市場調査レポート
商品コード
1295356

乳児用調製粉乳の世界市場-2023年から2028年までの予測

Global Infant Formula Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 149 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
乳児用調製粉乳の世界市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年06月07日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 149 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

乳児用調製粉乳市場はCAGR 5.42%で成長し、2021年の543億3,000万米ドルから2028年には786億3,900万米ドルの市場規模に達すると予測されています。

乳児用調製粉乳は通常、12ヵ月未満の乳児を対象としており、液体または粉末からカップ授乳用に調製されます。調製粉乳の需要は、母親または赤ちゃんに影響を及ぼす病状により増加しています。WHOとユニセフによると、妊娠中の母親と授乳中の母親の半数以上が、調製粉乳を製造している企業のマーケティングに影響され、その製品を購入しています。新生児人口の増加は、この市場の成長を促進する要因です。

新生児の増加、急速な都市化、近代化が乳児用調製粉乳の需要を押し上げています。

ミレニアル世代の親は、オンラインで入手可能な情報により、乳児に必要な栄養要件に精通しており、知識を得るための健全な雰囲気を作り出しています。そのため、より栄養価が高く、子どもにとってより有益な製品に親の関心が集まっています。また、ミレニアル世代の親たちは、より優れた栄養価を持つ植物性製品を求めています。そのため、子供の食事にそのような栄養価の高いものを取り入れることも好まれています。

市場動向:

  • 2020年、中国では、ダノンが乳児用調製粉乳を獲得するため、上海でのオープンサイエンス研究の開設に1億1,400万米ドルを投資しました。同社は、母親の母乳に焦点を当てた、より適切な栄養製品の開発を目指しています。
  • 英国の乳児用調製粉乳メーカー、ケンダミル社は、魚油やパーム油を一切使用しない国内初の「すぐ飲める」乳児用調製粉乳を開発しました。同社によると、この製品の賞味期限は、他社が9ヵ月であるのに対し、12ヵ月です。さらに2022年9月には、栄養学のトップブランドであるアボット社が、PRODI-G栄養システムを搭載した最初で唯一の調製粉乳と言われる「シミラック・ゲインスクール」の発売を発表しました。これは5種類のヒトミルクオリゴ糖(HMO)を独自にブレンドしたもので、より高いIQ、より優れた脳のつながり、より強い免疫力をサポートします。
  • 2022年8月、ダノンは、フレキシタリアン、ベジタリアン、植物ベースの食事に適した哺乳オプションを求める両親の要望に応え、なおかつ赤ちゃんの特定の栄養要求を満たす、新しい乳製品&植物ブレンドの乳児用調製粉乳を発売しました。
  • 2022年11月、ペリゴは1億7,000万米ドルを投資して米国の乳児用調製粉乳製造能力を拡大すると発表しました。ペリゴは最近、グッド・スタートという乳児用調製粉乳ブランドの米国およびカナダにおける権利と、ウィスコンシン州にあるネスレの乳児用調製粉乳工場ゲートウェイを買収しました。この投資額はゲートウェイの生産能力を拡大するために使用されます。ゲートウェイの拡張は、ネスレが最近発表した「サプライチェーン改革」プログラムの最初の主要な取り組みです。これは、米国における乳児用調製粉乳の長期的な製造供給を強固なものとし、消費者がより低価格で高品質の乳児用調製粉乳を入手できるようにするものです。
  • 2022年3月、乳児用調製粉乳のBoobie社は、Park West社が主導したシリーズBラウンドで5,000万米ドルを調達したと発表しました。新たな資金調達ラウンドには、4,000万米ドルのベンチャーキャピタルと1,000万米ドルの在庫債務が含まれます。新たな資金調達は、調製粉乳の新製品製造に充てられます。同社はまた、製造パートナーであるペリゴ社との提携も深めています。これと並行して、同社は製品開発と研究開発への投資を計画しており、これには乳児栄養の研究と革新に資金を提供する仮想研究所、ボビー・ラボの立ち上げも含まれます。

ミルクプロテインをベースとした調製粉乳が、力強い成長を遂げると思われます。

近年、ミルクプロテインを主成分とする調製粉乳の需要が増加しています。小児科医は、母乳の代替品としてミルクプロテインを使った調製粉乳を頻繁に勧めています。新生児に必要な栄養を満たす、ミルクプロテインを主成分とする調製粉乳がいくつかあることが、この需要を後押ししています。企業は研究開発に資金を費やし、ミルクプロテインにアレルギーを持つ新生児や不耐性の新生児のニーズに特化したソリューションを開発しています。

多くの企業が、乳児用調製粉乳部門を中心とするオンラインベビーフード市場に潜在的なビジネスチャンスがあると見て、eコマースプラットフォームにベビーフード製品販売店を設立しています。流通チャネル別に見ると、オンラインプラットフォームは、アクセスのしやすさ、積極的なオファー、品質保証といった様々な属性により人気を集めています。さらに、オンラインプラットフォームは徐々に市場で大きなシェアを獲得しつつあります。

北米は、期待される期間中に大きなシェアを占めると予想されています。

北米諸国 - 米国、メキシコ、カナダは先進国です。そのため、急速に近代化が進んでいます。また、両親が共働きであるため、家族の可処分所得も増加しており、たとえ通常より高額になったとしても、質の高い製品を子供に与えようとします。この地域の市場企業は、戦略的投資を行い、幅広い顧客層に対応する新製品を発売するため、大規模な研究開発を行っています。例えば、2020年11月、カナダでは、アボット社が2'-フコシラクトースオリゴ糖†(2'-FL†)配合の乳児用調製粉乳「シミラックプロアドバンス」を発売しました。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査プロセス

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 乳児用調製粉乳市場の分析:調製粉乳の種類別

  • イントロダクション
  • ミルクプロテインベース
  • 大豆ベース
  • タンパク質加水分解物

第6章 乳児用調製粉乳市場の分析:形態別

  • イントロダクション
  • 粉末状
  • 濃縮液体
  • RTU(使用準備済)

第7章 乳児用調製粉乳市場の分析:流通チャネル別

  • イントロダクション
  • オフライン
  • オンライン

第8章 乳児用調製粉乳市場の分析:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • スペイン
    • イタリア
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • 台湾
    • タイ
    • インドネシア
    • その他

第9章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第10章 企業プロファイル

  • Abbott
  • Nestle S.A.
  • Dana Dairy Group
  • Danone
  • Ausnutria Dairy Corporation Ltd.
  • Perrigo Company plc
  • Else Nutrition
  • Biostime
  • Juniper Naturals
  • Mead Johnson & Company, LLC
目次
Product Code: KSI061613040

The infant formula market is projected to grow at a CAGR of 5.42% to reach a market size of US$78.639 billion by 2028, up from US$54.330 billion in 2021.

The milk formula is usually designed for infants under 12 months and is prepared for cup feeding from liquid or powder. The demand for milk formula is increasing due to medical conditions that affect either the mother or the baby. According to WHO and UNICEF, more than half of expecting mothers and breastfeeding mothers are influenced by the marketing done by the companies that produce milk formula products and therefore end up buying those products. The increasing population of newborns is a driving factor for the growth of this market.

The increasing number of newborns, rapid urbanization, and modernization are boosting the infant formula demand.

Millennial parents are well-versed with the required nutritional requirement for their infants due to information that is available online, which creates a healthy atmosphere for gaining knowledge. And therefore, the parents' focus has been on better nutritional and more beneficial products for their children. Millennial parents have also been demanding plant products, as they possess better nutritional value. Therefore, they also like to have such nutritional value in their kid's food intake.

Market Developments:

  • In 2020, in China, Danone invested US$114 million in opening open science research in Shanghai to acquire infant milk formula. The company aims to develop more relevant nutritional products focusing on mothers' breast milk.
  • UK-based infant formula manufacturer Kendamil created the country's first "ready to feed" baby milk formula containing no fish or palm oil. According to the company, the product has a shelf life of 12 months compared to others that only offer nine months. Furthermore, in September 2022, Abbott, a leading brand name in nutrition, announced the launch of "Similac GainSchool," which is said to be the first and only milk formula with the PRODI-G Nutrient System. It is an exclusive blend of five human milk oligosaccharides (HMOs) to support higher IQ, better brain connections, and stronger immunity.
  • In August 2022, Danone launched the new Dairy & Plants Blend baby formula to meet parents' desire for feeding options suitable for a flexitarian, vegetarian, and plant-based diet while still meeting their baby's specific nutritional requirements.
  • In November 2022, Perrigo announced the expansion of its US infant formula manufacturing capabilities by investing US$170 million. It has recently purchased the US and Canadian rights to the Good Start baby formula brand and Nestle's Gateway infant nutrition plant in Wisconsin. The investment amount will be used to expand the gateway's production capacity. The expansion of Gateway is the first major initiative for their recently announced 'Supply Chain Reinvention' program. It solidifies their long-term manufacturing supply of infant formula in the US and increases the availability of lower-priced and high-quality infant formula to consumers.
  • In March 2022, Boobie, an infant formula company, announced that it raised $50 million in a Series B round that was led by Park West. Their new funding round includes $40 million in venture capital and $10 million in inventory debt. The new funding will be used for the production of new formula products. The company will also deepen its partnership with its manufacturing partner Perrigo. Along with this, the company is planning to invest in product development and R&D, which includes the launch of Bobbie Labs, a virtual laboratory that will fund infant feeding research and innovation.

The cow's milk protein-based formula will witness robust growth.

The formulas with cow milk protein as the main ingredient has seen a rise in demand in recent years. Pediatricians frequently suggest formula made with protein from cow's milk as a breast milk alternative. It is fueled by the availability of several cow milk protein-based formula compositions that meet nutritional requirements for newborns. Businesses are spending money on R&D to develop solutions specifically suited to the needs of newborns that are allergic to or intolerant of types of cow milk protein.

Many businesses have witnessed potential business opportunities in the online baby food market, focusing on the baby formula segment, and therefore have settled on e-commerce platforms to establish baby food product stores there. By distribution channel, online platforms have been gaining popularity due to various attributes such as easy accessibility, festive offers, and quality assurance. Furthermore, online platforms are slowly gaining a significant share of the market.

North America is anticipated to hold a significant share during the expected period.

The North American countries- USA, Mexico, and Canada are developed countries. Therefore, they are rapidly modernizing. The families' disposable income is also increasing as both parents are now working, so they aim to provide quality products to their children even if they cost them more than normal. The market players in this region are conducting extensive research and development to make strategic investments and launch new products for catering wide customer base. For instance, in November 2020, in Canada, Abbott launched an infant formula- Similac Pro-Advance with 2'-Fucosyllactose Oligosaccharide† (2'-FL†).

Market Segmentation:

By Formula Type

  • Cow's Milk Protein-Based
  • Soy-Based
  • Protein Hydrolysate

By Form

  • Powdered
  • Concentrated Liquid
  • Ready-to-Use

By Distribution Channel

  • Offline
  • Online

By Geography

  • North America
  • USA
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • United Kingdom
  • Germany
  • France
  • Spain
  • Italy
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Others
  • Asia Pacific
  • China
  • Japan
  • India
  • South Korea
  • Taiwan
  • Thailand
  • Indonesia
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Process

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. INFANT FORMULA MARKET ANALYSIS, BY FORMULA TYPE

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Cow's Milk Protein-Based
  • 5.3. Soy-Based
  • 5.4. Protein Hydrolysate

6. INFANT FORMULA MARKET ANALYSIS, BY FORM

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Powdered
  • 6.3. Concentrated Liquid
  • 6.4. Ready-to-Use

7. INFANT FORMULA MARKET ANALYSIS, BY DISTRIBUTION CHANNEL

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Offline
  • 7.3. Online

8. INFANT FORMULA MARKET ANALYSIS, BY GEOGRAPHY

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. North America
    • 8.2.1. USA
    • 8.2.2. Canada
    • 8.2.3. Mexico
  • 8.3. South America
    • 8.3.1. Brazil
    • 8.3.2. Argentina
    • 8.3.3. Others
  • 8.4. Europe
    • 8.4.1. United Kingdom
    • 8.4.2. Germany
    • 8.4.3. France
    • 8.4.4. Spain
    • 8.4.5. Italy
    • 8.4.6. Others
  • 8.5. Middle East and Africa
    • 8.5.1. Saudi Arabia
    • 8.5.2. UAE
    • 8.5.3. Others
  • 8.6. Asia Pacific
    • 8.6.1. China
    • 8.6.2. Japan
    • 8.6.3. India
    • 8.6.4. South Korea
    • 8.6.5. Taiwan
    • 8.6.6. Thailand
    • 8.6.7. Indonesia
    • 8.6.8. Others

9. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 9.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 9.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 9.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 9.4. Vendor Competitiveness Matrix

10. COMPANY PROFILES

  • 10.1. Abbott
  • 10.2. Nestle S.A.
  • 10.3. Dana Dairy Group
  • 10.4. Danone
  • 10.5. Ausnutria Dairy Corporation Ltd.
  • 10.6. Perrigo Company plc
  • 10.7. Else Nutrition
  • 10.8. Biostime
  • 10.9. Juniper Naturals
  • 10.10. Mead Johnson & Company, LLC