デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1460145

滑り止め添加剤市場- タイプ別、形状別、最終用途産業別、2024年~2032年予測

Anti-Slip Additives Market - By Type (Aluminium oxide, Silica, Other) By Form (Powder, Aggregate, Mix), By End-Use Industry (Building & Construction, Automotive, Manufacturing, Marine) & Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 310 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
滑り止め添加剤市場- タイプ別、形状別、最終用途産業別、2024年~2032年予測
出版日: 2024年02月20日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 310 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

滑り止め添加剤の市場規模は、世界中で進行中の工業化と建設活動に牽引され、2024年から2032年にかけてCAGR 5.2%以上で拡大する見通しです。

産業部門の急速な拡大や新しい施設の建設に伴い、スリップ、つまずき、転倒を防止する安全対策の必要性が最も高まっています。滑り止め添加剤は、工場、倉庫、工業環境の床材、コーティング、表面に組み込まれており、作業員の安全性を高めています。こうした需要の高まりに対応するため、業界各社は革新的な製品を投入しています。例えば、2023年6月、エボニックのコーティング添加剤事業部は、革新的なラジカル架橋型消泡スリップ添加剤を特徴とするカスタマイズシリコーンアクリレートのTEGO(R)Rad製品群を拡大し、顔料インク、マットコーティング、ローラー塗布型木材トップコートの配合での使用に適しています。さらに、インフラ開発、都市化、職場の安全規制への注目の高まりが、これらの分野での製品需要を促進すると予想されます。

滑り止め添加剤産業は、タイプ、形態、最終用途産業、地域に区分されます。

タイプ別では、シリカ系添加剤が高い摩擦係数と耐摩耗性により優れた滑り止め特性を発揮するため、2024~2032年の市場規模はシリカ系添加剤セグメントが大きく牽引するとみられます。床材、コーティング剤、塗料、接着剤などの産業は、表面のトラクションを高め、スリップや転倒を防止するためにシリカ系添加剤を利用しています。さらに、シリカ添加剤は様々な配合に容易に組み込むことができる汎用性があるため、効果的な滑り止めソリューションを求めるメーカーの間で人気が高まっています。

最終用途産業別では、市場セグメンテーションの滑り止め添加剤市場は2032年まで高い需要が見込まれます。これは、自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、機械などさまざまな分野で、安全性を向上させ事故を防止するために、多くのメーカーが製品に滑り止め添加剤を広く使用しているためです。また、作業員の安全性、規制遵守、業務効率を強く重視することも、製造現場における滑り止めソリューションの需要を促進しています。

地域別では、アジア太平洋地域の滑り止め添加剤産業が2024年から2032年にかけて力強い成長を示すとみられています。急速な工業化、建設活動、厳格な安全規制が、様々な分野における滑り止めソリューションの需要を促進しています。中国、インド、東南アジア諸国などのいくつかの国では、職場の安全性を向上させ事故を防止するために、床材、コーティング、塗料に滑り止め添加剤が大幅に採用されています。さらに、安全基準に対する意識の高まりや公共インフラ強化の必要性も、この地域の市場拡大に寄与すると思われます。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • テクノロジーとイノベーションの情勢
  • 規制状況
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
    • 業界の潜在的リスク&課題
  • 成長可能性分析
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • 企業シェア分析
  • 競合のポジショニング・マトリックス
  • 戦略展望マトリックス

第5章 市場規模・予測:タイプ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 酸化アルミニウム
  • シリカ
  • その他

第6章 市場規模・予測:形状別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 粉体
  • 骨材
  • ミックス

第7章 市場規模・予測:最終用途産業別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 建築・建設
  • 自動車
  • 製造業
  • 海洋
  • その他

第8章 市場規模・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • 韓国
    • オーストラリア
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • アルゼンチン
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • 南アフリカ
    • その他中東とアフリカ

第9章 企業プロファイル

  • Axalta Coating Systems
  • Associated Chemicals
  • BYK(Altana)
  • Coo-Var
  • Hempel A/S
  • Jotun
  • PPG Industries, Inc.
  • Rust-Oleum
  • Saicos Colour GmbH
  • Vexcon Chemicals
目次
Product Code: 8207

Anti-Slip Additives Market size is poised to expand at over 5.2% CAGR between 2024 and 2032 driven by the ongoing industrialization and construction activities worldwide.

With the rapid expansion of the industrial sector and new facilities being built, the need for safety measures to prevent slips, trips, and falls has become paramount. Anti-slip additives are incorporated into flooring, coatings, and surfaces in factories, warehouses, and industrial settings to enhance worker safety. To cater to this rising demand, industry players are introducing innovative products. For instance, in June 2023, Evonik's Coating Additives business division expanded its TEGO(R) Rad range of customized silicone acrylates featuring an innovative radically cross-linkable defoaming slip additive, suitable for use in the formulation of pigmented inks, matte coatings, and roller-applied wood topcoats. Furthermore, the rise in infrastructure development, urbanization, and the focus on workplace safety regulations is expected to drive the product demand in these sectors.

The anti-slip additives industry is segmented into type, form, end-use industry, and region.

With respect to type, the market size from the silica-based additives segment is likely to gain significant traction from 2024-2032 as they offer excellent anti-slip properties due to their high coefficient of friction and abrasion resistance. Industries, such as flooring, coatings, paints, and adhesives utilize silica additives to enhance surface traction and prevent slips and falls. Additionally, the versatility of silica additives for easy incorporation into different formulations is propelling their popularity among manufacturers seeking effective anti-slip solutions.

Based on end-use industry, the anti-slip additives market from the manufacturing segment is projected to witness high demand through 2032. This is owing to the widespread use of anti-slip additives by many manufacturers in their products to improve safety and prevent accidents across various sectors, including automotive, aerospace, electronics, and machinery. The strong emphasis on worker safety, regulatory compliance, and operational efficiency is also driving the demand for anti-slip solutions in manufacturing settings.

Regionally, the Asia Pacific anti-slip additives industry is set to exhibit robust growth between 2024 and 2032. The rapid industrialization, construction activities, and stringent safety regulations are driving the demand for anti-slip solutions across various sectors. Several countries, such as China, India, and Southeast Asian nations are witnessing significant adoption of anti-slip additives in flooring, coatings, and paints to improve workplace safety and prevent accidents. Additionally, the growing awareness of safety standards and the need to enhance public infrastructure will contribute to the regional market expansion.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Forecast calculation
  • 1.4 Data sources
    • 1.4.1 Primary
    • 1.4.2 Data mining sources
      • 1.4.2.1 Paid sources
      • 1.4.2.2 Public sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Technology & innovation landscape
  • 3.3 Regulatory landscape
  • 3.4 Industry impact forces
    • 3.4.1 Growth drivers
    • 3.4.2 Industry pitfalls & challenges
  • 3.5 Growth potential analysis
  • 3.6 Porter's analysis
    • 3.6.1 Supplier power
    • 3.6.2 Buyer power
    • 3.6.3 Threat of new entrants
    • 3.6.4 Threat of substitutes
    • 3.6.5 Industry rivalry
  • 3.7 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Company market share analysis
  • 4.2 Competitive positioning matrix
  • 4.3 Strategic outlook matrix

Chapter 5 Market Size and Forecast, By Type, 2018-2032 (USD Million, Kilo Tons)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Aluminium oxide
  • 5.3 Silica
  • 5.4 Others

Chapter 6 Market Size and Forecast, By Form, 2018-2032 (USD Million, Kilo Tons)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Powder
  • 6.3 Aggregate
  • 6.4 Mix

Chapter 7 Market Size and Forecast, By End-Use Industry, 2018-2032 (USD Million, Kilo Tons)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Building & construction
  • 7.3 Automotive
  • 7.4 Manufactuing
  • 7.5 Marine
  • 7.6 Other

Chapter 8 Market Size and Forecast, By Region, 2018-2032 (USD Million, Kilo Tons)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 North America
    • 8.2.1 U.S.
    • 8.2.2 Canada
  • 8.3 Europe
    • 8.3.1 Germany
    • 8.3.2 UK
    • 8.3.3 France
    • 8.3.4 Italy
    • 8.3.5 Spain
    • 8.3.6 Rest of Europe
  • 8.4 Asia Pacific
    • 8.4.1 China
    • 8.4.2 India
    • 8.4.3 Japan
    • 8.4.4 South Korea
    • 8.4.5 Australia
    • 8.4.6 Rest of Asia Pacific
  • 8.5 Latin America
    • 8.5.1 Brazil
    • 8.5.2 Mexico
    • 8.5.3 Argentina
    • 8.5.4 Rest of Latin America
  • 8.6 MEA
    • 8.6.1 Saudi Arabia
    • 8.6.2 UAE
    • 8.6.3 South Africa
    • 8.6.4 Rest of MEA

Chapter 9 Company Profiles

  • 9.1 Axalta Coating Systems
  • 9.2 Associated Chemicals
  • 9.3 BYK(Altana)
  • 9.4 Coo-Var
  • 9.5 Hempel A/S
  • 9.6 Jotun
  • 9.7 PPG Industries, Inc.
  • 9.8 Rust-Oleum
  • 9.9 Saicos Colour GmbH
  • 9.10 Vexcon Chemicals