デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1451965

職場での社会的持続可能性の測定

Measuring Social Sustainability at Work

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 6 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
職場での社会的持続可能性の測定
出版日: 2024年03月13日
発行: IDC
ページ情報: 英文 6 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

このIDC Perspectiveは、職場における社会的持続可能性がESG開発の重要な側面であるにもかかわらず、環境や経済的な懸念が優先され、見過ごされがちであることを浮き彫りにしています。欧州では、社会的持続可能性は地方や地域レベルで厳しく規制されており、人権、公正な労働慣行、多様性、ワークライフバランスなどの問題に関する報告が法的に義務付けられています。「職場における社会的持続可能性を優先させることは、企業にとって単なる規制遵守にとどまらない様々な利益をもたらす可能性があります。」「社会的持続可能性を効果的に測定しレポートする方法を理解することは、強固なサプライチェーンの構築、パートナーや顧客の獲得、従業員の満足度と効率の向上、ブランド評価の向上に役立ちます。」とIDCヨーロッパの仕事の未来担当リーダー、Meike Escherich 氏は述べています。

エグゼクティブスナップショット

状況概要

  • 職場での社会的持続可能性とは何ですか?
  • ビジネス成果と社会的持続可能性の関係

テクノロジー購入者へのアドバイス

  • 社会的持続可能性:何をどのように測定するか
  • 社会的持続可能性:データソースを選択する

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: EUR151905124

This IDC Perspective highlights how social sustainability at work is a vital aspect of ESG development that is often overlooked in favor of environmental and economic concerns. In Europe, social sustainability is heavily regulated at local and regional levels and legally requires reporting on issues such as human rights, fair labor practices, diversity, and work-life balance. "Prioritizing social sustainability in the workplace can offer various benefits for companies beyond mere regulatory compliance," said Meike Escherich, IDC Lead for European Future of Work. "Understanding how to effectively measure and report on social sustainability can aid in building robust supply chains, attracting partners and customers, boosting employee satisfaction and efficiency, and elevating brand reputation."

Executive Snapshot

Situation Overview

  • What is Social Sustainability at Work?
  • The Link Between Business Outcomes and Social Sustainability

Advice for the Technology Buyer

  • Social Sustainability: What and How to Measure
  • Social Sustainability: Choose Your Data Source

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis