デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1189686

航空宇宙用ベアリング市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Aerospace Bearing Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
航空宇宙用ベアリング市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

航空宇宙用ベアリング市場は、予測期間中にCAGR6.5%で成長すると予測されています。

パンデミックにより、様々な政府が厳しい規制を課し、原材料の輸出入を禁止したため、航空宇宙用ベアリングシステムの製造に必要な貴重な部品に関して、突然のダウンタイムが発生しました。また、世界の封鎖により、各国のメーカーが事業の全部または一部の停止を余儀なくされました。さらに、パンデミックにより、先進的なベアリングシステムの開発に関する活動や取り組みに遅れが生じています。COVID-19が減少したことで、世界各国の政府が厳しい規制を緩和し、国境を開放するようになり、貿易の自由な流れと原材料、部品、コンポーネントが入手可能になったため、メーカーは生産を再開し、航空宇宙用ベアリングの調達需要の増加に対応できるようになりました。したがって、このことは今後数年間、市場の安定的な成長につながると考えられます。

航空宇宙用ベアリングは、長期間の運用のために適切な手入れとメンテナンスが必要です。航空宇宙用ベアリングの寿命を延ばすためには、正しい使用方法と設置方法を確認することが重要です。排出基準と気候変動目標に関連する政府の政策と規制の変化も、近い将来、航空宇宙用ベアリングの生産を妨げるでしょう。さらに、自動化と状態監視、再製造のデジタルサービスにより、スクラップ率を減らし、エネルギー効率と環境面のメリットを向上させることができます。

過去数十年間、航空宇宙産業用ベアリングは大きな進化を遂げてきました。軽量で耐久性、信頼性の高いベアリングの開発に重点を置いてきた結果、先進的な複合材ベースのベアリングが開発されるようになりました。また、航空宇宙用ベアリングの新世代は、それによって航空宇宙用ベアリングのメンテナンスコストの面で減少につながる、最小限の摩擦だけでなく、ノイズを可能にする重量だけでなく、占有面積の減少など、様々な高度な機能で作られています。また、このような機能は、ベアリングの効率を向上させるため、ベアリングは、それによって市場の成長につながる、最小限のコストで動作するのに役立つものとします。

主な市場動向

ボールベアリングは予測期間中に大幅な成長を遂げる見通し

ボールベアリングは、予測期間中に大きな成長を遂げることが期待されています。ボールベアリングは、航空機の機体やエンジンの設計に広く使用されています。航空宇宙用ボールベアリングは、ベアリングの中でも最も汎用性が高く、研究・設計・製造されています。この分野の成長は、低摩擦、高耐久性といったボールベアリングの様々な特徴によるもので、航空分野での使用に適しています。航空宇宙用ボールベアリングは、空気循環システム、電子エンジン駆動制御ユニット、燃料供給、空調、衛星スイッチング素子、ナビゲーションツール、貨物、補給ステーション、アンテナおよびサンプロテクターシステム、圧力調整システム、測定・制御システムなどの複数のアプリケーションで使用されています。

航空宇宙用深溝ボールベアリングには、通常、ベアリングが使用される用途と環境に適した軍用仕様のグリースがあらかじめ充填されています。エアロシェルグリースは、一般的に非公式の業界標準と考えられており、多くのグレードとタイプが非常に広い温度公差と、結露水、凍結防止液などの外部汚染にさらされた場合の高いレベルの安定性を提供します。ベアリングに使用されるグリースの量や充填量は、用途によって異なります。現在、GRW社は航空・防衛市場の安全・品質規制に適合した航空宇宙用ボールベアリングを提供しています。このような新興国市場の開拓が、予測期間中の市場の成長につながると思われます。

北米は予測期間中に大幅な成長を遂げる見込み

北米地域は、予測期間中に大きな成長を示すことが期待されています。北米地域における航空宇宙用ベアリング市場の開拓は、様々な航空機OEMや航空機部品メーカーの存在に起因しています。北米地域における軍事費の増加や多数の軍用航空機の調達も、予測期間中の大きな成長に貢献するでしょう。米国とカナダでは、信頼性の高い新しい航空宇宙用ベアリングの需要が増加し、航空機の組み立てに関連するアプリケーションが増加していることも、長期的な市場の成長に寄与すると考えられます。Accurate Bushing Company、Federal-Mogul Corporation、MSC Industrial Supply Companyなど、米国のさまざまな航空宇宙用ベアリングメーカーが、重量や占有面積の削減などさまざまな先進的機能を備えた新しい複合材ベースのベアリングの開発に取り組んでおり、摩擦や騒音を最小限に抑え、メンテナンスコストの削減につながることから、予測期間中の市場成長を後押しするものと思われます。

競合情勢

航空宇宙用ベアリング市場の最も著名な選手のいくつかは、ASTベアリング、オーロラベアリング、GGBベアリングテクノロジー、JTEKT、およびKaman Specialityベアリング、他の間でされています。現在、さまざまな企業が、航空宇宙用ベアリングの新製品開発および発売、製品承認、特許などの成長戦略に注力しています。さらに、高度な航空宇宙用ベアリングソリューションの製品ポートフォリオの拡大、研究開発や戦略的買収への投資の増加が、予測期間中にこれらの企業が市場を独占する主な要因になるでしょう。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • プラットフォーム別
    • 固定翼
    • 回転翼
    • UAV
  • 製品タイプ別
    • プレーンベアリング
    • ローラーベアリング
    • ボールベアリング
    • ローラースクリュー
    • ボールスクリュー
  • 用途別
    • エンジン
    • 航空構造物
    • ランディングギア
    • その他の用途
  • 地域別一覧
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーのマーケットシェア
  • Company Profile
    • AST Bearings
    • Aurora Bearings
    • GGB Bearings Technology
    • JTEKT
    • Kaman Speciality Bearings
    • National Precision Bearings
    • New Hamphshire Ball bearings
    • August Steinmeyer GmbH
    • UmbraGroup
    • Kugel Aerospace and Defense
    • Thomson Industries Inc.
    • Beaver Aerospace and Defense Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 92929

The aerospace bearings market is anticipated to grow at a CAGR of 6.5% during the forecast period.

The pandemic led to various governments imposing stringent regulations and banning the import and export of raw materials, which led to a sudden downfall regarding the valuable parts needed for the manufacturing of aerospace bearing systems. Additionally, manufacturers in various nations were forced to shut down their businesses wholly or partially due to the global lockdown. Furthermore, the pandemic also led to delays in terms of activities as well as initiatives concerning the development of advanced bearing systems. The decline in the COVID-19 pandemic led various governments worldwide to ease up on the stringent regulations which were in place and open up the borders, which led to a free flow of trade and availability of raw materials, parts, and components for manufacturers to resume production and meet the increasing aerospace bearing procurement demand. Thus, this will lead to the market growing steadily in the years to come.

Aerospace bearings require proper care and maintenance for their long run operation. They are crucial to ensure the correct application and installation of aerospace bearings to extend their lifespan. Changing government policies & regulations pertaining to emission standards and climate change goals will also hinder aerospace bearings production in the near term. Moreover, automation, along with condition monitoring and remanufacturing digital services, will reduce scrap rates, increasing energy efficiency and environmental benefits.

Since the past few decades, aerospace bearing has witnessed significant evolvement. The earlier focus on providing lightweight, durable, and reliable bearings has given way to the development of advanced composite-based bearings. Moreover, the newer generation of aerospace bearings is made of various advanced features such as reduction in the weight as well as the space occupied, which enables for minimalistic friction as well as noise, thereby leading to the decrease in terms of maintenance costs of the aerospace bearings. Moreover, such features shall help to increase the efficiency of the bearings and thus help the bearings to operate at minimal costs, thereby leading to growth in the market.

Key Market Trends

Ball Bearings Segment is Expected to Witness Significant Growth During the Forecast Period

The Ball Bearing segment is expected to witness significant growth during the forecast period. Ball bearing types are used extensively throughout aircraft airframe and engine design. Aerospace ball bearings are the most versatile, well-studied/engineered, and manufactured of the bearing types. The growth in this segment can be attributed to various features of ball bearings, such as low-friction and high-durability bearings, which are much more suitable in the aviation sector. Aerospace ball bearings are used in multiple applications such as air circulation systems, electronic engine-powered control units, fuel supply, air conditioning, satellite switching elements, navigation tools, cargo, supply stations, antennae and sun protector systems, pressure regulating systems, and measuring and controlling systems.

Aerospace deep groove ball bearings are usually charged with a pre-determined fill of military specification grease suitable for the application and environment in which the bearing operates. The aeroshell range of greases is generally considered the unofficial industry standard, with many grades and types delivering extremely wide temperature tolerances and high levels of stability when subjected to external contamination, such as water condensation, anti-icing fluid, etc. The amount or fill of grease given to each bearing is again application dependant. In the present scenario, companies such as GRW are engaged in providing aerospace ball bearings that fit all safety and quality regulations in the aviation and defense market. Thus, these developments will likely lead to growth in the market during the forecast period.

North America is Expected to Witness Significant Growth During the Forecast Period

The North American region is expected to witness significant growth during the forecast period. The development of the aerospace bearings market in the North American region is attributed to the presence of various aircraft OEMs and aircraft component manufacturers. Increasing military spending and procuring numerous military aviation aircraft by the North American region will also contribute to witnessing significant growth during the forecast period. An increase in the demand for new and reliable aerospace bearings and the number of relevant applications for aircraft assembly in United States and Canada will also contribute to the market's growth in the long run. Various aerospace bearings manufacturers in United States, such as Accurate Bushing Company, Federal-Mogul Corporation as well as MSC Industrial Supply Company, are engaged in the development of new advanced composite-based bearings with various advanced features such as reduction in weight as well as space occupied, which enables for minimalistic friction as well as noise thereby leading to the decrease in terms of maintenance costs and this will propel the growth of the market during the forecast period.

Competitive Landscape

Some of the most prominent players in the Aerospace Bearings Market are AST Bearings, Aurora Bearings, GGB Bearings Technology, JTEKT, and Kaman Speciality Bearings, among others. Various companies are now focused on growth strategies, including developing and launching new aerospace-bearing products, product approvals, and patents. Moreover, an expanded product portfolio of advanced aerospace-bearing solutions, as well as increased investments in R&D and strategic acquisitions, will be the key factors that will lead to these players dominating the market during the forecast period.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 Introduction

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 Research Methodology

3 Executive Summary

4 Market Dynamics

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 Market Segmentation

  • 5.1 By Platform
    • 5.1.1 Fixed-wing
    • 5.1.2 Rotary Wing
    • 5.1.3 UAVs
  • 5.2 By Product Type
    • 5.2.1 Plain bearings
    • 5.2.2 Roller Bearings
    • 5.2.3 Ball Bearings
    • 5.2.4 Roller Screws
    • 5.2.5 Ball Screws
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Engine
    • 5.3.2 Aero-Structures
    • 5.3.3 Landing Gear
    • 5.3.4 Other Application
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 India
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
      • 5.4.4.1 Mexico
      • 5.4.4.2 Brazil
    • 5.4.5 Middle East and Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 South Africa
      • 5.4.5.4 Rest of Middle East and Africa

6 Competitive Landscape

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profile
    • 6.2.1 AST Bearings
    • 6.2.2 Aurora Bearings
    • 6.2.3 GGB Bearings Technology
    • 6.2.4 JTEKT
    • 6.2.5 Kaman Speciality Bearings
    • 6.2.6 National Precision Bearings
    • 6.2.7 New Hamphshire Ball bearings
    • 6.2.8 August Steinmeyer GmbH
    • 6.2.9 UmbraGroup
    • 6.2.10 Kugel Aerospace and Defense
    • 6.2.11 Thomson Industries Inc.
    • 6.2.12 Beaver Aerospace and Defense Inc.

7 Market Opportunities and Future Trends