デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1324889

ロラタジンシロップ市場:現状分析と予測(2022-2030年)

Loratadine Syrup Market: Current Analysis and Forecast (2022-2030)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 158 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
ロラタジンシロップ市場:現状分析と予測(2022-2030年)
出版日: 2023年07月31日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 158 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ロラタジンシロップ市場は、市販されていること、安全性が高いこと、眠くならない処方であることから、様々な年齢層の消費者に好まれ、2%前後の安定した成長が見込まれています。さらに、アレルギーとその健康への影響に関する意識の高まり、都市化、アレルゲンにさらされる環境要因などが、ロラタジンシロップ市場の需要を押し上げています。

市場は年齢別に成人用と小児用に区分されます。予測期間中、小児カテゴリーはより高いCAGRを示すことになります。これは主に、小児におけるアレルギーや花粉症の有病率の高さ、小児にとって安全な薬剤の検討、長時間作用型製剤によるものです。例えば、2021年には米国で約8,100万人が季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と診断されました。これは成人の約26%(6,700万人)、小児の約19%(1,400万人)に相当します。

適応症別に見ると、市場はアレルギー性鼻炎と蕁麻疹に分類されます。このうち、アレルギー性鼻炎が2021年の市場で大きなシェアを占めています。これは主に、政府機関による投資・資金提供活動の活発化と、世界中でアレルギー性鼻炎の有病率が上昇しているためです。例えば、米国国立衛生研究所(NIH)によると、約3億3,900万人が喘息、2億~2億5,000万人が食物アレルギー、4億人が鼻炎を患っています。

薬剤の種類によって、ロラタジンシロップ市場はブランド薬とジェネリック医薬品に分類されます。予測期間中、ロラタジンシロップの採用率が高いのはブランド品カテゴリーです。これは主に製薬会社がマーケティングとブランディングに費用を費やし、ロイヤリティが高いためです。また、ブランド薬は通常、市場に出回る最初のバージョンであり、この特定のバージョンは消費者に有効性を保証するために入念なテストを受けています。

ロラタジンシロップ業界の市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、その他アジア太平洋地域)、その他世界の国々における世界の存在に基づいて分析されています。北米は予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予測されています。人口が多く、都市化と工業化が進んでいるため、この地域ではアレルギー症例が増加しています。APACでは、環境要因によるアレルギー性鼻炎の有病率も高いです。例えば、国立医学図書館(NLM)が発表した論文によると、13億5,000万人以上の人口を抱えるインドには、世界人口の20%近くが居住しています。慢性疾患の中でも、アレルギー性鼻炎(AR)や喘息などのアレルギー性疾患は、ここ数年インドで増加しているようです。この地域では現在、成人の約22%がアレルギー性鼻炎(AR)を経験しています。その結果、ロラタジンシロップのような効果的なアレルギー緩和薬の需要が高まっています。中国、インド、日本などの国々では、中間層の増加、医療費の増加、医療インフラの改善が市場の成長に寄与しています。また、APAC地域のいくつかの国では、ロラタジンシロップがOTC医薬品として販売されているため、消費者が簡単に入手できるようになっています。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目的
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 COVID-19がロラタジンシロップ市場に与える影響

第6章 ロラタジンシロップ市場収益 、2020-2030年

第7章 年齢別の市場洞察

  • 成人用
  • 小児

第8章 適応症別の市場洞察

  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹

第9章 医薬品の種類別の市場洞察

  • ブランド
  • ジェネリック

第10章 地域別の市場洞察

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域

第11章 ロラタジンシロップ市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第12章 ロラタジンシロップ市場機会

第13章 ロラタジンシロップ市場動向

第14章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第15章 バリューチェーン分析

第16章 価格分析

第17章 戦略的洞察

第18章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第19章 企業プロファイル

  • Merck KGaA
  • Cadila Pharmaceuticals
  • Medico Remedies Limited
  • Sun Pharmaceutical Industries Ltd.
  • GSK plc.
  • Perrigo Company plc,
  • Novartis AG
  • Taro Pharmaceutical Industries Ltd.
  • Dr. Reddy's Laboratories Ltd.
  • Bayer Inc.

第20章 免責事項

目次
Product Code: UMHE211921

Loratadine syrup is a medication used to provide relief from allergy symptoms. This is known for its non-drowsy formula, making it suitable for daytime use without causing significant sedation. It effectively alleviates symptoms like sneezing, runny nose, itching, and watery eyes associated with allergies, providing long-lasting relief. The syrup formulation offers convenience, particularly for pediatric populations or individuals who have difficulty swallowing pills, as it allows for easy administration and accurate dosing. The loratadine syrup market is experiencing steady growth and is driven by several key factors such as the increasing prevalence of allergies, such as seasonal allergies, hay fever, and allergic rhinitis, which has fueled the demand for loratadine syrup. For instance, according to an article published by a U.S. organization, 339 million are suffering from asthma, 200 to 250 million have a food allergy and 400 million have rhinitis globally.

The loratadine syrup market is expected to grow at a steady rate of around 2% owing to Its over-the-counter availability, favorable safety profile, and non-drowsy formula making it a preferred choice for consumers across different age groups. Moreover, the growing awareness about allergies and their impact on health, coupled with the urbanization and environmental factors contributing to allergen exposure, has bolstered the market demand for loratadine syrup.

Based on age, the market is segmented into adult and pediatric. The pediatric category is to witness a higher CAGR during the forecast period. This is mainly due to the high prevalence of allergies and hay fever in children, consider a safe medication for children and long-acting formulations. For instance, in 2021, around 81 million people in the U.S. were diagnosed with seasonal allergic rhinitis (hay fever). This equals around 26% (67 million) of adults and 19% (14 million) of children.

On the basis of indication, the market is categorized into allergic rhinitis and urticaria. Among these, allergic rhinitis held a significant share of the market in 2021. This is mainly due to the growing investment & funding activities by government bodies and the rising prevalence of allergic rhinitis all over the world. For instance, as per the National Institutes of Health (NIH), around 339 million are suffering from asthma, 200 to 250 million have a food allergy and 400 million have rhinitis globally.

Based on drug type, the loratadine syrup market has been classified into branded and generic. The branded category is to witness higher adoption of loratadine syrup during the forecast period. This is mainly due to the pharmaceutical companies spending on marketing & branding and their loyalty being higher. Also, brand-name pills are usually the first version of the drug on the market, and this specific version has undergone careful testing to ensure efficacy to consumers.

For a better understanding of the market adoption of the loratadine syrup industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in the countries such as North America (U.S., Canada, Rest of North America), Europe (Germany, U.K., France, Spain, Italy, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India, Rest of Asia-Pacific), Rest of World. North America is anticipated to grow at a substantial CAGR during the forecast period. the large population, coupled with increasing urbanization and industrialization, has led to a rise in allergy cases in the region. APAC also experiences a higher prevalence of allergic rhinitis due to environmental factors. For instance, as per an article published by the National Library of Medicine (NLM), with more than 1.35 billion people, India is home to nearly 20% of the global population. Of all chronic diseases, allergic diseases such as allergic rhinitis (AR) and asthma seem to increase in India over the past few years. Approximately, 22% of adults at present experience allergic rhinitis (AR) in the region. As a result, there is an increasing demand for effective allergy relief medications like loratadine syrup. The growing middle class, rising healthcare expenditure, and improving healthcare infrastructure in countries like China, India, and Japan contribute to the market growth. Additionally, the availability of loratadine syrup as an OTC medication in several countries within the APAC region makes it easily accessible to consumers.

Some of the major players operating in the market include: Merck KGaA; Cadila Pharmaceuticals; Medico Remedies Limited; Sun Pharmaceutical Industries Ltd.; GSK plc.; Perrigo Company plc; Novartis AG; Taro Pharmaceutical Industries Ltd.; Dr. Reddy's Laboratories Ltd.; and Bayer Inc.

TABLE OF CONTENTS

1 MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Main Objective
  • 1.3. Stakeholders
  • 1.4. Limitation

2 RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Process of the Loratadine Syrup Market
  • 2.2. Research Methodology of the Loratadine Syrup Market
  • 2.3. Respondent Profile

3 MARKET SYNOPSIS

4 EXECUTIVE SUMMARY

5 IMPACT OF COVID-19 ON THE LORATADINE SYRUP MARKET

6 LORATADINE SYRUP MARKET REVENUE, 2020-2030F

7 MARKET INSIGHTS BY AGE

  • 7.1. Adult
  • 7.2. Pediatric

8 MARKET INSIGHTS BY INDICATION

  • 8.1. Allergic Rhinitis
  • 8.2. Urticaria

9 MARKET INSIGHTS BY DRUG TYPE

  • 9.1. Branded
  • 9.2. Generic

10 MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 10.1. North America
    • 10.1.1. U.S.
    • 10.1.2. Canada
    • 10.1.3. Rest of North America
  • 10.2. Europe
    • 10.2.1. Germany
    • 10.2.2. U.K.
    • 10.2.3. France
    • 10.2.4. Italy
    • 10.2.5. Spain
    • 10.2.6. Rest of Europe
  • 10.3. Asia-Pacific
    • 10.3.1. China
    • 10.3.2. Japan
    • 10.3.3. India
    • 10.3.4. Rest of Asia-Pacific
  • 10.4. Rest of World

11 LORATADINE SYRUP MARKET DYNAMICS

  • 11.1. Market Drivers
  • 11.2. Market Challenges
  • 11.3. Impact Analysis

12 LORATADINE SYRUP MARKET OPPORTUNITIES

13 LORATADINE SYRUP MARKET TRENDS

14 DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 14.1. Demand Side Analysis
  • 14.2. Supply Side Analysis

15 VALUE CHAIN ANALYSIS

16 PRICING ANALYSIS

17 STRATEGIC INSIGHTS

18 COMPETITIVE SCENARIO

  • 18.1. Competitive Landscape
    • 18.1.1. Porters Fiver Forces Analysis

19 COMPANY PROFILED

  • 19.1. Merck KGaA
  • 19.2. Cadila Pharmaceuticals
  • 19.3. Medico Remedies Limited
  • 19.4. Sun Pharmaceutical Industries Ltd.
  • 19.5. GSK plc.
  • 19.6. Perrigo Company plc,
  • 19.7. Novartis AG
  • 19.8. Taro Pharmaceutical Industries Ltd.
  • 19.9. Dr. Reddy's Laboratories Ltd.
  • 19.10. Bayer Inc.

20 DISCLAIMER