表紙:スマートオフィス市場-2023年から2028年までの予測
市場調査レポート
商品コード
1256600

スマートオフィス市場-2023年から2028年までの予測

Smart Office Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 126 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.08円
スマートオフィス市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年03月31日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 126 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートオフィス市場は、2021年の米国343億4,100万米ドルから2028年には804億800万米ドルへとCAGR12.92%で成長すると予測されています。

スマートオフィスとは、複数のデータ駆動型およびデジタル化されたソリューションとサービスを他の領域に組み合わせ、従業員のエンゲージメントと有効性を変え、エネルギーとコストの節約を達成し、さまざまな利害関係者のためのアプリケーションを通じて組織に価値を付加するスマートワークプレイスのことです。スマートオフィスは、従業員が遭遇する問題や困難について調査して洞察を得るとともに、よりポジティブな職場環境を作るのに役立つソリューションを作ることに重点を置いています。エネルギー効率を高めるためのセンシングデバイスの需要の増加と、スマートオフィスシステムにおけるIoTの進展は、予測期間中にスマートオフィス市場を牽引すると予想される2つの主要な理由です。

さらに、スマートオフィスの市場は、職場のセキュリティと安全に対する需要の増加により成長すると予想されています。接続を改善するスマートワークプレイスにより、雇用主は活動を改善し、労働者の健康と生産性にもっと集中する機会を得ます。

スマートオフィス市場は、エネルギー効率を高めるためのセンサーネットワークに対する需要の高まりが牽引しています。

電力料金や諸経費を削減するためのエネルギー効率化技術への関心が高まる中、スマートオフィスの需要は拡大しています。スマートオフィスソリューションの活用は、エネルギー効率の最大化、ひいてはエネルギーコストの低減に欠かせません。オフィスビルでは、空調設備や照明設備が最も大きなエネルギー消費源となっています。ワークプレイスのデジタル化は、照明とHVACシステムの自動化を支援し、ワークプレイスのエネルギー使用量を5%から30%削減することができます。さらに、スマートオフィスのソリューションは、さまざまな機器のコンポーネントに関連する運用上の問題を早期に発見するのに役立ちます。これにより、メンテナンスコストを削減し、予期せぬ故障や、公共施設やオフィスビルからのエネルギー排出量を削減するための政府の取り組みによってもたらされる損失を回避することができるのです。例えば、IBMと米国一般調達局は最近、連邦政府の最もエネルギー効率の高い建物50棟にスマートビルディング技術を導入することで合意しました。さらに、半導体センサーの価格下落、効率化、自動化システム、ライフスタイルの発展などの動向から、ワイヤレスセンサーネットワークが一般化しつつあります。オフィスオートメーションにおけるワイヤレスセンサーネットワークの迅速な導入は、バーチャルリアリティ、Wi-Fi、Bluetoothなどの技術の進歩によって実現されています。

北米はスマートオフィス市場の主要シェアを占めています。

地域別に見ると、タンクレベル監視市場は、北米、南米、欧州、中東・アフリカ、アジア太平洋に区分されています。スマートオフィスサービスにおけるIoTの開拓、スマートオフィスソリューションへのニーズの高まり、職場の安全・セキュリティシステムに対する需要の高まりなどは、北米のスマートオフィス市場に影響を与えるその他の要因の一つです。この地域のスマートオフィス産業の拡大を後押しするもう一つの重要な要因は、エネルギー効率を重視する傾向が強まっていることです。この地域の企業は、環境問題への関心の高まりから、業務上のエネルギー効率を改善し、環境への影響を軽減する必要に迫られています。北米は、米国、カナダ、メキシコなどの国別に区分されています。

米国スマートオフィス市場は、全米の連結オフィスの増加や連結製品の増加によって大きく牽引されています。この国の企業は、より多くのガジェットを追加し、商品やサービスの水準を高めるために、最先端のクラウドコンピューティング技術に大きく依存しています。その他の特典として、企業はすでに仮想環境や人工知能(AI)などの技術的進歩を日常活動に取り入れており、米国のスマートオフィス業界に利益をもたらしています。さらに、スマートオフィスソリューションは、米国における5Gの大規模な実装や、Wi-Fi 6などのアップグレードされたWi-Fiイノベーションにより、クラウド上の計算および情報資産への接続性の向上だけでなく、より強力なインフラを拡大および提供しています。また、スマートオフィス技術を含むWebサービスの流通も、5G技術により、少ない電力で有線・ケーブルレスで運用できるようになり、変革が進んでいます。それに伴い、米国のスマートオフィス市場も拡大しています。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査デザイン

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 スマートオフィス市場:製品別

  • イントロダクション
  • スマート照明
  • スマートセキュリティシステム
  • 空調制御

第6章 スマートオフィス市場:建物の種類別

  • イントロダクション
  • 新築
  • レトロフィット

第7章 スマートオフィス市場:エンドユーザー業界別

  • イントロダクション
  • ヘルスケア
  • 小売り
  • BFSI
  • メディアとエンターテイメント
  • 政府
  • その他

第8章 スマートオフィス市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • イタリア
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • イスラエル
    • サウジアラビア
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • オーストラリア
    • 韓国
    • 台湾
    • タイ
    • インドネシア
    • その他

第9章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第10章 企業プロファイル

  • Schneider Electric SA
  • Koninklijke Philips N.V.
  • Crestron Electronics Inc.
  • Honeywell International, Inc.
  • Johnson Controls, Inc.
  • Siemens AG
  • Cisco Systems, Inc.
  • ABB solutions.
  • Sony Electronics, Inc.
  • Secure Smart Office, Inc
目次
Product Code: KSI061610552

The smart office market is predicted to grow at a CAGR of 12.92% from US$34.341 billion in 2021 to US$80.408 billion by 2028.

A smart office is a smart workplace that combines several data-driven and digitalized solutions and services to other areas to change employee engagement and effectiveness, achieve energy and cost savings, and add value to the organization through applications for different stakeholders. Smart offices are focused on investigating and obtaining insights into the issues and difficulties that employees encounter, as well as creating a solution that would help in creating a more positive working environment. The increase in demand for sensing devices for energy efficiency, along with the advancement of IoT in smart office systems, are two main reasons expected to drive the smart office market during the projected period.

Furthermore, the market for smart offices is anticipated to grow due to an increase in demand for workplace security and safety. Due to smart workplaces that improve connection, employers have the chance to improve their activities and concentrate more on the health and productivity of their workforce.

The smart office market is driven by rising demand for sensor networks for energy efficiency.

With growing concerns about energy-efficient technologies to lower power bills and overhead costs, the demand for smart offices is expanding. The use of smart office solutions is crucial for maximizing energy efficiency and, eventually, lowering energy costs. In office buildings, the HVAC and lighting systems are some of the biggest energy consumers. Workplace digitization can assist in automating lighting and HVAC systems, reducing workplace energy use by 5% to 30%. Additionally, smart office solutions aid in the early identification of operational issues related to various equipment components. This lowers the cost of maintenance and helps avoid losses brought on by unforeseen breakdowns and government efforts to lower energy emissions from public and office buildings. For instance, IBM and the US General Services Administration recently agreed to put smart building technologies in 50 of the federal government's most energy-efficient buildings. Moreover, wireless sensor networks are becoming more common due to the falling price of semiconductor sensors, the rising trend of increasing efficiency, automation systems, and lifestyle development. The quick adoption of wireless sensor networks in office automation is made possible by advancements in technologies like Virtual reality, Wi-Fi, Bluetooth, etc.

Key Developments

  • In November 2020, VergeSense unveiled its cutting-edge wireless sensing technology. It offers a level of quick polling and processing of occupancy data that was previously available with wired devices in new smart buildings. According to the company, there is a growing need among multinational corporations to redefine the workplace and examine data to figure out the most efficient ways to restructure workspaces for more flexible and distant working.
  • In September 2022, the TD SYNNEX Solutions Factory's advanced commissioning Internet of Things solution assisted partners in overcoming the challenge of integrating and controlling smart office architecture. Microsoft Azure's premier IoT Platform, the cloud-based solution enables users to quickly start visualizing data and creating customized dashboards.
  • Diversified announced in January 2023 that it had partnered with GoBright, a provider of software solutions, to offer smart workplace solutions to the North American market. GoBright develops software that is simple to use and encourages hybrid working. Data-based insights are provided to the office environment by its solutions for accommodation reservation, table scheduling, guest identification, and digital displays. Diversified collaborated to work with them in North America to offer beneficial services that will not only establish a smart workspace but also radically alter the client experience in the office.

North America accounts for major shares of the smart office market.

By geography, the tank level monitoring market has been segmented into North America, South America, Europe, the Middle East and Africa, and the Asia Pacific. The development of IoT in smart office services, the rising need for smart office solutions, and the rising demand for workplace safety and security systems are some other factors influencing the North American smart office market. Another important factor fueling the expansion of the smart office industry in this region is the growing emphasis on energy efficiency. Companies in the area are being compelled to improve operational energy efficiency and lessen their environmental impact as a result of growing environmental concerns. The North America segment is further divided based on countries including United States, Canada, and Mexico.

The USA smart offices market is greatly driven by the increase in linked offices across the nation and the growing number of connected products. The businesses in the nation have added more gadgets and rely substantially on cutting-edge cloud computing technology to raise the standard of their goods and services. Additionally, firms are already incorporating technological advancements like virtual environment, and artificial intelligence (AI) in their routine activities, which has benefited the US smart office industry. Further, smart office solutions are expanding and providing stronger infrastructure as well as improved connectivity to computational and information assets in the cloud due to the vast implementation of 5G in the United States and upgraded Wi-Fi innovation, such as Wi-Fi 6. The distribution of Web services, including smart office technology, is also undergoing a transformation due to 5G technology, which enables wire- and cable-free operation while using less electricity. The US smart office market has expanded as a result.

Market Segmentation

By Product

  • Smart Lighting
  • Smart security system
  • HVAC control

By Type Of Building

  • Newly constructed
  • Retrofit

By End-User Industry

  • Healthcare
  • Retail
  • BFSI
  • Media and Entertainment
  • Government
  • Others

By Geography

  • North America
    • USA
    • Canada
    • Mexico
  • South America
    • Brazil
    • Argentina
    • Others
  • Europe
    • UK
    • Germany
    • Italy
    • Spain
    • Others
  • Middle East and Africa
    • Israel
    • Saudi Arabia
    • Others
  • Asia Pacific
    • China
    • Japan
    • India
    • Australia
    • South Korea
    • Taiwan
    • Thailand
    • Indonesia
    • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Design

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. SMART OFFICE MARKET, BY PRODUCT

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Smart Lighting
  • 5.3. Smart security system
  • 5.4. HVAC control

6. SMART OFFICE MARKET, BY TYPE OF BUILDING

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Newly constructed
  • 6.3. Retrofit

7. SMART OFFICE MARKET, BY END-USER INDUSTRY

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Healthcare
  • 7.3. Retail
  • 7.4. BFSI
  • 7.5. Media and Entertainment
  • 7.6. Government
  • 7.7. Others

8. SMART OFFICE MARKET, BY GEOGRAPHY

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. North America
    • 8.2.1. USA
    • 8.2.2. Canada
    • 8.2.3. Mexico
  • 8.3. South America
    • 8.3.1. Brazil
    • 8.3.2. Argentina
    • 8.3.3. Others
  • 8.4. Europe
    • 8.4.1. UK
    • 8.4.2. Germany
    • 8.4.3. Italy
    • 8.4.4. Spain
    • 8.4.5. Others
  • 8.5. Middle East and Africa
    • 8.5.1. Israel
    • 8.5.2. Saudi Arabia
    • 8.5.3. Others
  • 8.6. Asia Pacific
    • 8.6.1. China
    • 8.6.2. Japan
    • 8.6.3. India
    • 8.6.4. Australia
    • 8.6.5. South Korea
    • 8.6.6. Taiwan
    • 8.6.7. Thailand
    • 8.6.8. Indonesia
    • 8.6.9. Others

9. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 9.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 9.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 9.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 9.4. Vendor Competitiveness Matrix

10. COMPANY PROFILES

  • 10.1. Schneider Electric SA
  • 10.2. Koninklijke Philips N.V.
  • 10.3. Crestron Electronics Inc.
  • 10.4. Honeywell International, Inc.
  • 10.5. Johnson Controls, Inc.
  • 10.6. Siemens AG
  • 10.7. Cisco Systems, Inc.
  • 10.8. ABB solutions.
  • 10.9. Sony Electronics, Inc.
  • 10.10. Secure Smart Office, Inc