デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406529

ファイバー管理システム市場- 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、コンポーネント別、ケーブルタイプ別、エンドユーザー別、地域別、競合別、2018年~2028年

Fiber Management Systems Market - Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Component, By Cable Type, By End-user, By Region, By Competition, 2018-2028

出版日: | 発行: TechSci Research | ページ情報: 英文 183 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円

こちらのレポートには、数時間(ご購入金額の10%)分のアナリストへの質問/追加調査サービスが含まれております。

ファイバー管理システム市場- 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、コンポーネント別、ケーブルタイプ別、エンドユーザー別、地域別、競合別、2018年~2028年
出版日: 2023年11月07日
発行: TechSci Research
ページ情報: 英文 183 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ファイバー管理システムの世界市場は、2022年に69億8,000万米ドルと評価され、2028年までのCAGRは14.16%で、予測期間中に力強い成長が予測されています。

「ファイバー管理システムの世界市場は、相互接続されたデジタル主導の世界において、効率的でカスタマイズされたネットワークサービスに対する需要の高まりに支えられ、現在大幅な急成長を遂げています。ファイバー・マネージメント・システムは、オーダーメイドで高性能なネットワーク・セグメントを構築する能力に長けており、様々な産業で変革の波を先導しています。この波は、ネットワーク・パフォーマンスが頂点に君臨する時代において、適応性と信頼性を高めるソリューションを提供するファイバー管理システムが果たす極めて重要な役割を強調しています。ファイバー・マネジメント・システムが、ネットワーク・マネジメントとサービス・デリバリーの領域で変革をもたらす力として台頭してきたことは間違いありません。多種多様なアプリケーションやデバイスが溢れ、それぞれに独自のネットワーク要件が存在する状況において、柔軟で迅速なソリューションの必要性はかつてないほど高まっています。ファイバー管理システムは全体的なアプローチを提供し、正確なパフォーマンス・パラメーターに微調整された専用ネットワーク・セグメントの確立を可能にします。これらの特注セグメントは、ミッションクリティカルなアプリケーション向けの超高信頼性低遅延通信(URLLC)から、IoTデバイスに合わせた大規模マシン型通信(mMTC)まで、さまざまな需要に対応することができます。ファイバー管理システムの普及を後押ししている主な要因は、非の打ちどころのないネットワーク・パフォーマンスを提供し、さまざまな使用事例の特徴的な要件に対応するという明確なニーズです。製造業やヘルスケアから運輸業やエンターテインメントに至るまで、さまざまな業界で、画一的で画一的なネットワーク戦略では今日の期待に応えられないという認識が広がっています。ファイバー管理システムは、組織がネットワーク・リソースを動的に割り当て、重要なアプリケーションが要求する正確な帯域幅、遅延、および信頼性レベルを確実に受け取れるようにします。さらに、ファイバー管理システムは、ネットワーク・リソースの効率的な管理と最適化という課題に対処することで、この課題を解決します。ネットワーク・インフラがますます複雑化し、5G技術が登場する中、ネットワーク事業者は、多数のサービスやユーザーに対応するためにリソースを効率的に配分する必要性に取り組んでいます。ファイバー・マネジメント・システムは、リソースの割り当てにきめ細かなアプローチを導入することで、ネットワークを最適化し、リソースの利用から最大限の価値を引き出すことができます。ネットワークのセキュリティと信頼性が最重要視される今日のデジタル環境において、ファイバー・マネジメント・システムは、セキュリティとサービスの分離を優先することで、中心的な役割を果たします。セキュリティを重視することで、重要なアプリケーションが潜在的なネットワークの混乱やセキュリティ侵害から保護され、ユーザーの揺るぎない信頼を得て、ネットワーク・サービス・プロバイダーの評判を高めることができます。

主な市場促進要因

市場概要
予測期間 2024-2028
市場規模 69億8,000万米ドル
2028年の市場規模 155億9,000万米ドル
CAGR 2023-2028 14.16%
急成長セグメント ハードウェア
最大市場 北米

高速データ接続に対する需要の高まり

世界のファイバー管理システム市場の主な促進要因の1つは、高速データ接続に対する需要の高まりです。相互接続が進み、デジタル依存度が高まるこの世界では、より高速で信頼性の高いインターネット・アクセスへの渇望はとどまるところを知りません。個人、企業、業界全体が、常に接続された状態を維持し、増え続ける速度でデータを交換しようとしています。高解像度ビデオのストリーミング、クラウド・コンピューティング、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、モノのインターネット(IoT)など、帯域幅を大量に必要とするアプリケーションの出現は、既存のネットワーク・インフラに多大なプレッシャーを与えています。従来の銅線ベースのネットワークでは、こうした需要に対応できないことが多く、光ファイバーネットワークへの依存度が高まっています。

光ファイバー・ネットワークは、光の速度でデータを伝送し、信号の損失を最小限に抑えながら長距離を伝送する能力を持ち、高速データ接続のバックボーンとなっています。光ファイバー管理システムは、このような複雑なネットワークを効率的に編成・管理する上で極めて重要な役割を果たします。ネットワーク・オペレーターは、ファイバー・リソースの最適化、ダウンタイムの最小化、メンテナンス問題への迅速な対応を可能にし、ユーザーがシームレスで高性能な接続性を享受できるようにします。データへの渇望が増大し続ける中、世界のファイバー管理システム市場は、住宅、商業、産業部門にわたる高速データ接続に対するこの飽くなき需要に応えることが急務となっています。

5Gネットワークの急速な拡大

5Gネットワークの急速な拡大は、世界のファイバー管理システム市場の成長を支えるもう1つの大きな原動力です。第5世代の無線技術である5Gは、電光石火のモバイルインターネットだけでなく、自律走行車、スマートシティ、遠隔ヘルスケアなど、さまざまな新興技術やアプリケーションのための堅牢な接続性を約束します。前世代の無線技術とは異なり、5Gはバックホール接続とフロントホール接続の両方で光ファイバーインフラに大きく依存しています。この光ファイバーへの依存は、5Gネットワークの前例のないデータ速度と低遅延要件をサポートするために不可欠です。その結果、5Gネットワークの展開により、ファイバー管理システムを含む光ファイバーインフラに対する需要が急増しています。ファイバー管理システムは、5Gネットワークに必要な複雑なファイバー接続を効率的に管理するために不可欠です。ネットワーク事業者は、ファイバー接続の監視と保守、問題の迅速な特定と解決、最適なネットワーク・パフォーマンスを確保するための動的なリソースの割り当てを行うことができます。

5Gネットワークの世界の展開競争は、光ファイバーインフラとファイバー管理システムへの大規模な投資に拍車をかけており、市場成長の重要な原動力となっています。

ネットワークの信頼性とセキュリティ重視の高まり

デジタル依存を特徴とする時代において、ネットワークの信頼性とセキュリティは、個人にとっても企業にとっても最重要の関心事となっています。ダウンタイムやセキュリティ侵害は、多大な金銭的損失、評判の低下、ユーザーの信頼性の低下を招く可能性があります。そのため、ネットワークの信頼性とセキュリティの強化がますます重視されるようになっています。光ファイバー・ネットワークは、その堅牢性と干渉への耐性で知られ、信頼性の高さで支持されています。光ファイバー管理システムは、ネットワークの健全性をプロアクティブに監視し、異常を検出し、障害に迅速に対応するツールとメカニズムを提供することで、この信頼性を強化します。ネットワーク・メンテナンスに対するこのプロアクティブなアプローチは、ダウンタイムを最小限に抑え、中断のない接続性を保証します。

さらに、ファイバー管理システムはネットワーク・セキュリティにも大きく貢献します。ネットワーク・セグメントを効果的に管理および分離することで、不正アクセスや潜在的なセキュリティ侵害のリスクを低減します。また、ネットワーク・トラフィックを可視化することで、管理者はセキュリティ上の脅威を特定し、軽減することができます。さまざまな分野の組織がネットワークの信頼性とセキュリティを優先する中、ファイバー管理システムの需要は伸び続けています。この要因によって市場の技術革新が促進され、ネットワークの回復力をさらに強化し、サイバー脅威から保護する機能や特徴が強化されます。

結論として、世界のファイバー管理システム市場は、高速データ接続に対する需要の増加、5Gネットワークの急速な拡大、ネットワークの信頼性とセキュリティへの注目の高まりによって力強い成長を遂げています。これらの促進要因は、効率的で安全かつ高性能な光ファイバーネットワークを実現し、デジタル化が進む世界の接続ニーズを満たす上で、ファイバー管理システムが不可欠な役割を担っていることを裏付けています。

主な市場課題

従来のインフラとの統合

世界のファイバー管理システム市場が直面する主な課題の1つは、最新のファイバー管理ソリューションとレガシーインフラとの統合です。特に通信のような古くからあるインフラを持つ業界では、多くの組織が、最先端のファイバー管理システムを既存のネットワークにシームレスに組み込むという困難な課題に直面しています。

レガシー・ネットワークは、多くの場合、時代遅れの技術、独自のシステム、長年にわたって蓄積されたハードウェアとソフトウェア・ソリューションの寄せ集めに依存しています。このような異種環境は、最新の標準化されたネットワーク用に設計された新しいファイバー管理システムを導入しようとする際に、互換性の問題を引き起こす可能性があります。課題は、新しいファイバー・マネージメント・システムが、レガシー・コンポーネントとのインターフェイスを確保し、異なる通信プロトコルをサポートし、さまざまなケーブル・タイプやコネクターに対応できるようにすることにあります。このような統合の複雑さは、組織が新旧のテクノロジー間のギャップを埋める作業を行う際に、遅延や導入コストの増加につながる可能性があります。さらに、移行期間中も運用を継続する必要があるため、問題はさらに複雑になります。組織は、ファイバー管理システムのアップグレード中に重要なサービスを中断する余裕はありません。このため、慎重な計画、広範なテスト、そして多くの場合、移行中のネットワーク機能を維持するための暫定的なソリューションの展開が必要となります。

レガシー・インフラストラクチャとの統合という課題を解決するには、革新的なテクノロジー・ソリューション、堅牢な互換性テスト、綿密なプロジェクト管理を組み合わせる必要があります。ファイバー管理システムを専門とする企業は、レガシー・ネットワーク特有の要件や制約に適応できる柔軟なソリューションを提供する必要があります。

拡張性と将来性

スケーラビリティと将来性は、世界のファイバー管理システム市場における重要な課題です。高速データへの需要が伸び続ける中、ネットワーク事業者は、ネットワークトラフィックの増加や進化する技術に対応するため、ファイバー管理システムがシームレスに拡張できるようにする必要があります。拡張性は多面的な課題です。これは、新しいファイバー接続やコンポーネントを追加する能力だけでなく、より大規模なネットワークの複雑さを管理する能力も含まれます。ファイバー管理システムは、管理者が拡大するインフラを効率的に監督・維持できるよう、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供する必要があります。

さらに、将来を見据えた必要性が、状況を複雑にしています。ファイバー管理システムは、現在の需要を満たすだけでなく、5G、IoT、エッジ・コンピューティングなどの新技術をサポートする適応性も備えていなければなりません。つまり、ファイバー・マネジメント・ソリューションは、ネットワーク・インフラストラクチャの完全なオーバーホールを必要とすることなく、新しい規格、より高いデータ・レート、新しい使用事例に対応できる俊敏性を備えていなければなりません。将来を見据えるには、標準やプロトコルに関する考慮も必要です。業界は常に進化しており、ファイバー・マネジメント・システムは、他のネットワーク機器やテクノロジーとの相互運用性を確保するため、業界標準との整合性を保つ必要があります。ファイバー管理システム市場におけるスケーラビリティと将来性の課題に対処するには、メーカーとネットワーク事業者による先見的なアプローチが必要です。これには、優雅に拡張できるシステムの設計、オープンスタンダードのサポート、混乱とコストを最小限に抑えるアップグレードパスの提供などが含まれます。

データ・セキュリティとプライバシーの確保

データ・セキュリティとプライバシーは、世界のファイバー管理システム市場における根強い課題です。光ファイバーネットワークを介して伝送される機密データの量が増加する中、このデータの機密性と完全性を確保することが最重要課題となっています。

課題の1つは、光ファイバーネットワークの物理的なインフラの安全確保です。光ファイバー・ケーブルは長距離に渡り、さまざまな環境を通過するため、物理的な改ざんや盗聴の影響を受けやすいです。光ファイバー・ケーブルへの不正アクセスは、伝送されるデータのセキュリティを危険にさらす可能性があります。ファイバー管理システムは、キャビネットの施錠、アクセス制御、改ざん検出メカニズムなどの物理的なセキュリティ対策を提供することで、この課題に対処する上で重要な役割を果たします。しかし、これらのセキュリティ機能は、物理的な脅威から効果的に保護するために、堅牢で改ざんが確認できるものでなければなりません。デジタル面では、ファイバー管理システムは、伝送中のデータを保護するために、暗号化と認証のメカニズムも実装する必要があります。これには、ファイバー管理コンポーネント間の接続を保護し、権限のある担当者のみが機密ネットワーク設定にアクセスできるようにすることも含まれます。

さらに、GDPRやHIPAAなどのデータ・プライバシー規制の遵守は、継続的な課題となっています。機密性の高い顧客データを扱う組織は、ファイバー管理システムが、地域や業界によって異なるこれらの規制要件を満たしていることを確認する必要があります。ファイバー管理システム市場におけるデータセキュリティとプライバシーに関する課題を軽減するには、多面的なアプローチが必要です。メーカーは、堅牢な物理的・デジタル的セキュリティ機能を備えたシステムを設計しなければならず、組織は厳格なアクセス制御と暗号化プロトコルを導入しなければならないです。さらに、データの完全性とプライバシーを維持するためには、継続的なコンプライアンス・モニタリングと定期的なセキュリティ監査が不可欠です。

主な市場動向

人工知能(AI)と機械学習(ML)の統合

進化を続ける世界のファイバー管理システム市場の動向の中で、中心的な役割を担っている顕著な動向は、人工知能(AI)と機械学習(ML)技術の統合です。この動向は、ファイバー管理システムの能力と効率の大幅な飛躍を意味します。

AIとMLは、組織がファイバーネットワークを管理する方法に革命をもたらしています。これらの技術は、予知保全、自動故障検出、動的なリソース割り当てを可能にします。AIとMLアルゴリズムを搭載したファイバー管理システムは、ネットワークから生成される膨大な量のデータをリアルタイムで分析し、人間のオペレーターが見逃してしまうようなパターンや異常を特定することができます。例えば、予知保全により、ネットワーク・オペレーターは、潜在的な問題がサービス中断を引き起こす前に予知して対処することができます。MLアルゴリズムは、ファイバーケーブルやコネクターの劣化や故障の時期を予測することができるため、プロアクティブなメンテナンスが可能になり、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。この予測能力は、ネットワークの信頼性を高めるだけでなく、運用コストも削減します。

さらに、AIを活用した自動化は、ネットワーク・リソースの割り当てを合理化します。帯域幅要件が急速に変動する5Gネットワークのようなダイナミックな環境では、AIを活用したファイバー管理システムによってリソースをリアルタイムに割り当て、重要なアプリケーションが必要な帯域幅を確実に受信できるようにするとともに、コスト削減のためにリソースの利用率を最適化することができます。ファイバー管理システムにおけるAIとMLのもう一つの応用は、インテリジェントな障害検出です。これらのシステムは、障害やケーブルの損傷を迅速に特定して特定し、トラブルシューティングや修理に必要な時間を短縮することができます。この機能は、データセンターやヘルスケア施設など、ネットワークのダウンタイムが深刻な影響を及ぼす環境では特に重要です。ファイバー管理システムにAIとMLを組み込むことは、効率を改善し、ダウンタイムを削減し、全体的なネットワーク・パフォーマンスを強化することで、ネットワーク管理を変革する重要な動向を示しています。

クラウドベースのファイバー管理ソリューション

世界のファイバー管理システム市場におけるもう一つの注目すべき動向は、クラウドベースのファイバー管理ソリューションの採用が増加していることです。企業がファイバーネットワークを管理するためにより柔軟で拡張性があり、アクセスしやすい方法を求める中、クラウドベースのソリューションが支持を集めています。従来のオンプレミスのファイバー管理システムには、拡張性とアクセス性の点で限界があります。一方、クラウドベースのソリューションには、いくつかの利点があります。クラウド・ベース・ソリューションでは、インターネット接続があればどこからでもファイバー・ネットワークを管理でき、ネットワーク・データやコンフィギュレーションへのリモート・アクセスが可能です。この機能は、ネットワークが分散している組織や複数の拠点がある組織にとって特に価値があります。

さらに、クラウドベースのファイバー管理システムは、オンデマンドでスケーラビリティを提供します。企業は、ファイバー・インフラストラクチャの成長に合わせて、多額のハードウェア投資を行うことなく、ネットワーク管理機能を容易に拡張することができます。このスケーラビリティは、5Gの導入など、ネットワークの成長が著しい環境では極めて重要です。セキュリティもまた、クラウドベースのソリューションを採用する際の重要な検討事項です。多くのクラウド・プロバイダーは、データの暗号化、アクセス制御、コンプライアンス認証など、強固なセキュリティ機能を提供しています。これにより、企業がクラウドに移行する際に抱くセキュリティ上の懸念を軽減することができます。さらに、クラウドベースのファイバー管理システムには、多くの場合、コラボレーション機能とレポート機能が組み込まれており、ネットワーク・オペレーター間のチームワークを促進し、ネットワーク・パフォーマンスに関するリアルタイムの洞察を提供します。このコラボレーション・アプローチにより、運用の効率と意思決定が強化されます。全体として、クラウドベースのファイバー管理ソリューションへの移行は、ネットワーク管理における柔軟性、拡張性、およびアクセシビリティの必要性に後押しされた顕著な動向です。

持続可能性とグリーン・プラクティスの重視

持続可能性と環境に配慮した実践は、世界のファイバー管理システム市場の重要な動向として浮上しています。技術やインフラが環境に与える影響に対する認識が高まるにつれ、企業はファイバー・ネットワーク管理において環境に配慮したソリューションを優先するようになっています。この動向は、ハードウェア・コンポーネントに使用される材料から、エネルギー効率の高い運用、二酸化炭素排出量の削減に至るまで、ファイバー管理システムのさまざまな側面を包含しています。ファイバー管理システムにおける持続可能性の1つの側面は、環境に優しいハードウェアの設計と製造です。メーカー各社は、リサイクル可能な素材を使用し、製品の環境への影響を減らすことに注力しています。これには、動作時の消費電力が少ないエネルギー効率の高いコンポーネントの開発も含まれます。ファイバー・マネジメント・システムの二酸化炭素排出量削減への取り組みは、これらのシステムがホストされているデータセンター施設にも及んでいます。データセンターはエネルギーを大量に消費するため、各組織は環境への影響を最小限に抑えるグリーンな取り組みを実施しています。これには、再生可能エネルギー源の使用、冷却効率の改善、環境に優しい建物設計の採用などが含まれます。

さらに、企業はエネルギー効率のためにネットワーク運用を最適化するソフトウェア機能に投資しています。ファイバー管理システムは、ネットワークの需要に基づいてリソースの割り当てや電力使用量を動的に調整し、活動が少ない時間帯のエネルギー消費を抑えることができます。また、持続可能性の重視は、使用済みハードウェアの廃棄やリサイクルに関しても、環境に配慮した方法を模索しています。結論として、世界のファイバー管理システム市場における持続可能性とグリーン・プラクティスへの動向は、環境に配慮したテクノロジー・ソリューションへの広範な取り組みを反映しています。企業は環境への影響を最小限に抑えることの重要性を認識しており、この動向は今後もファイバー管理システムの開発と採用を形成していくと予想されます。

セグメント別の洞察

コンポーネントの洞察

世界のファイバー管理システム市場では、ハードウェア・セグメントが圧倒的なシェアを占めています。これは、以下を含む多くの要因によるものである:光ファイバーパッチパネル、ケーブルトレイ、スプライスエンクロージャなどのファイバー管理ハードウェアコンポーネントの需要が高いこと。これらのコンポーネントは、データセンター、通信ネットワーク、その他のアプリケーションで光ファイバーケーブルを整理、保護、管理するために不可欠です。

ファイバー管理ハードウェア・コンポーネントは、さまざまなベンダーから幅広く提供されています。このため、ネットワーク事業者は、ニーズに合ったコンポーネントを簡単に選択できます。

ソフトウェアやサービスと比較して、ファイバー管理ハードウェア・コンポーネントのコストが比較的低いこと。ハードウェア・コンポーネントは、光ファイバー・ケーブルを整理、保護、管理するための物理的インフラストラクチャを提供することで、ファイバー管理システムにおいて重要な役割を果たします。これらのコンポーネントは、ケーブルの損傷や故障のリスクを低減することで、光ファイバーネットワークのパフォーマンスと信頼性の向上に役立ちます。

ここでは、最も一般的な光ファイバー管理ハードウェア・コンポーネントを紹介します:光ファイバーパッチパネル:パッチ・パネルは、光ファイバー・ケーブルを終端および接続するための集中化された場所を提供します。さまざまなアプリケーションのニーズを満たすために、さまざまなサイズと構成で提供されています。ケーブルトレイ:ケーブルトレイは、データセンター、通信ネットワーク、およびその他のアプリケーションで光ファイバーケーブルをルーティングおよびサポートするために使用されます。さまざまな環境のニーズに対応できるよう、さまざまな素材とサイズが用意されています。スプライスエンクロージャスプライスエンクロージャは、2本の光ファイバーケーブル間の接続部であるスプライスを保護および収容するために使用されます。さまざまな用途のニーズに対応できるよう、さまざまな素材とサイズが用意されています。

地域別洞察

北米は、世界のファイバー管理システム市場で優位を占める地域です。

北米では光ファイバーネットワークが早くから採用されています。北米の企業や消費者からの高速データ伝送に対する強い需要。北米には大手ファイバー管理システムベンダーが多数存在すること。北米のファイバー管理システム市場は、今後も急速なペースで成長すると予想されます。これは、同地域における光ファイバーネットワークの継続的な展開と、企業や消費者からの高速データ伝送に対する需要の高まりによるものです。

ファイバー管理システム市場で大きな成長が見込まれるその他の地域には、アジア太平洋と欧州があります。アジア太平洋は、北米以外では最大のファイバー管理システム市場です。この地域には、光ファイバーインフラに多額の投資を行っている中国やインドなど、急成長している経済国が多数あります。欧州もファイバー管理システムの主要市場です。この地域には、ドイツテレコムやオレンジなど、大手光ファイバーネットワーク事業者が多数進出しています。

この成長を牽引するのは、世界中で光ファイバー・ネットワークが継続的に展開されていることに加え、企業や消費者による高速データ伝送への需要が高まっていることです。

以下は、北米のファイバー管理システム市場の成長を促進する主な要因です:

企業や消費者の高速データ伝送に対する需要の高まり。

クラウドコンピューティングとビッグデータアプリケーションの採用拡大。通信事業者やデータセンター・プロバイダーによる光ファイバー・ネットワークの展開の増加。ブロードバンドインフラの展開を支援する政府の取り組み。北米のファイバー管理システム市場は、今後数年間はハードウェア・セグメントによって支配されると予想されます。ハードウェアセグメントには、光ファイバーパッチパネル、ケーブルトレイ、スプライスエンクロージャなど幅広い製品が含まれます。これらの製品は、データセンター、通信ネットワーク、その他のアプリケーションにおいて、光ファイバーケーブルの整理、保護、管理に不可欠です。北米のファイバー管理システム市場は、今後数年間、ソフトウェア分野でも大きな成長が見込まれています。ソフトウェア分野には、光ファイバーネットワークを管理するためのソフトウェアソリューションが含まれます。これらのソフトウェアソリューションは、ネットワークオペレータが光ファイバーネットワークのパフォーマンスと信頼性を向上させるのに役立ちます。

目次

第1章 概要

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 世界のファイバー・マネジメント・システム市場におけるCOVID-19の影響

第5章 顧客の声

第6章 ファイバー管理システムの世界市場概要

第7章 ファイバー管理システムの世界市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)
    • ケーブルタイプ別(シングルモード、マルチモード)
    • エンドユーザー別(通信、ヘルスケア、教育、政府、その他)
    • 地域別(北米、欧州、南米、中東・アフリカ、アジア太平洋)
  • 企業別(2022年)
  • 市場マップ

第8章 北米のファイバー管理システム市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェア・予測
    • コンポーネント別
    • ケーブルタイプ別
    • エンドユーザー別
    • 国別
  • 北米国別分析
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ

第9章 欧州のファイバー管理システム市場展望

  • 市場規模と予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • コンポーネント別
    • ケーブルタイプ別
    • エンドユーザー別
    • 国別
  • 欧州国別分析
    • ドイツ
    • フランス
    • 英国
    • イタリア
    • スペイン
    • ベルギー

第10章 南米のファイバー管理システム市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • コンポーネント別
    • ケーブルタイプ別
    • エンドユーザー別
    • 国別
  • 南米:国別分析
    • ブラジル
    • コロンビア
    • アルゼンチン
    • チリ
    • ペルー

第11章 中東・アフリカのファイバー管理システム市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • コンポーネント別
    • ケーブルタイプ別
    • エンドユーザー別
    • 国別
  • 中東&アフリカ:国別分析
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • 南アフリカ
    • トルコ
    • イスラエル

第12章 アジア太平洋のファイバー管理システム市場展望

  • 市場規模・予測
    • コンポーネント別
    • ケーブルタイプ別
    • エンドユーザー別
    • 国別
  • アジア太平洋地域国別分析
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • 韓国
    • オーストラリア
    • インドネシア
    • ベトナム

第13章 市場力学

  • 促進要因
  • 課題

第14章 市場動向と発展

第15章 企業プロファイル

  • CommScope Holding Company, Inc.
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • Corning Incorporated
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • AFL Telecommunications
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • Legrand SA
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • Panduit Corporation
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • Schneider Electric SE
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • Nexans S.A.
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • HellermannTyton Group PLC
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • Fujikura Ltd.
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered
  • Fiber Mountain, Inc.
    • Business Overview
    • Key Revenue and Financials
    • Recent Developments
    • Key Personnel/Key Contact Person
    • Key Product/Services Offered

第16章 戦略的提言

目次
Product Code: 19393

Global Fiber Management Systems Market was valued at USD 6.98 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 14.16% through 2028. "The Global Fiber Management Systems Market is currently witnessing a substantial surge in growth, underpinned by the ever-increasing demand for efficient and tailored network services in our interconnected and digitally-driven world. Fiber Management Systems, celebrated for their prowess in crafting tailored and high-performance network segments, are spearheading a transformative wave across various industries. This wave underscores the pivotal role played by Fiber Management Systems in delivering adaptive and trust-enhancing solutions in an era where network performance reigns supreme. Undoubtedly, Fiber Management Systems have emerged as a transformative force in the realm of network management and service delivery. In a landscape teeming with diverse applications and devices, each with its unique network requisites, the call for flexible and responsive solutions has never been more resounding. Fiber Management Systems provide a holistic approach, enabling the establishment of dedicated network segments fine-tuned to precise performance parameters. These bespoke segments can accommodate an array of demands, spanning from ultra-reliable low-latency communication (URLLC) for mission-critical applications to massive machine-type communication (mMTC) tailored for IoT devices. A primary catalyst propelling the widespread adoption of Fiber Management Systems is the unequivocal need to deliver impeccable network performance and cater to the distinctive requirements of varied use cases. Industries across the spectrum, from manufacturing and healthcare to transportation and entertainment, have come to the collective realization that a uniform, one-size-fits-all network strategy falls short of today's expectations. Fiber Management Systems empower organizations to dynamically allocate network resources, ensuring that vital applications receive the precise bandwidth, latency, and reliability levels they demand. Furthermore, Fiber Management Systems rise to the occasion by addressing the challenge of efficaciously managing and optimizing network resources. With network infrastructures growing increasingly intricate and the advent of 5G technology, network operators grapple with the imperative of efficiently apportioning resources to serve a multitude of services and users. Fiber Management Systems introduce a granular approach to resource allocation, equipping operators to optimize their networks and extract the utmost value from resource utilization. In today's digital landscape, where network security and reliability hold paramount importance, Fiber Management Systems take center stage by prioritizing security and service isolation. This robust focus on security ensures that critical applications remain shielded from potential network disruptions and security breaches, instilling unwavering user confidence and fortifying the reputation of network service providers.

In summation, the Global Fiber Management Systems Market stands at the forefront of a profound transformation driven by the unwavering commitment to delivering unparalleled network performance and catering to the multifaceted connectivity needs of our digital realm. Fiber Management Systems are redefining how industries navigate the intricacies of network resource management, presenting a unique blend of unrivaled customization, resource optimization, and security. As the digital landscape continues to evolve, the indisputable role of Fiber Management Systems in shaping a more responsive and trustworthy network ecosystem is a testament to its enduring impact, nurturing innovation, and elevating the world of network connectivity.

Key Market Drivers:

Market Overview
Forecast Period2024-2028
Market Size 2022USD 6.98 Billion
Market Size 2028USD 15.59 Billion
CAGR 2023-202814.16%
Fastest Growing SegmentHardware
Largest MarketNorth America

Growing Demand for High-Speed Data Connectivity

One of the primary driving factors in the Global Fiber Management Systems Market is the escalating demand for high-speed data connectivity. In our increasingly interconnected and digitally-dependent world, the thirst for faster and more reliable internet access is insatiable. Individuals, businesses, and entire industries are seeking to stay connected and exchange data at ever-increasing speeds. The advent of bandwidth-intensive applications such as high-definition video streaming, cloud computing, augmented reality (AR), virtual reality (VR), and the Internet of Things (IoT) has placed tremendous pressure on existing network infrastructures. Traditional copper-based networks are often inadequate to meet these demands, leading to a growing reliance on fiber-optic networks.

Fiber-optic networks, with their ability to transmit data at the speed of light and over long distances with minimal signal loss, have become the backbone of high-speed data connectivity. Fiber Management Systems play a pivotal role in efficiently organizing and managing these intricate networks. They enable network operators to optimize fiber resources, minimize downtime, and swiftly respond to maintenance issues, ensuring that users enjoy seamless and high-performance connectivity. As the hunger for data continues to grow, the Global Fiber Management Systems Market is propelled by the imperative to meet this insatiable demand for high-speed data connectivity across residential, commercial, and industrial sectors.

Rapid Expansion of 5G Networks

The rapid expansion of 5G networks is another major driving factor behind the growth of the Global Fiber Management Systems Market. 5G, the fifth generation of wireless technology, promises not only lightning-fast mobile internet but also robust connectivity for an array of emerging technologies and applications, including autonomous vehicles, smart cities, remote healthcare, and more. Unlike previous generations of wireless technology, 5G relies heavily on fiber-optic infrastructure for both backhaul and fronthaul connections. This reliance on fiber is essential to support the unprecedented data speeds and low-latency requirements of 5G networks. As a result, the deployment of 5G networks is driving a surge in the demand for fiber-optic infrastructure, including Fiber Management Systems. Fiber Management Systems are indispensable for efficiently managing the intricate web of fiber connections required for 5G networks. They enable network operators to monitor and maintain fiber connections, swiftly identify and resolve issues, and allocate resources dynamically to ensure optimal network performance.

The race to deploy 5G networks globally is fueling significant investments in fiber-optic infrastructure and Fiber Management Systems, making it a crucial driver in the market's growth.

Increasing Emphasis on Network Reliability and Security

In an era characterized by digital dependence, network reliability and security have become paramount concerns for individuals and businesses alike. Downtime or security breaches can result in significant financial losses, damage to reputation, and compromised user trust. Consequently, there is an increasing emphasis on fortifying network reliability and security. Fiber-optic networks, known for their robustness and resistance to interference, are favored for their reliability. Fiber Management Systems enhance this reliability by providing tools and mechanisms to proactively monitor network health, detect anomalies, and swiftly respond to disruptions. This proactive approach to network maintenance minimizes downtime and ensures uninterrupted connectivity.

Moreover, Fiber Management Systems contribute significantly to network security. By effectively managing and isolating network segments, they reduce the risk of unauthorized access and potential security breaches. They also provide visibility into network traffic, enabling administrators to identify and mitigate security threats. As organizations across various sectors prioritize network reliability and security, the demand for Fiber Management Systems continues to grow. This factor drives innovation in the market, resulting in enhanced features and functionalities that further bolster network resilience and protect against cyber threats.

In conclusion, the Global Fiber Management Systems Market is experiencing robust growth driven by the increasing demand for high-speed data connectivity, the rapid expansion of 5G networks, and the heightened focus on network reliability and security. These driving factors underscore the essential role of Fiber Management Systems in enabling efficient, secure, and high-performance fiber-optic networks to meet the connectivity needs of our digitally-driven world.

Key Market Challenges

Integration with Legacy Infrastructure

One of the primary challenges facing the Global Fiber Management Systems Market is the integration of modern fiber management solutions with legacy infrastructure. Many organizations, especially in industries with long-standing infrastructure such as telecommunications, face the daunting task of seamlessly incorporating state-of-the-art fiber management systems into their existing networks.

Legacy networks often rely on outdated technologies, proprietary systems, and a mishmash of hardware and software solutions that have been accumulated over the years. These heterogeneous environments can pose compatibility issues when attempting to introduce new fiber management systems designed for modern, standardized networks. The challenge lies in ensuring that the new Fiber Management Systems can interface with legacy components, support different communication protocols, and accommodate various cable types and connectors. This integration complexity can lead to delays and increased implementation costs as organizations work to bridge the gap between old and new technologies. Moreover, the need for continued operation during the transition complicates matters further. Organizations cannot afford to disrupt critical services while upgrading their fiber management systems. This necessitates careful planning, extensive testing, and often, the deployment of interim solutions to maintain network functionality during the migration.

Solving the challenge of integrating with legacy infrastructure requires a combination of innovative technology solutions, robust compatibility testing, and meticulous project management. Companies specializing in Fiber Management Systems must offer flexible solutions that can adapt to the unique requirements and constraints of legacy networks.

Scalability and Future-Proofing

Scalability and future-proofing represent significant challenges in the Global Fiber Management Systems Market. As the demand for high-speed data continues to grow, network operators need to ensure that their fiber management systems can scale seamlessly to accommodate increasing network traffic and evolving technologies. Scalability is a multifaceted challenge. It involves not only the ability to add new fiber connections and components but also to manage the increasing complexity of larger networks. Fiber Management Systems must provide a user-friendly interface for administrators to efficiently oversee and maintain the expanding infrastructure.

Additionally, the need for future-proofing complicates the landscape. Fiber Management Systems should not only meet current demands but also be adaptable to support emerging technologies such as 5G, IoT, and edge computing. This means that fiber management solutions must be agile and capable of accommodating new standards, higher data rates, and new use cases without requiring a complete overhaul of the network infrastructure. Future-proofing also involves considerations related to standards and protocols. The industry is constantly evolving, and Fiber Management Systems must stay aligned with industry standards to ensure interoperability with other network equipment and technologies. Addressing the scalability and future-proofing challenges in the Fiber Management Systems Market necessitates a forward-thinking approach by manufacturers and network operators. This includes designing systems that can gracefully scale, supporting open standards, and offering upgrade paths that minimize disruption and cost.

Ensuring Data Security and Privacy

Data security and privacy are persistent challenges in the Global Fiber Management Systems Market. With the increasing volume of sensitive data transmitted over fiber-optic networks, ensuring the confidentiality and integrity of this data is of paramount importance.

One of the challenges is securing the physical infrastructure of fiber-optic networks. Fiber cables, which can span long distances and pass through various environments, are susceptible to physical tampering and eavesdropping. Unauthorized access to fiber cables can compromise the security of the data being transmitted. Fiber Management Systems play a critical role in addressing this challenge by providing physical security measures such as locking cabinets, access controls, and tamper detection mechanisms. However, these security features must be robust and tamper-evident to effectively protect against physical threats. On the digital front, Fiber Management Systems must also implement encryption and authentication mechanisms to safeguard data in transit. This includes securing the connections between fiber management components and ensuring that only authorized personnel have access to sensitive network configurations.

Moreover, compliance with data privacy regulations, such as GDPR and HIPAA, poses an ongoing challenge. Organizations that handle sensitive customer data must ensure that their fiber management systems meet these regulatory requirements, which can vary by region and industry. Mitigating the challenges related to data security and privacy in the Fiber Management Systems Market requires a multi-faceted approach. Manufacturers must design systems with robust physical and digital security features, and organizations must implement stringent access controls and encryption protocols. Additionally, ongoing compliance monitoring and regular security audits are essential to maintain data integrity and privacy.

Key Market Trends

Integration of Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning (ML)

In the ever-evolving landscape of the Global Fiber Management Systems Market, one prominent trend taking center stage is the integration of Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning (ML) technologies. This trend marks a significant leap forward in the capabilities and efficiency of fiber management systems.

AI and ML are revolutionizing the way organizations manage their fiber networks. These technologies enable predictive maintenance, automated fault detection, and dynamic resource allocation. Fiber management systems equipped with AI and ML algorithms can analyze vast amounts of data generated by the network in real-time, identifying patterns and anomalies that human operators might miss. Predictive maintenance, for example, allows network operators to anticipate and address potential issues before they cause service disruptions. ML algorithms can predict when fiber cables or connectors might degrade or fail, enabling proactive maintenance and minimizing downtime. This predictive capability not only enhances network reliability but also reduces operational costs.

Furthermore, AI-powered automation streamlines the allocation of network resources. In dynamic environments like 5G networks, where bandwidth requirements fluctuate rapidly, AI-driven fiber management systems can allocate resources in real-time to ensure that critical applications receive the necessary bandwidth, while optimizing resource utilization for cost savings. Another application of AI and ML in fiber management systems is intelligent fault detection. These systems can identify and locate faults or cable damage quickly, reducing the time required for troubleshooting and repair. This capability is especially critical in environments where network downtime can have severe consequences, such as data centers or healthcare facilities. Incorporating AI and ML into fiber management systems represents a significant trend that is poised to transform network management by improving efficiency, reducing downtime, and enhancing overall network performance.

Cloud-Based Fiber Management Solutions

Another noteworthy trend in the Global Fiber Management Systems Market is the increasing adoption of cloud-based fiber management solutions. As organizations seek more flexible, scalable, and accessible ways to manage their fiber networks, cloud-based solutions are gaining traction. Traditional, on-premises fiber management systems have limitations in terms of scalability and accessibility. Cloud-based solutions, on the other hand, offer several advantages. They allow organizations to manage their fiber networks from anywhere with an internet connection, providing remote access to network data and configurations. This capability is particularly valuable for organizations with distributed networks or multiple locations.

Furthermore, cloud-based fiber management systems offer scalability on demand. Organizations can easily expand their network management capabilities as their fiber infrastructure grows, without the need for significant hardware investments. This scalability is crucial in environments where network growth is rapid, such as in 5G deployments. Security is also a key consideration in the adoption of cloud-based solutions. Many cloud providers offer robust security features, including data encryption, access controls, and compliance certifications. This can alleviate security concerns that organizations may have when transitioning to the cloud. Additionally, cloud-based fiber management systems often come with built-in collaboration and reporting features, facilitating teamwork among network operators and providing real-time insights into network performance. This collaborative approach enhances operational efficiency and decision-making. Overall, the shift toward cloud-based fiber management solutions is a prominent trend driven by the need for flexibility, scalability, and accessibility in network management.

Emphasis on Sustainability and Green Practices

Sustainability and environmentally responsible practices are emerging as a significant trend in the Global Fiber Management Systems Market. With growing awareness of the environmental impact of technology and infrastructure, organizations are increasingly prioritizing green solutions in their fiber network management. This trend encompasses various aspects of fiber management systems, from the materials used in hardware components to energy-efficient operation and reduced carbon footprint. One facet of sustainability in fiber management systems is the design and manufacturing of eco-friendly hardware. Manufacturers are focusing on using recyclable materials and reducing the environmental impact of their products. This includes the development of energy-efficient components that consume less power during operation. Efforts to reduce the carbon footprint of fiber management systems extend to the data center facilities where these systems are hosted. Data centers are significant consumers of energy, and organizations are implementing green practices to minimize their environmental impact. This includes using renewable energy sources, improving cooling efficiency, and adopting eco-friendly building designs.

Furthermore, organizations are investing in software features that optimize network operations for energy efficiency. Fiber management systems can dynamically adjust resource allocation and power usage based on network demand, reducing energy consumption during periods of lower activity. The emphasis on sustainability also extends to end-of-life practices, with organizations seeking environmentally responsible methods for disposing of and recycling obsolete hardware. In conclusion, the trend toward sustainability and green practices in the Global Fiber Management Systems Market reflects a broader commitment to environmentally responsible technology solutions. As organizations recognize the importance of minimizing their environmental impact, this trend is expected to continue shaping the development and adoption of fiber management systems in the future.

Segmental Insights

Component Insights

The hardware segment is the dominating segment in the global fiber management systems market. This is due to a number of factors, including: The high demand for fiber management hardware components, such as fiber optic patch panels, cable trays, and splice enclosures. These components are essential for organizing, protecting, and managing fiber optic cables in data centers, telecommunications networks, and other applications.

The availability of a wide range of fiber management hardware components from a variety of vendors. This makes it easy for network operators to select the right components for their needs.

The relatively low cost of fiber management hardware components compared to software and services. Hardware components play a critical role in fiber management systems by providing a physical infrastructure for organizing, protecting, and managing fiber optic cables. These components help to improve the performance and reliability of fiber optic networks by reducing the risk of cable damage and failure.

Here are some of the most common fiber management hardware components: Fiber optic patch panels: Patch panels provide a centralized location for terminating and connecting fiber optic cables. They are available in a variety of sizes and configurations to meet the needs of different applications. Cable trays: Cable trays are used to route and support fiber optic cables in data centers, telecommunications networks, and other applications. They are available in a variety of materials and sizes to meet the needs of different environments. Splice enclosures: Splice enclosures are used to protect and house splices, which are connections made between two fiber optic cables. They are available in a variety of materials and sizes to meet the needs of different applications.

Regional Insights

North America is the dominating region in the global fiber management systems market

The early adoption of fiber optic networks in North America. The strong demand for high-speed data transmission from businesses and consumers in North America. The presence of a number of leading fiber management systems vendors in North America. The North American fiber management systems market is expected to continue to grow at a rapid pace in the coming years. This is due to the continued deployment of fiber optic networks in the region, as well as the growing demand for high-speed data transmission from businesses and consumers.

Other regions that are expected to see significant growth in the fiber management systems market include Asia Pacific and Europe. Asia Pacific is the largest market for fiber management systems outside of North America. The region is home to a number of rapidly growing economies, such as China and India, which are investing heavily in fiber optic infrastructure. Europe is also a major market for fiber management systems. The region is home to a number of leading fiber optic network operators, such as Deutsche Telekom and Orange.

This growth will be driven by the continued deployment of fiber optic networks around the world, as well as the growing demand for high-speed data transmission from businesses and consumers.

Here are some of the key factors driving the growth of the fiber management systems market in North America:

The increasing demand for high-speed data transmission from businesses and consumers.

The growing adoption of cloud computing and big data applications. The increasing deployment of fiber optic networks by telecommunications operators and data center providers. The government initiatives to support the deployment of broadband infrastructure. The North American fiber management systems market is expected to be dominated by the hardware segment in the coming years. The hardware segment includes a wide range of products, such as fiber optic patch panels, cable trays, and splice enclosures. These products are essential for organizing, protecting, and managing fiber optic cables in data centers, telecommunications networks, and other applications. The North American fiber management systems market is also expected to see significant growth in the software segment in the coming years. The software segment includes software solutions for managing fiber optic networks. These software solutions help network operators to improve the performance and reliability of their fiber optic networks.

Key Market Players

CommScope Holding Company, Inc.

Corning Incorporated

AFL Telecommunications

Legrand SA

Panduit Corporation

Schneider Electric SE

Nexans S.A.

HellermannTyton Group PLC

Fujikura Ltd.

Fiber Mountain, Inc.

Report Scope:

In this report, the Global Fiber Management Systems Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:

Fiber Management Systems Market, By Component:

  • Hardware
  • Software
  • Services

Fiber Management Systems Market, By Cable Type:

  • Single Mode
  • Multi-Mode

Fiber Management Systems Market, By End-user:

  • Telecommunications
  • Healthcare
  • Education
  • Government
  • Others

Fiber Management Systems Market, By Region:

  • North America
  • United States
  • Canada
  • Mexico
  • Europe
  • France
  • United Kingdom
  • Italy
  • Germany
  • Spain
  • Belgium
  • Asia-Pacific
  • China
  • India
  • Japan
  • Australia
  • South Korea
  • Indonesia
  • Vietnam
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Colombia
  • Chile
  • Peru
  • Middle East & Africa
  • South Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Turkey
  • Israel

Competitive Landscape

  • Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Fiber Management Systems Market.

Available Customizations:

  • Global Fiber Management Systems market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:

Company Information

  • Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).

Table of Contents

1. Product Overview

  • 1.1. Market Definition
  • 1.2. Scope of the Market
    • 1.2.1. Markets Covered
    • 1.2.2. Years Considered for Study
    • 1.2.3. Key Market Segmentations

2. Research Methodology

  • 2.1. Objective of the Study
  • 2.2. Baseline Methodology
  • 2.3. Formulation of the Scope
  • 2.4. Assumptions and Limitations
  • 2.5. Sources of Research
    • 2.5.1. Secondary Research
    • 2.5.2. Primary Research
  • 2.6. Approach for the Market Study
    • 2.6.1. The Bottom-Up Approach
    • 2.6.2. The Top-Down Approach
  • 2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
  • 2.8. Forecasting Methodology
    • 2.8.1. Data Triangulation & Validation

3. Executive Summary

4. Impact of COVID-19 on Global Fiber Management Systems Market

5. Voice of Customer

6. Global Fiber Management Systems Market Overview

7. Global Fiber Management Systems Market Outlook

  • 7.1. Market Size & Forecast
    • 7.1.1. By Value
  • 7.2. Market Share & Forecast
    • 7.2.1. By Component (Hardware, Software, Services)
    • 7.2.2. By Cable Type (Single Mode, Multi-mode)
    • 7.2.3. By End-user (Telecommunications, Healthcare, Education, Government, Others)
    • 7.2.4. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
  • 7.3. By Company (2022)
  • 7.4. Market Map

8. North America Fiber Management Systems Market Outlook

  • 8.1. Market Size & Forecast
    • 8.1.1. By Value
  • 8.2. Market Share & Forecast
    • 8.2.1. By Component
    • 8.2.2. By Cable Type
    • 8.2.3. By End-user
    • 8.2.4. By Country
  • 8.3. North America: Country Analysis
    • 8.3.1. United States Fiber Management Systems Market Outlook
      • 8.3.1.1. Market Size & Forecast
        • 8.3.1.1.1. By Value
      • 8.3.1.2. Market Share & Forecast
        • 8.3.1.2.1. By Component
        • 8.3.1.2.2. By Cable Type
        • 8.3.1.2.3. By End-user
    • 8.3.2. Canada Fiber Management Systems Market Outlook
      • 8.3.2.1. Market Size & Forecast
        • 8.3.2.1.1. By Value
      • 8.3.2.2. Market Share & Forecast
        • 8.3.2.2.1. By Component
        • 8.3.2.2.2. By Cable Type
        • 8.3.2.2.3. By End-user
    • 8.3.3. Mexico Fiber Management Systems Market Outlook
      • 8.3.3.1. Market Size & Forecast
        • 8.3.3.1.1. By Value
      • 8.3.3.2. Market Share & Forecast
        • 8.3.3.2.1. By Component
        • 8.3.3.2.2. By Cable Type
        • 8.3.3.2.3. By End-user

9. Europe Fiber Management Systems Market Outlook

  • 9.1. Market Size & Forecast
    • 9.1.1. By Value
  • 9.2. Market Share & Forecast
    • 9.2.1. By Component
    • 9.2.2. By Cable Type
    • 9.2.3. By End-user
    • 9.2.4. By Country
  • 9.3. Europe: Country Analysis
    • 9.3.1. Germany Fiber Management Systems Market Outlook
      • 9.3.1.1. Market Size & Forecast
        • 9.3.1.1.1. By Value
      • 9.3.1.2. Market Share & Forecast
        • 9.3.1.2.1. By Component
        • 9.3.1.2.2. By Cable Type
        • 9.3.1.2.3. By End-user
    • 9.3.2. France Fiber Management Systems Market Outlook
      • 9.3.2.1. Market Size & Forecast
        • 9.3.2.1.1. By Value
      • 9.3.2.2. Market Share & Forecast
        • 9.3.2.2.1. By Component
        • 9.3.2.2.2. By Cable Type
        • 9.3.2.2.3. By End-user
    • 9.3.3. United Kingdom Fiber Management Systems Market Outlook
      • 9.3.3.1. Market Size & Forecast
        • 9.3.3.1.1. By Value
      • 9.3.3.2. Market Share & Forecast
        • 9.3.3.2.1. By Component
        • 9.3.3.2.2. By Cable Type
        • 9.3.3.2.3. By End-user
    • 9.3.4. Italy Fiber Management Systems Market Outlook
      • 9.3.4.1. Market Size & Forecast
        • 9.3.4.1.1. By Value
      • 9.3.4.2. Market Share & Forecast
        • 9.3.4.2.1. By Component
        • 9.3.4.2.2. By Cable Type
        • 9.3.4.2.3. By End-user
    • 9.3.5. Spain Fiber Management Systems Market Outlook
      • 9.3.5.1. Market Size & Forecast
        • 9.3.5.1.1. By Value
      • 9.3.5.2. Market Share & Forecast
        • 9.3.5.2.1. By Component
        • 9.3.5.2.2. By Cable Type
        • 9.3.5.2.3. By End-user
    • 9.3.6. Belgium Fiber Management Systems Market Outlook
      • 9.3.6.1. Market Size & Forecast
        • 9.3.6.1.1. By Value
      • 9.3.6.2. Market Share & Forecast
        • 9.3.6.2.1. By Component
        • 9.3.6.2.2. By Cable Type
        • 9.3.6.2.3. By End-user

10. South America Fiber Management Systems Market Outlook

  • 10.1. Market Size & Forecast
    • 10.1.1. By Value
  • 10.2. Market Share & Forecast
    • 10.2.1. By Component
    • 10.2.2. By Cable Type
    • 10.2.3. By End-user
    • 10.2.4. By Country
  • 10.3. South America: Country Analysis
    • 10.3.1. Brazil Fiber Management Systems Market Outlook
      • 10.3.1.1. Market Size & Forecast
        • 10.3.1.1.1. By Value
      • 10.3.1.2. Market Share & Forecast
        • 10.3.1.2.1. By Component
        • 10.3.1.2.2. By Cable Type
        • 10.3.1.2.3. By End-user
    • 10.3.2. Colombia Fiber Management Systems Market Outlook
      • 10.3.2.1. Market Size & Forecast
        • 10.3.2.1.1. By Value
      • 10.3.2.2. Market Share & Forecast
        • 10.3.2.2.1. By Component
        • 10.3.2.2.2. By Cable Type
        • 10.3.2.2.3. By End-user
    • 10.3.3. Argentina Fiber Management Systems Market Outlook
      • 10.3.3.1. Market Size & Forecast
        • 10.3.3.1.1. By Value
      • 10.3.3.2. Market Share & Forecast
        • 10.3.3.2.1. By Component
        • 10.3.3.2.2. By Cable Type
        • 10.3.3.2.3. By End-user
    • 10.3.4. Chile Fiber Management Systems Market Outlook
      • 10.3.4.1. Market Size & Forecast
        • 10.3.4.1.1. By Value
      • 10.3.4.2. Market Share & Forecast
        • 10.3.4.2.1. By Component
        • 10.3.4.2.2. By Cable Type
        • 10.3.4.2.3. By End-user
    • 10.3.5. Peru Fiber Management Systems Market Outlook
      • 10.3.5.1. Market Size & Forecast
        • 10.3.5.1.1. By Value
      • 10.3.5.2. Market Share & Forecast
        • 10.3.5.2.1. By Component
        • 10.3.5.2.2. By Cable Type
        • 10.3.5.2.3. By End-user

11. Middle East & Africa Fiber Management Systems Market Outlook

  • 11.1. Market Size & Forecast
    • 11.1.1. By Value
  • 11.2. Market Share & Forecast
    • 11.2.1. By Component
    • 11.2.2. By Cable Type
    • 11.2.3. By End-user
    • 11.2.4. By Country
  • 11.3. Middle East & Africa: Country Analysis
    • 11.3.1. Saudi Arabia Fiber Management Systems Market Outlook
      • 11.3.1.1. Market Size & Forecast
        • 11.3.1.1.1. By Value
      • 11.3.1.2. Market Share & Forecast
        • 11.3.1.2.1. By Component
        • 11.3.1.2.2. By Cable Type
        • 11.3.1.2.3. By End-user
    • 11.3.2. UAE Fiber Management Systems Market Outlook
      • 11.3.2.1. Market Size & Forecast
        • 11.3.2.1.1. By Value
      • 11.3.2.2. Market Share & Forecast
        • 11.3.2.2.1. By Component
        • 11.3.2.2.2. By Cable Type
        • 11.3.2.2.3. By End-user
    • 11.3.3. South Africa Fiber Management Systems Market Outlook
      • 11.3.3.1. Market Size & Forecast
        • 11.3.3.1.1. By Value
      • 11.3.3.2. Market Share & Forecast
        • 11.3.3.2.1. By Component
        • 11.3.3.2.2. By Cable Type
        • 11.3.3.2.3. By End-user
    • 11.3.4. Turkey Fiber Management Systems Market Outlook
      • 11.3.4.1. Market Size & Forecast
        • 11.3.4.1.1. By Value
      • 11.3.4.2. Market Share & Forecast
        • 11.3.4.2.1. By Component
        • 11.3.4.2.2. By Cable Type
        • 11.3.4.2.3. By End-user
    • 11.3.5. Israel Fiber Management Systems Market Outlook
      • 11.3.5.1. Market Size & Forecast
        • 11.3.5.1.1. By Value
      • 11.3.5.2. Market Share & Forecast
        • 11.3.5.2.1. By Component
        • 11.3.5.2.2. By Cable Type
        • 11.3.5.2.3. By End-user

12. Asia Pacific Fiber Management Systems Market Outlook

  • 12.1. Market Size & Forecast
    • 12.1.1. By Component
    • 12.1.2. By Cable Type
    • 12.1.3. By End-user
    • 12.1.4. By Country
  • 12.2. Asia-Pacific: Country Analysis
    • 12.2.1. China Fiber Management Systems Market Outlook
      • 12.2.1.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.1.1.1. By Value
      • 12.2.1.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.1.2.1. By Component
        • 12.2.1.2.2. By Cable Type
        • 12.2.1.2.3. By End-user
    • 12.2.2. India Fiber Management Systems Market Outlook
      • 12.2.2.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.2.1.1. By Value
      • 12.2.2.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.2.2.1. By Component
        • 12.2.2.2.2. By Cable Type
        • 12.2.2.2.3. By End-user
    • 12.2.3. Japan Fiber Management Systems Market Outlook
      • 12.2.3.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.3.1.1. By Value
      • 12.2.3.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.3.2.1. By Component
        • 12.2.3.2.2. By Cable Type
        • 12.2.3.2.3. By End-user
    • 12.2.4. South Korea Fiber Management Systems Market Outlook
      • 12.2.4.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.4.1.1. By Value
      • 12.2.4.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.4.2.1. By Component
        • 12.2.4.2.2. By Cable Type
        • 12.2.4.2.3. By End-user
    • 12.2.5. Australia Fiber Management Systems Market Outlook
      • 12.2.5.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.5.1.1. By Value
      • 12.2.5.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.5.2.1. By Component
        • 12.2.5.2.2. By Cable Type
        • 12.2.5.2.3. By End-user
    • 12.2.6. Indonesia Fiber Management Systems Market Outlook
      • 12.2.6.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.6.1.1. By Value
      • 12.2.6.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.6.2.1. By Component
        • 12.2.6.2.2. By Cable Type
        • 12.2.6.2.3. By End-user
    • 12.2.7. Vietnam Fiber Management Systems Market Outlook
      • 12.2.7.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.7.1.1. By Value
      • 12.2.7.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.7.2.1. By Component
        • 12.2.7.2.2. By Cable Type
        • 12.2.7.2.3. By End-user

13. Market Dynamics

  • 13.1. Drivers
  • 13.2. Challenges

14. Market Trends and Developments

15. Company Profiles

  • 15.1. CommScope Holding Company, Inc.
    • 15.1.1. Business Overview
    • 15.1.2. Key Revenue and Financials
    • 15.1.3. Recent Developments
    • 15.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.1.5. Key Product/Services Offered
  • 15.2. Corning Incorporated
    • 15.2.1. Business Overview
    • 15.2.2. Key Revenue and Financials
    • 15.2.3. Recent Developments
    • 15.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.2.5. Key Product/Services Offered
  • 15.3. AFL Telecommunications
    • 15.3.1. Business Overview
    • 15.3.2. Key Revenue and Financials
    • 15.3.3. Recent Developments
    • 15.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.3.5. Key Product/Services Offered
  • 15.4. Legrand SA
    • 15.4.1. Business Overview
    • 15.4.2. Key Revenue and Financials
    • 15.4.3. Recent Developments
    • 15.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.4.5. Key Product/Services Offered
  • 15.5. Panduit Corporation
    • 15.5.1. Business Overview
    • 15.5.2. Key Revenue and Financials
    • 15.5.3. Recent Developments
    • 15.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.5.5. Key Product/Services Offered
  • 15.6. Schneider Electric SE
    • 15.6.1. Business Overview
    • 15.6.2. Key Revenue and Financials
    • 15.6.3. Recent Developments
    • 15.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.6.5. Key Product/Services Offered
  • 15.7. Nexans S.A.
    • 15.7.1. Business Overview
    • 15.7.2. Key Revenue and Financials
    • 15.7.3. Recent Developments
    • 15.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.7.5. Key Product/Services Offered
  • 15.8. HellermannTyton Group PLC
    • 15.8.1. Business Overview
    • 15.8.2. Key Revenue and Financials
    • 15.8.3. Recent Developments
    • 15.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.8.5. Key Product/Services Offered
  • 15.9. Fujikura Ltd.
    • 15.9.1. Business Overview
    • 15.9.2. Key Revenue and Financials
    • 15.9.3. Recent Developments
    • 15.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.9.5. Key Product/Services Offered
  • 15.10. Fiber Mountain, Inc.
    • 15.10.1. Business Overview
    • 15.10.2. Key Revenue and Financials
    • 15.10.3. Recent Developments
    • 15.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
    • 15.10.5. Key Product/Services Offered

16. Strategic Recommendations

About Us & Disclaimer