デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1006832

国内AIシステム市場予測、2021年~2025年

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 和文 17 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格は税抜き表示となります
国内AIシステム市場予測、2021年~2025年
出版日: 2021年05月17日
発行: IDC
ページ情報: 和文 17 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
概要

当レポートは、国内AI(Artificial Intelligence:人工知能)システム市場の2020年の実績と2021年~2025年の予測(エンドユーザー支出額ベース)を提供しています。2020年のAIシステム市場はCOVID-19によるマイナスの影響を大きく受けることなく、顧客による企業変革の重要性の認識が高まりデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速した結果、市場規模は前年比47.9%増で成長しました。IDCでは、2021年の同市場は、COVID-19によって企業が新たに対策を講じる必要がある投資重点領域と認識されたことで継続的に成長すると予測しています。特にデータマネジメントやアナリティクス、従業員へのリスキリング(職業能力の再開発)を中心に積極的に投資が行われます。一方で、企業でAIの利用が限定される場合やAI人材が過剰に不足する場合は、AIの継続的投資が抑制されるため市場成長の阻害要因となります。「成長期を迎えている市場ではAIを活用し企業価値を得ている先駆者とそうでない者、企業変革を再認識し取り組みを加速する後発者という形で顧客の層別化が顕著になっています。ITサプライヤーは顧客の共通課題であるデータマネジメントにフォーカスし、顧客層に応じた柔軟な支援が求められます」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである飯坂 暢子氏は分析しています。

List of Attachments

IDC Market Forecast Figure

  • Figure: 国内AIシステム市場 支出額

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

国内AIシステム市場の予測

  • Table: 国内AIシステム市場 テクノロジーセグメント別 支出額予測、2019年~2025年
  • Figure: 国内AIシステム(ハードウェア)市場 テクノロジー別 支出額予測、2019年~2025年
  • Figure: 国内AIシステム(ソフトウェア)市場 テクノロジー別 支出額予測、2019年~2025年
  • Figure: 国内AIシステム(ソフトウェア)市場 配備モデル別 支出額予測、2019年~2025年
  • Figure: 国内AIシステム(サービス)市場 テクノロジー別 支出額予測、2019年~2025年

市場の変化

促進要因と阻害要因

  • 促進要因
    • DXの本質を捉えたAIの利用
    • AI開発/運用工程の自動化
    • データマネジメントの浸透
  • 阻害要因
    • 限定されたAIの活用
    • 最新AI技術に適応する人材確保の困難さ

市場動向ハイライト

  • AI機能を組み込んだエンタープライズアプリケーションの利用が拡大する
  • 顧客の層別が進む
  • 新たな商機はリアルタイムデータにある
  • データマネジメントの重要性が高まる

前回予測からの変更

  • Figure: 国内AIシステム市場 前回の支出額予測(2020年5月)との比較、2018年~2025年

市場定義

  • Table: AIシステム市場 テクノロジーセグメントの定義

調査方法

関連調査