太平洋地域では、中国、日本、インドといった国々が、政府の規制と膨大な自動車需要を背景に、自動車用エアバッグ市場を牽引しています。中国が2,100万台以上の乗用車を販売し、自動車販売をリードしており、次いで日本が400万台の乗用車を2021年に販売する予定です。パンデミックにもかかわらず、中国の自動車販売台数は2021年に跳ね返り、2019年の数字よりわずかに多くなっています。

さらに、インドは新興国であるため、国民や政府の意識の高まりから、エアバッグの需要が大きいです。例えば、2019年にデュアルフロントエアバッグを義務化した後、2022年には、政府はインド国内の自動車に6つのエアバッグを義務化しました。これにより、2022年10月1日以降に製造されるすべての車には、6個のエアバッグが標準装備されることになりました。このため、多くの自動車メーカーが、すべての車種に6個のエアバッグを標準装備するようになりました。

  • 例えば、2022年2月にKiaがインドで発売した新型MPVは、全車種に6個のエアバッグを標準装備しています。
  • Maruti Suzukiは2022年2月に新型Balenoを発売し、2つのエアバッグを標準装備し、上位2車種には6つのエアバッグを搭載しています。

したがって、少なくとも2つのエアバッグを搭載した新車の発売により、アジア太平洋地域では、新車の乗用車の需要と販売の増加が、自動車市場を牽引すると予想されます。

競合情勢

Visteon Corporation、ZF Friedrichshafen AG、Autoliv Inc.、Delphi Technologies、Neaton Auto Products Manufacturing Inc、Toyoda Goseiなど数多くの企業が、自動車カーテンエアバッグ分野のマーケットリーダーとして活躍しています。ライバル企業に対して優位に立つために、これらの企業は新技術を開発してきました。例えば、以下のようなものです。

  • Toyoda Goseiは2021年7月、乗員をより安全に保護できる新構造の運転席用エアバッグを開発しました。運転席用エアバッグは、ステアリングホイールの中央に搭載され、前面衝突時に展開し、促進要因の頭部や胸部にかかる力を軽減させるものです。新型エアバッグは、ドーナツ型の独創的な構造で頭部を包み込むように支えて回転を抑え、斜め前方からの衝突時に乗員をより確実に保護します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • カーテンエアバッグ
    • ニーエアバッグ
    • フロントエアバッグ
    • 膨張式シートベルト
  • 販売チャネル別
    • OEM
    • リプレイス/アフターマーケット
  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • ロシア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Autoliv Inc.
    • ZF Friedrichshafen AG
    • Yanfeng(Huayu Automotive Systems Co., Ltd.)
    • Joyson Safety Systems
    • Toyoda Gosei Co. Ltd.
    • East Joy Long Motor
    • Takata Corporation
    • Neaton Auto Products Manufacturing Inc.
    • Sumitomo Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 91297

The Automotive Airbag market is expected to grow registering a CAGR of more than 12% in the forecast period (2022-2027).

Owing to the global pandemic, all the sectors were severely hit, disrupting the supply chain and manufacturing of major economies. This not only hampered the vehicle sales, but also the overall airbag market in 2020. However, in 2021, the increased vehicle demand is expected to fuel the automotive airbag market.

For instance, in 2019 about 82 million units of vehicles were produced around the globe, which drastically fell to nearly 78 million units in 2020. But in 2021, due to the increased demand for cars in general, the sales increased to a little over 80 million units. Considering the situation, the demand for passenger cars is expected to increase as more people are looking to invest in their own vehicles.

Additionally, with new vehicles being produced early, governments of various countries like India, United States, and many South American countries are implementing safety regulations for passenger cars and commercial vehicles, which also include maindating airbags in vehicles.

Such government incentives and the increase in the sales of passenger cars are expected to increase the demand for airbags in globally.

Key Market Trends

Stringent Automotive Safety Norms are Expected to Drive the Market

Due to the rise in awareness of vehicle safety among all types of vehicles, the automotive airbags market is expected to witness significant growth. As per the statistics, front airbags reduce the fatality in frontal collisions by 29% and side airbags protecting the occupant's head, can reduce the risk of fatal injuries by 37% for a hatchback or a sedan, and by more than 50% for an SUV. Many governments of countries across the globe have mandated the use of certain passive safety devices to mitigate the damage of the collision, airbags are among them.

For instance, the use of Airbags has been maintained in United States since 1998 and in New Zealand in 2001. So, as of 2014 model year cars, all the new passenger vehicles become have to comply with side airbags federal regulations. As a result, side airbags are a standard feature in the majority of passenger automobiles.

Similarly, in India, the use of dual front airbags maintained was mandated in Q4 of 2019. Since then, all the cars produced in the above-mentioned countries have at least dual front airbags as standard.

Moreover, in countries like Canada, Germany, United Kingdom, and other European countries, their ist's a specific rule for maintaining airbags. However, the carmakers know the need of such passive safety devices, hence all the cars come equipped with them.

Owing to the awareness and governments pushing or increased vehicle safety almost all the carmaker are offering front airbags as standard. Hence with the increase in the sales of new vehicles, across the globe, the automotive airbag market is expected to grow.

For instance, in March 2022, Ford launched its compact Hatchback Focus in United Kingdom. The car features dual frond airbags, side airbags and curtain airbags as standard across all variants.

Although the number of vehicles sold in various countries witness a slight decline in sales because of the halting of manufacturing due to the global pandamic. With time, demand for new vehicles has seen an increase over the past year.

For example, in 2019 in Australia about 800,000 units of new passenger vehicles were sold, which decreased to nearly 670,000 units. But in 2021, the sales saw a derastic increase in of about 11% to a little over 750,000 units. And among the 750,000 units of new passenger vehicles sold, more than 95% of them were equipped with at least front airbags.

Additionally, as most of the countries have maindaited at least frond airbags, the front airbag segment is expected to lead the market in the forecast period.

Asia-Pacific is Expected to Witness Significant Growth In the Forecast Period

The increased consumer preference for safety and comfort features, the increased penetration of Side and Curtain airbags in mid-level cars, and the rising demand for safety features in vehicles are primarily responsible for the growth of advanced safety in passenger cars and commercial vehicles in the Asia-Pacific region. The demand for airbags is also anticipated to increase over the forecast period as a result of government initiatives to improve passenger safety as well as falling system and component costs.

In the Aisa-Pacific region, countries like China, Japan and India are driving the automotive airbag market owing to the immense demand for cars in both the countries coupled with government regulations. China is leading the vehicles sales with more than 21 million passenger cars sold in the country, followed by Japan with 4 million units of passenger cars in 2021. Despite the pandemic, China's car sales have bounced back in 2021, which is marginally more than in 2019 figures.

Additionally, India being an emerging economy, it has significant demand for airbags due to the rising awareness among people and the government. For instance, after maindating dual front airbags in 2019, in Martch 2022, the government has made 6 airbags compulsory in cars in India. Now all the cars manufactured after 1st October 2022, will come with 6 airbags as standard. Because of this, many car makers have started incorporating 6 airbags as standard in across all variants.

  • For instance, in February 2022, Kia launched their new MPV in India that cames equipped with 6 airbags as standard across all variants.
  • In February 2022, Maruti Suzuki launched the new Baleno that comes with 2 airbags as standard and 6 airbags for the top two variants.

Hence with new vehicles launch with at least two airbgas, in aisa-pacific region, the increase in demand and sales of new passenger cars is expected to drive the automotive market in the Asia-Pacific region.

Competitive Landscape

Numerous companies, including Visteon Corporation, ZF Friedrichshafen AG, Autoliv Inc., Delphi Technologies, Neaton Auto Products Manufacturing Inc., and Toyoda Gosei Co. Ltd., are market leaders in the automobile curtain airbags sector. To get an advantage over rival companies, these businesses have been developing new technologies. For instance,

  • In July 2021, Toyoda Gosei Co., Ltd. has developed a driver-side airbag with a new structure that can more safely protect the occupant. Driver-side airbags, which are mounted in the middle of the steering wheel, deploy during frontal crashes to lessen the force on the driver's head and chest. The new airbag uses an inventive doughnut-shaped construction to cradle and support the head to lessen spin, protecting the occupant more securely during slanted frontal impacts.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Curtain Airbags
    • 5.1.2 Knee Airbags
    • 5.1.3 Front Airbags
    • 5.1.4 Inflatable Seat Belts
  • 5.2 By Sales Channel
    • 5.2.1 OEM
    • 5.2.2 Replacement/Aftermarket
  • 5.3 by Vehicle Type
    • 5.3.1 Passenger Cars
    • 5.3.2 Commercial Vehicles
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 Uinted Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Russia
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 India
      • 5.4.3.2 China
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 South Korea
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 Rest of the Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Autoliv Inc.
    • 6.2.2 ZF Friedrichshafen AG
    • 6.2.3 Yanfeng (Huayu Automotive Systems Co., Ltd.)
    • 6.2.4 Joyson Safety Systems
    • 6.2.5 Toyoda Gosei Co. Ltd.
    • 6.2.6 East Joy Long Motor
    • 6.2.7 Takata Corporation
    • 6.2.8 Neaton Auto Products Manufacturing Inc.
    • 6.2.9 Sumitomo Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS