表紙:ナノ肥料市場:現在の分析と予測(2022-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1290883

ナノ肥料市場:現在の分析と予測(2022-2028年)

Nano Fertilizers Market: Current Analysis and Forecast (2022-2028)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 145 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
ナノ肥料市場:現在の分析と予測(2022-2028年)
出版日: 2023年04月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 145 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ナノ肥料市場は、食料需要の増加、環境保護と農業のカーボンフットプリント削減の必要性に対する意識の高まりにより、約15%の安定した成長率が見込まれています。世界の人口増加に伴う食糧需要の増加、農業生産性の向上の必要性、持続可能な農業の実践に向けた動向は、ナノ肥料市場の成長を促進する主な要因の一部です。例えば、国連食糧農業機関(FAO)によると、世界人口は2050年までに97億人に達すると推定されています。

原料に基づき、市場は窒素、銀、炭素、亜鉛、その他に区分されます。中でも炭素は、安定した分子配列、無毒性、均一な分布により、肥料の運搬に適しているため、予測期間中に高いCAGRを記録すると思われます。さらに、植物の光合成をサポートする光変換剤として利用されています。これらの要因によって、この分野の成長が促進されるでしょう。

使用方法は、市場はスプレーまたは葉面散布と土壌に分類されます。このうち、スプレーまたは葉面散布のカテゴリーは、予測期間中にかなりのCAGRを記録すると思われます。これは主に、世界の人口増加と食料需要の高まりによるものです。さらに、葉面給餌は、生態系を保護しながら最高の作物結果を達成するために使用されます。

ナノ肥料市場は、用途別に、穀物・穀類、油糧種子・豆類、果物・野菜、その他に分類されています。軍事・防衛分野では、予測期間中、ナノ肥料の採用率が高くなると予想されます。これは主に、穀物・穀類が最も消費量の多い作物であることに起因しています。さらに、穀物・穀類は世界中で広大な耕作面積を占めています。そのため、穀物や穀類の生産に肥料を使用することが一般的になっています。さらに、米、小麦、ライ麦、トウモロコシ、オート麦、ソルガム、大麦などの穀物の消費が世界中で増加していることが、このセグメントにおけるナノ肥料の需要を促進しています。

ナノ肥料業界の市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、その他欧州地域)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他アジア太平洋地域)、その他の地域の国々における世界規模の存在に基づいて分析されています。北米は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予測されています。これは主に、米国、カナダ、メキシコなどの国々で高収量作物への需要が高まっているためで、2020年の米国からの農産物輸出総額は約1,460億米ドルと、過去2番目に高い水準で、2019年から約7%増加しました。そのため、米国などの各国は、作物の生産性を高めるために、従来の肥料の使用からナノ肥料に切り替えています。作物に効率よく栄養を送り込むことができるその能力は、今も発展の基盤となっています。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目的
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 COVID-19がナノ肥料市場に与える影響

第6章 ナノ肥料市場収益、2020-2028年

第7章 市場洞察:原材料別

  • 窒素
  • 炭素
  • 亜鉛
  • その他

第8章 市場洞察:仕様方法別

  • スプレーまたは葉面散布
  • 土壌

第9章 市場洞察:用途別

  • 穀類と穀物
  • 油糧種子と豆類
  • 果物と野菜
  • その他

第10章 市場洞察:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域

第11章 ナノ肥料市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第12章 ナノ肥料市場機会

第13章 ナノ肥料市場動向

第14章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第15章 バリューチェーン分析

第16章 価格分析

第17章 戦略的洞察

第18章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第19章 企業プロファイル

  • Indogulf BioAg LLC
  • Silvertech Kimya Sanayi ve Ticaret Ltd. Sti.
  • JU
  • AG CHEMI GROUP s.r.o.
  • Geolife Group
  • Shan Maw Myae Co., Ltd.
  • EuroChem Group
  • Tropical Agro
  • IFFCO
  • AGRICULTURE SOLUTIONS INC.

第20章 免責事項

目次
Product Code: UMHE211798

Nano fertilizers are a type of fertilizer that is designed to deliver nutrients to plants in a more targeted and controlled manner compared to traditional fertilizers. Nano fertilizers work by releasing the nutrients they contain slowly over time, allowing plants to absorb them more efficiently. The nanoparticles also help to protect the nutrients from leaching and other forms of loss, which can reduce the amount of fertilizer needed and minimize the environmental impact of agriculture. In addition to delivering nutrients, some types of nano fertilizers also have other beneficial properties. For example, they may help to improve soil structure, enhance plant resistance to pests and diseases, and increase water retention.

The nano fertilizers market is expected to grow at a steady rate of around 15% owing to the growing demand for food and growing awareness of the need to protect the environment and reduce the carbon footprint of agriculture. The increasing demand for food due to the growing global population, the need to increase agricultural productivity, and the growing trend towards sustainable agriculture practices are some of the key factors driving the growth of the nano fertilizer market. For instance, according to the Food and Agriculture Organization of the United Nation (FAO), the global population is estimated to reach 9.7 billion by 2050.

Based on raw material, the market is segmented into nitrogen, silver, carbon, zinc, and others. Among them, the carbon category is to witness higher CAGR during the forecast period owing to their stable molecular arrangement, nontoxicity, and uniform distribution which makes them great fertilizer carriers. Moreover, they are utilized as light converters to support plants' photosynthesis. These factors will boost the growth of this segment.

On the basis of method of application, the market is categorized into Spray or Foliar and Soil. Among these, the spray or foliar category is to witness a considerable CAGR during the forecast period. This is mainly due to the growing population and rising demand for food globally. Moreover, foliar feeding is used for achieving the best crop results with ecological protection.

Based on application, the nano fertilizers market has been classified into cereals & grains, oilseeds & pulses, fruits & vegetables, and others. The military and defense category is to witness higher adoption of nano fertilizers during the forecast period. This is mainly ascribed as cereals and grains are the largest consumed class of crops. Moreover, cereals and grains cover a vast area of cultivation in the world. It has become prominent to use fertilizer for cereals and grains production. Further, the increasing consumption of cereals and grains, such as rice, wheat, rye, corn, oats, sorghum, and barley, across the globe is driving the demand for nano fertilizers in this segment.

For a better understanding of the market adoption of the nano fertilizers industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in the countries such as North America (U.S., Canada, Rest of North America), Europe (Germany, U.K., France, Spain, Italy, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India, Rest of Asia-Pacific), Rest of World. North America is anticipated to grow at a substantial CAGR during the forecast period. This is mainly due to the rising demand for high-yield crops in nations like the U.S., Canada, and Mexico, where total agricultural exports from the U.S. in 2020 were around 146 USD billion, the second-highest level ever and an increase of about 7 percent from 2019. As a result, nations like the U.S. have switched from using conventional fertilizers to nano fertilizers in order to enhance crop productivity. Its ability to effectively feed nutrients to the crops continues to be the foundation of its development.

Some of the major players operating in the market include: Indogulf BioAg LLC; Silvertech Kimya Sanayi ve Ticaret Ltd. Sti.; JU; AG CHEMI GROUP s.r.o.; Geolife Group; Shan Maw Myae Co., Ltd.; EuroChem Group; Tropical Agro; IFFCO; AGRICULTURE SOLUTIONS INC.

TABLE OF CONTENTS

1 MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Main Objective
  • 1.3. Stakeholders
  • 1.4. Limitation

2 RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Process of the Nano Fertilizers Market
  • 2.2. Research Methodology of the Nano Fertilizers Market
  • 2.3. Respondent Profile

3 MARKET SYNOPSIS

4 EXECUTIVE SUMMARY

5 IMPACT OF COVID-19 ON THE NANO FERTILIZERS MARKET

6 NANO FERTILIZERS MARKET REVENUE, 2020-2028F

7 MARKET INSIGHTS BY RAW MATERIAL

  • 7.1. Nitrogen
  • 7.2. Silver
  • 7.3. Carbon
  • 7.4. Zinc
  • 7.5. Others

8 MARKET INSIGHTS BY METHOD OF APPLICATION

  • 8.1. Spray or Foliar
  • 8.2. Soil

9 MARKET INSIGHTS BY APPLICATION

  • 9.1. Cereals & Grains
  • 9.2. Oilseeds & Pulses
  • 9.3. Fruits & Vegetables
  • 9.4. Others

10 MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 10.1. North America
    • 10.1.1. U.S.
    • 10.1.2. Canada
    • 10.1.3. Rest of North America
  • 10.2. Europe
    • 10.2.1. Germany
    • 10.2.2. U.K.
    • 10.2.3. France
    • 10.2.4. Italy
    • 10.2.5. Spain
    • 10.2.6. Rest of Europe
  • 10.3. Asia-Pacific
    • 10.3.1. China
    • 10.3.2. Japan
    • 10.3.3. India
    • 10.3.4. Rest of Asia-Pacific
  • 10.4. Rest of World

11 NANO FERTILIZERS MARKET DYNAMICS

  • 11.1. Market Drivers
  • 11.2. Market Challenges
  • 11.3. Impact Analysis

12 NANO FERTILIZERS MARKET OPPORTUNITIES

13 NANO FERTILIZERS MARKET TRENDS

14 DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 14.1. Demand Side Analysis
  • 14.2. Supply Side Analysis

15 VALUE CHAIN ANALYSIS

16 PRICING ANALYSIS

17 STRATEGIC INSIGHTS

18 COMPETITIVE SCENARIO

  • 18.1. Competitive Landscape
    • 18.1.1. Porters Fiver Forces Analysis

19 COMPANY PROFILED

  • 19.1. Indogulf BioAg LLC
  • 19.2. Silvertech Kimya Sanayi ve Ticaret Ltd. Sti.
  • 19.3. JU
  • 19.4. AG CHEMI GROUP s.r.o.
  • 19.5. Geolife Group
  • 19.6. Shan Maw Myae Co., Ltd.
  • 19.7. EuroChem Group
  • 19.8. Tropical Agro
  • 19.9. IFFCO
  • 19.10. AGRICULTURE SOLUTIONS INC.

20 DISCLAIMER