表紙:さらなる原子力発電のオーバーラン:ヒンクリー・ポイントC原子力発電所建設の影響評価
市場調査レポート
商品コード
1424567

さらなる原子力発電のオーバーラン:ヒンクリー・ポイントC原子力発電所建設の影響評価

More Nuclear Overruns: Assessing the Impact of Hinkley Point C's Slow and Expensive Build

出版日: | 発行: Wood Mackenzie - Power & Renewables | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
さらなる原子力発電のオーバーラン:ヒンクリー・ポイントC原子力発電所建設の影響評価
出版日: 2024年02月09日
発行: Wood Mackenzie - Power & Renewables
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

レポートの概要

EDFは、英国のヒンクリーポイントC原子力発電所の大幅な遅延を発表しました。これは、2016年に3.3GWの新規建設プロジェクトのFIDを取得して以来、5回目の警告です。1号機の運転開始は、当初の予定より5年遅れ、2030年代にずれ込む可能性があります。今回のオーバーランの重大な影響は、GBの電力市場だけにとどまらず、周辺のシステム全体に響き、供給構成、価格、国境を越えた流れに影響を及ぼします。

目次
Product Code: 150204159

Report Summary:

EDF has announced a major delay of its Hinkley Point C nuclear power plant in the UK - this is the fifth such warning it has given since taking FID on the 3.3 GW new-build project in 2016. Commissioning of the first reactor could now slip into the 2030s, five years beyond its original timeline. The material impacts of this latest overrun are not restricted to the GB power market, and resonate across surrounding systems, with implications for supply mix, prices and cross-border flows.