デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1137141

スケーラブルSDNの世界市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Global Scalable Software Defined Networking Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
スケーラブルSDNの世界市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スケーラブルSDNの世界市場は、予測期間(2022-2027年)にCAGR30.75%で成長すると予測されています。

スケーラブルSDNとは、低レベルの機能抽象化によるネットワークサービスの組織化のことです。ネットワークアーキテクチャの大きな変化であり、ユニファイドコミュニケーションとコラボレーション(UC&C)アプリケーションへの道を開くものです。

主なハイライト

  • モバイルデバイスの増加やサーバーの可視化、クラウドコンピューティング技術の登場により、企業は従来のネットワークアーキテクチャの再検討を迫られています。従来のネットワークアーキテクチャの多くは、階層型であり、イーサネットスイッチの階層上に構築されています。
  • さらに、スケーラブルなソフトウェア定義ネットワークは、ネットワークの地理的な範囲が広いため、企業の間でますます人気が高まっています。さらに、サテライトオフィスの増加により、帯域幅要件の増加、ネットワークの複雑化、クラウドリソースの利用の増加、セキュリティ課題の増加などの理由から、WANと支店ネットワークの管理およびセキュリティ確保が求められています。したがって、企業組織は、アプリケーションのパフォーマンス、ネットワークの複雑性、セキュリティの変化に対応するために、SD-WANソリューションを導入することが増えています。
  • 2021年3月、Megaport Limitedは、Megaportの世界なソフトウェア定義ネットワーク(SDN)上でブランチからクラウドへの接続を可能にするオンデマンドベンダーニュートラルなネットワーク機能仮想化(NFV)サービス「Megaport Virtual Edge(MVE)」を開始すると発表しました。MVEを利用することで、企業は仮想ルーターやSD-WANコントローラー、将来のネットワーク技術などのネットワーク機能をMegaportの世界プラットフォーム上で直接ホストし、ハードウェアを導入することなくリアルタイムにエッジに近いところまでネットワーク機能を拡張することができるようになります。
  • また、COVID-19の発生以来、企業で採用されているリモートワークモデルにより、クラウドベースのソリューションの需要が大きく伸びているが、小売、製造、BFSIなどのさまざまな業界では、2020年に収益が大きく落ち込みました。リモートワークモデルの拡大に伴い、企業はクラウドベースの分析および保証、エッジコンピューティング、AIを搭載したネットワーキング技術への投資を増やしており、これが調査済み市場を押し上げると予想されます。
  • さらに、SD-WAN 2.0の機能により、企業は接続の拡張性を超えて、従来の支店、プライベートデータセンター、主要なパブリッククラウドにまたがるネットワーク全体で仮想化サービスの消費を安全にプログラムし、すべて単一のITガバナンスプラットフォームから利用できるようになります。例えば、ADVA Optical Networking社のEnsemble SmartWANは、仮想SD-WANや様々なNFVサービスを大規模に使用・管理するためのオープンな仮想化ネットワーキングプラットフォームです。CSPも企業も同様に、自動化された仮想化方式でSD-WANを導入することができ、CSPは仮想化サービス提供の進化を支援するオープンでベンダーニュートラルなプラットフォームを手にすることができます。

主な市場動向

BFSIセクターは調査された市場の恩恵を受けている

  • BFSIセクターは、日々の業務を遂行するためにネットワーク・インフラに大きく依存しています。さらに、BFSIセクターは、最も重要で機密性の高いタスクを処理するために、SDN接続に大きく依存している、最も速いペースで急速に進化している業種の1つです。銀行ネットワークは、場所を問わず、銀行とATM間の新しいセキュアなリンクに対応し、銀行間ネットワーキングのためのインフラを提供するために、迅速に拡張する必要があります。ユーロペン・コマーシャル・バンクによると、2022年7月現在、欧州連合27カ国には合計5,171の銀行が営業しています。
  • さらに、ネットワークに障害が発生すると、BFSI部門に深刻な影響を与え、顧客に影響を与えます。2021年3月、インドの民間銀行であるHDFC銀行は、ネットバンキングとモバイルバンキングのプラットフォームでネットワーク障害が発生しました。この金融機関は、度重なるデジタル障害のため、インド準備銀行(RBI)の監視下にあり、規制当局はHDFC銀行に対して、新規クレジットカードの発行だけでなく、デジタル事業活動も禁止していました。
  • また、BFSIセクターのネットワーク・インフラは、関連する金融取引に関わるため、セキュリティが最も重要な役割を担っています。したがって、これらの機関は、調査された市場を牽引する安全で信頼性の高いネットワークインフラを好むことが多いのです。
  • 2021年4月、Telangana State Co-Operative Apex Bank(TSCAB)は、ソフトウェア定義支店(SD-Branch)ソリューションの導入を発表し、413支店とデータセンターにわたるゲートウェイとネットワークスイッチの集中支店管理、監視、トラブルシューティングとともに、シームレスにコアバンキングアプリケーションにアクセスできるようにするとしています。ソリューション全体の監視、管理、オーケストレーションは、キャンパス、支店、リモート、データセンターのネットワークを一元管理するために設計されたクラウドネイティブサービスであるAruba Centralを使用しています。
  • また、2021年3月、政府貯蓄銀行(GSB)は、インフラの改善、顧客のビジネスニーズの促進、他の商業銀行との競争を目的に、ファーウェイのSD-WANソリューションを使用すると発表しました。さらに、ファーウェイSD-WANは、GSBのインフラストラクチャーが運用コストを削減し、サービス展開を加速し、俊敏なWAN相互接続を確保するのに役立ちます。

北米が主要なシェアを占める見込み

  • コネクテッドデバイスやモバイルデバイスの大幅な増加により、強化されたネットワークサービスへの需要が急増しています。米国は常に技術導入の最前線にいるため、この地域では接続型デバイスの導入が最も進んでいます。例えば、CTAによると、2016年の米国におけるコネクテッドデバイスの出荷台数は6億2100万台に達し、2021年には7億9100万台に到達します。運用コストが急増することなく、コネクテッドデバイスを通じてこの膨大なデータの流れを保存・管理することは、かなりの難題となるでしょう。そこで、クラウドネイティブテクノロジーが救いの手を差し伸べます。
  • エンドツーエンドのクラウドネイティブコアネットワークがあればこそ、事業者はクラウドの俊敏性、拡張性、回復力、経済性をフルに活用することができるのです。事業者がこれらすべての機能を適用して企業顧客のIoTニーズをサポートする最短の方法は、ホスティング/サードパーティ環境を利用することです。Nokia WINGはIoT Network Gridの略で、クラウドネイティブコアをベースにしたマネージドサービスで、ローカルのみの展開と大規模な展開の両方を同じアーキテクチャでサポートします。
  • さらに、2022年1月には、米国に本社を置くZayo GroupがQOS Networksを買収し、エッジとSD-WANの能力を強化しました。この買収により、Zayoはセキュアなエッジネットワーキングサービスの「プレミアプロバイダ」としての地位を強化し、企業顧客のミッションクリティカルなSD-WANとエッジネットワーク環境の導入、管理、監視を支援できるようになりました。
  • さらに、この地域の企業は、ネットワーク企業との協業により、製品ポートフォリオを拡大しています。例えば、2022年4月、Comcast Businessは、Ciscoとの戦略的パートナーシップの一環として、Cisco SD-WAN powered by Viptelaを同社のマネージドSD-WANソリューションのポートフォリオに追加することを発表しています。コムキャスト・ビジネスは、今回の提携により、既存のインフラやベンダーとの契約にかかわらず、イーサネット、SD-WAN、セキュリティソリューションなど、包括的で世界規模のセキュアなネットワーキングソリューションを企業顧客に提供することが可能になります。シスコとの協業提携は、Cisco SD-WANにも拡大され、コムキャストは企業顧客の特定の需要やインフラ要件に合わせた幅広いセキュアネットワークソリューションを提供できるようになりました。
  • あらゆる種類や規模の企業が、断片的でバラバラのセキュリティツールの導入や使い勝手、それらを統合して運用するために必要な専門的なスキルやコストに頭を悩ませています。その結果、多くの企業はデータセキュリティとコンプライアンスの状況を完全に把握することができず、脅威や問題を効果的に評価し、優先順位をつけ、対応する能力が低下しています。

競合情勢

スケーラブルSDN市場は、適度に統合されています。大企業、特に通信業界では、SDN技術に取り組む新興企業を買収しています。彼らは様々なオープンソースのSDNプラットフォームを彼らのクラウドコンピューティングプラットフォームと統合し、ネットワークインフラを最適化しカスタマイズすることにフォーカスしています。主なプレイヤーとしては、Cisco Systems Inc.、HPE、Intel Corporation、Big Switch Network、AT&T Inc、Pluribus Network、Plexxi Inc、Huawei Technologies、NEC Corporation、Arista Network、IBM Corporationなどです。

  • 2022年7月:ネットワークの複数のサプライヤー要素を接続するソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)が、ボーダフォンによって改善されました。このネットワークは、28カ国と4大陸にまたがる通信事業者のモバイル、固定、音声のすべてのトラフィックを調整し、数億人の消費者と独立したインターネットやコンテンツプロバイダーがサービスを受けています。
  • 2022年1月:シスコは、株式非公開の企業向けソフトウェア新興企業であるOpsaniを買収しました。この買収により、Cisco AppDynamicsはエンジニアリングと製品チームを成長させ、エンタープライズ規模のクラウドネイティブエコシステムを観察するプラットフォームの能力を向上させ、顧客が要求するパフォーマンスと拡張機能の普及を早めることができるようになります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 産業の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • クラウドの普及
    • BYODデバイスの動向
  • 市場抑制要因
    • セキュリティに関する懸念
  • 産業バリューチェーン分析
  • COVID-19がスケーラブルSDN市場に与える影響
  • 使用事例別
    • モバイルコア、EPC、IMSの仮想化
    • 運用支援システム、業務支援システム(OSS/BSS)
    • 無線アクセスネットワーク
    • 有線固定アクセスネットワーク
    • 顧客宅内装置(CPE)
    • モバイルバックホール
  • ソリューション別
    • SDNスイッチング
    • SDNコントローラー
    • クラウドプロビジョニング
    • オーケストレーション
    • セキュリティ技術
    • その他のソリューション

第6章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー別
    • クラウドサービスプロバイダー
    • 企業
    • 通信事業者
  • 業界別
    • 大学・研究機関
    • BFSI
    • 消費財・小売
    • 政府・防衛
    • 製造業
    • 通信・IT
    • その他業界別
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東&アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • HPE
    • Intel Corporation
    • Big Switch Network
    • AT&T Inc.
    • Pluribus Network
    • Plexxi Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd.
    • NEC Corporation
    • Arista Network
    • IBM Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 47154

The Global Scalable Software Defined Networking Market is expected to grow at a CAGR of 30.75% over the forecast period (2022-2027). Scalable Software-defined networking (SDN) is the organization of network services by lower-level functionality abstraction. It is a significant shift in network architecture, which paves the way for unified communications and collaboration (UC&C) applications.

Key Highlights

  • The increase in the number of mobile devices and server visualization and the advent of cloud computing technologies are forcing enterprises to reexamine their conventional network architectures. Most of the traditional network architectures are hierarchical and built on tiers of Ethernet switches.
  • Moreover, Scalable Software-defined networking is increasingly gaining popularity among enterprises due to their network's sizeable geographical reach. Further, the increasing number of satellite offices demands management and securing of WAN and branch networks due to the ever-growing bandwidth requirements, network complexity, increasing use of cloud resources, and growing security challenges. Thus, enterprise organizations are increasingly deploying SD-WAN solutions to address application performance, network complexities, and security changes.
  • In March 2021, Megaport Limited announced the launch of Megaport Virtual Edge (MVE), an on-demand vendor-neutral Network Function Virtualization (NFV) service that enables branch-to-cloud connectivity on Megaport's global Software Defined Network (SDN). With MVE, companies can host network functions such as virtual routers, SD-WAN controllers, and future networking technologies directly on Megaport's global platform to extend their network functions closer to the edge, in real-time, and without the need to deploy the hardware.
  • Also, since the outbreak of COVID-19, the demand for cloud-based solutions has seen significant growth owing to remote working models being adopted by enterprises; however, various industries such as retail, manufacturing, BFSI, and others have seen a significant slump in their revenues during 2020. With the growing remote working model, companies are increasing investments in cloud-based analytics and assurance, edge computing, and AI-powered networking technologies, which are expected to boost the studied market.
  • Moreover, SD-WAN 2.0 functionality allows the enterprise to transcend connectivity scalability to securely program the consumption of virtualized services across the entire network spanning traditional branches, private data centers, and the leading public clouds, all from a single IT governance platform. For instance, Ensemble SmartWAN from ADVA Optical Networking Inc. is an open virtualized networking platform for using and managing virtual SD-WAN and different NFV services at scale. It permits CSPs and businesses alike to deploy SD-WAN in an automated and virtualized fashion, where CSPs have an open, vendor-neutral platform to assist them in evolving their virtualized service offerings.

Key Market Trends

BFSI Sector is Benefitting from the Studied Market

  • The BFSI sector relies heavily on the networking infrastructure to carry out its day-to-day work. In addition, the BFSI sector is one of the most fast-paced and rapidly evolving verticals that rely heavily on software-defined network connectivity for handling some of their most critical and sensitive tasks. Bank networks must rapidly scale to accommodate new secure links between banks and ATMs, regardless of location, and provide infrastructure for interbank networking. According to Europen Commercial Bank, As of July 2022, there was a total of 5,171banks operating in the European Union 27.
  • Moreover, any outages in the network cause a severe impact on the BFSI sector, affecting customers. In March 2021, India's private Bank, HDFC Bank, suffered network outages in its net banking and mobile banking platform. The lender is under the scrutiny of the Reserve Bank of India (RBI) for repeated digital outages, for which the regulator had barred HDFC Bank from the issuance of new credit cards as well as digital business activities.
  • Also, security plays the most crucial role in the networking infrastructure of the BFSI sector, as it involves a related financial transaction. Hence, these institutions often prefer a secure and reliable network infrastructure that drives the studied market.
  • In April 2021, Telangana State Co-Operative Apex Bank (TSCAB) announced to implement of a Software-Defined Branch (SD-Branch) solution that will enable seamless core banking applications to access along with centralized branch management, monitoring, and troubleshooting of gateways and network switches across its 413 branch offices and data centers. The entire solution is monitored, managed, and orchestrated by using Aruba Central, a cloud-native service designed to unify the management of campus, branch, remote, and data center networks.
  • Also, in March 2021, the Government Savings Bank (GSB) announced using the Huawei SD-WAN solution to improve its infrastructure, facilitate clients' business needs, and compete with other commercial banks. In addition, Huawei SD-WAN will help GSB infrastructure to reduce its operation costs accelerate service rollouts, and ensure agile WAN interconnections.

North America to Account for a Major Share

  • Substantial growth in the connected and mobile devices is spiking the growth in demand for enhanced network services. Since the United States always remained at the forefront of technology adoption, the region witnessed the maximum adoption of connected devices. For instance, according to CTA, in 2016, connected device shipments amounted to 621 million units in the United States and reached 791 million shipments in 2021. Storing and managing this huge flow of data through the connected device without operating costs spiraling out of control will be a substantial challenge. This is where cloud-native technologies come to the rescue.
  • Only with end-to-end cloud-native core network can an operator take full advantage of agility, scalability, resiliency, and economies of cloud. The quickest way the operator can apply all these capabilities to support the IoT needs of its enterprise customers is through a hosted/third-party environment. Nokia WING, which stands for IoT Network Grid, is a managed service based on a cloud-native core that supports both local-only and large-scale deployments with the same architecture.
  • Further, in January 2022, Zayo Group, headquartered in the United States, acquired QOS Networks to bolster its edge and SD-WAN capabilities. The deal bolsters Zayo's position as a 'premier provider' of secure edge networking services, enabling the company to support enterprise customers deploy, managing, and monitoring their mission-critical SD-WAN and edge network environments.
  • Further, the firms in the region expanding their product portfolio by collaborating with networking companies. For instance, in April 2022, Comcast Business announced the addition of Cisco SD-WAN powered by Viptela to its managed SD-WAN solutions portfolio as part of its strategic partnership with Cisco. Comcast Business will be able to provide enterprise customers with comprehensive, worldwide secure networking solutions, including Ethernet, SD-WAN, and security solutions, regardless of their existing infrastructure or vendor agreements, as a result of the partnership. The collaborative alliance with Cisco has been expanded to include Cisco SD-WAN, allowing Comcast to provide a broad range of secure network solutions tailored to its enterprise customers' specific demands and infrastructure requirements.
  • Companies of all types and sizes struggle with implementing and usability of fragmented, disconnected security tools and the specialized skills and costs required to integrate and operate them. As a result, many organizations lack a complete view of their data security and compliance landscape, which can diminish their ability to effectively assess, prioritize, and respond to threats and issues.

Competitive Landscape

The scalable software-defined networking market is moderately consolidated. Large companies, particularly in the telecom industry, are acquiring start-ups working on SDN technology. They focus on integrating various open-source SDN platforms with their cloud computing platforms to optimize and customize their network infrastructure. Some key players include Cisco Systems Inc., HPE, Intel Corporation, Big Switch Network, AT&T Inc., Pluribus Network, Plexxi Inc., Huawei Technologies Co. Ltd., NEC Corporation, Arista Network, and IBM Corporation, among others.

  • July 2022: Software-defined networking (SDN), which connects the network's multiple supplier elements, has been improved by Vodafone. Hundreds of millions of consumers, as well as independent internet and content providers, are served by this network, which coordinates all of the telco's mobile, fixed, and voice traffic across 28 nations and four continents.
  • January 2022: Cisco bought the privately held enterprise software start-up Opsani. With the acquisition, Cisco AppDynamics will be able to grow its engineering and product teams, improve the platform's ability to observe enterprise-scale cloud-native ecosystems, and hasten the dissemination of performance and enhancements that customers demand.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions &and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Adoption of Cloud
    • 5.1.2 Trend of BYOD devices
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Concerns related to security
  • 5.3 Industry Value Chain Analysis
  • 5.4 Impact of COVID-19 on the Scalable SDN Market
  • 5.5 By Use Case
    • 5.5.1 Mobile Core, EPC, IMS Virtualization
    • 5.5.2 Operation Support System and Business Support System (OSS/BSS)
    • 5.5.3 Radio Access Networks
    • 5.5.4 Wireline Fixed Access Networks
    • 5.5.5 Customer Premises Equipment (CPE)
    • 5.5.6 Mobile Backhaul
  • 5.6 By Solution
    • 5.6.1 SDN Switching
    • 5.6.2 SDN Controllers
    • 5.6.3 Cloud Provisioning
    • 5.6.4 Orchestration
    • 5.6.5 Security Technologies
    • 5.6.6 Other Solutions

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By End User
    • 6.1.1 Cloud Service Providers
    • 6.1.2 Enterprises
    • 6.1.3 Telecommunications Service Providers
  • 6.2 By Industry Vertical
    • 6.2.1 Academia and Research
    • 6.2.2 BFSI
    • 6.2.3 Consumer Goods and Retail
    • 6.2.4 Government and Defense
    • 6.2.5 Manufacturing
    • 6.2.6 Telecom and IT
    • 6.2.7 Other Industry Verticals
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.2 HPE
    • 7.1.3 Intel Corporation
    • 7.1.4 Big Switch Network
    • 7.1.5 AT&T Inc.
    • 7.1.6 Pluribus Network
    • 7.1.7 Plexxi Inc.
    • 7.1.8 Huawei Technologies Co. Ltd.
    • 7.1.9 NEC Corporation
    • 7.1.10 Arista Network
    • 7.1.11 IBM Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS