デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1425045

光ネットワーキング市場-2024年から2029年までの予測

Optical Networking Market - Forecasts from 2024 to 2029

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
光ネットワーキング市場-2024年から2029年までの予測
出版日: 2024年01月25日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

光ネットワーキング市場のCAGRは8.78%で、2022年の102億5,500万米ドルから2029年には184億8,700万米ドルに成長すると予測されています。

光ネットワーキングは、光ファイバーケーブルを介したデータの伝送と管理に光信号を使用する通信技術です。光信号を使用して高速データトラフィックを効率的に伝送するために設計されたハードウェアとソフトウェアのコンポーネントおよびプロトコルのセットを含みます。波長分割多重(WDM)や光増幅などの技術を採用し、データ容量の最大化と信頼性の高いデータ伝送を実現しています。光ネットワーキング業界の成長の原動力は、データトラフィックの急増、帯域幅の増加、5G、クラウド、IoT技術の進歩です。

5G技術の成長が光ネットワーキング市場の成長を牽引

5G技術の採用が光ネットワーキング市場の成長を大きく後押ししています。5Gネットワークでは、幅広いアプリケーションやサービスを効率的にサポートするために、非常に高速な接続性と超低遅延が要求されます。光ネットワーキングは、AIや自律走行車からヘルスケアやスマートシティまで、さまざまな5Gアプリケーションに不可欠であり、効率的なデータ伝送を保証します。例えば、米連邦通信委員会(FCC)は2020年10月に「5G Fund for Rural America」を導入し、地方における先進的な5Gモバイル無線サービスの展開を可能にするため、ユニバーサル・サービス基金から最大90億米ドルを拠出できるようにしました。

新興データセンターが光ネットワーキング市場の拡大を牽引。

データセンターは、高解像度ビデオストリーミングやオンラインゲームなどのアプリケーションに牽引され、膨大なデジタルデータ量を管理・処理するために高速で信頼性の高いデータ伝送を必要とするため、データセンターの拡大は光ネットワーキング市場拡大の主要な促進要因となっています。さらに、メーカーは複雑なネットワーク向けのコンパクトでエネルギー効率の高い光トランシーバに注力しており、データ接続性を強化しています。

ヘルスケア分野の進歩が光ネットワーキング市場の成長を牽引

ヘルスケア分野では急速なデジタル化が進んでおり、光ネットワーキングの選好につながっています。医療機器、記録管理、診察、診断、治療におけるAIやIoT技術の統合が、安全で信頼性の高いネットワークインフラへの需要を促進しています。この動向は、現代のヘルスケアにおける光通信とネットワーキングの重要な役割を強調しています。2022年10月、インドの首相は5Gサービスを開始し、C-DOTが開発した5G NSAコアを公開し、ヘルスケア分野での使用事例を強調しました。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想されます。

予測期間中、アジア太平洋地域が最も速い成長を示すと予想されます。この成長は、同地域に大手OEMが存在し、5Gや光ファイバーシステムなどの高度通信技術の研究開発に多額の投資を行っていることが背景にあります。さらに、人口密度の高さ、都市化、高速インターネットやデータサービスへの需要の増加が、さらなる促進要因として作用しています。データセンターやクラウドコンピューティング施設の設立、インフラ整備、スマートシティプロジェクトへの政府投資は、アジア太平洋地域の市場拡大をさらに後押ししています。

ページトップへ導入コストが高く、光ネットワーキング市場の成長を抑制する可能性があります。

光ネットワーキング市場は、初期導入コストの高さが障害となっています。これらのコストは、光通信システムやインフラの設置・導入に伴うものです。光ファイバーネットワークのインフラが限られていることも、市場拡大の課題となっています。2021年7月、香港政府は遠隔地の高速ブロードバンド・サービスを拡大する政策イニシアチブを実施しました。この政策では、新界と離島の9地区にまたがる235の村が対象となります。さらに、通信会社への補助金という形で財政的インセンティブを提供することも含まれます。通信庁(OFCA)がこのイニシアチブを監督します。

会社製品

  • Cisco Network Convergence System 2000シリーズ:Cisco Network Convergence System 2000(NCS 2000)は、最新のコンバージド・ネットワーク向けにプログラマビリティ、スケーラビリティ、長距離性能を提供する最先端のDWDMソリューションです。エルビウム添加ラマン増幅器(EDRA)を導入し、効率的で低ノイズの長距離伝送を実現します。波長スイッチ光ネットワーク(WSON)制御プレーンは、光特性を認識してGMPLS機能を強化します。NCS 2000は、NCS 4000および6000シリーズとシームレスに統合され、さまざまなネットワークレベルでの相互運用性を確保します。また、ONS 15454 MSTPラインカードもサポートしており、将来対応可能な光通信ソリューションに焦点を当てたネットワーク・インフラストラクチャの汎用的な選択肢となっています。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 前提条件

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 市場機会
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 光ネットワーキング市場:タイプ別

  • イントロダクション
  • LAN
  • WAN
  • キャンパスネットワーク

第6章 光ネットワーキング市場:トポロジー別

  • イントロダクション
  • バス
  • リング
  • スター
  • メッシュ

第7章 光ネットワーキング市場:用途別

  • イントロダクション
  • データセンター
  • エンタープライズネットワーク
  • その他

第8章 光ネットワーキング市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • 韓国
    • インド
    • オーストラリア
    • その他

第9章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第10章 企業プロファイル

  • Cisco
  • Tejas Networks(Tata Sons)
  • Infinera Corporation
  • Nokia Corporation
  • Ribbon Communications Inc.
  • Fujitsu Limited
  • Huawei Technologies Co., Ltd.
  • Adtran Networks
目次
Product Code: KSI061616068

The optical networking market is expected to grow at a CAGR of 8.78% from US$10.255 billion in 2022 to US$18.487 billion in 2029.

Optical networking is a communication technology that involves the use of optical signals for the transmission and management of data over fiber-optic cables. It encompasses a set of hardware and software components and protocols designed to efficiently transmit high-speed data traffic using optical signals. It employs technologies such as wavelength division multiplexing (WDM) and optical amplification to maximize data capacity and ensure reliable data transmission. The optical networking industry's growth is driven by booming data traffic, increasing bandwidth, and advancements in 5G, cloud, and IoT technologies.

Growing 5G Technology Drives Optical Networking Market Growth

The adoption of 5G technology is majorly driving the optical networking market growth. 5G networks demand exceptionally high-speed connectivity and ultra-low latency to support a wide range of applications and services effectively. Optical networking is essential for various 5G applications, from AI and autonomous vehicles to healthcare and smart cities, ensuring efficient data transmission. For instance, the Federal Communication Commission (FCC) introduced the 5G Fund for Rural America in October 2020, making up to $9 billion available from the Universal Service Fund to enable the deployment of advanced 5G mobile wireless services in rural areas.

Emerging data centers drive the optical networking market expansion.

The expansion of data centers is a key driver for the optical networking market growth, as data centers require fast and reliable data transmission to manage and process vast digital data volumes, driven by applications like high-definition video streaming and online gaming. Additionally, manufacturers are focusing on compact and energy-efficient optical transceivers for complex networks, enhancing data connectivity.

Increasing advancements in the healthcare sector to drive the optical networking market growth.

The healthcare sector is experiencing rapid digitalization, leading to a preference for optical networking. The integration of AI and IoT technologies in medical devices, record-keeping, consultations, diagnosis, and treatment is driving the demand for secure and reliable network infrastructure. This trend underscores the vital role of optical communication and networking in modern healthcare. In October 2022, India's prime minister launched 5G services, unveiling the 5G NSA Core developed by C-DOT, highlighting its use case in the healthcare sector.

Asia-Pacific is expected to dominate the market.

The Asia-Pacific region is expected to show the fastest growth during the forecast period. This growth is driven by the presence of major OEMs in the region and substantial investments in the research and development of advanced communication technologies, such as 5G and fiber-optic systems. Moreover, high population density, urbanization, and increasing demand for high-speed internet and data services are acting as additional driving factors. The establishment of data centers and cloud computing facilities, along with infrastructure development and government investments in smart city projects, further bolsters market expansion in Asia-Pacific.

Top of Form High installation costsmay restrain the optical networking market growth.

The optical networking market faces obstacles due to high initial deployment costs. These costs are associated with setting up and implementing optical communication systems and infrastructure. Limited infrastructure for fiber-optic networks further presents a challenge to market expansion. In July 2021, The Hong Kong Government implemented a policy initiative to expand high-speed broadband services in remote areas. The policy will cover 235 villages across nine districts in the New Territories and outlying islands. It will further include providing financial incentives in the form of subsidies to telecommunications companies. The Office of the Communications Authority (OFCA) would oversee the initiative.

Key Developments

  • February 2023: Fujitsu introduced the 1FINITY Ultra Optical System, boasting impressive data rates of 1.2 terabits per second (Tbps) on a single wavelength, upgradable to 1.6 Tbps. This innovation is aimed at building a robust and sustainable network infrastructure to meet the growing demands of IoT and big data while reducing power consumption and cutting CO2 emissions by 60%. The system features advanced technologies such as a digital signal processor (DSP), liquid cooling, and continuous C+L reconfigurable optical add/drop multiplexer (ROADM) architecture to handle multiple wavelength bands efficiently.
  • January 2023: Huawei introduced the first 2000Mbps all-optical networking solution named the Huawei FTTR Starlight B30 series. This is designed for small and micro-enterprises. Traditional network solutions for these enterprises faced challenges such as poor Wi-Fi experience, insufficient bandwidth, and complex network operation and maintenance. Huawei's solution aims to address these issues and facilitate digital transformation for small and micro-enterprises.
  • August 2022: STL launched a suite of compatible optical connectivity products aimed at enhancing India's readiness for 5G deployment. These offerings include Stellar fiber, Celesta Intelligently Bonded Ribbon Cable with Compact Optical Ribbon Closure, Micromodule cable with Micro-Optical Demarcation Closure, and Preconnectorised drop cabling solutions.

Company Products

  • Cisco Network Convergence System 2000 Series: The Cisco Network Convergence System 2000 (NCS 2000) is a leading DWDM solution offering programmability, scalability, and long-haul performance for modern converged networks. It introduces erbium-doped Raman amplifiers (EDRAs) for efficient, low-noise, long-distance transmission. Its Wavelength Switched Optical Network (WSON) control plane enhances GMPLS capabilities with awareness of optical properties. The NCS 2000 seamlessly integrates with the NCS 4000 and 6000 Series, ensuring interoperability at various network levels. It also supports ONS 15454 MSTP line cards, making it a versatile choice for network infrastructure with a focus on future-ready optical communication solutions.

Segmentation

By Type

  • LAN
  • WAN
  • MAN
  • Campus Network

By Topology

  • Bus
  • Ring
  • Star
  • Mesh

By Application

  • Data Centers
  • Enterprise Networks
  • Others

By Geography

  • North America
  • USA
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • Germany
  • UK
  • France
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Others
  • Asia Pacific
  • China
  • Japan
  • South Korea
  • India
  • Australia
  • Other

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Assumptions

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Market Opportunities
  • 4.4. Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3. Threat of New Entrants
    • 4.4.4. Threat of Substitutes
    • 4.4.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.5. Industry Value Chain Analysis

5. OPTICAL NETWORKING MARKET ANALYSIS, BY TYPE

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. LAN
  • 5.3. WAN
  • 5.4. MAN
  • 5.5. Campus Network

6. OPTICAL NETWORKING MARKET ANALYSIS, BY TOPOLOGY

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Bus
  • 6.3. Ring
  • 6.4. Star
  • 6.5. Mesh

7. OPTICAL NETWORKING MARKET ANALYSIS, BY APPLICATION

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Data Centers
  • 7.3. Enterprise Networks
  • 7.4. Others

8. OPTICAL NETWORKING MARKET ANALYSIS, BY GEOGRAPHY

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. North America
    • 8.2.1. USA
    • 8.2.2. Canada
    • 8.2.3. Mexico
  • 8.3. South America
    • 8.3.1. Brazil
    • 8.3.2. Argentina
    • 8.3.3. Others
  • 8.4. Europe
    • 8.4.1. Germany
    • 8.4.2. UK
    • 8.4.3. France
    • 8.4.4. Spain
    • 8.4.5. Others
  • 8.5. Middle East and Africa
    • 8.5.1. Saudi Arabia
    • 8.5.2. UAE
    • 8.5.3. Others
  • 8.6. Asia Pacific
    • 8.6.1. China
    • 8.6.2. Japan
    • 8.6.3. South Korea
    • 8.6.4. India
    • 8.6.5. Australia
    • 8.6.6. Others

9. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 9.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 9.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 9.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 9.4. Vendor Competitiveness Matrix

10. COMPANY PROFILES

  • 10.1. Cisco
  • 10.2. Tejas Networks (Tata Sons)
  • 10.3. Infinera Corporation
  • 10.4. Nokia Corporation
  • 10.5. Ribbon Communications Inc.
  • 10.6. Fujitsu Limited
  • 10.7. Huawei Technologies Co., Ltd.
  • 10.8. Adtran Networks