デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1425070

ケミカルインジェクションスキッド市場-2024年から2029年までの予測

Chemical Injection Skid Market - Forecasts from 2024 to 2029

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 140 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
ケミカルインジェクションスキッド市場-2024年から2029年までの予測
出版日: 2024年01月19日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 140 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ケミカルインジェクションスキッド市場は予測期間中にCAGR 3.24%で成長すると予測されています。

ケミカルインジェクションスキッド市場の主な促進要因は、化学産業の大幅な増加と水処理アプリケーションの急速な開拓です。例えば、米国環境保護庁(EPA)は、現在のサービスレベルを維持するだけで、米国の飲料水および廃水インフラは今後20年間で最大4,726億米ドルを費やす必要があると予測しています。一次処理ラインのバルクレベルを維持するために、ケミカルインジェクションスキッドの大半は正確な用量で濃縮された化学薬品を提供しています。連邦政府が廃水の収集、処理、処分のためのインフラに投資する必要があることは広く認められています。

石油・ガス産業からの高い需要

これは、石油回収アプリケーションを改善するために、陸上および海上での幅広い活動の必要性が高まっていることに加え、分割を促進し、腐食を防止し、泡立ちを減少させるために、様々な種類の特殊な化学薬品を注入する化学注入技術の使用が拡大しているためです。ケミカルインジェクションスキッドの市場も、世界各国の政府が石油・ガス産業の発展に着実に大きな支出を行う結果、今後数年間で劇的に拡大します。例えば、史上最大の前年比成長率を記録した2022年の石油・ガス上流資本支出は39%増の4,990億米ドルで、2014年以来、過去最高の水準となった。国際エネルギーフォーラムによると

腐食防止剤の使用増加ケミカルインジェクションスキッド

液体化学処理システムにおける腐食やワックス、スケール、泡のような堆積物の発生を低下させる効果があるため、腐食防止剤ケミカルインジェクションスキッドのニーズは増加すると予想されます。化学分野では一般的に使用されています。その結果、化学産業の台頭は市場に大きな影響を与えます。例えば、インド・ブランド・エクイティ財団によると、化学石油化学省は2023-24年度連邦予算において、政府から1億7,345万ルピー(2,093万米ドル)の資金援助を受けています。さらに、石油化学製品の使用量と需要の増加に伴い、製油所の能力も増加しています。世界の石油・ガス事業の増加も、ケミカルインジェクションスキッド市場規模の拡大に寄与しています。

廃水処理分野でのケミカルインジェクションスキッドの急速な使用

ケミカルインジェクションスキッドは、ガソリンやその他の燃料油添加剤の阻害剤としてだけでなく、発生する廃水を処理するための水処理用化学物質の注入にも利用されています。さらに、世界の人口の増加と清潔で飲料可能な水の供給の減少に伴い、給水および水処理産業での需要が増加しています。ケミカルインジェクションスキッドでは、水処理、軟水化、消毒のための化学物質を水処理システムに注入できるようにしています。例えば、米国農務省(USDA)のベット・ブランド農村開発担当副次官は、36州とプエルトリコ全域の農村地域の上下水道インフラを改善するため、2020年に106のプロジェクトに2億8,100万米ドルを拠出することを約束しました。

IoTの統合はケミカルインジェクションスキッドの重要な市場動向です。

モノのインターネット(IoT)とデータ解析の統合は、ケミカルインジェクションスキッドの市場において重要なトレンドとなっています。これは、ネットワーク化されたデバイスやセンサーを使用して化学注入システムからリアルタイムデータを収集し、その後、運用の有効性を向上させ、注入プロセスを最適化するためのデータ分析を行うものです。例えば、ベーカー・ヒューズ社はスマート・インジェクション・システムを提供しています。ベーカー・ヒューズの人工揚力と油田化学サービスとの提携によって生まれたスマート注入システム技術のおかげで、ESPの早期故障は回避されています。完全に自動化された噴射装置により、遠隔地からの噴射率調整とレベル制御モニタリングが可能になり、顧客にどれだけの化学薬品が消費されているかを示すことができます。

アジア太平洋地域がケミカルインジェクションスキッド市場を独占すると予測される

アジア太平洋地域のケミカルインジェクションスキッド市場は、これらの国々における精製活動の増加に伴い、需要が増加すると予想されます。例えば、日本の国内石油埋蔵量は2022年には4,400万バレルを超えます。2022年の国内生産量101,000バレル/日(b/d)の大半は製油所が占めています。ケミカルインジェクションスキッド市場の拡大は、予測期間を通じて廃水処理、製薬、石油・ガスなどの最終用途産業における継続的な投資と市場開拓によって推進されることは間違いないです。さらに、この地域における廃棄物処理の拡大は、ケミカルインジェクションスキッドのアジア太平洋市場の拡大を予感させます。

市場の主な発表

  • 2023年6月、Euro Mechanical社は、変化する顧客ニーズに対応した新しいケミカルインジェクションスキッドパッケージの発売を発表しました。このスキッドパッケージはモジュール構造になっているため、固定設備や輸送可能なアプリケーションなど、さまざまなプロジェクトのニーズに対応することができます。最高レベルの性能、信頼性、安全性を保証するため、同社は最新の3Dモデリング、脈動解析、応力解析を採用しています。AWS D1.1、ASME B31.3、ASME Sec VIII、UL 142、ATEX、IEC、NEMA、IMDGおよびDNV-STE271/E273のオフショア設計準拠は、スキッドパッケージが準拠する業界標準のほんの一部に過ぎません。
  • 2022年1月、エバーフィルト(R)水ろ過システムは、新製品ラインであるCIシリーズケミカルインジェクションスキッドシステムを発表しました。薬液注入を必要とするお客様は、CI-Series ケミカルインジェクションスキッドの標準オプションとして、信頼性と強度を備えた簡単でターンキーな選択をすることができます。エバーフィルト(R)Iシリーズ鉄除去フィルターシステムと併用すれば、理想的です。炭素鋼フレームとお好みの色の2液エポキシ外装塗装により、CIシリーズは最も過酷な条件下でも問題なく動作することが実証されています。万一事故が発生した場合、内蔵の流出防止トレイが11ガロンの貯蔵を提供します。その他の安全対策として、明るい黄色に塗装された垂直アップライトとスチールコーティングされた安全チェーンがあります。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査デザイン
  • 調査データ
  • 検証

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 主な調査結果

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 ケミカルインジェクションスキッド市場:機能別

  • イントロダクション
  • 消泡剤
  • 腐食防止
  • 解乳化
  • スケール抑制
  • その他

第6章 ケミカルインジェクションスキッド市場:エンドユーザー別

  • イントロダクション
  • 石油ガス
  • エネルギーと電力
  • 肥料
  • 化学および石油化学
  • 給水と水処理
  • 医薬品
  • その他

第7章 ケミカルインジェクションスキッド市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • フランス
    • 英国
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • インドネシア
    • 台湾
    • その他

第8章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 市場シェア分析
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第9章 企業プロファイル

  • Milton Roy Company
  • AES Arabia Ltd.
  • Petronash
  • Lewa GmbH
  • SPX FLOW Inc.
  • INTECH
  • Integrated Flow Solutions LLC
  • Petroserve International
  • IDEX Corporation
目次
Product Code: KSI061616102

The chemical injection skid market is estimated to grow at a CAGR of 3.24% during the forecast period.

The main drivers of the chemical injection skid market are the significant increase in the chemical industry and the rapid development of water treatment applications. For instance, the U.S. Environmental Protection Agency (EPA) predicts that just to maintain present levels of service, the U.S. drinking water and wastewater infrastructure will need to spend up to USD 472.6 billion over the next 20 years. To maintain bulk levels in the primary process line, the majority of chemical injection skids offer concentrated chemicals at accurate dosages. There is widespread agreement that the federal government needs to invest in infrastructure for the collection, treatment, and disposal of wastewater.

High demand from oil & gas industry

This is due to the increasing need for a wide range of onshore and offshore activities to improve oil recovery applications, as well as the expanding use of chemical injection techniques to inject various types of specialized chemicals to boost division, prevent corrosion, and decrease foaming. The market for chemical injection skids will also increase dramatically over the next few years as a result of governments from different nations across the world making steadily larger expenditures in the development of the oil and gas industry. For instance, with the largest year-over-year growth in history, oil and gas upstream capital expenditures rose by 39% to $499 billion in 2022, the highest level since 2014 and the highest level ever. According to the International Energy Forum.

Increasing use of corrosion inhibitor chemical injection skids

Due to its effectiveness in lowering corrosion and the generation of deposits like wax, scales, and foam in liquid chemical treatment systems, the need for corrosion inhibitor chemical injection skids is anticipated to increase. In the chemicals sector, they are commonly used. As a result, the rise of the chemical industries has a significant impact on the market. For instance, as per the Indian Brand Equity Foundation, the Department of Chemicals and Petrochemicals received funding from the government of Rs. 173.45 crore ($20.93 million) during the Union Budget 2023-24. Moreover, refinery capacities are increasing as a result of increased petrochemical product usage and demand. The rise in oil and gas operations worldwide also contributes to the expansion chemical injection skid market size.

Rapid use of chemical injection skids in the wastewater treatment sector

Chemical injection skids are utilized for both the inhibition of gasoline and other fuel oil additives as well as the injection of chemicals for water treatment to treat the wastewater produced. Moreover, they are increasing the demand in water supply and water treatment industries as a result of the rising worldwide population and decreasing supplies of clean, drinkable water. Chemical injection skids allow chemicals for the treatment of water, water softening, and disinfection to be injected into water treatment systems. For instance, Deputy Under Secretary for Rural Development for the U.S. Department of Agriculture (USDA), Bette Brand, committed $281 million to 106 projects in 2020 to upgrade the water and wastewater infrastructure in rural areas throughout 36 states and Puerto Rico.

IoT integration is a key market trend for chemical injection skids

Integration of the Internet of Things (IoT) and data analytics is a crucial trend that is gaining traction in the market for chemical injection skids. This involves the collection of real-time data from chemical injection systems using networked devices and sensors, followed by data analysis to improve operational effectiveness and optimize the injection process. Baker Hughes, for instance, offers a Smart Injection System. The early ESP failures are avoided because of the smart injection systems technology, which was created in partnership with Baker Hughes Artificial Lift and Oilfield Chemicals Services. The fully automated injection equipment allows for remote injection rate adjustment and level control monitoring to show customers how much chemical is being consumed.

Asia Pacific is projected to dominate the chemical injection skid market

The chemical injection skid market in Asia Pacific's demand is anticipated to increase as refining activities in these nations increase. For instance, Japan has more than 44 million barrels of domestic oil reserves in 2022. Refineries accounted for the majority of the nation's 101,000 barrels per day (b/d) of production in 2022. Chemical injection skids market expansion is undoubtedly being driven by ongoing investments and developments in end-use industries such as wastewater treatment, pharmaceuticals, oil & gas, and others throughout the forecast period. Moreover, the expansion of waste treatment in the area foreshadows the expansion of the Asia Pacific market for chemical injection skids.

Market key launches

  • In June 2023, Euro Mechanical announced the release of its new Chemical Injection Skid Package, which is designed to meet the changing needs of its clients. Because of its modular construction, the skid package is adaptable enough to meet a range of project needs, including fixed installations and transportable applications. To assure the highest levels of performance, dependability, and safety, the organization uses contemporary 3D modelling, pulsation analysis, and stress analysis. AWS D1.1, ASME B31.3, ASME Sec VIII, UL 142, ATEX, IEC, NEMA, and offshore design compliance to IMDG and DNV-STE271/E273 are just a few of the industry standards that the skid package complies with.
  • In January 2022, Everfilt® Water Filtration Systems debuted a new product line, the CI-Series Chemical Injection Skid System. Customers who need chemical injection have an easy, turnkey choice that is also reliable and strong as a standard option with CI-Series Chemical Injection Skids. When used with an Everfilt® I-Series Iron Removal Filter System, it is ideal. Given its carbon steel frame and 2-part epoxy exterior paint in the colour of your choosing, the CI-Series has been demonstrated to operate well in even the most demanding conditions. In the case of an accident, the integrated spill containment tray offers 11 gallons of storage. Additional safety measures include vertical uprights painted a bright yellow and steel-coated safety chain.

Segmentation:

By Function

  • Antifoaming
  • Corrosion Inhibition
  • Demulsifying
  • Scale Inhibition
  • Others

By End-User

  • Oil & Gas
  • Energy & Power
  • Fertilizer
  • Chemical & Petrochemical
  • Water Supply & Water Treatment
  • Pharmaceutical
  • Other

By Geography

  • North America
  • United States
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • United Kingdom
  • Germany
  • France
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Israel
  • Others
  • Asia Pacific
  • China
  • Japan
  • India
  • South Korea
  • Indonesia
  • Thailand
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Design
  • 2.2. Research Data
  • 2.3. Validation

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Key Findings

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. CHEMICAL INJECTION SKID MARKET, BY FUNCTION

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Antifoaming
  • 5.3. Corrosion Inhibition
  • 5.4. Demulsifying
  • 5.5. Scale Inhibition
  • 5.6. Others

6. CHEMICAL INJECTION SKID MARKET, BY END-USER

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Oil & Gas
  • 6.3. Energy & Power
  • 6.4. Fertilizer
  • 6.5. Chemical & Petrochemical
  • 6.6. Water Supply & Water Treatment
  • 6.7. Pharmaceutical
  • 6.8. Other

7. CHEMICAL INJECTION SKID MARKET, BY GEOGRAPHY

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. North America
    • 7.2.1. USA
    • 7.2.2. Canada
    • 7.2.3. Mexico
  • 7.3. South America
    • 7.3.1. Brazil
    • 7.3.2. Argentina
    • 7.3.3. Others
  • 7.4. Europe
    • 7.4.1. Germany
    • 7.4.2. France
    • 7.4.3. United Kingdom
    • 7.4.4. Spain
    • 7.4.5. Others
  • 7.5. Middle East And Africa
    • 7.5.1. Saudi Arabia
    • 7.5.2. UAE
    • 7.5.3. Israel
    • 7.5.4. Others
  • 7.6. Asia Pacific
    • 7.6.1. China
    • 7.6.2. Japan
    • 7.6.3. India
    • 7.6.4. South Korea
    • 7.6.5. Indonesia
    • 7.6.6. Taiwan
    • 7.6.7. Others

8. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 8.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 8.2. Market Share Analysis
  • 8.3. Mergers, Acquisition, Agreements, and Collaborations
  • 8.4. Vendor Competitiveness Matrix

9. COMPANY PROFILES

  • 9.1. Milton Roy Company
  • 9.2. AES Arabia Ltd.
  • 9.3. Petronash
  • 9.4. Lewa GmbH
  • 9.5. SPX FLOW Inc.
  • 9.6. INTECH
  • 9.7. Integrated Flow Solutions LLC
  • 9.8. Petroserve International
  • 9.9. IDEX Corporation