デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1138058

薄膜封止(TFE)市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)

Thin Film Encapsulation Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
薄膜封止(TFE)市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

薄膜封止(TFE)市場は、予測期間中に14.8%のCAGRを記録して成長すると予測されています。

数多くのフレキシブルデバイスにおける薄膜バリアの要求の進展、スマートデバイスにおけるフレキシブルOLEDディスプレイの採用率の上昇、OLED技術への設備投資の拡大が、世界の薄膜封止(TFE)市場を牽引しています。一方、技術的な知見の不足やフレキシブルガラス技術の増強は、世界市場の妨げになる可能性があります。予測期間中は、自動車用途でのOLED照明の採用が急増するため、フレキシブルOLED照明の需要が増加すると予想されます。

主なハイライト

  • 薄膜封止(TFE)は、有機層と無機層を交互に積層した多層膜をベースにしています。無機層は通常、金属酸化物であり、水分バリアとしての役割を果たします。これらの層は、ほとんど浸透しない実質的なバリアであるが、機械的に硬く、脆いです。さらに、これらの層には当然ピンホール欠陥があり、長期的には水や酸素を通すことになります。有機平坦化中間膜は、多層膜の機械的特性(剥離のない柔軟性)を改善し、ピンホールからの水の透過をある程度制限するために、標準的なTFE構造で使用されています。
  • TFEは、OLEDデバイスに存在する薄膜バリアで前面ガラス層を置き換える強度を有しています。有機EL材料は、水や空気などのさまざまな環境要因にさらされると、非常に劣化しやすいです。TFEが成功すれば、フレキシブルなOLEDを実現し、ガラスを基板材料として使用することでコストを削減し、より軽量で薄型のディスプレイを実現することができます。
  • 技術革新、投資の拡大、知的財産権の保護は、長年にわたりTFE市場に大きな影響を与えてきました。柔軟性と堅牢性の強化に加え、デバイスの薄型化、低コスト化、軽量化がTFE技術の大きな利点となっています。原子層堆積法(ALD)やインクジェットプリンティングなどの最新技術は、予測期間中に市場に影響を与えると予想されます。原材料のライセンス価格、装置のコスト、いくつかのプロセスにおける最適化が、さらに市場を牽引しています。
  • ウェアラブルデバイスの台頭により、フレキシブルアクティブマトリクスOLEDが将来のディスプレイ技術として浮上しています。フレキシブルデバイスはもともと剛性が高いため、従来の封止方法では保護が難しく、TFE(Thin Film Encapsulation)が最も有望な技術として注目されています。さらに近年では、多くの自動車メーカーが照明メーカーと提携し、車載用有機EL照明の生産に乗り出しています。OLED照明ソリューションは、従来の白熱灯よりも優れた効率を与えることができます。また、急速に成長する分野で表面化し始めている、新しい、めったに驚かない場所に光を入れる機会を提供し、Thin Film Encapsulation市場をさらに押し上げる可能性があります。
  • しかし、フレキシブルガラスなどのディスプレイ技術における技術革新は、調査対象市場の成長を阻むと予想されます。例えば、新しい高歩留まりの大量生産装置と新材料および製造技術の出現により、OLED技術は新しいフレキシブル製品の次の飛躍を可能にし、ガラス基板からの解放をもたらすと思われます。
  • COVID-19の大流行により、サプライチェーンが混乱し、最終消費者の購買意思決定や消費行動に影響を及ぼしました。さらに、パンデミックは製造業における生産などのオペレーションも停止させました。世界の薄膜カプセル化市場は、COVID-19にマイナスの影響を与えました。ロックダウン対策により電子機器の需要が減少し、半導体分野に世界の影響を及ぼしました。世界の需要減退と自動車輸出台数の減少が続き、半導体製造装置の需要減退の影響を受けました。

主な市場動向

フレキシブル有機ELディスプレイが大きなシェアを占める

  • フレキシブル有機発光ダイオード(OLED)は、近い将来、バイヤーや産業界にとって最も先進的なディスプレイ技術になると思われます。ポリマー基板はガラスと同じバリア性能を提供しないため、フレキシブルOLEDデバイスへの水と酸素の浸透を防ぐために、薄膜封止(TFE)技術は最も要求の厳しい必要性であり、デバイス層の下面と上面の両方でTFE開発を行い、優れた寿命を実現しています。
  • AMOLED(アクティブマトリクス型有機EL)は、完璧な動画性能、鮮やかなフルカラー、薄いフォームファクターなどの優れたディスプレイ品質により、近い将来、有機ELテレビ(テレビ)、モバイル機器、スマートウォッチに進化し、消費者市場に参入する態勢が整っています。フレキシブル基板上のAMOLEDは、その堅牢性と汎用性から、究極のディスプレイといえると思われます。フレキシブルAMOLED、特にプラスチック基板上のAMOLEDを実現するには、いくつかのハードルがあります。中でもTFEは、電子ガジェットの中で最も高度な水分と酸素の透過防止が要求されるOLEDのために、最も困難な課題です。
  • 革新的な機能を備えたスマートフォンやウェアラブルデバイスの需要の高まりは、フレキシブルディスプレイ市場の成長に重要な役割を果たすと予想されます。例えば、エリクソンによると、スマートフォンの契約数は2021年に63億に達すると予想されています。
  • 折りたたみ式スマートフォンの最近の成功を考慮し、複数のベンダーがこの技術をさらに発展させるために研究開発努力を高めています。例えば、LG Displayは2021年12月、CES2022において、同社のフレキシブル有機EL技術が新たな異なるライフスタイルを創造することを示すと発表しました。また、有機ELディスプレイを採用した2つの新製品を発表しました。
  • さらに、有機EL技術は、顧客や市場の要求に粘り強く応えています。フレキシブル有機ELアプリケーションの成功には、TFEの技術のさらなる進歩が必要です。多数のバリアアーキテクチャが可能であり、各技術は材料、処理、バリア特性に特徴があります。このアプローチの主な利点は、ALD/MLD層がより満足のいくフィルムインテグリティを持つため、より少ない層で低いWVTR(水蒸気透過率)を得ることができることです。しかし、MLD/ALDプロセスはスループットが低く、拡張性に乏しいというデメリットがあります。
  • したがって、ポリマー/無機多層膜の相乗効果についてより優れた知見を得ることで、単純な構造からバリア性能を向上させることができる可能性があります。しかし、TFEを大面積・フレキシブルな有機ELに実用化するには、まだ問題があります。したがって、新しいALDおよびMLDシステムは、OLED産業におけるTFEの重要なブレークスルーと機会を提供することになるでしょう。

アジア太平洋地域が最も高い成長率を示すと予想される

  • アジア太平洋地域は、薄膜封止市場で大きなシェアを占めると予想されます。この地域の市場の成長は、主に中国におけるエレクトロニクスおよび半導体産業の進展と関連しています。韓国、中国、台湾は電子機器製造拠点が深く根付いているため、薄膜封止技術への需要が高まっているのです。
  • さらに、産業界全体でFDIに対する規制政策が厳しい中、エレクトロニクス製造分野は、すべての合併分野の全国平均と比較して、FDIに対してよりオープンです。特に近年は、政府の政策がこの地域のダイナミックな電子産業の確立を支援しており、薄膜封止産業にとって有利な市場シナリオを生み出すと予想されます。例えば、2021年、インド政府は、同国の半導体およびディスプレイ製造業を後押しするため、76,000カロールインドルピーのPLI計画を開始しました。
  • 中国やインドなどの新興経済諸国では、工業化の進展とエンドユーザー産業の増加が、さまざまな未開拓の機会を提供しています。さらに、中国、インドネシア、韓国、日本、台湾は、ソーラーパネルの製造と設置の増加により、薄膜封止市場の成長をリードしてきました。IEAによると、中国は現在、世界の太陽光発電(PV)パネルの約80%を製造・供給しています。
  • さらに、自動車産業による電子部品やディスプレイパネルの需要の増加が、この地域の半導体やディスプレイユニットの需要を押し上げ、調査した市場に直接的に影響を与えると予想されます。

競合情勢

薄膜封止材市場は、複数の大手企業によって構成されており、競争は緩やかです。市場シェアについては、現在、一部の大手企業が市場を独占しています。エンドユーザーの需要は、安全性や規制上のニーズによって左右されます。市場で活動する企業は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的な協力体制を活用し、専門的なソリューションを提供しています。また、新興企業のM&Aも盛んに行われており、薄膜封止技術に関する市場ポートフォリオの充実を図り、製品力を高めています。市場の注目すべきベンダーには、Samsung SDI、LG Chem、Applied Materials Inc.、3Mなどが含まれます。

  • 2022年9月-LG Displayは、OLED on Siliconと高効率カラーフィルター構造を開発しました。ディスプレイの薄膜封止材を光が漏れない程度の2.5マイクロメートルの厚さにし、異なる色の光が混ざらないようにしました。開発にあたっては、有機EL材料を保護するために、カラーフィルター材料と100℃での形成を助けるプロセスを採用しました。
  • 2022年8月-LG Electronics(LG)は、没入型ゲーム機、テレビ生放送、PCおよびクラウドゲーム、コンテンツストリーミングサービス向けの革新的な曲がる42インチOLEDスクリーン「LG OLED Flex(モデルLX3)」を発表しました。LX3のディスプレイはフラットからカーブ(900R)まで可能で、ユーザーは20段階の曲率から理想の弧を選び、パーソナライズされた視聴体験をすることができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19の市場インパクトの評価

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • マイクロエレクトロニクスおよびコンシューマーエレクトロニクス製品の需要増加
    • スマートフォンやスマートウェアラブルのためのフレキシブルOLEDディスプレイの採用が増加
  • 市場抑制要因
    • アップグレード製品開発のための高いR&D設備投資
    • フレキシブルガラスの成長鈍化

第6章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • プラズマエンハンスト化学気相成長法(PECVD)
    • 原子層蒸着(ALD)
    • インクジェットプリンティング
    • 真空蒸着(VTE)
    • その他の技術
  • アプリケーション別
    • フレキシブルOLEDディスプレイ
    • 薄膜太陽電池
    • フレキシブル有機EL照明
    • その他の用途
  • 地域別一覧
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Samsung SDI
    • LG Chem
    • Universal Display Corp.(UDC)
    • Applied Materials Inc.
    • Veeco Instruments Inc.
    • 3M
    • Toray Industries Inc.
    • Kateeva
    • BASF(Rolic)AG
    • Meyer Burger Technology Limited
    • AMS Technologies
    • Bystronic Glass
    • Aixtron SE
    • Angstrom Engineering Inc.
    • Lotus Applied Technology
    • Beneq Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 67197

The Thin Film Encapsulation (TFE) market is projected to grow by registering a CAGR of 14.8% during the forecast period. Progress in the requirement for the thin-film barrier in numerous flexible devices, growth in the adoption rate of flexible OLED displays for smart devices, and growth capital investments in OLED technology have been driving the global thin-film encapsulation (TFE) market. On the other hand, a lack of technological knowledge and the augmentation of flexible glass technology may hinder the global market. The demand for flexible OLED lighting is expected to increase as the adoption of OLED lighting in automotive applications proliferates during the forecast period.

Key Highlights

  • Thin-film Encapsulation (TFE) is based on a multilayer film composed of alternate organic and inorganic layers. The inorganic layers are typically metal oxides and serve as moisture barriers. These layers are almost impenetrably substantial barriers but are mechanically rigid and brittle. Furthermore, these layers would naturally have pinhole defects, allowing water and oxygen in the long run. Organic planarization interlayers are used in standard TFE structures to improve the mechanical properties of the multilayer (flexibility without delamination) and limit water permeation through the pinholes to some extent.
  • TFE has the strength to replace the front glass layer with a thin-film barrier present in an OLED device. OLED material is very susceptible to degeneration when exposed to different environmental factors such as water and air. Successful TFE commits to enabling flexible OLED and decreasing cost by replacing glass as the substrate material ending in a lighter and thinner display.
  • Technological innovations, growing investments, and IP protections have significantly affected the TFE market over the ages. In combination with enhanced flexibility and robustness, decreased device thickness, cheap cost, and weight are the significant benefits of TFE technology. The latest technologies, such as atomic layer deposition (ALD) and inkjet printing, are anticipated to impact the market during the estimated period. The price of the raw material license, cost of equipment, and optimization in several processes have further driven the market.
  • With the rise of wearable devices, flexible active-matrix OLEDs have emerged as the future display technology. Because of their inherent rigidity, conventional encapsulation methods are unsuitable for protecting flexible devices, and Thin Film Encapsulation (TFE) has been regarded as the most promising technology. Furthermore, in recent years, many automotive companies have colluded with lighting companies to produce car OLED lighting solutions. OLED lighting solutions can give better efficiency than traditional incandescent lighting; they also provide opportunities to put a light in new and seldom startling places that are only beginning to surface in the quickly growing field, which could further boost the Thin Film Encapsulation market.
  • However, technical innovations in display technologies, such as flexible glass, are expected to challenge the growth of the studied market. For instance, with new high-yield mass-production equipment and the advent of new materials and fabrication technologies, OLED technology would enable the next leap in new flexible products, providing freedom from glass substrates.
  • The COVID-19 pandemic disrupted supply chains and influenced the purchasing decisions and the spending behavior of end-user industries. Furthermore, the pandemic also halted production and other operations in the manufacturing sector. The global thin film encapsulation market has had a negative impact on COVID-19. Lockdown measures reduced demand for electronic gadgets, which had a global impact on the semiconductor sector. The continued decline in worldwide demand and automobile export shipments negatively impacted the market, slowing the demand for semiconductor manufacturing equipment.

Key Market Trends

Flexible OLED Display Segment to Hold Significant Market Share

  • The Flexible organic light-emitting diode (OLED) will be the most advanced display technology for buyers and industries in the near future. Thin-film encapsulation (TFE) technology is the utmost demanding necessity to prevent water and oxygen penetration into flexible OLED devices as a polymer substrate does not offer the identical barrier performance as glass, the TFE development on both the bottom and top side of the device layers for good lifetimes.
  • With excellent display quality, such as perfect video capability, vivid full color, and thin form factor, AMOLED (active-matrix organic light-emitting diode) is progressing into OLED TV (television), mobile devices, and smartwatches are poised to access consumer markets in the near future. AMOLED on flexible substrates would be considered the ultimate display because of its ruggedness and versatility. There are several hurdles to realizing flexible AMOLED, particularly on plastic substrates. Among these difficulties, TFE is the most demanding task because OLED demands the most significant degree of moisture and oxygen penetration protection in electronic gadgets.
  • The increasing demand for smartphones and wearable devices with innovative features is expected to play a crucial role in the growth of the flexible display market. For instance, according to Ericsson, smartphone subscription was expected to reach 6.3 billion in 2021.
  • Considering the recent success of foldable smartphones, several vendors are increasing their R&D efforts to develop the technology further. For instance, in December 2021, LG Display announced that, at CES2022, it would demonstrate how its flexible OLED technology creates new and different lifestyles. The company also announced the unveiling of two new products that would use OLED displays.
  • Furthermore, OLED technologies are persistently meeting the demands of customers and markets. The success of flexible OLED applications still needs further advancements in the technology of TFE. Numerous barrier architectures are possible, and each technology has distinctive materials, processing, and barrier characteristics. The principal benefit of this approach is that it can obtain low WVTR (water vapor transmission rate) with fewer layers because ALD/MLD layers have much more satisfying film integrity. Still, the disadvantage has been the low throughput and restraint in the scalability of the MLD/ALD process.
  • Therefore, more excellent knowledge of the synergistic effect of polymer/inorganic multilayers may lead to enhanced barrier performance from simplistic structures. However, there are still problems with making practically the TFE on extensive area/flexible OLED application. Hence, a novel ALD and MLD system will give a significant breakthrough and opportunity for TFE in the OLED industry.

Asia-Pacific Expected to Witness the Highest Growth Rate

  • Asia-Pacific is expected to hold a significant market share in the thin-film encapsulation market. The regional market's growth can be associated with the progression of the electronics and semiconductor industries, mainly in China. The deep-rooted electronics manufacturing bases in South Korea, China, and Taiwan led to an enhanced demand for thin film encapsulation technologies.
  • Moreover, in a region with restrictive regulatory policies on FDI across the industries, the electronics-manufacturing area is more open to FDI compared with the national averages for all the merged sectors. Government policies, especially in recent years, have supported establishing the dynamic electronics industry in the area, which is expected to create a favorable market scenario for the thin film encapsulation industry. For instance, in 2021, the Indian government launched an INR 76,000 crore PLI scheme to boost the country's semiconductor and display manufacturing industry.
  • The increase in industrialization and an addition in the number of end-user industries in developing economies, such as China and India, have offered various untapped opportunities. Moreover, China, Indonesia, South Korea, Japan, and Taiwan have led the thin-film encapsulation market growth due to growing solar panel manufacturing and installations. According to IEA, China currently manufactures and supplies about 80 percent of the world's solar photovoltaic (PV) panels.
  • Additionally, the growing demand for electronic components and display panels from the automotive industry is expected to boost the demand for semiconductors, and display units in the region, directly affecting the market studied accurately.

Competitive Landscape

The Thin Film Encapsulation Market is moderately competitive and consists of several major players. Regarding market share, some of the major players currently dominate the market. The end-users demand is driven by safety and regulatory needs, and the companies operating in the market are leveraging strategic collaborative initiatives to offer specialized solutions to increase their market share and profitability. The companies operating in the market are also into mergers and acquisitions of start-ups that help improve the served market portfolio on Thin Film Encapsulation technology to strengthen their product capabilities. Some notable vendors in the market include Samsung SDI Co., Ltd., LG Chem, Applied Materials Inc., and 3M, among others.

  • September 2022 - LG Display developed an OLED on Silicon and a highly efficient color filter structure. The thin film encapsulant of the display is made 2.5 micrometers thick, enough for the light not to leak out, and prevents different colors of light from mixing. To develop the product, the company used color filter materials and processes to help it form at 100 Celsius to protect the OLED material.
  • August 2022 - LG Electronics (LG) introduced LG OLED Flex (model LX3), an innovative bendable 42-inch OLED screen for immersive consoles, live TV broadcasts, PC and cloud gaming, and content streaming services. The LX3's display can go from flat to curve (900R), allowing users to choose their ideal arc from twenty levels of curvature for a personalized viewing experience.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increase in Demand for Microelectronics and Consumer Electronics Products
    • 5.1.2 Increased Adoption of Flexible OLED Displays for Smartphones and Smart Wearables
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Capital Investment in R&D for Developing Upgraded Products
    • 5.2.2 Augmented Growth of Flexible Glass

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 Plasma-enhanced chemical vapor deposition (PECVD)
    • 6.1.2 Atomic layer deposition (ALD)
    • 6.1.3 Inkjet Printing
    • 6.1.4 Vacuum Thermal Evaporation (VTE)
    • 6.1.5 Other Technologies
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Flexible OLED Display
    • 6.2.2 Thin-Film Photovoltaics
    • 6.2.3 Flexible OLED Lighting
    • 6.2.4 Other Applications
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Samsung SDI
    • 7.1.2 LG Chem
    • 7.1.3 Universal Display Corp. (UDC)
    • 7.1.4 Applied Materials Inc.
    • 7.1.5 Veeco Instruments Inc.
    • 7.1.6 3M
    • 7.1.7 Toray Industries Inc.
    • 7.1.8 Kateeva
    • 7.1.9 BASF (Rolic) AG
    • 7.1.10 Meyer Burger Technology Limited
    • 7.1.11 AMS Technologies
    • 7.1.12 Bystronic Glass
    • 7.1.13 Aixtron SE
    • 7.1.14 Angstrom Engineering Inc.
    • 7.1.15 Lotus Applied Technology
    • 7.1.16 Beneq Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET