デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1189734

航空機用バッテリー市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Aircraft Battery Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 113 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
航空機用バッテリー市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 113 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

航空機用バッテリー市場は、予測期間中(2022年~2027年)に7%を超えるCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは航空市場に様々な影響を与え、その影響は予測期間中も続くと予想されます。民間部門では、2020年と2021年に旅客数が激減しました。また、各国で複数のパンデミックの波が到来しており、完全な回復には2~3年かかると予想されます。

航空機に使用される複数の電気システムを含む、より電気的なアーキテクチャへのシフトに起因します。航空機は高いエネルギー貯蔵能力と長寿命を必要とし、それがさらに航空機用バッテリーの進歩と革新の機会を生み出しています。また、航空旅行が増加し、新しい航空機の需要が増加し、航空産業における無人車両の需要が増加していることも、市場の成長を促進しています。

民間・商業分野では、農業、鉱業、建設、娯楽などさまざまな用途でUAVの利用が非常に高まっています。軍事分野のUAVは監視や調査に使用され、商業分野のUAVは物流に活用することができます。航空分野でのUAVの用途が拡大しているため、UAVに搭載される電池の需要が伸びています。軍事、民間、商業用途でのUAVの利用拡大が、航空機用バッテリー市場の成長を加速させると予想されます。

リチウムベースの電池による運用リスク、政府の規則・規制、リスクハザード、航空機の原材料技術の高い初期コストが、航空機用バッテリー市場の成長を阻害しています。

主な市場動向

リチウムイオン電池セグメントは予測期間中に高いペースで成長すると予想される

航空機の電動化により、今後数年間はリチウムイオン電池の需要が高まると予想されます。リチウムイオン電池は、ニッケルカドミウム(NiCad、NiCd、Ni-Cdとも呼ばれる)電池よりもサイズが小さく、メンテナンスが不要で、環境的に安全な電池です。このため、予測期間中、リチウムイオン電池の使用は、他のタイプに比べて最も高い割合で増加すると思われます。現在、リチウムイオン電池はボーイング787ドリームライナー機で使用されているほか、エアバスA380でも非常用照明の電源として使用されています。また、Airbusは当初、エアバス350にリチウムイオン電池を搭載することを計画していました。しかし、ボーイング787でリチウムイオン電池が原因で数件の事故が発生したため、エアバス350にはニッケル水素電池を採用することにしました。その後、安全性などを詳細に検討した結果、Airbusはエアバス350にリチウムイオン電池を搭載することを決定しました。商用航空機プログラムに加えて、ロッキード・マーチン社のF-35ライトニングII航空機のような軍用機もリチウムイオン電池を配備しています。F-35戦闘機は、飛行制御作動のバックアップ電源にリチウムイオン電池を利用しています。さらに、各社は航空機の電力を効率的に供給できる新しい電池技術の開発を進めています。例えば、2022年3月、Airbus Defence and Spaceは、DaherによるEcoPulse実証機の電源に使用する新しい高電圧リチウムイオン電池システムを試験すると発表しました。ニッケルカドミウム電池にマッチしたリチウムイオン電池の需要増が、航空機用バッテリーの市場規模を押し上げています。

アジア太平洋地域は予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想される

アジア太平洋地域は、旅客輸送量の回復に伴う航空会社の商用航空機の調達が好調であることから、予測期間中に最も高い成長を遂げると予想されています。中国、インド、日本、韓国の航空会社は、航空機の拡張と近代化プログラムの一環として、航空機OEMにナローボディおよびワイドボディの航空機を大量に発注しています。ボーイングによると、アジア太平洋地域では2021年から2040年の間に17,645機の航空機が納入される予定です。納入される航空機の約76%は単通路機で、そのうち約50%が中国の航空会社に納入される見込みです。国内旅客輸送量の回復が、今後数年間のナローボディ航空機の調達を促進しています。これに加えて、国家間の地政学的緊張の継続による域内諸国の軍事費の増大が、空軍の航空能力強化のための新世代軍用機調達への投資を促進すると予想されます。この点、韓国空軍は現在、2014年に発注した一部でF-35戦闘機を獲得しています。現在、韓国空軍は14機を保有していますが、60機の第5世代戦闘機の必要性を満たすために、20機のF-35Aを追加発注する予定です。同様に、商業用途のドローンの普及も市場の成長を押し上げると予想されます。

競合情勢

航空機用バッテリー市場の有力企業には、Concorde Battery Corporation、GS Yuasa International Ltd、Kokam、Teledyne Technologies Incorporated、Saft Groupe SASなどが挙げられます。 Concorde Battery Corporationは、ボーイングCH-47チヌーク、ノースロップグラマンEA-6Bプローラー、シコルスキーCH-53Kキングスタリオン、ボーイングF/A-18スーパーホーネット、ベルボーイングV-22オスプレーなどの軍用機プログラム向けに航空機電池を提供している主要企業の1つです。同様に、Saft Groupe SASは、ATR 42/72、エアバス A320、エアバス A330、ボーイング 737、ボーイング 777、エンブラエルE-Jet 170/190シリーズなどのエアバスおよびボーイングの主要商用航空機プログラムや、ファルコン2000、ファルコン900LX、エアバス A400M、ロッキード・マーティンF-35などの軍事・一般航空航空機プログラムをサポートしています。商用航空機の成長と軍用機の調達増加により、航空機用バッテリー市場は急速に成長すると予想されます。また、航空機の電動化が進む中、各社は新しい高度な電池技術の開発を進めています。2021年7月、Rolls-Royceは、2030年までに8000万英ポンド(9691万米ドル)を投資し、eVTOLや電動コミューター機用の新しいエネルギー貯蔵システムを開発する計画を発表しました。また、航空機の電池のメンテナンスと交換は、True Blue PowerやKokamなどの企業による電池への需要を高めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • 鉛蓄電池
    • ニッケル・カドミウム電池
    • リチウムイオン電池
  • 航空機の種類
    • 商用航空機
    • 軍用機
    • 一般航空
    • 無人航空機
  • サプライヤー
    • メーカー
    • アフターマーケット
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • カタール
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Tesla
    • Concorde Battery Corporation
    • GS Yuasa International Ltd
    • Kokam
    • Teledyne Technologies Incorporated
    • Mid-Continent Instrument Co. Inc.
    • Saft Groupe SAS
    • Sichuan Changhong Battery Co. Ltd
    • Meggitt PLC
    • ENERSYS
    • EaglePicher Technologies, LLC
    • HBL Power Systems Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 62114

The aircraft battery market is anticipated to register a CAGR of over 7% during the forecast period (2022 - 2027).

The COVID-19 pandemic affected the aviation market in many ways, and the effect of the pandemic is expected to continue even during the forecast period. In the commercial sector, passenger traffic plummeted drastically in 2020 and 2021. With the advent of multiple pandemic waves in many countries, it is expected to take 2-3 years to recover completely.

Owing to the shift toward more electric architecture, including several electrical systems used in aircraft. The aircraft require high energy storage capacity and longevity, which further generates opportunities for advancement and innovation in aircraft batteries. The astral rise in air travel, further leading to augmented demand for new aircraft and an increase in demand for unmanned vehicles in the aviation industry, also fosters the growth of the market.

In the civil and commercial sectors, the use of UAVs is extremely growing for various applications in agriculture, mining, construction, and entertainment sector, among others. UAVs in military sectors are used for monitoring and investigation, and commercial UAVs can be utilized in logistics. The demand for batteries in UAVs is growing as the application of UAVs is increasing in the aviation sector. The growing use of UAVs for military, civil, and commercial applications is expected to accelerate the aircraft battery market growth.

The operational risk from lithium-based batteries, government rules & regulations, risk hazards, and the high initial cost of raw aircraft technologies hinder the aircraft battery market growth.

Key Market Trends

Li-ion Batteries Segment Projected to Grow at a High Pace During the Forecast Period

The shift toward all-electric aircraft is expected to generate demand for lithium-ion batteries in the coming years. Lithium-ion (or Li-ion) batteries are smaller in size, require low maintenance, and are environmentally safer than Nickel-cadmium (also called NiCad, NiCd, or Ni-Cd) batteries. Due to this, the use of the lithium-ion battery is likely to increase at the highest rate when compared to other types during the forecast period. Currently, lithium-ion batteries are being used in Boeing 787 Dreamliner aircraft and are also used in Airbus A380 to power its emergency lighting system. Also, Airbus initially planned to use Li-ion batteries in Airbus 350. Still, following the few accidents in Boeing 787 due to Li-ion batteries, the OEM decided to use Ni-Cd batteries for Airbus 350. Later, after considering the safety issues and other factors in detail, Airbus decided to install Li-ion batteries in Airbus 350. In addition to commercial aircraft programs, military aircraft like Lockheed Martin F-35 Lightning II aircraft also deploy Li-ion batteries. The F-35 fighter jet utilizes Li-ion batteries for flight control actuation backup power. Furthermore, the companies are developing new battery technologies that can efficiently power aircraft. For instance, in March 2022, Airbus Defence and Space announced it would be testing a new high-voltage lithium-ion battery system that will be used to power the EcoPulse demonstrator aircraft by Daher. Increasing demand for lithium ion-based batteries matched to nickel-cadmium batteries is boosting the market size of the aircraft battery market.

Asia-Pacific Region is Expected to Grow at Highest CAGR During the Forecast Period

The Asia-Pacific is expected to grow at the highest growth during the forecast period owing to the robust procurement of commercial aircraft from the airlines due to the region's recovering passenger traffic. The airlines in China, India, Japan, and South Korea have huge order books for narrow-body and wide-body aircraft to aircraft OEMs as a part of fleet expansion and modernization programs. According to Boeing, the Asia-Pacific region will receive 17,645 aircraft deliveries during the 2021 - 2040 period. About 76% of the delivered aircraft are expected to be single-aisle aircraft, and approximately 50% of aircraft will be delivered to airlines in China. The recovery of domestic passenger traffic is propelling narrow-body aircraft procurement in the coming years. In addition to this, the growth in military spending of the countries in the region due to the ongoing geopolitical tensions between the countries is expected to propel the investment of the armed forces into the procurement of new generation military aircraft to strengthen their aerial capabilities. In this regard, the Republic of Korea Air Force is currently acquiring F-35 fighter jets as a part of an order placed in 2014. Currently, the air force has 14 aircraft in service, and the country plans to order additional 20 F-35A aircraft to fulfill its requirement for 60 fifth-generation fighters. Similarly, the proliferation of drones for commercial applications is expected to boost the growth of the market.

Competitive Landscape

Some of the prominent players in the aircraft battery market are Concorde Battery Corporation, GS Yuasa International Ltd, Kokam, Teledyne Technologies Incorporated, and Saft Groupe SAS. Concorde Battery Corporation is one of the major companies that provide aircraft batteries for military aircraft programs like Boeing CH-47 Chinook, Northrop Grumman EA-6B Prowler, Sikorsky CH-53K King Stallion, Boeing F/A-18 Super Hornet, and Bell Boeing V-22 Osprey, among others. Similarly, Saft Groupe SAS supports major commercial aircraft programs of Airbus and Boeing like ATR 42/72, Airbus A320, Airbus A330, Boeing 737, Boeing 777, and Embraer E-Jet 170/190 series aircraft, along with military and general aviation aircraft like Falcon 2000, Falcon 900LX, Airbus A400M and Lockheed Martin F-35, among others. Owing to the growth of commercial aviation, along with an increase in the procurement of military aircraft, the aircraft battery market is expected to grow rapidly. Also, with the ongoing electrification of aircraft, the companies are developing new and advanced battery technologies. In July 2021, Rolls-Royce announced its plan to invest GBP 80 million (USD 96.91 million) by 2030 to develop new energy storage systems for eVTOLs and electric commuter aircraft. The maintenance and replacement of batteries in aircraft have also increased the demand for batteries from companies, like True Blue Power and Kokam, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Lead Acid Battery
    • 5.1.2 Nickel Cadmium Battery
    • 5.1.3 Lithium-ion Battery
  • 5.2 Aircraft Type
    • 5.2.1 Civil Aviation
    • 5.2.2 Military Aviation
    • 5.2.3 General Aviation
    • 5.2.4 Unmanned Aerial Vehicles
  • 5.3 Supplier
    • 5.3.1 Original Equipment Manufacturer
    • 5.3.2 Aftermarket
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 France
      • 5.4.2.3 Germany
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 South Korea
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Rest of Latin America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 United Arab Emirates
      • 5.4.5.3 Qatar
      • 5.4.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Tesla
    • 6.2.2 Concorde Battery Corporation
    • 6.2.3 GS Yuasa International Ltd
    • 6.2.4 Kokam
    • 6.2.5 Teledyne Technologies Incorporated
    • 6.2.6 Mid-Continent Instrument Co. Inc.
    • 6.2.7 Saft Groupe SAS
    • 6.2.8 Sichuan Changhong Battery Co. Ltd
    • 6.2.9 Meggitt PLC
    • 6.2.10 ENERSYS
    • 6.2.11 EaglePicher Technologies, LLC
    • 6.2.12 HBL Power Systems Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS