デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1138547

セルフチェックアウトシステム市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Self-checkout System Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
セルフチェックアウトシステム市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

セルフチェックアウトシステム市場は、予測期間(2022-2027年)にCAGR10.2%を記録すると予測されています。

小売店や金融機関での導入が進み、市場は拡大基調をたどると予想されます。また、セルフチェックアウトシステムの技術的進歩が進んでいることも、予測期間中に市場を加速させると予想されます。

主なハイライト

  • セルフチェックアウトシステムは、ここ数年、さまざまなエンドユーザー産業で普及が進んでいます。小売業の自動化と顧客体験の最適化ニーズの高まりが、さまざまな技術動向の導入の必要性を後押しし、小売業に影響を与えています。顧客は、AIによる製品推奨とともに、シームレスなショッピング体験を要求しており、これが市場におけるセルフサービスキオスクの採用を促進しています。セルフサービスキオスクは、小売店でのセルフレジを刺激する上で大きな役割を果たします。
  • さらに、セルフサービスキオスクは、より良い顧客満足、自己管理、プライバシーのためにいくつかのアプリケーションでセルフサービスの必要性が高まっているため、様々な組織、企業、場所で重要な一部となっており、セルフチェックアウトシステムの需要を増大させると予想されます。
  • 技術の進歩、チェックアウトのスピードアップに対する需要の高まり、従来の決済システムからキャッシュレス環境への緩やかな移行、新興国における労働力不足の問題への対応、近代的な店舗形態に対する需要の高まりなどは、セルフチェックアウトシステム市場の成長に影響を与える主要な要因の一部です。しかし、セルフレジの利用に対する抵抗感や認知度の低さが、市場成長の妨げになると予想されます。
  • また、世界的にデジタル決済分野が拡大していることも、市場の拡大を後押しすると考えられます。顧客は、利便性の向上と決済の安全性から、オンライン決済、デジタルウォレット、スマートカードを利用しています。例えば、India Brand Equity Foundationによると、同国のデジタル決済は2025年までに約3倍の100兆6,100億米ドルに増加するとされています。電子決済市場の拡大により、金融取引を可能にするための窓口での販売員が不要になりつつあります。また、シームレスな金融取引を可能にするセルフチェックアウトシステムに対する需要も高まっており、その結果、迅速なチェックアウトが実現されています。
  • COVID-19の大流行により、小売店、娯楽施設、ホテル、交通機関が一時的に閉鎖され、2020年の市場成長が阻害されました。しかし、パンデミック時の感染抑制への働きかけは、長期的には市場に利益をもたらすと予想されます。これらのシステムは、店舗内と店舗外の行列の両方で感染リスクを低減するニーズに対応しています。店舗では、シンプルな仮想行列システムを使用して行列の人数を減らし、店舗内の人数を制御することができます。

主な市場動向

小売市場が大きなシェアを占める見通し

  • セルフチェックアウトシステムは、世界中の小売店舗でますます普及しつつあります。これらのモデルは、チェックアウトのプロセスに加え、デジタル・プロモーション、クロスセリング、商品の特徴や価格、オファーに関する詳細情報を提供する魅力的なループビデオの表示などにも使用されています。
  • さらに、設置スペースを小さくしたいという要望の高まりから、小売店ではカウンター型のセルフレジを採用するようになっています。また、スペースに制約のある店舗(主に小売店)では、通常、スタンドアロン型のシステムよりも占有スペースが小さいため、これらのシステムの導入に傾倒しています。
  • さらに、セルフレジのさまざまなモデルの採用は、小売店の規模にかかわらず増加傾向にあります。例えば、EHIリテール研究所のデータによると、2019年にドイツでセルフチェックアウトシステムを導入した店舗数は874店で、2021年には1,319店まで増加しました。
  • さらに、市場のいくつかのプレイヤーは、小売店のパフォーマンスと機能を強化するために、これらのチェックアウトモデルに統合されている高度なソフトウェアソリューションを提供するために、研究開発活動への投資を増やしています。このような迅速な開発は、予測期間中の市場成長を後押しすると期待されています。
  • さらに、小売店におけるセルフチェックアウトシステムのニーズの高まりが市場の成長を増大させ、その結果、世界中の小売店の間で広く採用されるようになりました。例えば、プレスリリースによると、2022年9月、ラテンアメリカ最大の食料品小売業者の1つであるGrupo Exitoは、ExitoおよびCarullaブランドの店舗に東芝世界コマースソリューションズのセルフチェックアウトソリューションを導入すると発表しました。同社のコロンビアの店舗には300台のシステム導入が予定されています。

北米が市場を席巻する見込み

  • 北米では、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、デパート、コンビニエンスストアなど、多くの小売店でシステムの需要が高まっているため、ベンダーは大きな成長の可能性を持っています。
  • また、米国やカナダでは最低賃金が上昇しており(例えば、米国では最低賃金が全国で15米ドルを突破)、雇用主はレジ係の負担を軽減し、これらのシステムの導入を余儀なくされています。例えば、マクドナルドは最近、米国の全店舗でセルフサービスの注文用キオスクを導入しました。同様に、チリのようなカジュアルダイニングブランドや、パネラのようなファストカジュアルブランドも、すでにこの傾向を取り入れていました。
  • この地域の小売業者は、デジタル決済のインセンティブを高める必要性を認識しており、そのため、ロイヤルティ特典など、消費者の心の中にあるより具体的なメリットを提供するようになっています。この技術は、いくつかのアプリやモバイルコマースサイトとの統合が進み、よりシームレスな体験ができるようになりました。
  • セルフレジのキオスクは、スーパーマーケットで展開されている標準的な自動化ソリューションの一つです。食料品チェーンのクローガーは、センサーと予測分析手段を用いて、レジ係の増員が必要になる時期を予測しています。
  • 例えば、ウォルマートやその他の大型小売店など、いくつかの店舗でレジカウンターにインタラクティブ・キオスクを使用していることも、米国や北米の市場を牽引している可能性があります。このような取り組みは、地域の市場に対する大きな投資と相まって、北米のさまざまなエンドユーザー業態におけるセルフチェックアウトシステムの導入と成長を促進すると予想されます。

競合情勢

セルフチェックアウトシステム市場の競争は緩やかで、現在は技術的な専門知識を持つ少数のプレーヤーによって支配されています。また、大手企業が圧倒的なシェアを占めており、市場は緩やかに統合されていくと思われます。市場プレイヤーは、市場シェアとその収益性を高めるために、施設の拡張、パートナーシップ、製品の発売などの成長戦略を採用し、海外に広がる顧客基盤の拡大に注力しています。

  • 2022年3月-BPは、より広範な展開のためのオプションを模索しながら、マッシュジンの人工知能(AI)セルフレジ技術を4つのampmコンビニエンスストアで展開すると発表しました。この技術は、2022年4月から6月にかけて、北カリフォルニアのフェアフィールド、エルクグローブ、プレザントン、ミルブレーで稼動する予定です。マッシュジンのチェックアウトシステムは、AIを搭載したタッチレスセルフチェックアウトで、コンピュータビジョンを用いて商品をスキャンし、即座に購入することができます。
  • 2021年10月-NCR株式会社は、個人経営のコンビニエンスストアであるロイヤルファームズが、同社のセルフチェックアウト・ソリューションを店舗に装備するために提携を拡大したことを発表しました。このセルフレジの導入は、エンタープライズPOSソフトウェアなど、ロイヤルファームズが持つ既存のNCRソリューションを補完するものです。セルフレジ技術の追加により、スタッフの効率とお客様のショッピング体験が向上します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • チェックアウトのスピードアップ
    • 新興国における労働力不足への対応
  • 市場抑制要因
    • セルフレジの利用に対する抵抗感・認知度の低さ

第6章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • トランザクションタイプ別
    • キャッシュ
    • キャッシュレス
  • モデルタイプ別
    • スタンドアローン
    • カウンタートップ
    • モバイル
  • エンドユーザー産業別
    • 小売
    • エンターテインメント
    • 旅行
    • 金融サービス
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Diebold Nixdorf, Inc.
    • Fujitsu Ltd.
    • NCR Corporation
    • ECR Software Corporation
    • Toshiba Global Commerce Solutions
    • ITAB Scanflow AB
    • Pan-Oston Corporation
    • DXC Technology
    • Slabb Inc.
    • ShelfX Inc.
    • Pegasus Technologies
    • Ombori

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 69557

The Self-Checkout Systems Market is expected to register a CAGR of 10.2% over the forecast period (2022-2027). The market is expected to witness an upward trend owing to the increasing adoption among retail stores and financial institutions. Further, the growing technological advancements in the self-checkout system are anticipated to provide acceleration to the market over the forecast period.

Key Highlights

  • The self-checkout systems are increasingly becoming popular in various end-user industries over the past few years. Retail automation and the increasing need for optimizing customer experience drive the need to adopt various technological trends, thereby affecting the retail sector. Customers demand seamless shopping experiences, along with AI product recommendations, which are propelling the adoption of self-service kiosks in the market. Self-service kiosks play a major role in stimulating self-checkout at retail stores.
  • Moreover, self-service kiosks have become a vital part of various organizations, businesses, and locations, due to the growing need for self-service in some applications for better customer satisfaction, self-control, and privacy, which is expected to augment the demand for self-checkout systems.
  • The technological advancements, growing demand for increased speed of checkout, the gradual shift from traditional payment system to the cashless environment, address of the labor shortage issues across the emerging countries, and the growing demand for modern store formats are some of the major factors influencing the growth of the self-checkout systems market. However, reluctance/lack of awareness to use self-checkout systems is expected to hinder the growth of the market.
  • Additionally, the growth of the digital payments sector globally will support the expansion of the market. Customers are using online payments, digital wallets, and smart cards due to the increased convenience and payment security. For instance, according to India Brand Equity Foundation, digital payments in the country will increase around three-fold to USD 100.61 trillion by 2025. The expanding e-Payments market is eliminating the need for sales personnel at counters to enable financial transactions. There is an increasing demand for self-checkout systems that enable seamless financial transactions resulting in fast checkouts.
  • The COVID-19 pandemic hampered the market's growth in 2020, attributed to the temporary closure of retail stores, entertainment venues, hotels, and transportation terminals following the lockdowns imposed. However, the urge to curb the infection during the pandemic is expected to benefit the market in the long term. These systems address the need to reduce the risk of infection both in stores and in queues outside stores as they allow stores to reduce the number of people waiting in line using a simple virtual queuing system and control the number of people within the store.

Key Market Trends

Retail Segment is Expected to Occupy a Significant Share of the Market

  • Self-checkout systems are becoming increasingly popular in retail stores across the world. In addition to the checkout process, these models are also used for digital promotions, cross-selling, and displaying attractive loop videos that provide detailed information about the product features, prices, and offers in retail stores.
  • Further, the growing demand for less installation space required forced retailers to adopt countertop self-checkout systems in their retail stores. In addition, stores with space constraints (mostly retail) are more inclined towards deploying these systems as they usually occupy lesser space than that stand-alone systems.
  • Moreover, the adoption of various models of the self-checkout system has witnessed an upward trend in every size of retail store. For instance, according to the data from EHI Retail Institute, the number of stores with self-checkout systems in Germany in 2019 was 874, which increased to 1,319 stores with self-checkout systems in 2021.
  • Further, several players in the market are increasing their investments in R&D activities to provide advanced software solutions that are being integrated into these checkout models to enhance retail stores' performance and features. Such expeditious developments are expected to boost market growth during the forecast period.
  • Furthermore, the growing need for a self-checkout system in retail stores augmented the market's growth, resulting in widespread adoption among retail stores worldwide. For instance, in September 2022, Grupo Exito, one of Latin America's largest grocery retailers, announced the deployment of Toshiba Global Commerce Solutions' self-checkout solution at its Exito and Carulla branded stores, according to a press release. There will be 300 system installations in the company's Columbia stores.

North America Expected to Dominate the Market

  • The North America region offers massive growth potential to the vendors in the market studied, attributed to the increasing demand for these systems in a large number of retail stores such as hypermarkets, supermarkets, department stores, and convenience stores, among others.
  • Further, the increasing minimum wage levels across The United States and Canada (for example, the minimum wage surpassed USD 15 nationwide in The United States) are forcing employers to relieve their cashiers and deploy these systems. For instance, recently, McDonald's deployed self-service ordering kiosks at all their U.S. locations. Similarly, casual-dining brands like Chili's and fast-casual brands like Panera had already embraced this trend.
  • Retailers in the region have recognized the need to incentivize digital payments and, thus, are offering more tangible benefits in the mind of the consumer, such as loyalty benefits. The technology has been better integrated with several apps and mobile commerce sites to create a more seamless experience.​
  • Self-checkout kiosks are among some of the standard automation solutions deployed in supermarkets. Grocery chain Kroger uses sensors, and predictive analytics means to forecast when more cashiers will be needed.
  • For instance, the use of interactive kiosks at the checkout counter in several stores, such as Wal-Mart and other big retail stores, may also drive the market in the United States and North America. These initiatives, coupled with significant regional market investments, are expected to drive the adoption and growth of self-checkout systems across various end-user verticals in North America.

Competitive Landscape

The Self-checkout System Market is moderately competitive and is currently dominated by a few players with technological expertise. The market is expected to be moderately consolidated in nature, with the major players holding a prominent share in the market. The market players are focusing on expanding their customer base across foreign countries by leveraging on adopting growth strategies, such as facility expansions, partnerships, and product launches, to increase their market share and their profitability.

  • March 2022 - BP announced the deployment of Mashgin's artificial intelligence (AI) self-checkout technology at four ampm convenience stores as it explores options for a wider rollout. The technology will go live in Fairfield, Elk Grove, Pleasanton, and Millbrae in Northern California between April and June 2022. Mashgin's checkout system is a touchless self-checkout powered by AI and uses computer vision to scan items for purchase instantly.
  • October 2021 - NCR Corporation announced that Royal Farms, a privately owned convenience store, has expanded its partnership to equip its stores with the company's self check out solutions. This self-checkout implementation complements Royal Farms' existing NCR solutions, including enterprise POS software. The addition of self-checkout technology improves staff efficiency and the customer's shopping experience.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of Covid-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increased Speed of Checkout
    • 5.1.2 Addressal of the Labor Shortage Issues Across the Emerging Countries
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Reluctance/Lack of Awareness to Use Self-Checkout Systems

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Offering
    • 6.1.1 Hardware
    • 6.1.2 Software
    • 6.1.3 Services
  • 6.2 By Transaction Type
    • 6.2.1 Cash
    • 6.2.2 Cashless
  • 6.3 By Model Type
    • 6.3.1 Standalone
    • 6.3.2 Countertop
    • 6.3.3 Mobile
  • 6.4 By End-user Industry
    • 6.4.1 Retail
    • 6.4.2 Entertainment
    • 6.4.3 Travel
    • 6.4.4 Financial Services
    • 6.4.5 Healthcare
    • 6.4.6 Other End-user Industries
  • 6.5 Geography
    • 6.5.1 North America
    • 6.5.2 Europe
    • 6.5.3 Asia Pacific
    • 6.5.4 Latin America
    • 6.5.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Diebold Nixdorf, Inc.
    • 7.1.2 Fujitsu Ltd.
    • 7.1.3 NCR Corporation
    • 7.1.4 ECR Software Corporation
    • 7.1.5 Toshiba Global Commerce Solutions
    • 7.1.6 ITAB Scanflow AB
    • 7.1.7 Pan-Oston Corporation
    • 7.1.8 DXC Technology
    • 7.1.9 Slabb Inc.
    • 7.1.10 ShelfX Inc.
    • 7.1.11 Pegasus Technologies
    • 7.1.12 Ombori

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS