表紙:世界の通信オペレーターのカーボンニュートラル戦略
市場調査レポート
商品コード
1391889

世界の通信オペレーターのカーボンニュートラル戦略

Telecom Operators' Carbon Neutrality Strategies Worldwide: Operators' Climate Strategies in the Light of the Paris Agreement

出版日: | 発行: IDATE | ページ情報: 英文 45 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: EURを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1EUR=172.13円
世界の通信オペレーターのカーボンニュートラル戦略
出版日: 2023年10月05日
発行: IDATE
ページ情報: 英文 45 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

概要

当レポートでは、世界中の通信オペレーターの気候変動戦略を把握し、現在の気候変動目標に照らし合わせています。特に、オペレーター各社がパリ協定との関連で直面する機会・課題や、カーボンニュートラル目標に貢献するための様々なアプローチ (排出削減/排出回避/カーボンシンク) に焦点を当てています。

当レポートでは、世界の主な通信オペレーター6社とその気候変動戦略を分析しています:Orange、Telefonica、Deutsche Telekom、Vodafone、Etisalat、Ooredoo

    • カーボンニュートラルとは何か?規制はどうなっているのか?
    • カーボンニュートラルを達成するために、どのような戦略が考えられるか (排出削減・排出回避・吸収の観点から) 。
    • 分析対象の通信オペレーター6社の気候変動戦略とは?

目次

第1章 エグゼクティブサマリーと主な結論

第2章 背景事情

  • 地球温暖化と温室効果ガスの排出
    • GHG排出量は増加し続ける
    • 疑いようのない地球温暖化を阻止するカーボンニュートラルの目標
  • 「カーボンニュートラル」という用語の規制と使用
    • いくつかのレベルでの目標と規制
    • カーボンニュートラルとは何か?
    • 「カーボンニュートラル」:使用には注意が必要な用語

第3章 カーボンニュートラルを達成するための戦略

    • ネットゼロ・イニシアチブの調査手法
    • オペレーター独自の排出量の削減方法:温室効果ガスプロトコル、またはBilan Carbone (R)
    • オペレーター自身の排出量の削減:どのような軌道に乗るのか?
    • 削減された排出量
    • 活動範囲外の排出量の削減:回避された排出量
    • 吸収される排出量の増加

第4章 通信オペレーターの気候変動戦略:Orange、Telefonica、Deutsche Telekom、Vodafone

    • デジタル企業が環境に与える影響
    • 脱炭素化におけるデジタルテクノロジーの役割
  • 通信オペレーターによる排出削減戦略
    • 通信オペレーターによる排出回避:オペレーターの意見
    • Telefonica:対象範囲:削減への軌道
    • Vodafone:対象範囲:削減への軌道
    • Orange:対象範囲:削減への軌道
    • Deutsche Telekom:対象範囲:削減への軌道
    • Etisalat:対象範囲:削減への軌道
    • Ooredoo:対象範囲:削減への軌道
  • オペレーターの現在の再生プロジェクト
    • カーボンシンク (二酸化炭素吸収源) の拡大:Telefonica・Orange・Etisalat・Ooredoo
目次
Product Code: M00116

Summary

This report takes stock of the climate strategy of operators around the world and puts it into perspective with current climate objectives. It highlights the opportunities and challenges that these operators face in relation to the Paris Agreement, as well as the different approaches to contributing to carbon neutrality objectives: reduction/avoided emissions/carbon sink.

It analyses six operators around the world and their climate strategy: Orange, Telefonica, Deutsche Telekom, Vodafone, Etisalat and Ooredoo.

    • What is carbon neutrality? What do the regulations say?
    • What are the different possible strategies for achieving carbon neutrality (in terms of emission reductions, emissions avoided and absorbed)?
    • What are the climate strategies of the six operators analysed?

Table of Contents

1. Executive summary and main conclusions

2. Context

  • 2.1. Global warming and greenhouse gas emissions
    • GHG emissions continue to rise
    • A goal of carbon neutrality to halt unquestionable global warming
  • 2.2. Regulations and use of the term "carbon neutrality"
    • Targets and regulations at several levels
    • What is carbon neutrality?
    • "Carbon neutrality": a term to be used with caution

3. Strategies for achieving carbon neutrality

    • The Net Zero Initiative methodology
    • Reducing emissions specific to operators: the Greenhouse Gas Protocol, or Bilan Carbone®
    • Reducing operators' own emissions: what trajectory?
    • Avoided emissions
    • Reducing emissions outside its scope of activity: avoided emissions
    • Increase in absorbed emissions

4. The operators' climate strategy: Orange, Telefonica, Deutsche Telekom, Vodafone

    • The environmental impact of digital companies
    • The role of digital technology in decarbonisation
  • 4.1. Operator emissions reduction strategy
    • Emissions avoided by operators - Operators' opinions
    • Telefonica : Scope covered - Reduction trajectory
    • Vodafone : Scope covered - Reduction trajectory
    • Orange : Scope covered - Reduction trajectory
    • Deutsche Telekom : Scope covered - Reduction trajectory
    • Etisalat : Scope covered - Reduction trajectory
    • Ooredoo : Scope covered - Reduction trajectory
  • 4.2. Operators' current regenerative projects
    • Increasing carbon sinks: Telefonica - Orange - Etisalat - Ooredoo