表紙:モバイル通信向けの新たな周波数:6Gへの準備とWRC-23開会前の情勢
市場調査レポート
商品コード
1391885

モバイル通信向けの新たな周波数:6Gへの準備とWRC-23開会前の情勢

New Frequencies for Mobile in the Run Up of 6G and Before WRC-23: How Will WRC-23 Shape the Future Spectrum Landscape for 5G and 6G?

出版日: | 発行: IDATE | ページ情報: 英文 34 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
モバイル通信向けの新たな周波数:6Gへの準備とWRC-23開会前の情勢
出版日: 2023年10月02日
発行: IDATE
ページ情報: 英文 34 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

概要

2023年11月にドバイで開催される世界無線通信会議2023 (WRC-23) は、周波数の割り当てと効果的な周波数管理に焦点を当てた、極めて重要な国際会議です。

当レポートでは、WRC-23における国際移動通信 (IMT) をめぐる主要な論点・議論の概要について説明するとともに、モバイル技術のための周波数割当の重要性にも焦点を当てています。さらに、5Gおよび新たな6Gネットワークのための周波数要件についても検討しています。特に、ミッドバンド周波数帯の追加、整合帯域の必要性を強調し、周波数割り当てに関連する地政学的な側面を取り上げています。

主な論点:

  • WRC-23におけるIM関連の主要な論点と議論は何か?
  • 高度5Gや6Gネットワークの高まる需要を満たすために、予想される周波数の要件は何か?
  • WRC-23で特定と割り当てが検討されている主な周波数帯域は何か?また、その特徴や潜在的な利点と課題は何か?
  • 過去の会議 (WRC-19など) の結果は、その後の各国政府による周波数割り当てにどのような影響を与えたか?

目次

エグゼクティブサマリー

第1章 イントロダクション

  • モバイルテクノロジーにおける無線周波数帯域の重要な役割
  • モバイルテクノロジーと周波数帯域の進化
  • モバイルデータトラフィックの増加

第2章 WRC-23での発表と、5G用途向け周波数帯域

  • WRC-23の目的
  • 5G Advancedおよび6Gの周波数
  • 5G Advancedおよび6Gに必要なミッドバンドの帯域幅
  • 5Gに必要な周波数帯域
  • 5G Advancedに必要な周波数帯域
  • 6Gに必要な周波数帯域

第3章 対象となる帯域はどれか?

  • 5Gの開始以来のミッドバンドの導入状況
  • 3.5~0.8 GHz帯域の特性・概要
  • 3.5~3.8 GHz帯域の導入状況
  • 5~6 GHz帯域の特性・概要
  • 5~6 GHz帯域の導入状況
  • その他の帯域 (7~20 GHz) の特性・概要
  • 7~20 GHz帯域の導入情況
  • その他の周波数帯域:サブTHz帯域 (4800~4990 MHz、5925/6425~7125 MHz)
  • サブ THz GHz帯域の導入情況
  • その他の周波数帯域 (1GHz以下の帯域) の特性・概要
  • 1GHz以下の帯域の導入情況

第4章 結論

  • WRC-23の焦点:ミッドバンド
  • WRC-19の焦点:ミリ波帯
目次
Product Code: M00083

Summary

The World Radiocommunication Conference 2023 (WRC-23), to be held in Dubai in November 2023, represents a pivotal international event focused on the allocation of frequencies and effective spectrum management.

This report helps to outline the key issues and discussions surrounding International Mobile Telecommunications (IMT) at WRC-23. It also highlights the importance of spectrum allocation for mobile technologies. In addition, the document examines spectrum requirements for 5G and emerging 6G networks. In particular, it highlights the need for additional mid-band spectrum, harmonised bands, and addresses the geopolitical dimensions associated with spectrum allocation.

Key questions:

    • What are the key IM-related issues and discussions at WRC-23?
    • What are the expected spectrum requirements to meet the growing demands of advanced 5G and 6G networks?
    • What are the main frequency bands being considered for identification and allocation at WRC-23, and what are their characteristics and potential benefits and challenges?
    • How have the results of previous conferences, such as WRC-19, impacted on spectrum allocation by national governments since then?

Table of Contents

Executive summary

1. Introduction

  • The vital role of radio spectrum in mobile technology
  • Evolution of mobile technologies and frequency bands
  • Growth in mobile data traffic

2. Presentation of WRC-23 and spectrum for 5G use

  • Objectives of WRC-23
  • Frequencies for 5G Advanced and 6G
  • Mid-band volume required for 5G Advanced and 6G
  • Frequency bands needed for 5G
  • Frequency bands needed for 5G Advanced
  • Frequency bands needed for 6G

3. What are the target bands?

  • Mid-band adoption since the start of 5G
  • Overview of 3.5-.8 GHz bands characteristics
  • Adoption landscape in the 3.5-3.8 GHz bands
  • Overview of 5-6 GHz bands characteristics
  • Adoption landscape in the 5-6 GHz bands
  • Other bands: Overview of 7-20 GHz band characteristics
  • Adoption landscape in the 7-20 GHz bands
  • Other frequency bands: Sub-THz bands 4800-4990 MHz, 5925/6425-7125 MHz
  • Adoption landscape for sub-THz GHz bands
  • Other frequency bands: Overview of characteristics of sub-1 GHz bands
  • Adoption landscape for sub-1 GHz bands

4. Conclusion

  • WRC-23 focus: mid bands
  • WRC-19 focus: mmWave bands