デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1460121

大腸内視鏡検査デバイス市場- 製品タイプ、用途、最終用途別-2024年~2032年の世界予測

Colonoscopy Devices Market - By Product Type (Colonoscope, Visualization Systems), Application (Colorectal Cancer, Lynch Syndrome, Ulcerative Colitis, Crohns Disease), End-use (Hospitals, Ambulatory Surgical Centers) - Global Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
大腸内視鏡検査デバイス市場- 製品タイプ、用途、最終用途別-2024年~2032年の世界予測
出版日: 2024年02月14日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

大腸内視鏡検査デバイス市場規模は、世界の大腸がん罹患率の増加により、2024年から2032年にかけてCAGR 5%で拡大する見通しです。

WHOによると、大腸がんは世界で3番目に頻度の高い疾患であり、全がん診断の約10%を占め、がん関連の死亡原因の第2位です。世界人口の急速な高齢化とライフスタイルの変化に伴い、大腸がんの有病率は上昇し続け、大腸内視鏡検査手技と装置の需要を煽っています。さらに、改良されたイメージングやナビゲーションシステムなど、大腸内視鏡検査デバイスの先端技術が診断精度を高め、業界の成長をさらに加速させています。例えば、2024年2月、MagentiqはAI支援大腸内視鏡検査ツールを発売し、腺腫の同定と除去を7%改善し、大腸がんになる可能性を低下させました。

大腸内視鏡検査デバイス産業は、製品タイプ、用途、最終用途、地域で区分されます。

製品タイプ別では、可視化システムセグメントの市場価値は2024-2032年にCAGR 4.9%になると予測されています。高精細(HD)カメラや超高精細(UHD)カメラ、ナローバンドイメージング(NBI)技術やバーチャル色内視鏡技術などのイノベーションが、大腸疾患の検出と診断を強化しています。これらの高度な可視化システムは、大腸の鮮明で詳細な画像を提供し、病変同定の精度を向上させ、見逃し率を低減します。さらに、AI支援画像解析の統合は診断能力をさらに増強し、製品受容を大きく促進しています。

用途別では、リンチ症候群セグメントの大腸内視鏡検査デバイス市場は、2032年までCAGR 4.6%を記録すると予測されています。リンチ症候群(LS)は、遺伝性大腸がん(CRC)の中で最も蔓延している疾患であり、人口頻度は2%~3%です。この疾患の浸透により、早期発見とサーベイランスのための定期的な大腸内視鏡検査の必要性が急増しています。リンチ症候群の有病率の上昇と意識の高まり、遺伝子検査が、効果的なスクリーニングとモニタリングのために調整された大腸内視鏡検査デバイスの需要を促進しています。また、色内視鏡や高精細画像などの先進技術は、リンチ症候群患者にとって重要な病変発見率を高め、同分野の成長を後押ししています。

地域別では、アジア太平洋地域の大腸内視鏡検査デバイス産業は2024年から2032年にかけて6.2%の成長率を示すと予測されています。大腸がんに対する意識の高まりとヘルスケア支出の増加が、大腸内視鏡検査の需要に拍車をかけています。医療インフラを改善するための政府の取り組みの高まりが予防ヘルスケアを促進しています。さらに、この地域では人口の高齢化と食生活の変化が大腸疾患の増加に寄与しており、より多くのスクリーニング検査が必要となっています。さらに、医療技術の進歩や低侵襲手技の採用増加も、この地域の市場拡大を後押ししています。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
      • 低侵襲手術に対する需要の高まり
      • 技術の進歩
      • 大腸がんの罹患率と有病率の増加
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • 大腸内視鏡検査に伴うリスク
  • 成長可能性分析
  • ポーター分析
  • PESTEL分析
  • 償還シナリオ
  • 規制状況
  • 技術的展望
  • 今後の市場動向
  • ギャップ分析

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 企業マトリックス分析
  • 企業シェア分析
  • 競合ポジショニングマトリックス
  • 戦略ダッシュボード

第5章 市場推計・予測:製品タイプ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 大腸内視鏡
  • 可視化システム
  • その他の製品タイプ

第6章 市場推計・予測:用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 大腸がん
  • リンチ症候群
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • その他の用途

第7章 市場推計・予測:エンドユーザー別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 病院
  • 外来手術センター
  • その他のエンドユーザー

第8章 市場推計・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • オーストラリア
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • アルゼンチン
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • 南アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他中東とアフリカ

第9章 企業プロファイル

  • Endomed Systems
  • Fujifilm Holdings Corporation
  • GI-View
  • Medtronic plc
  • Olympus Corporation
  • Ottomed Endoscopy
  • PENTAX Medical
  • Smart Medical Systems Ltd.
  • Steris PLC
  • Stryker Corporation
目次
Product Code: 4162

Colonoscopy Devices Market size is poised to expand at 5% CAGR from 2024 to 2032 driven by the increasing incidence of colorectal cancer worldwide.

As per WHO, colorectal cancer is the third most frequent disease in the world, accounting for around 10% of all cancer diagnoses, and the second biggest cause of cancer-related fatalities. With the rapidly aging global population and lifestyle changes, the prevalence of colorectal cancer will continue to rise, fueling the demand for colonoscopy procedures and devices. Additionally, advanced technologies in colonoscopy devices, such as improved imaging and navigation systems are enhancing diagnostic accuracy, further accelerating the industry growth. For instance, in February 2024, Magentiq launched its AI-aided colonoscopy tool to improve the identification and removal of adenomas by 7%, lowering the chance of getting colorectal cancer.

The colonoscopy devices industry is segmented in product type, application, end-use, and region.

In terms of product type, the market value from the visualization systems segment is anticipated to witness 4.9% CAGR from 2024-2032. Innovations, such as high-definition (HD) and ultra-high-definition (UHD) cameras, along with narrow-band imaging (NBI) and virtual chromoendoscopy technologies are enhancing the detection and diagnosis of colorectal diseases. These advanced visualization systems offer clearer, detailed images of the colon for improving accuracy in lesion identification and reducing miss rates. Additionally, the integration of AI-assisted image analysis is further augmenting the diagnostic capabilities, fueling the product acceptance significantly.

Based on application, the colonoscopy devices market from the Lynch syndrome segment is projected to record 4.6% CAGR through 2032. Lynch syndrome (LS) is the most prevalent hereditary colorectal cancer (CRC) condition, with a population frequency ranging from 2% to 3%. This disease penetration is surging the need for regular colonoscopies for early detection and surveillance. The rising prevalence of Lynch Syndrome, coupled with increasing awareness and genetic testing is driving the demand for colonoscopy devices tailored for effective screening and monitoring. Advanced technologies, such as chromoendoscopy and high-definition imaging are also enhancing the rate of lesion detection crucial for Lynch Syndrome patients, boosting the segment growth.

Regionally, the Asia Pacific colonoscopy devices industry is projected to exhibit 6.2% growth rate from 2024-2032. The increasing awareness about colorectal cancer coupled with rising healthcare expenditures are fueling the demand for colonoscopy procedures. The growing government efforts to improve healthcare infrastructure is promoting preventive healthcare. Additionally, the aging population and changing dietary habits in the region are contributing to the rise in colorectal diseases, necessitating more screening procedures. Moreover, advancements in medical technologies and the higher adoption of minimally invasive procedures are also driving the regional market expansion.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Data collection
  • 1.4 Forecast parameters
  • 1.5 Data validation
  • 1.6 Data sources
    • 1.6.1 Primary
    • 1.6.2 Secondary
      • 1.6.2.1 Paid sources
      • 1.6.2.2 Unpaid sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Industry impact forces
    • 3.2.1 Growth drivers
      • 3.2.1.1 Rising demand for minimally invasive procedures
      • 3.2.1.2 Technological advancements
      • 3.2.1.3 Increasing incidence and prevalence of colorectal cancer
    • 3.2.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.2.2.1 Risk associated with colonoscopy procedures
  • 3.3 Growth potential analysis
  • 3.4 Porter's analysis
    • 3.4.1 Supplier power
    • 3.4.2 Buyer power
    • 3.4.3 Threat of new entrants
    • 3.4.4 Threat of substitutes
    • 3.4.5 Industry rivalry
  • 3.5 PESTEL analysis
  • 3.6 Reimbursement scenario
  • 3.7 Regulatory landscape
  • 3.8 Technological landscape
  • 3.9 Future market trends
  • 3.10 Gap analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company matrix analysis
  • 4.3 Company market share analysis
  • 4.4 Competitive positioning matrix
  • 4.5 Strategy dashboard

Chapter 5 Market Estimates and Forecast, By Product Type, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Colonoscope
  • 5.3 Visualization systems
  • 5.4 Other product types

Chapter 6 Market Estimates and Forecast, By Application, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Colorectal cancer
  • 6.3 Lynch syndrome
  • 6.4 Ulcerative colitis
  • 6.5 Crohn's disease
  • 6.6 Other applications

Chapter 7 Market Estimates and Forecast, By End-Use, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Hospitals
  • 7.3 Ambulatory surgical centers
  • 7.4 Other end-users

Chapter 8 Market Estimates and Forecast, By Region, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 North America
    • 8.2.1 U.S.
    • 8.2.2 Canada
  • 8.3 Europe
    • 8.3.1 Germany
    • 8.3.2 UK
    • 8.3.3 France
    • 8.3.4 Italy
    • 8.3.5 Spain
    • 8.3.6 Rest of Europe
  • 8.4 Asia Pacific
    • 8.4.1 China
    • 8.4.2 Japan
    • 8.4.3 India
    • 8.4.4 Australia
    • 8.4.5 South Korea
    • 8.4.6 Rest of Asia Pacific
  • 8.5 Latin America
    • 8.5.1 Brazil
    • 8.5.2 Mexico
    • 8.5.3 Argentina
    • 8.5.4 Rest of Latin America
  • 8.6 Middle East and Africa
    • 8.6.1 South Africa
    • 8.6.2 Saudi Arabia
    • 8.6.3 UAE
    • 8.6.4 Rest of Middle East and Africa

Chapter 9 Company Profiles

  • 9.1 Endomed Systems
  • 9.2 Fujifilm Holdings Corporation
  • 9.3 GI-View
  • 9.4 Medtronic plc
  • 9.5 Olympus Corporation
  • 9.6 Ottomed Endoscopy
  • 9.7 PENTAX Medical
  • 9.8 Smart Medical Systems Ltd.
  • 9.9 Steris PLC
  • 9.10 Stryker Corporation