表紙:屈折矯正手術市場(2021年):世界分析(2020年~2026年)
市場調査レポート
商品コード
1044116

屈折矯正手術市場(2021年):世界分析(2020年~2026年)

2021 Refractive Surgery Market Report: Global Analysis for 2020 to 2026

出版日: | 発行: Market Scope, LLC | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=136.22円
屈折矯正手術市場(2021年):世界分析(2020年~2026年)
出版日: 2021年12月28日
発行: Market Scope, LLC
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
担当者のコメント
LVCは「レーザー視力矯正」の略で、レーシックや他のいくつかのレーザー手術が含まれています。 今日、レーシックは視力矯正の最も一般的な方法であり、世界のレーザー屈折矯正手術の約60%以上、すべての屈折矯正手術の50%以上を占めています。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、世界の屈折矯正手術市場について調査し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響を反映した予測修正、近視・老眼を対象とした開発中の外用薬の分析、獲得可能・サービス可能・利用可能な市場規模の予測、サービス可能な老眼市場のセグメント(屈折異常・年齢・地域)別の分析、過去10年間のLVC手術件数、市場にディスラプションをもたらす可能性のある技術などの情報を提供しています。

  • 視力矯正の概要
  • 屈折異常の人口統計
  • 屈折矯正手術の技術
  • 患者の経済状況
  • 屈折矯正手術を行う医師とレーザーセンター
  • 規制問題
  • 屈折矯正技術とそのメーカー:マイクロケラトーム、フェムト秒レーザー、エキシマレーザー、フェイキックIOL
  • 代替技術:サーモケラトプラシー、インタックス、PC-IOL、レーザーアブレーションパターン、角膜インレーなど
  • 市場の詳細分析と5年間の市場予測
  • 競合企業18社のプロファイル
目次

What's New:

The "2021 Refractive Surgery Market Report" features revised forecasts that reflect the impact of the COVID-19 pandemic and provides an updated analysis of new topical treatments in pipeline for myopia and presbyopia--including forecasts for the total available, addressable, and serviceable markets. The report further segments the serviceable presbyopia market by refractive error, age, and region. The report now provides 10 years of historical LVC procedure volumes and includes new analysis of procedure mix breakdown both globally and regionally, including lenticular extraction procedures by region.

The "2021 Refractive Surgery Market Report" analyzes the global refractive and presbyopia-correcting market, identifying important trends and key factors for future success. It focuses on the 2021 refractive and presbyopia-correcting surgical market and forecasts market growth and evolution over the next five years. Included are discussions and market estimates for LASIK, lenticular extraction, phakic IOLs, corneal inlays, refractive lens exchange (RLE), and other technologies that may disrupt the market.

Also included:

  • Overview of vision correction
  • Demographics of refractive disorders
  • Refractive surgery technologies
  • Patient economics
  • Refractive surgeons and laser centers
  • Regulatory issues
  • Refractive technologies and their manufacturers: microkeratomes, femtosecond and excimer lasers, phakic IOLs.
  • Alternative technologies--thermokeratoplasty, Intacs, PC-IOLs, laser ablation patterns, corneal inlays, etc.
  • Detailed market analysis and five-year market forecasts.
  • 18 competitor profiles.