デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1471657

IaaSネットワーキング:データエグレス料金の動向、2024年

IaaS Networking: 2024 Data Egress Trends

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 5 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
IaaSネットワーキング:データエグレス料金の動向、2024年
出版日: 2024年04月27日
発行: IDC
ページ情報: 英文 5 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

このIDC Market Noteでは、Google、AWS、Microsoftといった大手クラウドプロバイダーが最近発表した、顧客がデータを別のクラウドプロバイダーやオンプレミスに永続的に移行する際のデータ移行料金の免除に関する影響について説明しています。この動きは、エグレス料金に関する顧客の長年の懸念を軽減するための新たな取り組みと見ることができます。ただし、この免除は1回限りの最終的なデータ転送にのみ適用され、クラウドユーザーのエグレス料金の大部分を占める、定期的なデータエグレス料金には適用されないことに留意する必要があります。

エグゼクティブスナップショット

Market Note

IDCの視点

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: US52017724

This IDC Market Note discusses the implications of the recent announcements by major cloud providers like Google, AWS, and Microsoft regarding the waiving of data egress charges for customers permanently moving their data to another cloud provider or on premises. The move can be seen as an inaugural effort toward alleviating long-standing customer concerns about egress costs. However, it is to be noted that this waiver is only for one-time final data transfers and does not apply to recurring data egress costs, which constitute the bulk of egress expenses for cloud users.

Executive Snapshot

In This Market Note

IDC's Point of View

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis