市場調査レポート
商品コード
1305290

ラマン技術:技術、市場動向、顧客ニーズ(2023年)

Raman Technologies: Technologies, Market Trends and Customers' Needs (2023)

出版日: | 発行: TEMATYS | ページ情報: 英文 92 Slides | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: EURを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1EUR=171.47円
ラマン技術:技術、市場動向、顧客ニーズ(2023年)
出版日: 2023年07月26日
発行: TEMATYS
ページ情報: 英文 92 Slides
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ラマン分光法はすでに確立された市場なのか?

1928年にラマン効果が発見されて以来、ラマン技術は多くの進歩と利用の拡大を遂げてきました。ラマン分光法は、今日に至るまで、分光学の分野で最も研究されているテーマの一つであり、分子構造、化学組成、材料の物理的特性を研究するために様々な科学分野で使用される強力な分析ツールとして人気を博しています。

当レポートでは、ラマン分光法の7つのアプリケーションセグメントと製品タイプの内訳を掲載しています。また、各アプリケーションと製品タイプ別の詳細な市場収益と予測も掲載しています。

ラマン分光法が直面する課題を補う技術開発

今後10年でラマン市場がゲームチェンジャーになる可能性は高くはありませんが、そのポジションを維持するのに役立つ改善が数多く約束されていることは間違いありません。新紫外技術や時間ゲート(TG)Raman分光法(RS)のような技術の開発は、次の有力な選択肢です。

目次

第1章 イントロダクション

  • レポートの目的
  • 情報源と調査手法
  • 調査範囲
  • 用語集
  • 定義
  • レポートに記載されている企業のリスト

第2章 テクノロジーのセグメント化

  • ラマンユニバース
  • ラマン分光法
  • 技術的情勢

第3章 アプリケーション

  • 防衛と国土安全保障
  • ポリマー
  • 材料科学
  • 医薬品およびバイオテクノロジー
  • ライフサイエンス、食品および農業
  • プロセス産業
  • 芸術、文化、環境、その他

第4章 市場データと動向

  • バリューチェーン
  • 市場データ
  • システムのメーカー概要
  • コンポーネントのメーカー概要
  • ファイナンスと買収
  • 予報

第5章 ラマンの最新動向

  • 研究開発
  • 資金提供されたプロジェクト
  • 特許の情勢
  • 研究開発の視点
  • 新製品

第6章 結論

第7章 調査会社について

目次

Raman: A well-established market?

Since the discovery of the Raman effect in 1928 Raman techniques have seen a plethora of advances and exploitation. To date, it is still one of the most researched topics in the field of spectroscopy and its likes It has gained popularity as a powerful analytical tool used in various scientific fields to study molecular structures, chemical composition, and physical properties of materials.

The report provides the breakdown between 7 application segments and product-type. It also includes detailed market revenue and forecasts by application and product-type.

Technology developments making up for the challenges faced by Raman Spectroscopy

The Raman market is not going to be a game changer in the next decade, but it definitely promises a bundle of improvements that can help keep up its position. Developments in techniques like Deep UV and Time gated Raman are the next go-to options.

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • Report's Objectives
  • Information sources and methodology
  • Scope of the report
  • Glossary
  • Definitions
  • List of companies mentioned in the report

2. TECHNOLOGY SEGMENTATION

  • Raman Universe
  • Raman Spectroscopy
  • Technological Landscape of RAMAN

3. APPLICATIONS

  • Defense & Homeland Security
  • Polymers
  • Material Sciences
  • Pharmaceuticals & Biotechnology
  • Life Sciences, Food & Agriculture
  • Processing Industry
  • Art, Culture, Environment & Others

4. MARKET DATA AND TRENDS

  • Value Chain
  • Market Data
  • Overview of Raman Systems' manufacturers
  • Overview of Raman Components' manufacturers
  • Finance & Takeovers
  • Forecasts

5. LATEST TRENDS IN RAMAN

  • Research & Development in RAMAN
  • Funded Projects
  • Patents' Landscape
  • R & D Perspectives
  • New Products

6. CONCLUSIONS

7. ABOUT TEMATYS