デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1138015

非冷却赤外線イメージング市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)

Uncooled Infrared Imaging Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
非冷却赤外線イメージング市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

非冷却赤外線イメージングの市場は、予測期間中にCAGR8.5%で成長すると予想されています。

非冷却赤外線イメージャは、マイクロシステム技術による開発・製造プロセスの改善により、従来は冷却型赤外線イメージャでしか実現できなかった感性に到達しています。

主なハイライト

  • 過去10年間、非冷却赤外線イメージングシステムは、マイクロシステム技術を用いた開発・製造プロセスの改善により、従来は冷却型赤外線イメージャでしか実現できなかった感性に到達しています。これは通常、-30℃から+30℃の温度で安定化された検出器、または全く安定化されていない検出器に実装されています。
  • 非冷却赤外線カメラは、量子検出器ではなく熱検出器をベースにしています。過去10年間の赤外線イメージングの進歩、特に半導体製造と新興のマイクロマシニングによって、小さな複雑な構造を低コストで製造することが可能になり、熱検出器の需要を牽引したのです。
  • 非冷却型ITイメージャは、8マイクロメートルから12マイクロメートルのスペクトルバンドで光を収集します。この帯域は、3マイクロメートルから5マイクロメートルのスペクトル帯域よりも帯域幅が広いため、煙、塵、スモッグ、水蒸気などをよりよく透過させることができます。
  • 現在、市場セグメンテーションは、主に商業セグメントからの需要に牽引されています。安価な非冷却赤外線イメージャのポートフォリオの増加に伴い、古典的な用途に加え、スマートフォンなど多くの応用分野も増えてきました。IRイメージャの本来の用途は、軍事分野のライフル銃の照準器として、暗闇や視界不良の中で標的を認識するために使われたのが始まりです。
  • 冷却システムは引き続き軍事分野で用途が拡大しているが、非冷却システムの人気が高まっているのは、コンパクトな設計でエネルギー効率が高く、メンテナンスが不要なためと考えられます。2021年3月、マイクロソフトは米国陸軍との間で、最大219億米ドルに相当する拡張現実ヘッドギアの10年契約を獲得しました。
  • 12万台以上のMicrosoft HoloLens拡張現実ヘッドセットが米国陸軍に納入される予定です。地図やコンパスを表示したり、赤外線画像で暗闇の中の人を検知したりすることができるようになります。

主な市場動向

自動車分野での応用拡大が成長を促進する

  • 自律走行車は、センサーと画像技術を組み合わせて運転機能を制御しています。車両の赤外線画像システムで拾われた情報は、車両の制御システムに入力され、解釈され、車両を安全に走行させるために使用されます。
  • アリゾナ州で起きたUberの事故のような事件は、AVシステムがあらゆる状況、特に濃い霧やまぶしい太陽の光のような悪天候の中で歩行者を「見て」反応するという課題が根強くあることを示しています。このような現実のシナリオでは、潜在的な危険要因を迅速に特定・分類し、車両が適切に反応できるよう支援する最も効果的なサーマルカメラの新しい道が開かれるのです。
  • フリアーシステムズのBosonサーモグラフィは12μmピッチの酸化バナジウム(VOx)非冷却検出素子を搭載しており、上記のような事故を回避するために発売されました。このデバイスは、物体分類のための機械学習アルゴリズムと対になっており、ADKは電磁スペクトルの赤外線部分から重要なデータを提供し、AVの意思決定を向上させることができます。
  • さらに、2022年9月、リンレッドはユミコアと共同で、逆光条件下での歩行者自動緊急ブレーキ(PAEB)システムの性能を手頃なコストで向上させるための熱感知技術を開発しました。EUのプロジェクトHELIAUSは、自動車用アプリケーションの性能を向上させるためにこの開発に資金を提供しています。
  • これらの用途に加え、フリアーシステムズは最近、新しい赤外線(IR)カメラ技術が自動車の高速テストの困難さに対処する役割を果たすことを概説するホワイトペーパーを発表しました。このホワイトペーパーでは、非冷却検出器を搭載した赤外線カメラなら、超高速でも正確な温度計測が可能であることを付け加えています。
  • IEAによると、プラグイン電気自動車(PEV)の販売台数は約670万台に達すると予想されています。ドイツでは新車販売台数の3台に1台以上が電気自動車であり、プラグイン電気自動車の最大市場になる可能性があります。こうした動きは、自動車分野での非冷却赤外線イメージングの需要をさらに押し上げると思われます。

北米が引き続き市場を独占する

  • 非冷却赤外線イメージングシステムは、ADAS技術において、画像処理技術と連携して運転機能を制御する用途があります。車両の赤外線イメージングシステムが拾った情報は、車両の制御システムに入力され、解釈され、車両を安全に走行させるために使用されます。
  • 北米は世界でも有数の自動車生産拠点です。この地域の経済成長は、乗用車と商用車の販売に影響を及ぼしました。米国経済分析局によると、米国の自動車部門は2021年に約1,490万台の軽自動車を販売しました。この統計は、小売で販売される約330万台の自動車と1160万台弱の軽トラックで構成されています。
  • この地域は、有力な自動車メーカー(主要自動車メーカー13社以上)やレーダーセンサーを提供するベンダー(ボッシュ、ロッキード・マーチンなど)を抱え、イノベーションの発信地として台頭し、大きな市場シェアを占めると予想されます。また、同地域は、ADAS対応車や自動運転交通ソリューションの採用における先駆者の1つとなる可能性が高いです。Deutsche Bankによると、米国のADASの生産台数は2021年までに1,845万台に達すると予想されています。
  • 防衛産業は、非冷却赤外線イメージングシステムの最も重要な消費者であり続けています。世界で最も高い防衛予算に支えられ、米国軍は引き続き赤外線イメージング産業の成長を牽引すると予想されます。米国軍は酸化バナジウム技術の開発にしっかりと力を入れています。世界中の軍隊で使用されている赤外線イメージング装置はすべて非冷却ディテクタを使用しています。さらに、この地域は、米国が牽引する軍事・防衛費の支出が最も多い地域とされています。2021年度、ジョー・バイデン大統領は、年間軍事予算7777億米ドルに署名し、法制化しました。
  • 2021年10月、米国陸軍はLeonardo DRS Inc.に、自律照準機能を備えた改良型赤外線マシンガン用武器照準器の製造契約を発注しました。米国陸軍は、Leonardo DRS社に、Family of Weapon Sight-Crew Served(FWS-CS)の2つ目の契約を発注しました。LRIPフェーズでは、1890万米ドルの固定価格契約が結ばれています。
  • このシステムは、高解像度10um高精細サーマル焦点面アレイ、カラーデイカメラ、レーザー距離計、弾道ソリューション計算機を統合し、距離と環境条件に合わせてレティクルを自動調整し、ユーザーは乱れたレティクル技術で武器を正確に発射することができます。

競合情勢

非冷却式サーマルイメージング市場は、高度に統合されています。この市場は、イメージャーなどの製品が持つ幅広い商業的用途により、近い将来に印象的なボリュームを打ち出すと予想されます。市場の最近の開拓は以下の通りです。-

  • 2022年 2月-LAMpASは、欧州連合の出資による高速I.R.カメラを発売しました。同社のNew Infrared Technologies S.L.(NIT)は、特にLAMPASプロセスの要件に適合する高速非冷却IRカメラを開発しました。このカメラは、レーザー表面構造化プロセス中に蓄積される熱を検出することができます。
  • 2021年4月- フリアーシステムズは、小型・軽量・低消費電力パッケージの非冷却赤外線イメージング技術を代表するboson赤外線カメラモジュールの放射線測定バージョンを発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターズファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 技術スナップショット
  • COVID-19が市場に与える影響評価

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • 自動車分野でのアプリケーションの増加
    • 低コストとコンパクトなデザイン
  • 市場の課題
    • 代替技術の出現

第6章 市場セグメンテーション

  • アプリケーション別
    • 自動車
    • 軍事
    • 民生用電子機器
    • 地図作成・測量
    • その他のアプリケーション
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • FLIR Systems Inc.
    • Xenics NV
    • Cantronic Systems Inc.
    • BAE Systems Inc.
    • Teledyne DALSA Inc.(Teledyne Technologies Inc.)
    • Zhejiang ULIRVISION Technology Co. Ltd(Ulirvision)
    • Vigo System SA
    • Axis Communications AB(Canon Inc.)
    • Lynred USA Inc.(Sofradir SAS)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 66918

The Uncooled Infrared Imaging Market is expected to grow at a CAGR of 8.5% during the forecast period. The uncooled IR imagers have reached a sensibility previously only possible with cooled IR imagers through improved development and manufacturing processes using microsystem technology.

Key Highlights

  • Over the last ten years, uncooled IR imaging systems have reached a sensibility that was previously only possible with cooled IR imagers through improved development and manufacturing processes using microsystem technology. This is usually implemented in detectors stabilized in temperatures between -30°C to +30°C or not stabilized at all.
  • The uncooled IR cameras are based on thermal detectors instead of quantum detectors. The advancements in thermal imaging over the last decade, especially with semiconductor manufacturing and emerging micromachining, enabled the production of small intricate structures at low cost and drove the demand for thermal detectors.
  • The uncooled IT imagers collect the light at 8μm to 12μm spectral band. The band provides better penetration through smoke, dust, smog, water vapor, etc., due to its higher bandwidth from 3 μm to 5 μ m spectral band.
  • Currently, the market studied is primarily driven by the demand from the commercial segment. With the growing portfolio of inexpensive uncooled IR imagers, in addition to the classic applications, many other fields of application have also increased, such as smartphones. The original application for IR imagers started in the military sector for the sight of rifles, where it is used for target recognition in darkness or poor visibility.
  • While cooling systems continue to find increasing applications in the military sector, the growing popularity of uncooled systems can be attributed to their compact design and energy-efficient and low-maintenance operation. In March 2021, Microsoft received a 10-year deal with the United States Army for augmented reality headgear valued at up to USD 21.9 billion.
  • More than 120,000 Microsoft HoloLens augmented reality headsets will be delivered to the US Army. It will be able to show a map and compass and use thermal imaging to detect persons in the dark.

Key Market Trends

Increasing Application in Automotive Sector will Foster Growth

  • Autonomous vehicles use sensors in conjunction with imaging technologies to control driving functions. The information picked up by the thermal imaging systems of the vehicles is fed into the vehicle's control system, interpreted, and used to safely put the vehicle through its paces.
  • Incidents like the Uber accident in Arizona show the challenges persistent for AV systems to "see" and react to pedestrians in every condition, especially in inclement weather like thick fog or blinding sun glare. Real scenarios like these open new avenues for thermal cameras that are the most effective in quickly identifying and classifying potential hazards to help the vehicle react accordingly.
  • FLIR's Boson thermal camera that features a 12-µm pitch vanadium oxide (VOx) uncooled detector has been launched to avoid the above incidents. This device is paired with machine-learning algorithms for object classification, with the ADK providing critical data from the infrared portion of the electromagnetic spectrum to improve the decision-making of AVs.
  • Furthermore, in September 2022, Lynred, in collaboration with Umicore, developed a thermal sensing technology to improve the performance of Pedestrian Autonomous Emergency Braking (PAEB) systems in adverse lighting conditions at an affordable cost. The EU project HELIAUS funds the development to boost the performance of automotive applications.
  • In addition to these applications, FLIR Systems recently published a white paper outlining the role of new Infrared (IR) camera technologies in addressing the difficulties of high-speed automotive testing. The paper adds that infrared cameras with uncooled detectors can measure temperature accurately at extremely high speeds.
  • According to IEA, it is anticipated that the sales of plug-in electric light vehicles (PEV) will reach around 6.7 million units. Germany could become the largest market for plug-in electric vehicles as over one in three new cars sold in the country were electric vehicles. Such developments will further boost the demand for uncooled infrared imaging in the automotive sector.

North America will Continue to Dominate the Market

  • Uncooled IR imaging systems have applications in the ADAS technologies, in conjunction with imaging technologies, to control driving functions. The information picked up by the thermal imaging systems of the vehicles is fed into the vehicle's control system, interpreted, and used to safely put the vehicle through its paces.
  • North America is one of the largest automotive manufacturing hubs in the world. The region's economic growth posed an impact on the sale of passenger and commercial vehicles. The car sector in the United States sold around 14.9 million light vehicle units in 2021, according to the US Bureau of Economic Analysis. This statistic comprises approximately 3.3 million automobiles and just under 11.6 million light truck units sold at retail.
  • Housing prominent automakers (over 13 major auto manufacturers) and vendors offering radar sensors (Bosch and Lockheed Martin, among others), the region is expected to emerge as a source of innovation and is estimated to hold a significant market share. The region is also likely to be one of the pioneers in adopting ADAS-enabled vehicles and self-driven transportation solutions. According to Deutsche Bank, the US ADAS unit production volume is expected to reach 18.45 million by 2021.
  • The defense industry remains the most critical consumer of uncooled infrared imaging systems. Backed by the highest defense budget in the world, the US military is expected to continue to drive the growth of the infrared imaging industry. The US Military has a firm focus on the development of Vanadium Oxide technology. All thermal imaging equipment used by militaries across the world uses uncooled detectors. Moreover, the region is regarded as the highest spending region for its military and defense expenditure driven by the United States. In FY 2021, President Joe Biden signed a USD 777.7bn annual military budget into law.
  • In October 2021, the US army awarded Leonardo DRS Inc. a contract to build improved infrared machinegun weapon sights with autonomous aiming. The US army has awarded Leonardo DRS a second contract for the Family of Weapon Sight-Crew Served (FWS-CS). For the LRIP phase, a firm, fixed-price contract worth USD 18.9 million has been awarded.
  • The system integrates a high-resolution 10um high-definition thermal focal plane array, color day camera, laser range finder, and ballistic solution calculator to auto-adjust reticles for range and environmental conditions, allowing users to fire the weapon precisely with the disturbed reticle technology.

Competitive Landscape

The Uncooled Thermal Imaging market is highly consolidated. The market is expected to put forth impressive volumes in the near future due to the wide range of commercial applications that the products like imagers have. Some of the recent developments in the market are as follows: -

  • February 2022 - LAMpAS has launched a high-speed I.R. camera funded by European Union. The company's New Infrared Technologies S.L. (NIT) has developed a high-speed uncooled I.R. camera specifically adapted to the requirements of LAMPAS processes. The camera can detect the heat accumulated during laser surface structuring processes.
  • April 2021 - FLIR Systems has launched a radiometric version of the boson thermal imaging camera module, representing the uncooled thermal imaging technology within a small, lightweight, and low-power package.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porters Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Technology Snapshot
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Application in the Automotive Sector
    • 5.1.2 Low Cost and Compact Design
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Emergence of Alternative Technology

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Application
    • 6.1.1 Automotive
    • 6.1.2 Military
    • 6.1.3 Consumer Electronics
    • 6.1.4 Mapping and Surveying
    • 6.1.5 Other Applications
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
    • 6.2.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 FLIR Systems Inc.
    • 7.1.2 Xenics NV
    • 7.1.3 Cantronic Systems Inc.
    • 7.1.4 BAE Systems Inc.
    • 7.1.5 Teledyne DALSA Inc. (Teledyne Technologies Inc.)
    • 7.1.6 Zhejiang ULIRVISION Technology Co. Ltd (Ulirvision)
    • 7.1.7 Vigo System SA
    • 7.1.8 Axis Communications AB (Canon Inc.)
    • 7.1.9 Lynred USA Inc. (Sofradir SAS)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET