デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1485288

サービスとしてのエネルギー(EaaS)市場規模:タイプ別、エンドユーズ別、地域別展望・予測、2024年~2032年

Energy as a Service (EaaS) Market Size - By Type, By End-Use, Regional Outlook & Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 200 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
サービスとしてのエネルギー(EaaS)市場規模:タイプ別、エンドユーズ別、地域別展望・予測、2024年~2032年
出版日: 2024年03月13日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 200 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

サービスとしてのエネルギー(EaaS)市場規模は、2024年から2032年までのCAGRが8.8%を超えると予測されます。

運用コストを削減し、エネルギーインフラ投資に伴う財務リスクを軽減するニーズの高まりが、エネルギーサービスのアウトソーシング需要に拍車をかけています。そのため、企業や政府の間でエネルギー効率と持続可能性の目標への注目が高まっており、EaaSソリューションの採用が促進されています。

IoTやクラウド・コンピューティングといったテクノロジーの大幅な進歩が、より効率的なエネルギー管理と最適化を可能にしています。EaaSプロバイダーが提供する柔軟な資金調達オプションとパフォーマンスベースの契約は、顧客の目に見えるエネルギー節約を確実にするための先行投資障壁をさらに緩和します。例えば、2024年1月、著名なサービスとしてのエネルギーのプロバイダーであり、Redaptive ONEプラットフォームによるエネルギー計測ソリューションのサプライヤーであるRedaptive, Inc.は、チャネルおよびアライアンス・パートナーをサポートするために、強化されたパートナー・プログラムを導入しました。

EaaS市場は、タイプ、最終用途、地域に分類されます。

タイプ別では、信頼性が高く持続可能なエネルギー源に対する需要の高まりから、エネルギー供給サービス分野の市場規模が2024年から2032年にかけて大きく成長すると推定されます。エネルギー供給サービスは、インフラへの先行投資を必要とせず、クリーンで再生可能なエネルギーへのアクセスを顧客に提供します。また、エネルギー供給サービスの柔軟性と拡張性は、中小企業から大企業まで、多様な顧客ニーズに対応しています。

最終用途別では、住宅分野のサービスとしてのエネルギー産業が2032年まで顕著な成長を遂げると思われます。これは、エネルギー効率の高い技術の採用が増加していることと、住宅所有者の間で持続可能性に対する意識が高まっていることによる。EaaSサービスは、再生可能エネルギーの導入やスマートホーム技術など、エネルギー管理のためのコスト効率の高いソリューションを住宅顧客に提供します。初期投資なしでクリーンなエネルギーにアクセスできることは、環境意識の高い消費者にとって魅力的であり、市場の成長にさらに拍車をかけています。

地域別では、北米のEaaS業界が2032年までに大幅な成長を遂げると予測されています。厳しい規制の枠組みが、地域全体で再生可能エネルギーの導入と持続可能性への取り組みを促進しています。エネルギーインフラ近代化への投資の増加と運用コスト削減ニーズの高まりが、エネルギーソリューションのアウトソーシング需要に拍車をかけています。IoTやAIのようなデジタル技術の画期的な市場開拓は、より効率的なエネルギー管理と最適化を可能にし、地域市場の拡大にさらに拍車をかけています。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
    • ベンダー・マトリックス
  • サービスとしての持続可能エネルギー
  • 規制状況
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
    • 業界の潜在的リスク&課題
  • 成長可能性分析
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • 戦略ダッシュボード
  • イノベーションと持続可能性の展望

第5章 市場規模・予測:タイプ別、2019年~2032年

  • 主要動向
  • エネルギー供給サービス
  • 運用・保守サービス
  • エネルギー効率化・最適化サービス

第6章 市場規模・予測:用途別、2019年~2032年

  • 主要動向
  • 住宅用
  • 商業用
  • 産業用
  • 実用

第7章 市場規模・予測:地域別、2019~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 欧州
    • ドイツ
    • イタリア
    • 英国
    • フランス
    • デンマーク
  • アジア太平洋
    • 中国
    • タイ
    • 韓国
    • インド
    • 日本
  • 世界のその他の地域

第8章 企業プロファイル

  • ABB Ltd
  • Alpiq
  • Ameresco, Inc.
  • Bernhard Energy Solutions
  • Capstone Green Energy Corporation
  • Centrica plc
  • Contemporary Energy Solutions
  • EDF Energy
  • Edison Energy
  • Enel X
  • ENGIE
  • Honeywell International Inc
  • Schneider Electric
  • Siemens AG
  • WGL Energy
目次
Product Code: 8479

Energy as a Service (EaaS) Market size is projected to depict over 8.8% CAGR from 2024 to 2032. The rising need to reduce operational costs and mitigate financial risks associated with energy infrastructure investments is spurring the demand for outsourced energy services. To that end, the increasing focus on energy efficiency and sustainability goals among businesses and governments is encouraging the adoption of EaaS solutions.

Significant advancements in technology, such as IoT and cloud computing are enabling more efficient energy management and optimization. The flexible financing options and performance-based contracts offered by EaaS providers further alleviates upfront capital barriers for ensuring tangible energy savings for customers. For instance, in January 2024, Redaptive, Inc., a prominent energy-as-a-service provider and supplier of energy metering solutions via the Redaptive ONE platform, introduced an enhanced Partner Program to support its Channel and Alliance partners.

The EaaS market is segregated into type, end-use, and region.

Based on type, the market size from the energy supply service segment is estimated to grow at significant rate between 2024 and 2032, due to the increasing demand for reliable and sustainable energy sources. Energy supply services offer customers access to clean and renewable energy without the need for upfront capital investments in infrastructure. The flexibility and scalability of energy supply services also caters to diverse customer needs, ranging from small businesses to large enterprises.

In term of end-use, the Energy as a Service industry from the residential segment will grow at notable rate through 2032. This is owing to the increasing adoption of energy-efficient technologies and the growing awareness of sustainability among homeowners. EaaS offerings provide residential customers with cost-effective solutions for energy management, including renewable energy installations and smart home technologies. The ability to access clean energy without upfront investment is appealing to environmentally conscious consumers, further adding to the market growth.

Regionally, the North America EaaS industry is projected to witness substantial gains by 2032. The stringent regulatory frameworks are promoting renewable energy adoption and sustainability initiatives across the region. The increasing investments in energy infrastructure modernization and the rising need to reduce operational costs are spurring the demand for outsourced energy solutions. Groundbreaking developments in digital technologies, like IoT and AI are enabling more efficient energy management and optimization, further fueling the regional market expansion.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market definitions
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Forecast calculation
  • 1.4 Data sources
    • 1.4.1 Primary
    • 1.4.2 Secondary
      • 1.4.2.1 Paid sources
      • 1.4.2.2 Unpaid sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis, 2019 - 2032

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
    • 3.1.1 Vendor matrix
  • 3.2 Sustainable energy as a service
  • 3.3 Regulatory landscape
  • 3.4 Industry impact forces
    • 3.4.1 Growth drivers
    • 3.4.2 Industry pitfalls & challenges
  • 3.5 Growth potential analysis
  • 3.6 Porter's analysis
    • 3.6.1 Bargaining power of suppliers
    • 3.6.2 Bargaining power of buyers
    • 3.6.3 Threat of new entrants
    • 3.6.4 Threat of substitutes
  • 3.7 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive landscape, 2023

  • 4.1 Strategic dashboard
  • 4.2 Innovation & sustainability landscape

Chapter 5 Market Size and Forecast, By Type, 2019 - 2032 (USD Billion)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Energy supply service
  • 5.3 Operational and maintenance services
  • 5.4 Energy efficiency and optimization services

Chapter 6 Market Size and Forecast, By End-Use, 2019 - 2032 (USD Billion)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Residential
  • 6.3 Commercial
  • 6.4 Industrial
  • 6.5 Utility

Chapter 7 Market Size and Forecast, By Region, 2019 - 2032 (USD Billion)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 North America
    • 7.2.1 U.S.
    • 7.2.2 Canada
    • 7.2.3 Mexico
  • 7.3 Europe
    • 7.3.1 Germany
    • 7.3.2 Italy
    • 7.3.3 UK
    • 7.3.4 France
    • 7.3.5 Denmark
  • 7.4 Asia Pacific
    • 7.4.1 China
    • 7.4.2 Thailand
    • 7.4.3 South Korea
    • 7.4.4 India
    • 7.4.5 Japan
  • 7.5 Rest of World

Chapter 8 Company Profiles

  • 8.1 ABB Ltd
  • 8.2 Alpiq
  • 8.3 Ameresco, Inc.
  • 8.4 Bernhard Energy Solutions
  • 8.5 Capstone Green Energy Corporation
  • 8.6 Centrica plc
  • 8.7 Contemporary Energy Solutions
  • 8.8 EDF Energy
  • 8.9 Edison Energy
  • 8.10 Enel X
  • 8.11 ENGIE
  • 8.12 Honeywell International Inc
  • 8.13 Schneider Electric
  • 8.14 Siemens AG
  • 8.15 WGL Energy